アイフルでは返済額を変更してもらうことは可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アイフルを利用していると、毎月決められた金額の返済を行わなければなりません。

これはアイフルに限らず、消費者金融や銀行カードローンを利用している場合には当たり前のことなのですが、この返済が家計への負担として重くのしかかってくるのです。

そこで今回は、アイフルでは毎月の返済額を変更してもらうことが可能かどうかについて、説明を行っていきたいと思います。

アイフルの返済額は借入残高次第

そもそもアイフルの毎月の返済額はどのように決められているかということについて、簡単に説明しておきましょう。

アイフルの毎月の最小返済金額は借入直後残高に応じて決められており、借入直後残高と最小返済金額の関係は以下の表のようになっています。

借入直後残高返済金額
サイクル制約定日制
1円~10万円以下5,000円4,000円
10万円超~20万円以下9,000円8,000円
20万円超~40万円以下13,000円11,000円
40万円超~50万円以下15,000円13,000円
50万円超~60万円以下18,000円16,000円
60万円超~70万円以下21,000円18,000円
70万円超~80万円以下24,000円21,000円
80万円超~90万円以下27,000円23,000円
90万円超~100万円以下30,000円26,000円
これ以降は借入残高が10万円増えるごとに返済金額が1,000円ずつ加算

数十万円を借り入れた場合の毎月の返済金額が2万円前後という感じであり、この金額をどうとらえるかはそれぞれの利用者次第だと思いますが、この金額の返済が長期間続くとなると少ししんどいかもしれませんね。

関連記事をチェック!

390view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の返済...

返済額を変更することは不可能

では、この毎月の最小返済金額を変更することが可能かどうかについてですが、結論からお伝えしておくと変更することはできません。

毎月こういった形で返済を行うということに納得して契約している以上、返済が苦しいから返済金額を減らせというのは横暴以外の何物でもありません。

返済金額を減らしたいのであれば、借入残高を減らすことで最小返済金額も引き下げられていくので、毎月の最小返済金額が切り替わる残高になるまで返済を頑張っていくしかありませんね。

毎月の返済金額はできるだけ多くすべき

毎月の返済金額を減らしたいと考えるのは「返済負担を軽減したい」からだと思いますが、実は長い目で見ると毎月の返済金額を減らせば減らすほど、返済負担は増えることになってしまうのです。

返済が重荷になる主な要因は、借り入れ日数が経過することによって発生する利息ですが、毎月の返済金額が少ないと元金もなかなか減っていかないため完済までに時間がかかってしまい、その結果より多くの利息を支払わなければならなくなります。

「返済負担」を短期で見るか長期で見るかによって考え方が変わる部分ではあるのですが、長期的に見て返済負担を軽減したいのであれば、毎月の返済金額はできるだけ多くするのが正解なのです。

定例返済後でも追加返済は可能

とは言え、その月にどれだけの余裕があるかは定例返済時点ではまだ分からないということもあるでしょう。

そのような場合は、定例返済後に追加返済を行うことも可能です。

定例返済を終えた後に給料や家計などもろもろの計算をしたうえで、「どうやら今月は1万円ぐらい余裕がありそうだ」となったのであれば、その1万円を追加返済という形で返済にまわせばOKです。

ただし、返済するタイミングによってその返済が「今回の返済に対する追加返済」とみなされるか「次回の定例返済」とみなされるかが変わる点には注意しておかなければなりません。

次回の定例返済日から10日以内になってから返済してしまうと、その返済は次回の定例返済とみなされてしまいますので、追加返済を行いたい場合には次回の定例返済日よりも11日以上前のタイミングで行う必要があります。

ただしあくまでも無理のない範囲で

最小返済金額よりも多めの金額で返済を行うことは確かに重要ではあるのですが、それはあくまでも生活に支障が出ない範囲でのことです。

「多少無理をしてでも追加返済を行う!」という心がまえ自体は素晴らしいと言えますが、本当に無理をしながら返済をしてしまうと、すぐにやりくりができなくなって追加で借り入れを行う羽目になってしまいます。

どれぐらいの金額の返済が「無理のない」返済であるかを判断するためには、毎月の収入や支出を正確に把握する必要があります。

そこで導き出された余力の分だけ追加返済を行うようにすれば、最小返済金額以上の返済でも無理なく継続していくことができるでしょう。

一時的な返済額の変更であれば

アイフルでは毎月の返済額を変更することはできませんが、どうしても最小返済金額での返済ができないという場合であれば、一時的に返済額の変更を認めてもらえる可能性があります。

会員専用ダイヤルに電話をかけて、最小返済金額での返済が苦しい旨を相談すれば、発生している利息のみの返済や手持ちで自由にできるお金での返済でOKとしてくれることがあるのです。

ただしその場合は、今後の収入の予定などをしっかりと説明して次回以降は最小返済金額での返済を行っていくことができるということを示す必要があります。

関連記事をチェック!

7094view

アイフルのコールセンター目的別電話番号・時間一覧

アイフルには、オペレーターと直接話ができるコールセンターがあります。 目的や用件別に、コールセンターの電話番号をまとめました。 アイフルのコールセンターとは アイフルの本社(京都...

特例であることを十分に理解して

利息のみの返済にしろ手持ちのお金での返済にしろ、最小返済金額未満の金額での返済は特例に他なりません。

そのため返済が苦しい旨を相談しても、「最小返済金額未満での返済は認められません」と突き返されてしまう可能性も十分ありえます。

万が一アイフルへの相談が実らなかった場合に備えて、どうにかしてお金を調達する方法も並行して考えておいたほうがいいかもしれません。

関連記事をチェック!

251view

アイフルへの返済は利息のみでOKってホント?

アイフルをはじめとした消費者金融で借り入れを行っている人の中には、毎月の返済に四苦八苦しているという人もいるのではないでしょうか。 場合によっては利息のみでの返済が認められているという話も耳にします...

多用するとアイフルの心証が悪くなる?

最小返済金額未満での返済は、ある意味「契約違反」ではあります。

利用者が返済に行き詰ってそのまま返済を放棄してしまうのはアイフルとしても本意ではありませんから、救済措置的な形で最小返済金額未満での返済を認めることもありますが、真っ当な返済ができていないことに変わりはないのです。

そのため、あまりに何度も最小返済金額未満での返済をアイフルにお願いすることはアイフルの心証を悪くしてしまい、今後利用額の増額申請が認められなかったり契約が打ち切りになったりしてしまうという可能性も考えられます。

最小返済金額未満での返済はあくまでも緊急手段なので、あまり何度も何度も利用するのは考え物ですよ。

まとめ

以上、アイフルでは毎月の返済額を変更してもらうことが可能かどうかについての説明を行ってきました。

原則として返済額を変更してもらうことはできませんが、状況に応じて臨機応変に対応してもらえる可能性はありますので、返済が苦しい場合にはまずは会員専用ダイヤルに電話をかけて相談してみましょう。

ただ、アイフルで設定されている最小返済金額はそこまで極端に高いというわけではないので、臨時の出費等があるわけでもないのにしょっちゅう返済が苦しくなるという人は、一度自身の収入や支出をよく見直してみる必要があるかもしれませんね。

関連記事をチェック!

1163view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談