アイフルで学生が借りれる限度額はいくら?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アイフルは積極融資で審査が柔軟との評判が高く、条件さえ満たせば学生でも借りられます。

学生の主な収入はアルバイトなので年収が低いのが相場ですが、限度額はいくらまで設定されるのかも気になりますね。

学生がお金を借りるとすると学生ローンを想像する人も多いと思いますが、申し込みのしやすさや審査の早さを見ると、アイフルでの借り入れも悪くはなさそうですね。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

学生がアイフルでお金を借りるメリット


学生がアイフルから借りることについて、違和感を覚える人もいるかもしれません。

学生は学生らしく学生ローンで借りるのが普通じゃないか、学生ローンのほうが優しく対応してくれるのではないか、と期待したいところですね。

しかし、学生ローンを取り扱っているのは中小消費者金融で、学生専用ローンを特別に取り扱う金融機関というわけではありません。

学生ローンもアイフルも同じ消費者金融で、しかもアイフルは学生ローンを扱う中小消費者金融に比べて、圧倒的な営業貸付残高と会員数を誇っています。

聞いたこともないような学生ローンでお金を借りるのは、個人情報が漏れるのではないか、もしかしたら親に連絡がいくのではないか、1日でも返済に遅れると学校に連絡が来るのではないか、となにかと心配ですよね。

アイフルは、大手消費者金融として安心感と信頼感にはゆるぎないものがあります。

アイフルカードの発行によって、コンビニATMから24時間365日いつでも借りられることや、振込キャッシングで自分の口座に振り込ませることが可能なのも、アイフルを利用するメリットとして考えられるでしょう。

学生がアイフルでお金を借りるデメリット

逆に、学生がアイフルでお金を借りるデメリットとしては、お金を「借りれすぎてしまう可能性がある」ことが挙げられます。

学生ローンで融資を受けられる金額は、せいぜい10万円前後といったところなので、融資を受けたとしても返済に困ってしまうようなことはそうそうないはずです。

しかし、アイフルで融資を受ける場合、アルバイトなどでそれなりにお金を稼いでいる学生だと、20~30万程度の金額の融資を受けられる可能性もあります。

たくさん融資を受けられること自体は嬉しいことなのですが、無計画に借り入れを行ってしまうと、返済に行き詰まってしまう可能性が高くなります。

自分自身の欲求をしっかりコントロールできて、返済計画に則って返済ができる人であればいいのですが、そうでない場合は、アイフルの借り入れが後々自分の首を絞めることになりかねませんよ。

アイフルで学生が借りる条件


学生なら誰でもアイフルで借りられるとは限りません。

アイフルで学生が借りるためには、年齢条件と収入条件をクリアする必要があります。

  • 年齢20歳以上
  • 継続安定した収入があること

以上2点を満たして、信用情報にこれといった問題がなければ、審査に通ることは十分に可能です。

関連記事をチェック!

913view

アイフルは18歳でも借入れできる?未成年者の金策事情

アイフルは、安定収入があって信用情報にキズがなければ、幅広い層の人が利用可能です。 そんなアイフルは、18歳でも利用できるのでしょうか? この記事では、未成年のローン利用について解説します。 こ...

学生は長期のアルバイトをしていることが条件

アイフルの貸付条件に「継続安定した収入があること」とあるように、アルバイトをしているとしても、短期間のアルバイトでは継続した収入とは言えませんね。

収入条件は継続及び安定が求められますので、短期間のアルバイトではなく長期間アルバイトしていることが必要です。

なぜなら、短期間のアルバイトではアイフルからお金を借りたとしても、きちんと返済できないリスクがあるからです。

お金を貸した以上は、毎月決まった日に支払期日に遅れることなく返済してくれることが、アイフルにとっても条件です。

審査に通るためには、少なくとも6ヵ月から1年程度は、同じところでアルバイトしていることが必要ですね。

関連記事をチェック!

1996view

勤続年数が短くてもお金を借りるには?転職するとローン審査は不利になる?

カードローンの審査項目には勤続年数の長さも無視することのできない重要な項目です。しかし終身雇用制が崩壊している状態で勤続年数を語るのはナンセンスなような気もします。 勤続年数が長ければそれだけきちん...

