馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

アイフルで再契約する際の審査や在籍確認の有無

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

以前アイフルからお金を借りていた人が再度借入をする場合、完済後の再契約なのか解約後の再契約なのかによって申し込み方法が異なります。アイフルの借金を返済しただけという人は再契約する必要がない場合もありますので、借入申し込みをする前に契約する必要があるのかどうか確認しておきましょう。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<

完済後の再契約は必要がない場合もある

以前アイフルから借りていて借金を全額返済してしばらく使っていない状態になっている人で、急にお金が必要になりアイフルから借入したい場合もありますよね。

そういえばかれこれ2、3年くらいアイフルからお金を借りていないな、というケースです。

借金を完済してから相当期間が経っているし、アイフルからお金を借りるにはもう一度最初から再契約しなければならないのだろうかと思うことでしょう。

しかしアイフルの会員規約では借金を完済しても、一定期間以内であれば審査の必要がなくそのままアイフルカードを利用することが可能となっています。

アイフルは2014年11月に会員規約を一部訂正しており、借金を完済しても契約はそのまま有効とする期間が変更になったのですね。

契約が解除になっていなければアイフルカードはそのまま使えますので、審査する必要もなければアイフルのコールセンターへ電話する必要もありません。

そのままアイフルATMや提携銀行およびコンビニATMから即日借入可能です。

審査することなく借入できれば時間の節約にもなりますので、しばらくアイフルを利用していないからと言って、新規申し込みする必要がない場合あることを知っておきましょう。

再契約することなくアイフルから借入できる人

そもそもカードローン契約というのは極度基本契約方式と言って、借金を完済しても契約が解除されることがありません。

つまりアイフルの借金を返済しても契約自体が生きていますので、アイフルから再度借入するのに契約する必要がないのです。

よく住宅ローンを申し込む場合は、消費者金融の借金を返済するだけでなく契約も解除しておくと審査に有利になるというのは、契約が残っていたのではいつでも借入ができてしまうからですね。

住宅ローンの審査に有利になるのは消費者金融の契約が解除されていれば、カードを持っていても借入できないため、返済能力という点で有利になるからです。

・アイフルの借金を完済すると契約が解除になると誤解している
・アイフルの借金完済後3年、4年くらい経っている

以上のように、借金を完済すればアイフルとの契約も解除になっているはず、と思い込んでいる人や、アイフルの借金を返済してから少なくとも3年か4年は経過しているという人は、意外にも アイフルとの契約が解除されていると誤解しているようです。

アイフルでは借金を完済しても5年以内なら契約は継続している

アイフルでは契約解除する条件として 2014年10月31日までは借金完済後、借入がない状態が2年継続した場合は自動的に契約が解除していました。

しかし同年11月1日に会員規約の一部が変更になり、借入がない状態が5年継続した場合にアイフルとの契約が自動的に解除することになっています。

もちろん5年以内でもアイフルの借金を完済し、会員から契約解除したい旨の連絡があった場合は、その時点で契約解除されます。

必ずしもアイフルと契約したら5年間契約が継続するわけではありません。

つまりアイフルに申し込んだ場合は、借金を完済したとしても5年間はアイフルとの契約は有効であって、今までの利用限度額はそのままにアイフルカードで再契約することなく借りれるのです。

アイフルの借金はなくなったけれども、いつ急にお金が必要になるかわからないと考えている人は、アイフルカードを破棄することなく持っていれば緊急時にも対応できるのです。

アイフルからお金を借りるのにまた審査から始まるの?面倒な手続きをしなければならないの?という心配はありません。
アイフル 会員規約一部改定のお知らせ

アイフルを解約してしまうと再契約が必要

逆にアイフルの借金を全て完済して、もうアイフルから借りることもないんじゃないかな、という人や住宅ローンに申し込まなければならないから、アイフルとの契約を解約しておこうという場合もありますよね。

そのような場合は最初から借入申し込みをしなければなりません。

ただし新規借入で申し込むのではなく、「再度ご利用のお客様」をクリックして申し込みします。

記入する項目は新規借り入れと全く同じで、借入申込者の生年月日や住所、勤務先、他社借入件数や金額、住宅ローンの負担や家賃の負担、扶養家族の人数などの個人情報の記入はしなければなりません。

アイフルではたとえ借金返済から5年経過したとしても、顧客データを全て削除することは基本的にありませ

しかしアイフルのコンピューターによる自動審査では、過去に申し込んだことがあるのかそれとも初めての申し込みなのか確認できないため、公式サイトに「再度ご利用のお客様」のボタンを作ってあるのです。

だからといって審査が甘くなるということは残念ながらありません。

ただしおまとめローンMAXは過去にアイフルを利用したことがある人でないと申し込みできないことから、ある一定の優遇措置は期待できそうです。

解約後の再契約は審査があるの?

