アコムの審査はバイトを始めたばかりでも通る?【働き始めでも借りる】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

アコムのカードローンを申し込む時って、「自分の勤続年数で審査に通るのかな…?」という不安が頭をよぎると思います。

特に、正社員ならともかく、パートやアルバイトをしている人なら尚更です。

そこで今回は、アコムの申し込みに際して、雇用形態別でどんな点に気を付けないといけないのか、さらにはバイトをやり始めた人は審査に通るのか、という点について、詳しく解説していきたいと思います。

この記事はこんなひとにおすすめ

今回ご紹介するのは、以下の人におすすめの内容になります。

  • アルバイトで働いていてアコムで借り入れできるかどうか不安な人
  • アコムの審査について詳しく知りたい人

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

働き始めで収入がない…アコムにアルバイトは申し込める?

まず、アコムのカードローンに申し込める人はどんな職業の人なのかについて、利用条件も含めてお伝えしていきます。

アコムはアルバイトでも申し込みOK!

アコムのカードローンの利用条件は、「安定した収入のある人」ということになっていますので、基本的にはどんな雇用形態であっても、毎月決まった収入があれば申し込みは可能です。

そのため、アルバイトのかたであっても、心配せずに申し込むといいでしょう。

ただ、この「安定した収入」というのは、給与収入や個人事業主などの収入を指すもので、株の利益・ギャンブル・親の仕送りなどは、これには含まれません。

また、専業主婦については配偶者には安定した収入があると思いますが、利用者本人に収入がないため、申し込んでも審査NGということになります。

アルバイトで働いてすぐキャッシングできる条件

次に、アルバイトをやり始めたばかり…など、勤続年数に不安があるかたのためにも、いくつかアドバイスしておきたいと思います。

勤続期間が短くても在籍確認OKなら大丈夫

バイトをしている人がアコムに申し込む場合、勤続年数も重要ですが、それよりも重要な点があります。

それは、「在籍確認」です。

いくら審査で問題がなかったとしても、審査終盤で行われるバイト先への在籍確認が終了しないと、きちんとした融資は行われません。

もし暫定的に融資が行われたとしても、在籍確認が終了するまでは、少ない限度額が設定される事になります。(例:審査で10万円までOKとなっていても、確認が取れるまでは5万円までしか貸してくれない等)

このあたりの在籍確認をスムーズに終わらせるコツについては、後ほど触れたいと思います。

卒業間もない場合も問題なし

一言で勤続年数が短い…と言っても、「アルバイトを転々としている」「専業主婦だったけど働き出した」など、状況は様々だと思います。

ただ、一つ言えるのは「大学を卒業して間もない為、勤続年数が短い」という場合は、審査にはほとんど影響は出ません。

最近では働きかたも多様化してきているので、大学を卒業してもすぐに会社には入らずに、アルバイトをしながら自分なりの道を探していくという人も増えてきています。

そういった人は、大学卒業して間もないころはお金が少ないと思いますので、アコム等の消費者金融を利用できるかどうかは非常に重要ですよね。

ただし、影響が出ないのは審査通過をするかどうか?という点だけであって、高い限度額が設定されるかどうかは別問題です。

バイトとして働き出した初めのころは収入も少ない為、おそらくバイトの年収200万円程度の場合、10~30万円程度の限度額となると思っておいたほうがいいでしょう。

実際のところは勤続1ヶ月では難しいかも

では、結局のところアルバイトに求められる「理想の勤続年数」はどれくらいなのでしょうか?

アコムの詳しい審査基準は公開されていませんので、一概には言えませんが、一般論で申し上げると「最低6か月は必要」というケースが多いようです。

ちなみに、アコムから収入証明書の提出を求められた場合でも、年間の収入を証明する源泉徴収票か、直近2カ月の給与明細書が必要になります。

そのため、勤続期間に関する条件は明示されていませんが、「アルバイトを初めて1ヶ月目…」という状態では、審査通過は難しいかもしれません。

関連記事をチェック!