ただし未成年の学生は借りれない

ただし、アルバイトをしていて返済能力があっても、未成年の学生ではアイフルからは借りられません。

アイフルからお金を借りるには、申し込み時の年齢が20歳以上でなければならないからです。

これはアイフルに限ったことではなく、アコムやプロミス・SMBCモビット・レイクALSAや、最近できたばかりのJ.Score(ジェイスコア)でも同じです。

本当は、学生ローンを扱っている中小消費者金融も、原則20歳以上でなければ契約しないのが普通です。

なぜ未成年の学生は消費者金融から借りれないのかと言うと、民法によってお金を借りる契約などの法律行為は、親権者の同意がなければならないことが定められているからです。

つまり、親権者の同意なくアイフルと契約した場合、契約は後で取り消すことができ、そもそも契約がなかったことにできてしまうのです。

そもそも契約がなかったということは、契約していないのと同じですから、アイフルなどの消費者金融が貸したお金は取り戻すことができません。

学生ローンを扱っている中小消費者金融の中には、学生が未成年者の場合は親が連帯保証人になることや同意書を必要としている業者があるのも、そのためです。

最短でアイフルから借りる方法


最短でアイフルから借り入れを行うためには、申し込みをWeb上で完了させてしまうのがいいでしょう。

審査結果が出たら自動契約機で契約手続きを行い、その場でローンカードを発行して、備え付けのATMで借り入れを行えば、申し込みから借り入れまでを非常にスピーディーに完了できるはずです。

また、アイフルではweb完結での申し込みも可能です。

web完結で申し込む場合は、カードレスでの利用になり、アイフルのスマホアプリとセブン銀行ATMを利用して借り入れを行う形になります。

web完結で申し込めば、忙しかったり近くに自動契約機がなかったりといった場合でも、web上で手続きをすべて完結させてしまえるので、手続きが終わり次第セブン銀行ATMで借り入れが行えます。

アイフルから最短で借り入れを行いたい場合は、上述したいずれかの方法を利用するといいでしょう。

気になる点はチャットロボに質問できる


アイフルを利用しようと考えているけれど、まだ確実に利用すると決めているわけではない場合、わざわざアイフルのフリーダイヤルに電話をかけるのは気が引ける、と感じる人もいるかもしれません。

ただ、利用する前に疑問点や不安な点は解消しておきたいですよね。

そんな場合は、アイフルのホームページでチャットロボに質問するのがおすすめです。

アイフルのホームページに行けば、画面右下に「ぽっぽくん」というチャットロボとのチャット欄が表示されます。

「申込、利用について」「増額について」「返済について」といった選択肢がありますので、自分が気になる選択肢を選べば、そこからさらに細分化した選択肢が表れます。

それをどんどん繰り返していけば、ぽっぽくんが利用者の疑問に答えてくれます。

フリーワードでの質問入力も可能なので、選択肢の中に自分が知りたい内容がない場合は、自分で質問を打ち込むといいでしょう。

ぽっぽくんとのやり取りで疑問や気になる点が解消されたら、あらためて申し込みを行うといいですね。

アイフルで学生が借りれる限度額はいくらまで?


アイフルは消費者金融です。

消費者金融は、総量規制という規制の影響で、申し込み者の年収の1/3を超す金額の融資は行えません。

つまりアルバイトで年収60万円稼いでも、20万円までが契約の上限です。

もちろん他にクレジットカードのキャッシング、学生ローンの借り入れがあれば、20万円の総量規制該当額から差し引かれます。

たとえ一生懸命アルバイトで働いて年収が100万円あったとしても、総量規制該当額は33万円です。

クレジットカードのキャッシングで10万円、学生ローンの借り入れで20万円あればほとんど年収の1/3近くになっていますので、それ以上は借りられません。

年収60万円でも他に借金がまったくなければ、学生の返済能力から考えれば、借りられたとしても10万円くらいが限度額となるでしょう。

関連記事をチェック!

