アコムで借りるとローン組めないってマジですか?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムで借りるとローン組めない可能性があるとインターネットの情報やSNSでの噂が広まっているようです。

アコムに限らず消費者金融の借入は住宅ローンや自動車ローンの審査に影響を与えるという意味ですね。

では、アコムをはじめとする消費者金融から借りていると、本当にローンを組むことができないのでしょうか。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介する記事は、こんな人におすすめの内容となっております。

  • アコムを利用中にローンを組みたい人
  • アコムの利用がローン審査にどのような影響を与えるかが知りたい人
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

「アコムで借りるとローン組めない」の真実とは

冒頭でもお話しましたが、「アコムで借りるとローンが組めない」という噂があります。

結論を先に言いますと、アコムを借りているからといって、絶対にローンを組むことができないわけではありません。

では、なぜこのような噂が流れているのかというと、それは昔は本当にそのようなことがあったためです。

昔の消費者金融(サラ金)は、利息制限法の上限金利を超える金利(いわゆる「グレーゾーン金利」)で貸しけしており、そのせいで返済の負担が非常に大きくなるために、ローンを組めるほど返済余力が残らなかったからです。

とはいえ、昔も絶対に組めないというわけではありませんでしたが、審査通過は非常に難しい状況にあったために、「ローンが組めない」というイメージにつながったと思われます。

現在ではグレーゾーンが撤廃されて、いくら高くても利息制限法の上限金利を超える金利では貸すことはありませんので、消費者金融を利用しても返済余力が残ります。

よって、アコムなどの消費者金融から借りていても、昔より審査通過は容易になっています。

ただし、アコムの利用が全くローン審査に影響がないわけではなく、状況によってはアコムの利用が原因でローン審査に通ることができないということも少なくありません。

また、消費者金融の利用は信用力が低いと判断されやすいのですが、それも昔の話であり、利便性の良さなどから普及率が高くなっていますので、単純に信用力だけの問題で消費者金融しか利用できないという人以外にも利用している人が多いです。

そのため、「消費者金融を利用している=信用に問題がある」という先入観で審査は行われておらず、あくまでも信用力を見て審査していますので、アコムを利用しているだけで審査落ちすることはありません。

アコムの個人情報は「個人情報の取り扱い」で明確にされている

アコムの公式サイトにある「個人情報の取り扱い」を参照すると、アコムの会員情報がどのような企業や機関に提供されているのかがわかります。

アコムが保有している個人情報は、子会社であるエムユー信用保証に第三者提供されることと、アコムが加盟している信用情報機関であるJICCとCIC、並びにデータ相互交流システムによって主に銀行が利用している信用情報機関KSCにも、第三者提供されることが明確に公表されています。

つまり、アコムからお金を借りると、お金を借りたという情報はアコムのみにとどまらず、信用情報機関と子会社が利用することが可能なのです。

もちろん、保有している個人データは個人情報を取り扱うに当たって利用目的をできるだけ特定しなければなりません。

具体的には、アコムが提供する金融商品またはアコムの与信判断及び与信後の管理、アコムまたは関連会社・提携会社の金融商品の販売・勧誘について利用されます。

アコムに限った話ではありませんが、大手消費者金融はとくに子会社を持っていることが多く、子会社がクレジットカード会社や保証会社の場合は、アコムの借入状況がまるまる提供されてしまうことに注意を払わなければなりません。

アコムの借入が直ちにローン審査に影響するわけではない

アコムからお金を借りているからといって、直ちに住宅ローンや自動車ローンの審査に影響を与えるわけではありません。

お金の借りすぎや、支払い延滞、債務整理情報がなければ、アコムから借りていても他の消費者金融から借入ができるのと同じように、アコムの借入によって住宅ローンや自動車ローンの審査に落とされることはありません。

ただし、金額の大きいローン契約は返済負担率によって返済能力を図るため、アコムの借入があることによって返済能力が劣ると判断される場合があることに注意が必要です。

返済負担率とは、収入と借金のバランスのことを言います。

年収と1年間に支払う借金の割合が30%以下でないと、一般的には住宅ローンの審査に通るには難しいと言われています。

例えば年収500万円の人が住宅ローンを組む場合、一年間に支払う借金額の合計が150万円以下を審査に通るための基準と考えていることから、住宅ローンの毎月の返済額が12万5,000円なら、他の借金があったのでは返済負担率が30%を超えてしまいます。

関連記事をチェック!