1125view

アコムの審査基準~本審査と仮審査の違い【元担当者が語る】

消費者金融や銀行カードローンで借り入れを行う場合は、必ず審査を受けなければなりませんが、その審査には「仮審査」と「本審査」と呼ばれる2段階の審査がある場合があります。 仮審査と本審査の違いは何なのか...

アルバイトでもアコムの在籍確認に通過するためには

次に、先ほど触れた「在籍確認をスムーズに終わらせるコツ」についても、お伝えしていきましょう。

在籍確認の流れ

まず、在籍確認の流れから簡単にご紹介します。

在籍確認はアコムの審査担当者により行われますが、アルバイト先に個人名で電話が入り、申し込み者が実際に勤務していることが分かれば、それで確認は終了という流れになります。

もちろん本人のプライバシーに配慮されますので、用件などは一切言わないルールになっています。

在籍確認をスムーズに終わらせるコツ

ただ、アルバイト先で電話に出た人が「そんな人はいません」と答えたり、最悪のケースでは「誰も電話に出ない」という事態になれば、在籍確認はそこでストップしてしまいます。

そこで、在籍確認をしてもらう前には以下の点に注意するようにしてください。

  • バイト先の連絡が付きやすい時間帯をアコムへ伝えておく
  • バイト先の同僚には「クレジットカードを申し込んだので、個人名で電話が入るかも」といった感じで、協力を仰いでおく

特に、同僚の協力についてはポイントとなります。

職場に在籍確認の電話をしてくるのは、何もアコムだけではありません。

住宅ローンやマイカーローンを利用したときやクレジットカードを作るときも、電話が入る可能性がありますので、それとなく協力をお願いしておくとスムーズに終わらせられるでしょう。

アコムの審査の基本知識

ではここで、アコムの審査についての基本知識を、いくつか説明しておきましょう。

アコムに申し込める人※雇用形態別

まずは、アコムのカードローンに申し込める人について、雇用形態別に見ていくことにしましょう。

雇用形態備 考
正社員・公務員最も審査通過の確率が高い雇用形態です
特に上場企業に勤めている人や公務員などは、その安定性が評価されて審査通過・限度額共に好条件を引き出せる可能性が高いと言えます
派遣社員派遣会社に登録しているだけでは審査に落ちてしまいます
きちんと派遣先で働いて毎月給与を得ている事が条件となります
パート・アルバイト勤続年数は多少影響しますが、少ない給与でも毎月安定して収入があるなら、審査通過の確率は高いと言えます
契約社員正社員と比較すると、若干条件は厳しくなりますが、それでもパート・アルバイトよりは安定しているとみなされる場合もあります
専業主婦前述の通り、申し込みはできません
カードローンによっては配偶者貸し付け
(※)を利用できる所もありますが、アコムでは配偶者貸し付けは利用できません

※配偶者貸し付けとは…本人に収入がなくても、配偶者の収入を基準にして行われる融資。

基本的には配偶者の同意書が必要。

関連記事をチェック!

488view

アコム審査は簡単で誰でも借りれるの?

アコムは誰でも借りれるのか。 正社員でなくてもパートやアルバイト、学生でもアコムから借りることができるのか。 アコムに初めて申し込む人にとっては気になるポイントです。 消費者金融大手のアコムだか...

転職回数は審査に影響なし

では、アルバイトでも正社員でも「職を転々としている…」という人は、アコムの審査でも不利になってしまうのでしょうか?

