消費者金融の一覧と選び方を解説

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「消費者金融が多すぎてどこを選んだらいいのか良く分からないから一覧で確認したい」

ここを読んでいる皆さんはそう思っているではないでしょうか。

そんな皆さんのために、このページでは消費者金融を一覧にして紹介しています。

しかし、ただ一覧で業者の名前を並べただけではどこに申し込めばいいのかわからないままですよね。

そこで、消費者金融を選ぶときのポイントや各消費者金融の特徴、どんな人に適しているのかを合わせて解説したいと思います。

このページを読めば、大量にある消費者金融の違いがよく分かり、自分にぴったりの消費者金融を選ぶことができるはずです。

一覧よりも選び方が知りたいという方はここをタップして「大手消費者金融はどこを選べばいい?」までジャンプしてください。

大手消費者金融会社一覧

大手消費者金融会社で借りるメリット

消費者金融には大きく分けて

  1. 大手消費者金融:全国に多数の店舗がある
  2. 中小消費者金融:店舗数を限定して運営している

の2種類があります。

初めて消費者金融を利用するという方には大手消費者金融が良いでしょう。

大手消費者金融では、初めての方でも利用しやすいシステムが構築されていますので、「お金をどう借りてよいのか分からない」という方でも短時間で借りることができます。

また、審査が早く、無利息期間が設定されていることが多い点、自動契約機でローン用のカードの発行もできて郵便物を減らせる点も、初心者に嬉しいポイントです。

お金を借りるのが初めてという方は、「知名度が高いから安心できる」「サービスが充実していて便利に借り入れできる」という理由で大手消費者金融から借りることをお勧めします。

こちらが大手消費者金融の一覧です。

大手消費者金融金利(実質年率)
無利息期間
審査時間
審査通過率
限度額
収入証明書原則不要額
振込可能時間
レイクALSA4.5%~18.0%
60日or5万円まで180日
最短即日
29.8%
500万円
50万円
月:8時10分~23時50分
火~土:0時15分~23時50分
日:4時~18時50分
アコム3.0%~18.0%
30日
最短30分
44.4%
800万円
50万円
三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・楽天銀行
平日23時49分まで
土・日・祝日19時59分まで※1
その他の銀行
14時29分or17時29分まで
プロミス4.5%~17.8%
30日
最短30分
46.3%
500万円
50万円
24時間365日
SMBCモビット3.0%~18.0%
なし
最短即日
46.3%
800万円
常に必要
平日14時50分まで
アイフル3.0%~18.0%
30日
最短30分
43.0%
800万円
50万円
平日14時10分まで
ノーローン4.9~18.0%
何度でも1週間

300万円
50万円
平日9時~13時

※1 楽天銀行は土・日・祝日も23時49分まで

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。無利息期間は初回契約時のみです。

消費者金融を利用したことがない人で名前を聞いたことがある業者ばかりではないでしょうか。

大手消費者金融は知名度が高いため安心して借入することができ、申し込みから借入までスピーディに進めるためのシステムやサービスも充実しています。

契約後に便利に利用するためのサービスも豊富なので、特に理由がなければ大手消費者金融の中から申込先を選びましょう。

また、大手消費者金融には、女性の方向けにオペレーターがすべて女性になるレディースキャッシングが用意されているので女性の方でも安心です。

ちなみに、当サイトではアコムとプロミスで実際に借り入れを行いましたので興味がある方はコチラの記事を読んでみてください。

関連記事をチェック!

4134view

馬太郎がアコムを申し込みした

むじんくんで借り入れを行う前に、事前にネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わって夕食を食べ終わった19時過ぎ、アコムの無人契約機「むじんくん」へ向かいます。 むじ...

関連記事をチェック!

684view

【馬太郎が】プロミスを申し込みした

どうも馬太郎です。借入を行う前に、ネット申込を行いました。(自動契約機でも直接申込は可能) 仕事が終わった18時すぎに自動契約機に向かいました。 自動契約機の流れ プロミスの自動契約機の流れ...

大手消費者金融はどこを選べばいい?

