増額返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

執筆者の情報
名前:馬沢結愛
年齢:30歳
性別:女性
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

増額返済とは

増額返済とは、融資の契約時に銀行などと取り決めした、またはあらかじめ決まっている毎月の返済金額(このことを約定返済額という)を融資期間中に毎月の返済金額を増やして返済していく返済の方法です。

また、住宅ローンや自動車ローンなどのボーナス返済も増額返済となり、このことを「半年毎増額返済」といいます。

増額返済は住宅ローンや自動車ローンだけでなく、カードローンやクレジットのキャッシング、リボ払いなどでもできますので、お金に余裕がある場合には増額返済をすることによって早く返済を終わらせられることや利息の負担を軽減させることができます。

しかし、増額返済をすると手元に残る現金や貯金が減りますので、余裕な分すべてを返済にまわしてしまうと急な出費などによってお金が足りなくなってしまうこともありますので、増額返済する際は計画的に無理のない程度で行うことが重要となります。

返済の仕方には種類がある

融資を返済していくための方法にはさまざまな種類があり、「約定返済」「半年毎増額返済」「繰上返済」「一括返済」「随時(臨時)返済」の5種類があります。

約定返済と半年毎増額返済は冒頭でも紹介した通りであり、毎月や半年ごとの支出の管理がしやすいという特徴があります。

繰上返済は、まとまったお金を融資残高の一部に返済するという返済の仕方であり、一気に融資残高を減らすことができ、利息負担を軽減できる特徴があります。

一括返済は、まとまったお金で融資をすべて返済してしまう返済の仕方であり、融資が完済となりますのでその後の返済や利息の負担を無くすことができる特徴があります。

随時(臨時)返済は、約定返済とは異なる返済額を自分の都合がいいときに返済するという返済の仕方で、返済する金額は自由に決めることができる特徴があります。

関連記事をチェック!

約定返済とは

約定返済とは一体何なのかご存知でしょうか。カードローンなど金融機関からお金を借りる契約を結ぶ際に必ず書いてある用語です。 なんとなく借金を毎月返済している人も多いことでしょう。しかし返済の方法を...

関連記事をチェック!

借金の一括返済をしてもカードローンの利息は戻らない

ローンと一括返済は密接な関係にあります。しかもその関係はとても繊細で微妙です。 ローンの種類によっては利息が戻る場合もあるし、またはカードローンのように利息が戻らないこともあり、利息の戻りを期待...

毎月余裕があるなら増額返済が得

融資契約時よりも収入が上がったことによって毎月の生活に余裕ができた場合や複数の融資を受けていてその内の1つが完済となり毎月返済していく金額に余裕ができた場合などのときには増額返済することをおすすめします。

増額返済をすることによって得られる1番のメリットはやはり利息負担の軽減ですので、毎月の返済額を少しでも増額できれば完済までに支払う利息の合計はかなり軽減させることができます。

また、無理なく毎月の返済金額を増額させたうえで、さらにまとまったお金がある場合にはそれを繰上返済することによってもっと返済を楽にしていくことができます。

繰上返済は返済額の減額と期間短縮2つの方法がある

繰上返済には、繰上返済後に返済額を減額する方法と期間を短縮する方法とがあります。

返済額を減額する方法は契約時に決めた融資期間は変えずに、毎月返済していく返済分を少なくする方法のことをいい、期間を短縮する方法は毎月の返済額は変えずに融資期間を短くする方法です。

繰上返済をする場合にはどちらかを選ぶ(銀行などによっては選べないところもある)こととなりますが、同じ金額を繰上返済する場合でも返済額の減額と期間の短縮では総額で返済する金額に違いがあります。

この違いについて、例えば融資残高2,000万円、金利3%、残り期間20年、毎月110,919円返済の融資に500万円の繰上返済をした場合、返済額の減額を選択すると毎月の返済額は83,189円となり、総額で19,966,091円の返済となります。