こちらも審査基準が公開されていない為一般論となりますが、転職回数が多いからと言って、アコムの審査に落ちてしまうということはありません。

アコムの審査で最も重要なのは「返済能力」ですから、収入はもちろん、他社借り入れの額や、他社の返済状況が最も厳しくチェックされます。

しかし、転職回数は多いよりも少ないほうがいい…というのも事実です。

あくまで目安にはなりますが、30代で4度以上の転職をしている人は、「この人は現在の仕事もすぐに辞めてしまうのでは?」というイメージを持たれてしまいます。

ただ、ここまでお伝えしておいて申し訳ないのですが、アコムに申し込む場合には転職回数や以前の職歴などは、申告する必要はありません。

特に履歴書や職務経歴書を提出する訳でもありませんので、結局のところ「現在の勤務先が重要」ということになります。

重要なのは安定収入と返済能力

アコムは商売として融資を行っている以上、融資を行った相手からきちんと返済を行ってもらえることが、もっとも重要なポイントです。

だからこそ、アコムは審査において「安定収入があるかどうか」、「返済能力があるかどうか」をチェックしているんですね。

しかし先ほど、「収入」には、株の利益やギャンブルでの儲けは入らないとお伝えしました。

働いて得たお金であろうと、ギャンブル等で得たお金であろうと、そのお金を用いてきちんと返済さえしてくれればいいのではないか?と思うような気もしますが、そういったお金は「安定」とはほど遠いんですね。

毎月ほぼ一定のお金を得られる給料とは異なり、株の利益やギャンブルでの勝ち分は、決して安定はしていません。

そのため、「お金さえあればOK」というのではなく、そのお金を安定的に得られる環境であり、それがゆえに返済能力も問題ない、と判断してもらう必要があるのです。

アコムで50万借りるために必要な収入

アコムは消費者金融であり、消費者金融は貸金業者の一種なので、貸金業法という法律の中で制定されている、「総量規制」という規制の影響を受けます。

総量規制とは、「貸金業者は申し込み者に対して、年収の3分の1を超す金額の融資を行ってはならない」という内容の規制です。

そのためアコムでは、年収300万円の人には最大でも300万円×1/3=100万円、年収600万円の人には最大でも600万円×1/3=200万円までしか、融資を行えません。

このことを鑑みると、アコムで50万円借りようと思えば、年収は少なくとも50万円×3=150万円必要ということが分かりますが、実際はそんな簡単な話ではありません。

アコムを含めた消費者金融では、初回契約者に対して、総量規制ギリギリの金額で融資を行うことはほぼなく、実際に融資を受けられる金額は年収の10%程度だと言われています。

そのため、初回申し込みでアコムから50万円借りようと思うと、約500万円の年収が必要ということになります。

実際には属性や信用情報等の兼ね合いで、500万円の年収があるのに50万円借りれなかったり、逆に年収500万円ないのに50万円を超す金額を借りられたりするので、あくまでも1つの目安としてとらえておいてくださいね。

アコムの審査は簡単って本当?

よく、アコムの審査は簡単という話を聞きます。

確かに、審査通過率等のデータを比較してみると、同じカードローンを取り扱っている銀行等よりも、アコムのほうが審査通過率が高いことは間違いありません。

しかしそれは、アコムの審査が甘いということではなく、アコムが設定している審査通過のラインが相対的に低いというだけです。

そのため、審査通過のハードルをクリアできる人が多く、銀行カードローン等よりも審査が簡単というように言われるんですね。

審査に通過できる可能性を少しでも上げたいのであれば、銀行カードローンよりもアコムを選んだほうがいいことは間違いありませんが、誰でも審査通過できるカードローンだと考えるのは危険ですよ。

そもそもアコムってどんなカードローン?

そもそも、アコムで取り扱われているのはどんなカードローンなのでしょうか。

アコムのカードローンの商品スペックを、以下に表でまとめてみました。

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
対象者満20歳以上のかた
安定した収入と返済能力を有するかた
使用目的自由
(事業性資金は除く)
融資限度額1万円~800万円
返済日毎月指定の返済期日or35日ごと
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人原則不要

それではこのスペックを踏まえたうえで、アコムで取り扱われているカードローンの特徴について、説明していきましょう。

無利息サービスで初めての少額借入に◎

アコムを始めて利用するときに嬉しいのは、「無利息サービス」を受けられることです。

アコムでは、初回契約者に限り、初回契約日から30日間は無利息で利用できるようになっています。

そのため、その期間に返済を終えてしまえば、いくら借り入れていようが元金を返済するだけで完済となります。

このツイートにもあるように、確かにアコムの適用金利は高めですが、無利息期間をうまく活用すれば、利息負担をグッと減らせます。

アルバイトの人は、金銭的に余裕があまりないことも多いと思うので、こういった無利息サービスが利用できるのは非常にありがたいですよね。

金利や限度額

アコムで適用される金利の幅は「3.0%~18.0%」で、実際に適用される金利は審査によって決まりますが、こう書くと「もしかしたら3.0%の金利が適用されるかも!?」と期待する人もいるでしょう。

