楽天銀行カードローンの引き落としについて教えて!

楽天銀行のカードローンは、申し込みのしやすさで知られていますが、返済時の口座引き落としがどうなっているのかはご存知ですか?

毎月の返済は、利用しやすい金融機関から、返済しやすい日にちに口座引き落としされるのがベストですよね。

というわけで、今回は楽天銀行のカードローンの引き落としについて解説します。

楽天銀行カードローンとは?

楽天銀行のカードローンといえば、「楽天銀行スーパーローン」という商品です。

面倒な書類への記入や郵送でのやり取りが不要で、いつでもスマホから申し込みできるというところが人気です。

楽天銀行の口座がなくても申し込むことができるので、わざわざカードローンのために新しく口座を開設しなくてもOKです。

パートやアルバイトだったとしても、安定的に収入があれば申し込めます。

実際に利用する際にも、コンビニATM手数料が0円で利用しやすいという点もポイントが高いですね。

返済は、口座引き落としが基本となっています。

関連記事をチェック!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は楽天銀行カードローン「スーパーローン」について説明したいと思います。 楽天銀行カードローン「スーパーローン」について 楽天銀行は、楽天株式会社が10...

楽天銀行カードローンの引き落とし

では、楽天銀行カードローンの口座引き落としについて詳しくみていきましょう。

まず、引き落とし日は、1日、12日、20日、27日から選べます(27日は楽天銀行口座のみ)。

引き落とし口座は、都市銀行・地方銀行・信託銀行・信用金庫・労働金庫・農業協同組合など、たいていの金融機関を指定することができます。

ただ、指定できない金融機関もあり、新銀行東京、ゆうちょ銀行、大和ネクスト銀行は残念ながら指定できません。

他にも一部の信用金庫、労働金庫、信託銀行などで指定できない場合もあります。

ゆうちょ銀行は全国的にユーザーが多いと思いますので、ゆうちょ銀行が指定できないのは残念ですね。

また、日付によって引き落とし指定できないという金融機関もあります。

1日、20日の引き落としを指定できないのが、じぶん銀行です。

12日の引き落としを指定できない金融機関もあり、静岡中央銀行、沖縄海邦銀行、商工組合中央金庫が該当します。

それから、27日の引き落としを指定できる銀行は、楽天銀行のみとなっており、他の金融機関は指定できませんのでご注意ください。

楽天カードローンの毎月の引き落とし

楽天カードローンの返済方式には、残高スライドリボルビング返済と元利込定額返済があり、毎月口座より引き落とされます。

それぞれ、どのような返済方法なのでしょうか?

残高スライドリボルビング返済

毎月無理のない金額を、ゆとりをもって返済したいという場合には、残高スライドリボルビング返済がおすすめです。

新規で申し込んだ場合は、こちらの返済方法しか選べません。

ご利用残高に対する毎月のローン返済額は、次のとおりです。

ご利用残高毎月の返済額
10万円以内2,000円
10万円超30万円5,000円
30万円超50万円10,000円
50万円超100万円15,000円
100万円超150万円20,000円
150万円超200万円30,000円
200万円超250万円35,000円
250万円超350万円40,000円
350万円超400万円45,000円
400万円超500万円50,000円
500万円超600万円60,000円
600万円超700万円80,000円
700万円超800万円 100,000円

元利込定額返済

契約の利用限度額に応じて、毎月一定の額を返済する方法で、こちらは新規申込の方は選択することができません。

ご利用限度額毎月の返済額
50万円以内1万円以上
50万円超~100万円2万円以上
100万円超~150万円2万5千円以上
150万円超~250万円3万5千円以上
250万円超~300万円4万円以上
300万円超~500万円5万円以上

関連記事をチェック!

銀行カードローンの返済方法を知って賢い返済を!

銀行カードローンは申し込みが簡単で、短期間で融資実行が可能なこともあり、利用者の数は年々増加し続けています。 限度額内であれば新たに申し込むことなく、何度でも借り入れが行えるので、その利便性に助...

引き落とし以外の返済方法もある?

楽天銀行カードローンには、引き落とし以外の返済方法もありますが、これらは、毎月の口座引き落としとは別に、随時返済できる方法となりますので、毎月の支払いは口座引き落としで行われることになります。

随時返済の方法は、提携ATMからの返済、インターネットからの返済、振込での返済の3つです。

提携ATMから返済する場合は、カードを使って千円単位で入金することができ、ATM入金手数料も無料ですので、余裕があるときにはいつでも自由に返済できるところが便利です。

インターネットからの返済は、楽天スーパーローンのインターネット会員サービスである、メンバーズデスクから、インターネットバンキングを使って1円単位で入金することができ、こちらも振込手数料は無料となっています。

振込での返済は、楽天銀行が用意したカードローン返済口座宛に振り込む方法です。

口座番号については、楽天銀行カードセンター(0120-730-115/平日9:00~17:00)に問い合わせると教えてくれます。

振込による返済の場合は、振込手数料を負担しなければいけませんので、ご注意ください。

まとめ

今回は、申し込みやすくて人気がある楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の口座引き落としについて解説しました。

口座引き落としの日や引き落としをする金融機関を自分で選べるというのは、返済がしやすいです。

口座引き落としだけでなく随時返済についても、振込返済以外は手数料がかからず、しかも1円単位・千円単位で自由に入金できるので、すぐに返済できると思うと、ちょっとお金が足りないというときにも借り入れしやすくて便利です。

口座引き落としや随時返済だけに注目してみても、楽天銀行のカードローンは、ユーザーが使いやすい仕組みになっていると言えますね。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】楽天銀行カードローンに申込んでみた

どうも馬太郎です。 今回私は楽天銀行カードローンに申込んでみました。 楽天銀行といえば、インターネット事業を展開している楽天グループが運営するネット銀行です。 設立当時は楽天グループ...

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談