対して期間の短縮の場合、返済期間は14年に短縮されて毎月の金額は109,454円となり、総額で18,388,911円の返済となります。

その差は1,577,180円となり、繰上返済では期間の短縮を選択することが望ましいといえます。

半年毎増額返済は計画的に決める

増額返済の中で唯一融資契約時に決めることとなる半年毎増額返済ですが、この半年毎増額返済を決める際には注意しなければならないことがあります。

半年毎増額返済は主に住宅ローンの際に利用することが多いですが、住宅ローンといえば30年などの長期間返済していかなければならない融資です。

返済の間ボーナスが少しずつでも上がっていくようでしたら何の問題もありませんが、もしもボーナスが少なくなってしまった場合には返済することが難しくなってしまう場合があります。

また、半年毎増額返済は1月と7月や6月と12月などといったように返済する月を決めることになりますが、この返済月も勤務するところのボーナスに合わせて決めなければなりません。

半年毎増額返済は決めた約定日(毎月の返済日)と同時に返済されることが多いですので、勤務するところのボーナス支給日が約定日の後になってしまえば返済できなくなってしまいます。

ですので、半年毎増額返済を利用する場合には自身が勤務する会社のボーナス支給日を考え、支給日が月末となる場合には半年毎増額返済の返済月をずらしてボーナス支給付の翌月となるようにしなければなりません。

カードローンは随時返済

カードローンの返済とクレジットカードのリボ払いは基本的に約定返済と随時返済の2つしかありません。

どちらも自由度が高く、利用限度額の範囲内であれば何回でも利用することができますので、基本的に所定の手続きがある繰上返済や一括返済というものがありません。

ですが、随時返済をした結果で繰上返済や一括返済となることはありますが、基本的に所定の手続きが必要となる繰上返済や一括返済とは異なります。

カードローンやクレジットのリボ払いを随時返済する場合のほとんどはATMによって行うことが多く、銀行のカードローンであればその銀行のATMでカードローンに入金(返済)することによって随時返済することができます。

クレジットカードのリボ払いでは、提携するATMで入金することによって随時返済することができますので、いつでも簡単に返済することができます。

関連記事をチェック!

銀行系カードローンの上手な返済方法

執筆者の情報 名前:馬沢結愛 年齢:30歳 性別:女性 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 毎月の返済だけではもったいない 銀行系カードローンとは、銀行の...

関連記事をチェック!

カードローン返済方法の代名詞!元利定額方式とは?

カードローンの最小返済額を決定する方法はいくつもありますが、最もポピュラーな返済方法が元利定額方式という返済方法です。 「カードローンは毎月の支払いが同額」と当たり前のように考えている人も多いの...

随時返済で残高スライド式返済の返済額を少なくする

最近のカードローンでは、返済日前日の借入残高によって返済額が変わる「残高スライド式返済」が多くあります。

この残高スライド式返済は返済する金額を一定とするのではなく、少なく借りているものは少ない返済金額で、多く借りているものは返済も多くというようになっていますので、借入残高が重要となります。

例えば30万円以下は5,000円の返済額、50万円以下は10,000円の返済額の残高スライド式返済の場合、残高が35万円であれば返済額は10,000円となります。

これを返済日の前日までに5万円随時返済しておけば、10,000円だった返済額は5,000円でよくなります。

このように、随時返済を一時的にすることによって今後の返済額を軽くすることができますし、数日前から返済しているとその分の利息も軽減されます。

関連記事をチェック!

銀行カードローンの返済方法を知って賢い返済を!

銀行カードローンは申し込みが簡単で、短期間で融資実行が可能なこともあり、利用者の数は年々増加し続けています。 限度額内であれば新たに申し込むことなく、何度でも借り入れが行えるので、その利便性に助...

まとめ

融資を受けていると必ず利息を払わなければなりません。

高額な融資や金利の高い融資であるほど総額で支払う利息はかなりの金額となります。

そんな中で少しでも余裕があるときやまとまったお金がある場合には増額返済することによって利息負担を軽くすることができます。

ですが、利息負担の軽減ばかりを優先して増額返済をしていくとどこかで不具合が生じてしまう可能性もあります。

そのようなことにならないように、増額返済をする場合には増額返済する金額や方法をきちんと考えて計画的に返済することをおすすめします。

関連記事をチェック!

借入と利息の関係とは?利息の計算方法について学ぼう

借入と利息、言葉は聞いたことがあるけれど「仕組みがいまいち分からない…」という人もいるのではないでしょうか。 借入と利息の関係をきちんと理解することによって、無駄な利息を払わずに融資を受けること...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談