先にお伝えしておきますが、初回申し込みで3.0%の金利が適用されることは、ほぼありえません。

アコムでは、継続利用している人に対して利用状況等を鑑みたうえで、より低い金利を適用してくれることはあるようですが、初回申し込み者に対しては上限金利に近い金利が適用されるのが一般的だからです。

また、限度額に関しても先ほど「初回申し込みの場合は年収の10%程度」ということをお伝えしたように、アルバイトのかたの場合は10万円~20万円程度の限度額となるケースが多いと言えます。

ちなみに筆者も、大学院在籍時代にアコムを利用したことがありますが、そのときはバイトでの年収が120万円程度だったのに対して、25万円の利用限度額を設定してもらえました。

アコムに申し込んだタイミングでは、すでに内定をもらっており、そのこともあって少し多めに限度額を設定しても大丈夫だろう、と判断してもらえたのかもしれませんね。

借り入れや返済方法

アコムで借り入れるための方法は、ローンカードを用いてATMで出金する方法、もしくは振込融資を利用する方法のいずれかです。

ローンカードとローンカードに対応しているATMさえあれば、いつでも借り入れできますし、ローンカードがない場合でも振込融資を依頼すれば、そのお金を銀行口座からキャッシュカードで引き出せます。

返済は借り入れの場合と同じくローンカードを用いてATMで返済する方法、振込や自動引き落としで返済する方法があります。

自動引き落としでの返済にしておけば、自動的に返済が行われますが、返済しているという感覚を持ちにくいかもしれません。

ただ、うっかり入金し忘れて返済期日を過ぎてしまうというような可能性も減るので、自分なりに一番便利だと思う方法を選んで、返済を行っていくといいでしょう。

アルバイトでも借りれる消費者金融カードローン

ではここで、アコム以外にバイトをしている人でも申し込めるカードローンを、いくつかご紹介しておきたいと思います。

プロミス

一つ目はプロミスですが、プロミスもアコムと同じくバイトでも申し込む事は可能です。

プロミスの場合、バイトで忙しくて自動契約機にも行けない人等のために、アプリで申し込みから借り入れまでができる「アプリローン」というサービスが提供されています。

このサービスなら、わざわざ出向いて申し込みをする必要もありませんし、カードレスでキャッシングもできます。

また、バイトで忙しくてATMでの借り入れと返済の時間さえも惜しい…という人の為に、「瞬フリ」というサービスが提供されています。

瞬フリは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて、インターネットバンキングが利用できる状態なら、24時間いつでも振込キャッシングが利用できます。

またインターネット返済で、手数料無料で返済できます。

最後に、プロミスのカードローンの商品スペックをまとめておきましょう。

金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
対象者満20歳以上69歳以下のかた
安定した収入と返済能力を有するかた
使用目的生計費に限る
(ただし個人事業主のかたは、生計費および事業費に限る)
融資限度額~500万円
返済日毎月5日or15日or25日or末日
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人原則不要

◆プロミス公式サイト:「アプリローン」

◆プロミス公式サイト:「インターネット返済」

◆プロミス公式サイト:「瞬フリ(振込キャッシング)」

レイクALSA

レイクALSAも、利用可能なカードローンの一つです。

レイクALSAで特筆すべきなのは、無利息キャッシングの期間の長さです。

他社は契約後30日間無利息というところがほとんどですが、レイクALSAは60日間無利息や、最初の5万円までの借り入れなら180日間まで無利息でお金を借りられます。

特にバイトをやり始めたばかりで、最初の給料日まで2カ月以上ある…というかたにはうってつけのサービスと言えます。

ただし、180日間というのは利息がかからない期間であって、何も「返済が猶予される」という意味ではありません。

6ヶ月の間は毎月きちんと元金を返済する必要がありますので、それだけは覚えておくようにしましょう。

レイクALSAのカードローンの商品スペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
4.5%~18.0%
対象者満20歳以上70歳以下のかた
使用目的自由
(事業性資金は除く)
融資限度額1万円~500万円
返済日毎月指定の返済期日
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人原則不要