4326view

消費者金融で借りるとローンが組めない? 【借金もダメ?】

消費者金融を利用すると銀行のローンが利用できないというイメージを持っている人も多いいのではないでしょうか? しかし、消費者金融の利用が必ずしも審査が不利になるというわけではありません。 それは銀行...

アコムの借入と各種ローンの関係

アコムの利用がローン審査に与える影響は、ローンの種類で大きな差はありませんが、多少の違いはあります。

ここでは、銀行カードローン、住宅ローン、カーローンの主要ローンにおける影響をそれぞれ解説していきます。

銀行カードローン審査への影響

また銀行にとって消費者金融の借入は信用力がないために、銀行カードローンではなく消費者金融から借りていると判断されやすい傾向にあります。

確かに、銀行カードローンの審査に比べれば、アコムなどの消費者金融の審査は比較的緩いですね。

しかし、銀行カードローンを保証しているのは、消費者金融や信販会社などの貸金業者です。

つまり、そもそも消費者金融を利用しているからという概念では審査しているわけではなく、単純に信用力があるかどうかを審査しているのです。

ただし、銀行カードローンにおける自主規制は強化されており、一般的には「無担保ローンの借入総額で年収の1/3」が借入限度となっています。

アコムからの借入も「無担保ローン」に含まれますので、アコムを利用していることで銀行カードローンで借りられる金額が少なくなることは避けられません。

住宅ローン審査への影響

複数の消費者金融を利用している場合は、住宅ローン審査に通ることは非常に難しいのですが、アコムだけしか利用していない状況では、それだけで審査落ちすることはほぼありません。

しかし、アコムを利用していることで、どうしても返済負担率が高くなってしまいます。

場合によっては、住宅ローンの返済期間を長くしてまで返済負担率を下げなければならない状況となり、予定していた期間よりも長い期間をかけて返済しなければならないかもしれません。

また、特に審査の厳しい住宅ローンでは、アコムやクレジットーカードなどの類をすべて解約しなければ融資しないという「条件付承諾」となることもあり、より安全に融資するために信用力に問題がない場合でも解約を求められてしまいます。

カーローン審査への影響

住宅ローンほどではありませんが、カーローンも高額な融資となるのですが、こちらについてはそれほど消費者金融の利用が影響を与えることはありません。

もちろん、返済負担率から返済余力は見られ、キャッシング履歴や返済履歴も見られることになりますが、延滞なく返済していれば問題ありません。

これはディーラーローンでも同じことが言え、アコムなどの消費者金融でキャッシングしてても車のローンは組めるのです。

カーローンで大事なのは、年収に見合った金額の車を購入するのかということと、通常のローン審査と同じ信用力です。

関連記事をチェック!

7614view

マイカーローン審査に他社借入は影響する?

自動車を購入するときの車のローン。 銀行でも扱っていますし、中古自動車屋やカーディーラーなどでも取り扱いがありますが、審査の基準はどのようになっているのでしょうか? 銀行もクレジット会社などでも共...

アコムが加盟している信用情報機関

アコムでお金を借りているとローン審査に影響があるとは、簡単に言えばアコムの利用状況が信用情報機関に提供されるからです。

アコムが借入希望者の審査をする上で、個人信用情報を信用情報機関から取得するのと同じように、信用情報機関に登録される個人信用情報は、加盟している金融機関によって借入希望者を審査するための情報源です。

ローン審査においては、個人信用情報を参照すればどこからいくら借りていて、返済状況はどうなのか、金融事故歴があればそれも取得することが可能です。

アコムが加盟している信用情報機関は、日本信用情報機構(JICC)とCICの2つです。

アコムの利用状況は、保有期間が定められており借金を完済してから5年です。

しかし、アコムは極度額基本契約(いわゆるカードローン契約)を顧客と締結しているため、借金を完済してもアコムとの契約を解約しなければ、10年でも20年でも利用記録が信用情報機関に登録され続けます。

関連記事をチェック!

38299view

CIC、JICC、全国銀行協会(KSC)の違いを徹底解説

日本では、JICC、CIC、全国銀行協会という3つの個人情報機関があるのをご存知ですか? 個人信用情報機関の違いは以下2点です。 加盟している金融機関 登録されている情報の保管期...

