マイカーローン審査に他社借入は影響する?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

自動車を購入するときの車のローン。銀行でも扱っていますし、中古自動車屋やカーディーラーなどでも取り扱いがありますが、審査の基準はどのようになっているのでしょうか?

銀行もクレジット会社などでも共通する審査の基準は以下の通りとなっています。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日新規の方はお借入れ全額30日間無利息、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

自動車ローンの審査

個人信用情報

自動車ローンの審査の際には必ず個人信用情報の照会を行います。個人信用情報には他社からの借入金額と借入件数、その返済状況と、過去の事故情報が記録されています。

ここで、事故情報が発見された場合はブラックをみなされて、審査通過はまず不可能であると考えましょう。

また、申込書に他社借入の金額や件数について虚偽記載を行ったとしても、他社借入については個人信用情報で丸裸になりますので、意味はありません。できるだけ正確な数字を申告したほうがベターです。

年収

自動車ローンの審査には年収も重要になります。特に車のディーラーや中古車屋さんが取り扱う自動車ローンは、購入する車を買うための金額ありきで審査を行っているため、減額回答というものがありません。

年収から鑑みて、借入金額が妥当か否かが審査の際にはかなり重要になります。

なお銀行自動車ローンの審査には減額回答というものがありますので、審査の結果、借入金額と比べて年収が低すぎると判断された場合には、年収に見合った金額へと減額回答となる場合もあります。

関連記事をチェック!

5947view

自動車ローンの審査と年収の関係

初めて自動車を購入する時、自動車ローンはどうやって決めたらいいのか、自分の年収で組めるローンはあるのか、決して安くはない買物だからこそ、悩むことがたくさんありますね。 そんな自動車を購入する時に重要...

勤続年数

カードローン審査の際にはそれほど重要ではない勤続年数ですが、自動車ローン審査には、意外と重要になります。

自動車ローンを組む人は社会1、2年目の比較的若い人が多いです。このような年齢層の人は離職率も高く、その後も継続して同じ勤務先に勤務しているという確証はありません。

これは女性の場合のほうが間で結婚を挟む場合があるためより確率が高いといえます。一方、自動車ローンは返済期間が5年とか10年におよぶローンですので、基本的には今の属性が返済期間ずっと継続するという前提が求められます。

このような理由から若い人で勤続年数の短い人は特に高額かつ長期のローンを申し込んだとしても審査に通過できないことが多いようです。

たまに、保証人を要求される場合もありますが、この保証人も今後ずっと仕事をやめようと、転居しようと返済に責任をもってくれる親や兄弟ではないと審査に落ちてしまうことも多いようです。

若い人だと恋人を保証人として付与する傾向がありますが、今後の人生ずっと必ずしも責任をもってくれるわけではありません。筆者の銀行員時代にも、恋人を保証人としてつけようとする若い人が何人かいましたが基本的には審査に通過できない場合が多かったように記憶しています。

関連記事をチェック!

11168view

自動車ローンが審査に通らない理由とそれでも車を買う方法

欲しい車が決まって後はローンの審査待ち、でも待ちに待ったローンの審査に通らない、そんな経験をしたことがあるかたは少なくないことでしょう。 しかもローンに落ちるなんてことは夢にも思わなかった、なんでロ...

他社借入は審査には影響するのか

このような審査基準の自動車ローンですが、他社借入はどの程度自動車ローンの審査に影響するのでしょうか?

銀行自動車ローンの審査

銀行自動車ローンの審査では他社借入が多い人は審査に通過できない場合もあります、とは言え借入の種類が問題で、他社借入といっても住宅ローンであればなんの問題もありません。

問題なのは使い道自由なカードローンやフリーローンの借入です。一般的には、3本以上使い道自由な他社借入がある人は審査に通過できない場合が多いようです。

複数のカードローンがある人は、1本の返済を他のカードローンからの返済で行い、2本目が限界になると、3本目というように借金が借金を呼ぶ傾向にあります。

自動車ローンの返済は「収入の中から返済する」というのが原則です。多くの他社借入があると、収入以外の借入金から返済を行う可能性があるため、審査に通過するのが難しくなります。

