専業主婦でも来店不要で即日お金を借りる【審査甘いところはある?】

パート収入のある主婦や専業主婦の場合でも、急にお金が必要になる時がありますよね。

しかし、収入が低いパートや本人に収入のない専業主婦が借りることができるローンは限られていますし、審査も正社員とは異なります。

そこで今回は、パート主婦、専業主婦のローン会社の選び方や、夫や家族に内緒で借りる方法をご紹介します。

この記事が参考になる方
  • 専業主婦でお金を借りたい人
  • 夫に内証でお金を借りたい人
  • 専業主婦のカードローン審査について知りたい人

専業主婦が借りることができるカードローンや、審査について解説していますのでぜひご覧ください。

関連記事をチェック!

9019view

専業主婦でも借りられるカードローン

専業主婦は配偶者に安定した収入がある場合のみ、銀行カードローンから借り入れすることができます。 また、パート、アルバイトを経験した後、パート・アルバイト向けカードローンにて申込することも可能です...

審査甘いのキャッチコピーはキケン

審査甘いのキャッチコピーはキケン
インターネットで検索していると「審査なし即日融資」や「主婦大歓迎」、「審査甘い」などいかにもキャッシング審査に不安を持っている人を誘うような、魅力的なキャッチコピーが多く見つかります。

「主婦大歓迎」はともかく、審査なしの場合や審査甘いことを誇大広告しているような業者にはあまり近づかない方が無難です。

気をつけよう!極甘審査ファイナンス

消費者金融の審査基準は業者によって異なるものの、中には過去に債務整理や自己破産をしていても融資可能とする業者もあります。

しかし決して審査を適当にやっているわけではありません。

インターネットや貼り紙の甘い宣伝文句に誘われ、「審査なし即日融資」を謳う悪徳業者と契約しないよう注意しましょう。

悪徳業者は金利が高く、正規の業者に比べ10倍や20倍の金利を取ることは珍しくありません。

最近は「ソフト闇金」が増えています。マイルドな言葉を使っていますが、中身はれっきとした闇金と変わりません。

関連記事をチェック!

5461view

審査なしで即借り入れ、即振り込みは闇金でもありえません

どうも馬太郎です。 今回は、即日借り入れできるところで審査なし、が存在するか調査しました。 結論から言うと、即日借り入れできるところは存在しますが、審査なし、というのは存在しませんでした。 この...


極甘審査ファイナンスで借りた場合の危険性

「極甘審査ファイナンス」は、闇金か、それに近い業者だと考えられます。

そのため軽い気持ちで借りると、のちのち大きなトラブルに巻き込まれてしまうかも。

返済できないほどの高額な金利の設定や、滞納のさいに自宅に押し掛けられることも考えられます。

いざという時に家族に迷惑をかけてしまうかもしれせん。

審査を甘くし、簡単に貸すのは相手にも何かメリットがあるからであると、心得ましょう。場合によっては離婚にまで発展することもあります。

危ない業者の見分け方

アイフルやプロミスなどの大手に限らず、正規の金融業者であれば、登録番号があるはずです。

登録番号とは金融庁が「資金業務をしてもいいですよ」と会社に許可を出す証です。

多くの場合、ホームページの下のあたりに近畿財務局長(〇)第00〇〇〇号や日本貸金業協会会員 第00〇〇〇〇号と公開しています。

登録番号がしっかりと提示されている金融機関はまず問題ないと考えてもらってかまいません。

しかし登録番号は適当に偽装することもできるので、聞いたことのない会社に不安を覚えたら、金融庁のホームページで検索してみるとよいでしょう。

登録番号のない業者や教えてくれない業者は非常に怪しいです。

専業主婦でも配偶者貸付を利用すれば借入できる

総量規制でキャッシングできない主婦とは?
「総量規制」は貸金業法第13条の2に定められている法律の内容です。

総量規制により、貸金業者が個人に融資できる上限額を年収の1/3までと決められています。

あくまで審査通過が前提ですが、年収が300万円なら、上限として100万円まで契約できるというわけですね。

そうすると「収入のない専業主婦は契約できないの?」と思いますよね。

そもそも消費者金融カードローンの借り入れ条件は「安定収入のある人」と決まっています。

専業主婦にとっては家事という労働をこなしているのに、収入がないために契約できないのです。

専業主婦は配偶者貸付

消費者金融の「配偶者貸付」を利用すれば、専業主婦でも夫婦合わせて夫の年収の3分の1までなら借りることが可能です。

ただし、配偶者貸付には夫の収入証明書と同意書が必要になるので、夫に秘密での借入はできません。

また、消費者金融となれば、実質的には夫の貸していることと同じであるにも関わらず、同意書の取得などの事務量だけ増えてしまいます。

そのためアコムやプロミスなどの大手消費者金融は専業主婦への貸付は行っていません。

関連記事をチェック!