SMBCモビット

SMBCモビットもおすすめです。

SMBCモビットの場合、唯一「WEB完結」という申し込み方法でカードローンの申し込みをすれば、基本的に本人・職場共に、電話連絡がないことになっています。

ただし、指定の口座が必要だったり、会社で加入する健康保険組合の保険証を提出する必要があるなど、アルバイトの人にとっては若干ハードルが高いカードローンと言えるかもしれません。

SMBCモビットのカードローンの商品スペックは、以下のようになっています。

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
対象者満20歳以上69歳以下のかた
安定した収入のあるかた
使用目的自由
(事業性資金は除く)
融資限度額1万円~800万円
返済日毎月5日or15日or25日or末日
遅延損害金
(実質年率)
20.0%
担保・保証人原則不要

◆SMBCモビット公式サイト:「モビットカードのお申し込み」

【Q&A】アルバイトとアコム申し込みに関する7つの質問

では最後に、アルバイトの人がアコムに申し込む際に、気になるであろう疑問をまとめて解決していきたいと思います。

ここまでの説明でまだ分からないことがあるという人でも、以下のQ&Aに目を通していただければきっと疑問が解消すると思いますよ。

1:アルバイトだけどローンを組んで車を買いたい。借り入れ目的に正直に書くべき?

アコムのカードローンは、事業性資金として利用する以外は原則として資金使途自由なので、申し込みの際にも資金使途を申請する必要はありません。

ただ、一般的にカードローンは、一過性の資金(レジャー資金や旅行資金など)として利用される場合のほうが、審査に通過しやすいと言われています。

一過性のものであれば、一度支払ってしまえばそれで終わりのため、アコムに対する返済も滞りにくいだろうと判断されるからですね。

車を買うためにローンを組もうと思うと、借り入れ金額もそれなりに大きくなるため、アコムで適用される金利だと返済負担が大きくなってしまう可能性が高いでしょう。

そのため、アルバイトでも利用できる銀行のマイカーローンなどを利用するほうが、賢明だと思いますよ。

2:自分の仕事のシフトや給料がどの程度かどうやって確認されるの?

アルバイトの人が、自分のシフトを確認されるようなことは、ほぼありません。

ただ、申告した年収がアルバイトにしては不自然に高いなと思われるような場合などには、申し込み者本人に対して、時給やシフトに入っている頻度などが確認されることもあるでしょう。

間違ってもアコムが直接バイト先に電話をかけて、シフトや給料などを確認することはありえないので、ご心配なく。

給料に関しては、収入証明書の提出を求められる場合もありますが、アルバイトの人に行う10万円~20万円程度の融資であれば、収入証明書の提出が不要のケースのほうが多いでしょう。

そのため、あくまでも申し込み者本人の自己申告によって、年収は判断されることになります。

3:父親に保証人になってもらって、お金を借りることはできる?

アコムが取り扱うカードローンは、原則として担保・保証人を必要としないで融資を行います。

そのため、たとえば審査基準をギリギリパスできないような人が、父親に保証人になってもらうことによって、審査を通過して融資を受けられるようになる、というようなことはありません。

父親のような肉親に保証人になってもらって、お金を借りようと考えているのであれば、他のところからお金を借りることを検討したほうがいいでしょう。

4:返済が遅れたらアコムから電話がかかってきて、家族に借金が分かったりしない?

アコムへの返済が遅れると、督促を行うために電話がかかってくることがあります。

しかし、その場合は原則として申し込み者本人の携帯電話にかかってくるようになっていますので、自宅に勝手に電話をかけられて秘密にしていた借金がバレるという可能性は低いはずです。

ただし、アコムに申請した電話番号が自宅の固定電話の番号だけというような場合には、アコムとしてもそちらに電話をかけるしかありませんから、自宅にかかってくることもあるでしょう。

また、返済を延滞している期間が長く、携帯電話に電話をかけても一向につながらないというような場合には、自宅に電話をかけられてしまう可能性もあります。

こういったツイートもあるようですが、真っ当な返済を続けており、多少返済が遅れたとしてもアコムからの連絡にきちんと対応している限りは、自宅に電話をかけられるようなことにはならないでしょう。

5:家を出て一人暮らし状態のアルバイトでも借りれる?