10732view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

在籍確認をスムーズに突破するコツ

アイフルの審査では基本的に在籍確認が必須となりますが、それは学生の場合でも変わりません。

学生の在籍確認では、アルバイト先に電話がかけられることになると思いますが、在籍確認をスムーズに突破するには自分自身で電話に対応するのが一番です。

アイフルから電話がかかってきたとしても、申し込み者であれば何の電話か分かっていますから、周囲にバレないように自然な形で対応できますからね。

職場的に自分が電話に出られないような場合は、電話対応を行う社員のかたなどに、正直に「今日在籍確認の電話がかかってきます」ということを伝えてしまえばいいでしょう。

もし、「どこからの在籍確認?」と聞かれるようなことがあれば、「クレジットカードを作ったのでカード会社からかかってくると思います」とでも伝えておけばOKです。

アイフルでは、在籍確認の際に社名を名乗ることはないので、アイフルからの電話であるとバレる心配はありません。

在籍確認は審査の重要過程の1つなので、スムーズに突破できるように心がけたいですね。

アイフルが学生キャッシングに向いている理由

学生は何かと面倒なことをイヤがりますよね。

それに、時間に制約されることに抵抗を感じるのが、学生の良いところでもあり悪いところでもあります。

具体的に言えば、お金を借りるのに来店しなければならないとか、返済する方法は振込や来店して支払うなど、制限されるのを嫌います。

アイフルの申し込み方法はパソコンやスマホから24時間受け付けており、自分の都合のよい時間に申し込みができるのも、面倒くさがりの学生にとってはピッタリですね。

申し込んだその日のうちにお金を借りるなら、審査回答時間である9時から21時までに審査結果を受け取ることです。

平日14時までに契約手続きが終われば、カードがなくても自分の銀行にお金を振り込ませて借りる、「振込キャッシング」が利用可能です。

平日14時過ぎ、または土日でもパソコンやスマホで申し込みをしておいて、カードの受け取りを自動契約機である「契約ルーム」に行けば、その場でアイフルカードの発行が可能です。

契約ルームの稼働時間は、曜日に関係なく土日祝日でも8時から22時まで(一部店舗を除く)です。

パソコンやスマホで事前に申し込み、審査に通った後遅くとも21時30分までに契約ルームに入店しておけば、22時までにはアイフルカードを受け取れるでしょう。

アイフルカードがあれば、併設してあるアイフルATMから借りることも、コンビニATMから借りることも自由です。

何しろキャッシングするのに面倒な手続きがいらない、土日でもお金が必要になったらいつでも借りれることが、学生のキャッシングに向いている理由です。

学生がアイフルを利用するときの注意点

アイフルでは、学生の場合でも限度額の制限なしに借り入れを行えるということが分かったところで、実際に学生がアイフルを利用するときの注意点について説明していきましょう。

未成年の学生は利用できない

学生でも利用できるアイフルですが、貸付対象者の条件として「満20歳以上」という条件が設けられているため、未成年の学生の場合は利用できません。

同じ立場である学生なのに、成人しているかいないかで融資を受けられるかどうかが変わってしまうのは、学生からすれば残念なことかもしれませんが、一般的に消費者金融等では未成年に対する融資を行っていないのです。

未成年の人は緊急でお金を調達したい場合でも、アイフル等の消費者金融から融資を受けるのではなく、別の方法を検討する必要があります。

定期的なアルバイトは必須

先ほど総量規制の説明の中で、「融資希望者の年収の3分の1」までしか融資を受けられないという話をしましたが、ここでいう「年収」はあくまでも自分で働いて稼いだお金に限られます。

学生の場合だと親から仕送りを受けている人も多いと思いますが、そのお金は年収としては考えられませんので、アイフルを利用したい場合には自分でアルバイト等を行っていなければなりません。

また、貸付対象者の条件には「定期的な収入」とも記載されているので、時期限定の住み込みのバイトで30万円稼いだからといって、それで30万円×1/3=10万円の融資を受けられるというわけではありません。

審査に通過するためには、「定期的な収入があり継続的な返済能力を有している」と判断してもらわなければならないため、定期的にアルバイトを行っていることは必須となりますよ。