とはいえ、収入が多く複数の他社借入があっても収入の範囲内から返済を行うことが容易にできると判断される人で、他社借入の返済状況に遅れがなければ審査に通過する場合もあります。

カードローン審査における他社借入と異なり、あくまでもカードローンと自動車ローンは別枠の審査基準となっていますので、他社借入がある場合でも上記に該当しなければ審査に通過できる可能性も残されています。

貸金業者の自動車ローンの審査

消費者金融やクレジット会社の自動車ローンの審査ですが、主にディーラーや中古車屋さんから紹介を受けるローンがこちらになります。

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者は年収の3分の1を超える借入を行うことができないという総量規制という縛りがあります。

しかし、自動車ローンは年収の3分の1を超える借入も可能です。このため、消費者金融のカードローン審査のように、総量規制の空き枠の範囲内でいくらくらい他社借入があるかということは審査上全く考慮されません。

貸金業者の自動車ローンは金利が低い分、消費者金融のカードローンよりも圧倒的に厳しい審査が行われます。銀行の自動車ローンの審査とそれほど変わりません。

このため、審査基準についても他社借入についてもおおむね銀行と同じような基準で審査が行われると考えあほうがよいでしょう。

なお、先ほど述べたように、貸金業者の自動車ローンには基本的に減額回答というものがありません。このローンに申し込んでこの車が買えるかどうかという審査基準で行われます。

審査そのものに通過できるかどうかでいえば減額がない分、銀行よりも厳しいともいえるかもしれません。また、減額がないため年収と勤続年数も審査の際には非常に重要になってきます。

関連記事をチェック!

562view

車のマイカーローンは総量規制対象外?

車は住宅の購入に次いで大きな出費なので、支払はローンで行う人が多いです。 お金を借りるときに気になる人が多い総量規制ですが、車のローンはこの規制対象外になっています。 したがって、総量規制を気にし...

他社借入があっても審査に通る方法

他社借入があっても審査に通過するには、自動車ローンの審査基準のどこに注意すればよいのでしょうか?

返済に遅れがないこと

他社借入について遅れがないことが重要になります。当然ながら他社借入の返済に遅れがあると審査にはマイナスになります。なお、ディーラーや中古車屋さんから紹介されるローンはたいていオリコなどの信販会社のローンです。

この場合にはクレジットカードの支払い履歴も審査の際には重要になります。他社の信販会社のクレジットカードの支払履歴に遅れがあっても審査の際にはマイナス材料ですが、例えばオリコのクレジットカードを延滞していた場合には、社内的には他社が見るよりもブラックになっています。

他社借入の返済に遅れがないことは大前提として、クレジットカードの支払履歴についても銀行の自動車ローンの審査はもちろんのこと、信販会社の自動車ローン審査を受ける再には特に注意が必要であるといわれています。

返済比率が50%以内であること

他社借入の返済金額と、これから借りようとする自動車ローンの返済金額の合計が年収の50%以内であることが自動車ローンの審査の1つの目安となるといわれています。

筆者が銀行員時代には、返済比率が何%以内かというチェックリストがあり、このチェックリストを満たしていない借入については審査通過が困難になるという傾向がありました。

返済比率については、返済金額合計×12か月÷年収で算出できます。自分でも簡単に算出することができますので、心配な人は申込前に自分の返済比率がどの程度かを計算してみましょう。

多重債務でないこと

どのローンの審査においても多重債務者は忌避されます。

多重債務者とはすでに住宅ローン以外の他社借入が3本以上ある人のことを示します。

すでに多重債務状態にある人は、おまとめを行うなどして、借入の本数を減らしてから自動車ローンの申込を行うようにしましょう。

なお、おまとめを行えば、毎月返済金額も減少することが多いため、返済比率の軽減におまとめは約に立つことができます。

借入上限にも影響する

消費者金融からの借入がその人の信用に関わることは言うまでもありませんが、自動車ローンを借りるにあたっての借入上限にも影響を及ぼします。

借入上限とは、申込者の信用によって借りることができる上限のことであり、自動車ローンの場合には一般的に「年収と同額」が借入上限だと言われています。

ですので、年収が500万円であるという人であれば自動車ローンで借りることができる金額は500万円までとなり、ハイグレードの車でも購入できるくらいの上限はあります。

しかし、借入上限は他の借入額も含めた金額が上限となりますので、上記のような人が消費者金融から150万円の借入があれば、その金額を差し引いた金額が上限となります。

従って、他の借入額がない状態であれば500万円まで借りられる人でも、他の借入で150万円借りている状態であれば、自動車ローンで借りることができるのは350万円までとなります。

関連記事をチェック!