一人暮らしをしているのか実家で暮らしているのかは、審査結果にそこまで大きな影響を与えるわけではありません。

そのため、安定した収入があって返済能力があると判断されれば、一人暮らしであってもお金を借りられます。

実際に筆者も、アコムからお金を借りたときは、親元を離れて一人暮らししているときでしたしね。

なお、一人暮らしだと審査に悪影響を及ぼしそうだからといって、住所を自宅の住所にして申し込むといったようなことは絶対にやめておきましょう。

アコムから郵送物があった場合に、自宅のほうに届いてしまって、思わぬ形で親に借金がバレてしまうことになりますよ。

6:補足としてバイトの履歴書や経験など他の書類も提出するのはどう?

バイトの履歴書や経験などの他の書類を提出することによって、確かに申し込み者の人となりはより正確に把握してもらえるかもしれません。

しかし、人となりを正確に把握したところで、それは「返済能力」とは一切関係ないので、そういった書類を送ったところで、審査にプラスになることはありえません。

不必要な書類を送る分だけお金がかかりますし、アコムには「余分な書類を送ってくる変わったやつ」ととらえられてしまいますので、必要とされている書類以外を送ることは控えておきましょう。

7:バイト先の会社に在籍確認があったとき休憩で出れなかった。次にまた掛けてもらえる?

在籍確認は、審査の中で非常に重要な過程なので、在籍確認をきちんと終えられなければ審査はそこでストップしたままになってしまいます。

そのため、何らかの理由で在籍確認に対応できなかった場合でも、あらためてかけ直してくれるので、心配する必要はありません。

なお、自分が在籍確認の電話に対応できなかったとしても、たとえば同僚が「今○○(申し込み者の名前)は休憩中でこちらにおりません」などのような対応をしてくれている場合もあります。

その場合、申し込み者と直接話せはしなかったものの、申し込み者が申告した通りの職場で働いていることの確認は取れたことになります。

自分が対応できなくても、在籍確認が完了となるケースもあるということを、覚えておきましょう。

おまけ:バイト始めたばかりで作れるクレジットカード

カードローンと共に、契約してくおくと便利なものとしては、クレジットカードが挙げられます。

ただし、クレジットカードもカードローン同様に、申し込み後は審査を受けなければならないため、バイトを始めたばかりだと発行できるクレジットカードが限られてしまうのが現状です。

そこでオススメなのが、流通系の企業が発行に関わっている「流通系クレジットカード」と呼ばれるクレジットカードです。

流通系の企業がクレジットカードを発行する背景には、「クレジットカードを発行することで顧客を自社に取り込もう」という思惑があります。

そのためには、クレジットカードを発行してもらわないことには始まらないので、多少審査基準を緩めに設定しているところが多いんですね。

代表的なクレジットカードには、楽天カードやイオンカードがあります。

普段よく楽天を利用してネット通販をしているという人には楽天カードが、イオン系列のショッピングモールなどでよく買い物をするという人にはイオンカードが、特にオススメです。

また、ここまでずっと説明してきたアコムでも、実は「アコムマスターカード」というクレジットカードを発行しています。

一般的なクレジットカードにある、ポイントプログラムや付帯サービス等が一切ないというデメリットはありますが、その代わりに非常に発行しやすいカードとして有名です。

クレジットカードの機能は置いておいて、とにかく何でもいいからクレジットカードを発行したいという人は、アコムマスターカードを選択肢に入れてもいいかもしれませんね。

まとめ

アルバイトをやり始めたばかりの段階は、最初の給料まで1ヶ月以上開く場合がありますし、それまで毎日の交通費や食費など、様々な生活費も必要になってきます。

この記事でご紹介した内容を覚えておいて、カードローンをうまく活用するのも、一つの方法なのかもしれませんね。

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談