「大手消費者金融が6社あるのは分かったけど、じゃあどこを選べば良いの?」

一覧を見ても初めて借りる人はどこが良いのかよく分かりませんよね。

大手消費者を選ぶときは以下の5点をチェックしてください。

1.金利
2.無利息期間
3.審査通過率
4.即日振込可能時間
5.電話連絡の有無

1.金利を抑えたいならプロミス

カードローンを借りたときに払わなければいけない利息は、消費者金融毎に設定されている金利によって変わります。

大手消費者金融の中で金利が最も低いのはプロミスです。

先ほどの表を見てもらえば分かりますが、他社の上限金利が18.0%になっている中、プロミスだけは17.8%になっていますね。

ですので、金利を低くしたい人はプロミスを選ぶと良いでしょう。

金利は低い方の数値を見ても意味がない

「でもアコムやSMBCモビット、アイフルは3.0%~だからその方が金利が低いんじゃない?」そう考えている人はいませんか。

たしかにプロミスの金利は「4.5%~17.8%」ですから、下限金利(金利の幅の中で一番小さい数値)は他社よりも高くなっています。

しかし、カードローンでいきなり下限金利になることはなく、18.0%に設定される可能性が高いため、下限金利の低さはほとんど意味がないのです。

2.無利息期間はレイクALSAが最長

大手消費者金融には一定の間利息が発生しない「無利息期間」が用意されています。

例えば、無利息期間が30日なら最初の30日間は利息0円で借りることができるというわけです。

アコムやプロミス、アイフルの無利息期間は30日ですが、レイクALSAでは「60日」と「5万円まで180日」の2種類から選択することができます。()

例えば金利18.0%、借入金額10万円で毎月1万円ずつ返済を行う場合、総返済額はこのようになります。

  • 無利息期間なし:109018円
  • 30日間無利息:107376円
  • 60日間無利息:105786円
  • 5万円まで180日間無利息:104061円

※返済の状況や月の日数で変動あり

当然ですが30日間無利息よりも60日間無利息の方が利息は少なくなります。

ちなみに、金利17.8%のプロミスで30日間無利息を利用した場合でも総返済額は107215円となり、レイクALSAよりも高くなります。

レイクALSA、5万円まで180日間無利息も選ぶことができますので、数万円だけ借りる場合は利息0円で完済できるかもしれません。

今回だけ借りるという人は無利息期間が最も長くて2種類から選べるレイクALSAに申し込むのが最適です。

ノーローンは何度でも1週間無利息

ちなみに、ノーローンは他社と異なり、何度借りても最初の1週間は無利息になります。

他社では契約から最初の30日や、最初の借入から30日だけなので、何度でも無利息期間が利用できるのは大手ではノーローンだけです。

短期の借入を何度も繰り返す予定ならノーローンで借りるのがおすすめです。

3.審査通過率はプロミス・SMBCモビットがNo.1

大手消費者金融は審査の通過率を公表しています。

それを見るとプロミスとSMBCモビットが46.3%で大手消費者金融の中では最も高くなっています。

もちろん審査通過率が高い=審査に通りやすいという意味ではありませんが、審査通過率を気にする人はプロミスやSMBCモビットを選びましょう。

逆にレイクALSAは審査通過率が公開されている業者の中では最も低く、29.8%の審査通過率になっています。

3人中2人以上は審査落ちとなっていますので、厳しく審査が行われていることが分かります。

4.プロミスは24時間365時間振込可能

消費者金融は指定した口座に振り込んでもらうことが可能ですが、業者によって即日振込が可能な時間帯が異なります。

申込後すぐに振り込んでもらえるのは平日の日中や、特定の銀行に限定されている消費者金融が多い中、プロミスなら24時間365日振込融資を受けることができます。

他の消費者金融と比べて、即時振り込みを受けられる時間が圧倒的に広く設定されています。

必要な時にいつでも借り入れができるというのは非常に便利ですので、突然お金が必要になることが多い人はプロミスと契約すると安心です。

5.周りに内緒にしたいならSMBCモビット

「消費者金融を利用したいけど周りの人には知られたくない」と考えている人もいるかもしれません。

そんな人にはSMBCモビットがおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申し込みなら、下の2つの条件を満たせば職場や申込者への電話連絡、カードの郵送を省略することができます。