信用情報機関の役割とは

信用情報機関はアコムなどの金融機関が審査に通すかどうかの与信判断や、利用限度額を増額する場合の与信判断後の管理を行うために、的確な審査ができるように情報を提供します。

例えば、他の金融機関からお金を借りている人がアコムに借入申込した場合に、借入件数や金額を見て総量規制を超えていないか、遅滞なく返済をしているか確認することで、過剰貸付とならないように返済能力の確認を行います。

また、長期返済滞納や債務整理などの金融事故歴があるかどうかで、信用力がどの程度あるのか判断します。

以上のように、審査に通るかどうかの判断は信用情報機関がするのではなく、信用情報機関は個人信用情報を提供するに過ぎません。

審査に通るかどうかの判断はあくまでも金融機関が行うことで、たとえ信用情報に悪い情報があったとしても、融資するかどうか決定するのは金融機関です。

信用情報機関は相互にデータ交流をしている

3つある信用情報機関は、金融事故情報を中心としてお互いにデータ交流をしており、とくにJICCとCICは貸金業法によってより密接なデータ共有を行っています。

なぜなら、アコムなどの消費者金融とクレジットカード会社のキャッシングは、貸金業法の適用を受けるからです。

ともに総量規制対象貸付であり、年収の1/3以上を越えて貸すことは禁止されています。

もちろん年収の1/3近く借りていれば、過剰貸付にならないようにサーキットブレーカーの役割を果たしています。

銀行が利用する信用情報機関であるKSCは総量規制対象貸付でないため、銀行による貸付情報はJICCとCICには共有されません。

ただし、銀行貸付において保証会社がJICCやCICに加盟している場合は、保証債務残高として銀行の貸付がどのくらいあるのかある程度判断することが可能です。

以上のように、信用情報機関は金融事故情報だけでなく、借入情報についてもある程度データ共有しているため、どこか一箇所でも金融事故を起こしてしまえば、その情報は他の信用情報機関に速やかにデータ共有されます。

信用情報に登録されるアコムの利用情報

アコムの利用情報は、完済から5年間残りますが、情報の種類によって保管期限が決められています。

アコムはJICCとCICに加盟しておりますので、そこで登録される情報と各情報の保管期限をそれぞれ紹介していきます。

まず、JICCに登録される情報と保管期限は、以下のようになっております。

登録情報保管期限
氏名や生年月日などの本人を特定するための情報下記情報が登録されている期間
申込日や申込商品などの申し込みに関する情報申込日から6ヶ月を超えない期間
契約の種類や契約金額などの契約内容に関する情報完済日から5年を超えない期間
入金日や延滞等の返済状況に関する情報完済日から5年を超えない期間
(延滞情報は延滞継続中および延滞解消日から1年を超えない期間)
債務整理や強制解約などの取引事実に関する情報発生日から5年を超えない期間
(債権譲渡は発生日から1年を超えない期間)

次に、CICに登録される情報と保管期限は、以下のとおりです。

登録情報保管期限
本人を識別するための情報および申込内容に関する情報照会日から6ヶ月間
契約内容や支払い状況などに関する情報契約終了後5年以内
利用目的や利用会社名などに関する情報利用日より6ヶ月間

一覧表にするとそれぞれで登録される情報や保管期限に違いがあるのではと思ってしまうのですが、基本的に登録される情報は同じであり、申し込みに関するものは6ヶ月間、契約や返済・支払いに関するものは5年間登録されると思っていれば問題ありません。