4846view

口コミで評判な専業主婦のキャッシングとは?~収入なしでも大丈夫?~

生活費や交際費を家計から賄うことができない場合もありますよね? そんな時に、専業主婦でもキャッシングを利用している人が増えています。 しかし、専業主婦がお金を借りるには、少々高いハードルを越えなく...

銀行カードローンという選択肢も

銀行カードローンは専業主婦でも申し込み可能となっていることもあり、夫に安定した収入があれば融資を受けることができます。

しかし利用限度額も少なく設定されており、希望の金額が借りられるとは限りません。

そのためあまり多額のお金を借りることはできません。

多くても50万円、通常は10万円から30万円程度でしょう。

専業主婦におすすめの銀行カードローン4選

専業主婦の審査の甘いカードローンとは

みずほ銀行などのメガバンクは審査を厳格化しており、専業主婦が借りることは難しくなっています。

しかし主婦にも貸し付けを行っている銀行はあります。たとえば地方銀行では「静岡銀行」、ネット銀行では「楽天銀行スーパーローン」流通系では「イオン銀行」などの銀行があります。

特に流通系の銀行カードローンは専業主婦への審査が甘くなる傾向にあると言われています。

これは、本業であるスーパーなどで買い物をしてもらい、利益を上げようとする思惑があるためです。

主婦に優しくすることで顧客を逃さない、なかなか堅実な手ですね。

イオン銀行セブン銀行がその代表格です。

この項では、専業主婦への融資を行なっている4つの銀行カードローンをご紹介します。

①セブン銀行

セブン銀行の限度額は10万・30万・50万のいずれかとなっています。

申込時の限度額が10万円だったとしても、2ヶ月以上経過すれば増額申し込みが可能です。

申込時の特徴としてあげられるのが、申し込み手続きが非常に簡単でスピーディーなことです。

口座情報をもとに手続きするため、本人確認も必要なく、提出書類もありません。

しかしセブン銀行の口座をもっていない場合は、開設後からの利用となります。

土日祝も15時30までに申込みを完了させれば、審査結果がわかるまでの時間は原則30分以内です。

上の項目でも触れましたように、口座開設が必須ですので、全くの新規からのスピード融資には難しいでしょう。

しかし、口座開設さえしておけば、緊急でお金が必要になった時は便利に使えるカードローンです。

申込条件
  • セブン銀行口座を持っている人
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の人
  • 一定の審査基準を満たし保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる人
融資限度額 10万円 30万円 50万円
金利 15%
返済方法 口座引落
返済日 27日

②ソニー銀行

ソニー銀行カードローンは、「原則安定した収入がある人」とされており、基本的には正社員専用のカードローンです。

しかし、審査によっては専業主婦でも借りることができる可能性があります。

上限金利は年13.8%とかなり低めです。

これはイオン銀行カードローンと並んで銀行カードローンの中では、金利が低い方であると言えます。

そのため審査に通過できれば、低金利で借入ができる可能性がありますよ。

申込条件
  • ソニー銀行に円普通預金口座を持っている人(同時申し込み可能)
  • 申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の人
  • 原則、安定した収入があるかた
  • 保証会社アコムの保証が受けられる人
融資限度額 800万円
金利 2.5%~13.8%
返済方法 口座引落
返済日 2、7、12、17、22、27の6つの日のいずれかから選択

③三菱UFJ銀行「バンクイック」

三菱UFJ銀行のバンクイックは、以前は活発に専業主婦への融資を行なっていました。

しかし最近では、専業主婦への融資はあまり積極的ではありません。

ただし、審査に通過できれば、専業主婦でも借りられます。

三菱UFJ銀行はテレビ窓口で従業員に対面することなく、カード発行が可能です。

そのため万が一、契約機に入るところが知り合いなどに見られてしまっても「口座の作成」「カードの再発行」などの言い訳もできます。

ただし、三井住友銀行のように、設置台数が少ないため、誰もがテレビ窓口を利用することができる訳ではないことが難点ですね。

バンクイックは返済方法にも非常に柔軟で、毎月1回の返済と35日ごとの返済を選択することができることは大きなメリットです。

主なスペックは以下のとおりです。

申込条件
  • 申込時満20歳以上満65歳以下の人
  • 原則安定したご収入のある人
  • 三菱UFJ銀行指定の保証会社アコムの保証を受けられる人
融資限度額 500万円
金利 1.8%~14.6%
返済方法 ATM入金、振込入金、口座振替
返済日 毎月1回返済の場合:希望した日時
35日ごとの返済の場合:前回返済日から35日以内

④楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは「楽天市場」でおなじみの楽天株式会社の傘下にある楽天銀行が提供しています。

ネット銀行の強みを生かした利息の少なさや申し込み方法の簡単さが魅力です。

特に口座開設不要でローンが組めるため、銀行口座の開設に時間を取られたくない人にもおすすめです。

満年齢20歳以上62歳以下の人であれば、専業主婦でも申し込めますよ。

申込も、煩わしい申込書類に記入する必要はなく、WEB上で入力して完了。本人確認書類もアプリでアップロードできるため、時間がなくてもスムーズです。

借入金が10万円以下であれば月最低2,000円を返済すればよいので、負担が少なく利用できます。

パートの人なら問題なく借入できる

金融機関でお金を借りるためには、安定収入があったほうが審査に有利になります。

パート収入があれば借り入れが可能です。

また自分の収入から毎月返済すればよいので、配偶者に迷惑をかけることもなくりますね。

ただしパートを始めたばかりである場合、信用が低く審査に通りにくい恐れがあります。

そのため、勤務開始後半年くらい経ってから申し込むのがおすすめです。

即日融資OKなおすすめカードローン5選

主婦はカードローンの選び方がある
パートをしている主婦であれば、カードローンで即日融資が利用できるので、積極的に利用したいところです。

ここでは、「即日融資でお金を借りられるおすすめカードローン」を5つ紹介していきます。

①プロミス

大手消費者金融で即融資
即日融資を狙うのであれば、大手消費者金融のプロミスがおすすめです。

プロミスではアプリローンという独自のサービスがあります。

サービスを利用すれば申込みから借入まで全てアプリ内で完結できます。


プロミスの店舗や自動契約機への来店は不要となり、スマホがあれば最短45分で契約ができるのも、アプリローンならではのメリットです。

インターネットからローンの申込を行った場合、手続きが14時を過ぎると翌日扱いとなってしまうため、即日融資を受けることはできません。

しかし、アプリローンであれば審査通過後にアプリを利用するため、ほぼ24時間全国のセブン銀行から借入ができます。

そのため、アプリローンの申込期限とされている20時までに申込みを完了させましょう。

それにより即日融資を受けられます。


プロミスの最高金利は17.8%です。これは他の消費者金融と比較しても、少し低めの金利設定となっています。

そのため返済がしやすいく、主婦でも借りやすい消費者金融です。

プロミス

②アイフル

アイフルでも、即日融資を受けられます。


注意点として、アイフルで即日融資を行う際は、職場で働いていることを証明する「在籍確認」をクリアできなければ即日融資は難しいでしょう。

土日などで職場が休みの場合は、営業日に再度連絡をすることになるため、時間がかかってしまい、即日融資が間に合わないことがあります。

しかし、アイフルは事前に即日融資を受けたい旨を相談すれば、在籍確認を電話連絡ではなく書類確認で済ませることも可能です。

パートをしている主婦であっても、在籍確認は避けられません。

そのため前もって即日融資ができるように、在席確認や書類準備などの対策しておきましょう。

③アコム

即日融資を目指すのであれば、アコムも利用しやすい金融機関のひとつです。

即日融資を希望して、アコムを利用するメリットは、オペレーターが親身な相談に乗ってくれることです。

利用者の状況をくみ取り、一番早く融資できる方法を提案してくれることは、ポイントが高いですね。

できるだけ即日融資ができるようにと言う、心憎いばかりの配慮には頭が下がります。

審査時間は最短で30分です。

14時までの申し込みが完了で、指定口座に自動で振り込んでくれるということもうれしいポイントです。

もし14時までに申し込みが間に合わない場合には、全国各地に設置されている自動契約機(むじんくん)を利用しましょう。

カード発行後、併設してある ATMからお金を引き出せば、14時以降でも即日融資に間に合います。

アコム

アコム

④レイク

レイクは、2018年の4月に新生フィナンシャルによって立ち上がった金融機関です。審査のスピードが速いことに定評があり、即日融資に対応しています。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事