  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている
  • 社会保険証、組合保険証を持っている

職場への電話やカードの郵送は周囲に消費者金融の利用がばれやすいタイミングなので、この2つをパスして契約ができるのは非常にありがたいですよね。

内緒で消費者金融を利用したいのであればSMBCモビットが最も安心です。

もちろん他の消費者金融でも周りにばれるというわけではありませんが、SMBCモビットが最もばれる可能性が低くなります。

高限度額を目指すならアコム、SMBCモビット、アイフル

限度額はカードローン会社によって異なります。

大手消費者金融の中ではアコム、SMBCモビット、アイフルでは限度額の上限が高く設定されており、最高800円まで借入を行える可能性があります。

最初から上限金額一杯を借りることはできませんが、長く利用して限度額を上げていこうという人はアコム、SMBCモビット、アイフルが良いでしょう。

限度額は年収の3分の1まで

ただし、消費者金融には総量規制という法律があり、年収の3分の1の金額までしか借りることができません。

800万円を消費者金融で借りるためには2400万円以上の年収が必要になるため、ほとんどの人にとっては限度額の大きさは消費者金融の選び方には関係ありません。

大手はどこも即日審査

すぐにお金が欲しいから、一番早く貸してくれるところで申込みたいという人がいるかもしれません。

しかし、急いでお金を借りたいという場合、大手ではどこで借りてもほとんど変わらず、早ければ申し込んだその日のうちに審査結果が出ます。

ただし、その中でもレイクALSAとSMBCモビットが最短即日審査となっている一方でアコムやプロミス、アイフルは審査時間が最短30分と言っています。

それだけ審査の速さに自信を持っていることなのでしょう。

すこしでも早く審査を行ってほしい人はアコム、プロミス、アイフルのどれかに申し込むと、わずかですが審査が早く終わる可能性があります。

以上が大手消費者金融の選び方です。

自分にぴったりの業者が分かったのではないでしょうか。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

続いて、大手より規模は劣るものの、全国対応可能な中小消費者金融とその選び方を紹介します。

中小消費者金融一覧

中小消費者金融金利(実質年率)
利用限度額
審査時間
無利息期間
ローンカード
セントラル年4.8~18.0.%
300万円
最短即日
30日
あり
アロー年15.0~19.94%
200万円
最短45分
なし
なし
AZ年7.0~20.0%
1,000万円
1週間程度
なし
なし
キャネット年15.0~20.0%
300万円
電話で申し込むと最短15分
なし
なし
ライフティ年8.0~18.0%
500万円
最短30分
35日
あり
しんわ年7.0~18.0%
1,000万円
最短即日
なし
なし
フタバ年14.959~17.95%
50万円
最短即日
なし
なし
キャッシング エニー年5.0~20.0%
500万円
最短30分
なし
なし
アイアム年18.0%
50万円
最短即日
なし
なし
アルコシステム年15.0~20.0%
50万円
最短即日
なし
なし
キャッシングスペース年8.0~20.0%
500万円
最短即日
なし
なし
ハローハッピー年10.0~18.0%
50万円
最短即日
なし
なし
ビアイジ年15.0~18.0%
100万円
最短即日
なし
なし
フクホー年7.3~18.0%
200万円
最短即日
なし
なし
もみじファイナンス年15.0~20.0%
50万円
最短10分
なし
なし
ライオンズリース年15.0~20.0%
300万円
最短即日
なし
なし
ユニーファイナンス年12.00~17.95%
300万円
最短即日
なし
あり
スカイオフィス年15.0~20.0%
50万円
最短30分
なし
なし
ユニズム年15.0~20.0%
50万円
最短即日
なし
なし
アルク年10.0~18.0%
50万円
最短即日
なし
なし
エクセル年15.0~20.0%
50万円
約30分
なし
なし
いつも年7.0~18.0%
500万円

60日
あり
ベルーナノーティス年4.5~18.0%
300万円
最短30分
14日
あり
ダイレクトワン年4.9~20.0%
300万円
最短即日
なし
あり
マイフィナンシア年14.95~17.95%
100万円