情報開示で自分の状況を確認できる

信用情報は、加盟会社しか照会できないと思いがちですが、本人であれば自身の信用情報を照会できます。

これを「情報開示」といい、該当する信用情報機関に請求することで登録されている情報を確認できます。

請求はインターネットや郵送(KSCは郵送のみ)で簡単に行うことができますが、費用が1,000円程度かかることに注意しなければなりません。

アコム利用でローン審査が不安なら

アコムを利用しているという事実だけでローン審査に落ちることはありませんが、影響が全くないわけではありませんので、不安を感じる人もいるでしょう。

では、そのような場合にはどのように対処したら良いのでしょうか。

アコムを完済してから申し込む

ローン審査の返済負担率について心配がある場合は、アコムを含めてカードローンの借金は完済してから申し込むのが一番です。

やはり、他社借入がない方が審査通過しやすいですので、不安な人はまずカードローンを完済することをおすすめします。

解約するとなお良し

カードローンの完済というと、単に借入残高を「0円」にすれば良いと思っている人も少なくありません。

しかし、カードローンは契約している限りはいつでも利用限度額まで借りられます。

ローン審査では、契約しているカードローンについて、利用限度額まで借りていると見做します。

そのため、実際には借りていないのに他社借入があるとなってしまい、審査に影響が出てしまいます。

そうならないためには、残高を「0円」にしたあとに、解約するようにしましょう。

また、解約をすることで完済実績というローン審査においてプラスとなる要素を得ることができますので、特に住宅ローンのような高額なローンの場合は解約後に申し込むことが望ましいです。

アコム利用とローン審査に関するQ&A

最後に、アコムを利用中のローン審査に関する疑問について、Q&A形式でお答えしていきたいと思います。

①アコムに過払い金請求した履歴は残る?影響は?

答え:過払い金請求は信用情報機関に登録されることはなく、ローン審査に影響はありません。

過払い金請求は、過去に払いすぎていた分で借金を完済することであり、金融事故ではありません。

信用情報にも過払い金請求については登録されることはなく、ローン審査に影響は出ません。

ただし、過払い金で借金が完済されなかった場合は任意整理となり、こちらについては信用情報機関に登録されて、いわゆる「ブラック」の状態となってしまいます。

また、アコムに対して過払い金請求をした場合は、アコムの独自情報には履歴が消えない履歴として登録されますので、アコムからの借入やアコムが保証する銀行ローンは利用できなくなってしまいます。

②時効の援用をした場合、他のローンは組める?

答え:長期延滞などの履歴が残っていればほぼ組むことはできません。

時効の援用をすると、借金の返済義務を負う必要はなくなります。

しかし、時効の援用をするまでには当然、長期延滞となっています。

長期延滞などの情報は、継続中および完済から5年間が保管期限ですので、時効の援用をしてから5年間は残ります。

もしも、時効の援用後にローン申し込みをしたとしても、申込者が過去に長期延滞していることが分かれば融資してくれるところはほぼないと言えるでしょう。

③借り入れを一括返済したら、すぐに他のローン審査に通る?

答え:絶対ではありませんが、通る可能性は高くなります。

完済実績を作ることで、たしかにローン審査を有利にすることは可能です。

しかし、それだけで必ず審査に通るという効果まではありません。

完済実績があることで信用力は高くなりますが、審査はあくまでも総合的な判断となることから、審査に通る可能性が高くなると認識しておきましょう。

④金融事故を起こしていると、貸してくれるのは闇金融業者しかない?

答え:中小消費者金融であれば借りられる可能性があります。

金融事故を起こすと、銀行やアコムなどの大手消費者金融では借りられません。

しかし、信用情報よりも現在の返済余力を重視する中小消費者金融であれば借りられる可能性がありますので、必ずしも闇金融業者しかないというわけではありません。

⑤旦那が信用情報に問題がある場合、他の家族にも影響がある?

答え:基本的には家族に影響が出ることはありません。

信用情報はひとりひとりの信用力を登録しているものであり、夫の信用情報に問題があっても、それがイコールで世帯の信用力を示すわけではありません。

また、個人情報はたとえ家族でも同意がなければ取り扱うことはできないので、例えば妻の信用情報を照会するついでに、夫の信用情報も照会するというようなことはできません。

極端なことを言うと、夫が金融ブラックとなっていても、妻や子供は審査に通ることもできるということです。

まとめ

消費者金融が「サラ金」と呼ばれていた時代では、グレーゾーン金利で貸付していたり、それこそ信用力がない人が利用するところであったために、借りていればローンを組めないということもありました。

しかし、今はグレーゾーンも撤廃されており、消費者金融の利便性の向上から信用力がある人も利用しているため、ローン審査においても昔ほど厳しい目では見られなくなっています。

アコムを利用しているからといってローンが組めないということはありませんが、アコムの利用に問題がある場合は審査落ちすることもありますし、自主規制や返済負担率の関係でローンが組めない場合もあります。

一番は、アコムを完済してから申し込むことですので、その点をよく考えて借入や返済の計画を立てていくことが望ましいです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)