周囲に内緒なら返済は確実に行おう

学生のかたの場合、アイフルを利用しているということを周囲に秘密にしているケースも多いでしょう。

アイフルではWeb完結での契約が可能ですし、契約時にカードレスを選択して口座振込で融資を受けるようにすることで、自宅への郵送物もなくせます。

このように、アイフルでは周囲に内緒で融資を受けられる環境が、かなり整えられていると言えます。

ただし自宅への郵送物がないのは、あくまでも「正常に利用できている」場合のみです。

万が一返済が遅れるようなことがあると、アイフルは利用者に対して督促の連絡を行わなければなりません。

その場合の書類は、利用明細書等とは異なりWeb上で確認するというわけにはいかないので、書面で郵送されてくることになります。

そうなってしまうと、周囲に内緒にしていたアイフルの利用が、「督促状の郵送」という最悪の形でバレてしまうことになりかねません。

そうならないためにも、きちんと期日前返済を継続していくようにしましょう。

未成年でアイフルを利用できないなら?

未成年の学生がお金を調達したい場合には、アイフルを利用する以外の方法を検討しなければならないとお伝えしましたが、具体的にはどのような方法が考えられるのでしょうか。

学生ローンを利用する

消費者金融や銀行カードローンでは未成年に対する融資を行っていませんが、そんな中で唯一学生ローンだけは未成年に対しても融資を行っています。

学生ローンはその名の通り「学生に対する融資」を行っている金融業者であり、未成年の学生がお金を調達するための数少ない手段の1つとなります。

「親権者の同意」を必要としますが、それさえあれば未成年の学生でも融資を受けられるので、親権者の同意が得られそうな人は、学生ローンの利用を検討してみるといいでしょう。

ただし、学生ローンの中にも未成年者に対する融資には対応していないところもありますので、利用する場合には事前に「未成年に対する融資が可能かどうか」をきちんとチェックしておくといいでしょう。

クレカのキャッシング枠を利用する

他の方法としては、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法が考えられます。

クレジットカードも、種類によっては20歳以上でないと発行できないものもありますが、18歳以上から発行できるものも多数あります。

クレジットカードには、ショッピングで利用できる「ショッピング枠」という機能の他に、お金を借りることのできる「キャッシング枠」という機能が付いていますので、そちらを利用することでお金を調達できるでしょう。

ただし、未成年のかたがクレジットカードを発行する場合、キャッシング枠の設定がかなり制限されたものになる場合も多々あるため、調達できる金額としてはせいぜい5万円や10万円といったところです。

また、キャッシング枠の限度額はショッピング枠の限度額と合算になっています。

クレジットカードの利用状況次第では、キャッシング枠として利用できるだけの限度額が残されていないという可能性もあることには、注意しておきましょう。

アイフルで学生が借りれるって本当なの?

アイフルは大手消費者金融ですね。

大手消費者金融の貸付対象者は一般社会人、という認識を持っている人も多いことでしょう。

しかし、アイフルは学生でも借りれます。

アイフルの貸付対象者は年齢が20歳以上で、定期的な収入と返済能力を持っている人、ならびにアイフルの基準を満たした人です。

つまり安定継続した収入があれば、年齢が20歳以上でアルバイト収入しかなくても、借り入れ可能ということです。

学生でも借りれる証拠としてアイフルのよくある質問に書いてあり、正社員でなくても派遣社員や出向社員、パート主婦もきちんと貸付対象者として見ているのです。

アイフルは幅広い顧客層に対して積極的な融資を行っているという噂や評判で、人気が高い理由はこんなところにもあるのですね。

アイフル よくある質問 誰でも申し込みは可能ですか?

学生がカードローンで借りるのはおすすめできない

そもそも、学生時代から借金することはおすすめできません。

万が一返済滞納をしてしまうと、場合によっては信用情報に金融事故情報が載ってしまいます。

金融事故情報に一度でも載ってしまうと、返済滞納を解消しても5年間ブラックになってしまいますので、十分に注意したいですね。

ブラック情報は、クレジットカードの審査や自動車ローンの審査に影響を与えます。

5年間もブラックになったのでは、社会人になってからもお金に関する契約はできないと思いましょう。

これは、アイフルに限らず学生ローンでお金を借りた場合も同じです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談