なし
なし
グッドファイナンス年10.0~20.0%
1,000万円
最短即日
なし
なし
プラン年15.0~20.0%
50万円
最短即日
なし
なし

※50万円を超える借入をする際、あるいは、他社借入との合計額が100万円を超える際は、収入証明書の提出が必要

※無利息期間は初回契約時のみ。ベルーナノーティスは完済後、前回無利息適用の借入から3ヶ月経過していて再借入れの方も対象。

中小消費者金融は大手消費者金融程サービスが充実していない業者が多く、大手なら当たり前に利用できるサービスが利用できないということも珍しくありません。

ですので、中小消費者金融を選ぶときは大手を選ぶとき以上に慎重に自分に合った業者を選びましょう。

中小消費者金融の選び方

全国対応の中小消費者金融はたくさんありますが、その中からどうやって業者を選べばよいのかを紹介します。

大手消費者金融と比べるとサービス内容に違いが大きいので注意してください。

いつでも借り入れしたいならローンカード発行の業者

大手消費者金融ならローンカードはどこでも利用できますが、中小消費者金融では以下の6社しかローンカードを発行していません。

  • セントラル
  • ライフティ
  • ユニーファイナンス
  • いつも
  • ベルーナノーティス
  • ダイレクトワン

ローンカードがなくても口座への振り込みで融資を受けることはできますが、大手よりも振込までに時間がかかることが多く、当日中に融資を受けることができる時間も限られています。

一方、ローンカードがあれば提携している銀行やコンビニのATMでいつでもすぐに借入ができるので非常に便利です。

突然お金が必要になることが多い人でもセントラル、ライフティ、ユニーファイナンス、いつも、ベルーナノーティス、ダイレクトワンなら心配いりません。

無利息サービスが利用できるのは4社だけ

中小消費者金融では無利息サービスが利用できるところは非常に少なく、上の表の中ではわずか4社になっています。

先ほども紹介したように、無利息期間がある場合とない場合では最終的な支払額に差ができますので、無利息サービスを利用したい場合はこちらの4社を選びましょう。

中小消費者金融無利息期間
セントラル30日
ライフティ35日
いつも60日
ベルーナノーティス14日

いつもの無利息期間が一番長いですが、いつもでは60万円以上の限度額で契約した方だけが対象になりますので注意してください。

最初から60万円で契約できる方は少ないと思いますので、多くの人はライフティに申し込むのが最も長く無利息期間を利用する方法です。

ベルーナノーティスだけは初回契約時だけではなく、前回の無利息期間適用の借入から3カ月以上経過している場合も14日間無利息になります。

何度も借入を予定している人にははベルーナノーティスが良いかもしれません。

金利はどこで借りてもほとんど同じ

上限金利を見ると17.95%、18.0%、19.94%、20.0%の4種類がありますね。

これを見ると17.95%のフタバ、ユニーファイナンス、ダイレクトワンが利息を抑えられるように見えますがちょっと待ってください。

消費者金融の金利は、10万円以上100万円未満の場合18.0%以下にしなければならないと法律で決められています。

そのため、19.94%や20.0%の業者でも金利は18.0%が適用されることになり、金利はほとんど同じになるのです。

10万円を毎月1万円ずつ返済すると、総返済額は17.95%だと108989円、18.0%だと109018円となり、29円しか変わりません。

30日間無利息なら18.0%でも107376円なので、中小消費者金融の場合は利息を抑えたいなら金利が低い業者よりも無利息期間のある業者を選んだほうが良いでしょう。