アイフルを利用しないまま5年以上経過してしまった人や、アイフルの契約を解約してしまった場合は、他の新規申込者と同じように初めから審査しなければなりません。

実際に新規申込の入力フォームと、再度ご利用のお客様用の申込フォームには全く違いがありません。

当然ながらアイフルでは過去の取引データを保存していますが、だからといって審査が簡単になることもなければ、無審査で借りれることもないのです。

よって新規申し込みと同じように、申込フォームに入力した内容と信用情報機関から取得した個人信用情報を見比べ、それだ項目を全てコンピューターによってスコアリングし合格ラインに達するかどうかでアイフルから借入できるかどうかが決定されることになります。

もちろん他社借入件数や金額によっては総量規制の関係で契約できない場合もあるでしょう。アイフルの契約を解除している最中に他の金融機関から借入をしている場合もありますよね。

第一同じ勤務先に勤めているのか、年収はどのくらいあるのか、勤続年数は?扶養家族の数や住宅ローンは?など以前とは情報が違っていても何ら不思議はありません。

過去の取引状況はある程度審査の参考にするかもしれませんが、過去の取引状況が良いからといって審査に通りやすいとまでは言えないのです。

最初にアイフルに借入を申し込んでから5年以上経過していれば、過去にアイフルからお金を借りていた人の信用情報が変わっていてもおかしくはありませんよね。

アイフルとの契約が継続しているか確認する方法

アイフルに契約解除を申し入れた覚えがないけれども、現在持っているアイフルカードがそのまますぐに利用できるのか確認する方法は至って簡単です。

実際にコンビニATMにカードを入れて見る方法もありますが、自宅からでも確認できる方法としておすすめしたいのが、会員サイトにログインできるかどうかです。

無事に会員サイトにログインできれば契約は継続中であることがわかります。念のために利用限度額がいくらなのか、利用可能額がいくらになっているのか確認しておきましょう。

以前の利用限度額はそのまま適用されるの?

アイフルとの契約を解除した後に再契約を申し込んだ場合、以前の利用限度額はそのまま適用されるのか気になるところですね。

利用限度額がいくらになるのか、その金額については審査内容によって異なります。

新規申込者と同じように信用力と返済能力の調査を行われるのですから、以前と全く変わっていなければ利用限度額は以前と同じと考えることもできます。

しかし他社借入件数や金額、返済状況などに変化があった場合は利用限度額が引き下げられるか、または審査に落ちることもないとは言えません。

関連記事をチェック!

アイフルの審査は信用情報機関CICとJICCの両方で行われる

アイフルの審査は信用情報機関であるCICとJICCの2機関で行われていることはご存じでしょうか。カードローン審査において信用情報機関に登録されている個人信用情報を無視するわけにはいきません。 ア...

再契約前に確認したいこと

アコムと再契約を考えるときには、以前利用していたからという安心感があるかもしれないですが、再契約前にはいくつか確認しておく方が良いことがあります。

他のカードローンとの比較

注意点のところでもご紹介しましたが、アコムと再契約するときには以前の利用実績が審査に何らかの影響を与えてしまいます。

また、30日間の金利0円のサービスが利用できないのは、アコムを利用するよりも他のサービスを利用するほうがお得になる場合があります。

ですので、再契約前に他のカードローンの利用も考えるようにしてみると良いですよ。

金利に関しては消費者金融の場合には、最高金利が18%となっているところが多いですがプロミスであれば17.8%と少し低めにできます。

借りるまでに時間がかかってもいいのであれば、銀行のカードローンでは14%前後になりますし、楽天銀行などではキャンペーンが実施されていればもっと安い金利になります。

無利息期間があるのは、レイク、プロミス、アイフルなどがあります。

金利や無利息期間の有無をもとに、近くにATMなどがあるかなども考慮して他のカードローンの利用を検討しましょう。

本当に借りる必要があるか

アコムと再契約を検討しているという事は、今お金が必要と感じていると思うのですが、そのお金が本当に必要なのか、借りなくてもいい方法が無いのかを検討しましょう。

どうしてもお金を借りるとなれば利息を支払うことになりますので、総返済額は多くなってしまいます。

例えば支払いを少し遅らすことができれば、ボーナス支給日に間に合うのでお金を借りる必要が無いとか、冷静に考えれば必要のないものだったという事もあります。

また、用意するまでに時間があるのであればアルバイトなどをして稼ぐことで対応できる場合もあります。

本当に借りる事が必要なのかを冷静になって十分検討すると良いですね。

関連記事をチェック!

即日からでも可能な金策の方法とは!

金策が必要な時とはつらいものですが、それでも何とかしないといけません。 節約をすれば何とかなる金額ならいいのですが、5万円を超えてしまうと節約だけでは何とかできません。 今回は、金額ごとの...

金欠の一週間を乗り切る所持金別方法【給料日前】

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アイフル
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談