4883view

マイカーローンの借入限度額はいくら?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 銀行や信販会社で借りられる 車の購入やカー用品購入、車検や免許取得費用など、車に関係する資...

職業などによっては年収よりも多く借りられる

先ほどお話しした借入上限は、あくまでも一般的な上限金額となります。

人によっては年収よりも多くを借りることができる人もおり、例えば公務員のような安定した収入を得ることができる職業の人です。

このような人であれば年収よりも高額となる自動車ローンの審査に通ることができますが、そこはやはり通常よりも厳しい審査となりますので、通らない人もいます。

あとは銀行担当者などの腕によるところもありますが、私も金融機関に勤務しているときには年収300万円の人が500万円の自動車ローンに通ったこともあります。

さすがに私が勤務していた頃とは審査基準も変わっていますが、借入上限はあくまでも目安であり、その人の信用によっては上限よりも高額な金額でも通る可能性はあります。

消費者金融の借入は完済した方がいい

消費者金融からの借入は1社であれば、あっても審査に通ることはできますが、それでも借入がないに越したことはありません。

ですので、自動車ローンを申し込む前に、消費者金融の借入を完済することをおすすめします。

完済をすることで、審査において不利な状況とならずに済みますし、完済実績も作ることができますので逆に有利となります。

しかし、消費者金融のカードローンを完済する場合には注意しなければならないことがあります。

それは、解約までしっかり行うことです。

カードローンの完済というと、多くの人が残高を「0円」にすればいいと思ってしまいます。

ですが、カードローンは残高を「0円」にしても、契約がある限りはいつでも借入することができます。

借入残高や契約が解約となったのかは審査をするとわかりますので、必ず解約をするようにしましょう。

完済できなければ返済実績を良好にする

自動車ローンを申し込むために、消費者金融を完済することは正直言って難しいと思います。

消費者金融からの借入がある状態で自動車ローンを申し込む場合には、絶対にしておかなければならないことがあります。

それは、返済実績を良好にしておくことです。

消費者金融からの借入があることでメリットとなることは、高い金利の借入でもきちんと返済できるだけの返済能力があることを証明できることです。

消費者金融から借りている人でも、何か事情があって仕方なく銀行ではなく消費者金融から借りている人もいますし、きちんと返済している人も多くいます。

消費者金融から借りている人すべてが返済能力のない信用が低い人ではありませんので、自動車ローンの審査で重要なのは返済がきちんとできているのかです。

きちんと返済がされているのかという情報は、およそ2年間分が登録されていますので、最低でもこの期間は延滞なく返済していることが望ましいです。

まとめ

自動車ローンは使い道が限定されており、対価となる自動車という資産を手に入れることができるため、審査の基準そのものがカードローンやフリーローンの審査とは別枠です。

とは言え、個人信用情報、年収、勤続年数などが審査の判定材料になりますし、他社借入についても多重債務者は審査に通過できない傾向にもあります。

返済比率も審査の際には重要になりますので、他社借入があって審査に通過できるか心配という人はおまとめを行い、借入本数と毎月返済額を減少させてから改めて審査に申し込むことで審査に通過しやすくなるでしょう。

なお、ブラックの人や他社借入の返済やクレジットカードの支払いに遅れがある人は審査通過は厳しくなるようです。

関連記事をチェック!

1224view

おまとめローンとは?やり方や手続きを解説

借金が何本もあると、毎月の返済も楽ではありません。 毎月返済しなければいけない金額が多いうえに、返済日が月に何回もあるので、常に返済に追われているという人も少なくないのではないでしょうか? おまと...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    アコム

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談