中小消費者金融は限度額が少額のところが多いので注意

大手消費者金融は限度額が少なくとも300万円なので、気にする必要はありませんでした。

しかし、中小消費者金融の中には限度額50万円の業者が多いです。

限度額を見ずに申込むと希望した金額が借りられなかったということになってしまいますので、限度額は事前に確認しておくようにしましょう。

中小消費者金融に申し込むのは大手のあと

審査が甘いという口コミの多い中小消費者金融

中小消費者金融は、大手と比べると、ローンカードや無利息期間の有無などのサービスで劣っている場合が多いです。

そうなると、中小消費者金融に申し込んで何の意味があるのか気になりませんか。

中小消費者金融には「大手には通らない人でも審査通過の可能性がある」という大きなメリットがあります。

先ほど「特に理由がなければ大手消費者金融の中から申込先を選びましょう。」と説明しましたが、この理由というのは「大手に審査に通らなかった場合」の事です。

中小消費者金融は大手の審査に通らなかった人への貸付がメイン

消費者金融からお金を借りようと思ったとき、多くの人はCMなどで名前を目にする機会の多い大手消費者金融に申し込みます。

最初から中小消費者金融に申し込むことはほとんどありませんので、中小消費者金融には大手消費者金融に落ちた人が申し込むことが多いのです。

そういった「大手消費者金融の審査に落ちた人」の中で審査を行うため、中小消費者金融は大手の審査に通らなかった人でも借入が可能なのです。

個人信用情報機関に返済延滞や自己破産などの事故情報が残っていても、かならずしも審査に落ちるとは限りません。

延滞が長引いていなかったり、自己破産してから長い期間が経っているときは、審査に通過することは十分あります。

関連記事をチェック!

12078view

審査が甘い、通りやすいカードローンは存在した【不安な人必見】

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になるでしょう。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その...

中小消費者金融は安心

このページで紹介している中小消費者金融は名前を聞いたことがないと思いますので、利用するのに少し不安を感じている人もいるでしょう。

しかし、中小消費者金融は、単に知名度と事業規模が異なるだけで、法律に従って営業しているという点に関しては大手消費者金融と同じですので不安に思うことはありません。

金融庁にも貸金業者として登録されており、ドラマや映画のような暴力的な取り立てをすることもないのです。

ただし、世の中には届け出を行わず、違法な営業を行っている闇金も存在していますので、注意するようにしてください。

極甘審査ファイナンスに要注意

極甘審査ファイナンスに注意

このページで掲載している業者は、すべて貸金業法を守って事業を行っている正規の消費者金融です。

そのため、今回紹介した業者に申し込めば、ヤミ金の不安なく利用できるでしょう。

一方、このページにない業者を見つけたときはどうすればよいでしょう。

日本には無数の消費者金融があり、このページでそれらをすべて紹介しているわけではありませんから、このページにないからといってそれが違法な業者であるとは限りません。

しかし、知らない業者の中には闇金も紛れ込んでいますから、慎重に調べることが大切です。

サラ金と闇金は別物

サラ金とはサラリーマン金融のことで、消費者金融と同じ意味で私用される言葉です。

消費者金融は金融庁に登録した正規の貸金業者のことですから、サラ金も正規の貸金業者、つまり合法業者なのです。

一方、闇金は違法な貸付をおこなう違法業者ですから絶対に利用しないでください。

闇金の見分けかたは?

闇金を見分けるための一番簡単な方法は、金融庁の公式サイトにちゃんと貸金業者として登録されているかどうかを調べることです。

ただし、金融庁への登録がされていても貸金業法を守らない業者(=ヤミ金)がいるため注意が必要です。

また、極甘審査ファイナンスにも注意が必要です。

ほかの業者では借りられない条件の人でもスムーズに利用できる業者は、闇金である可能性が高いと判断できます。

聞いたことがない業者を利用するときは、一度その業者の口コミや噂をインターネットで確認してみるといいでしょう。

金融庁:登録貸金業者情報検索入力ページ

関連記事をチェック!

1992view

審査なしで即借り入れ、即振り込みは闇金でもありえません

どうも馬太郎です。 今回は、即日借り入れできるところで審査なし、が存在するか調査しました。 結論から言うと、即日借り入れできるところは存在しますが、審査なし、というのは存在しませんでした。 この...

まとめ

今回は消費者金融の一覧と消費者金融の選び方を紹介しました。

消費者金融には大手と中小の2種類があります。

はじめて消費者金融を利用する人はサービスが充実している大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融の中では、以下のような基準で申込先を選ぶといいでしょう。

  • 低金利で借入したい⇒プロミス
  • 無利息期間が長い方がいい⇒レイク
  • 審査通過率が高いところに申し込みたい⇒プロミス、SMBCモビット
  • いつでも振込融資が受けたい⇒プロミス
  • 周りにカードローンの利用を知られたくない⇒SMBCモビット

もしも大手消費者金融の審査に通らなかった人は中小消費者金融に申し込みましょう。

中小消費者金融ですと以下の業者がおすすめです。

  • ローンカードでいつでも借入したい⇒セントラル、ライフティ、ユニーファイナンス、いつも、ベルーナノーティス、ダイレクトワン
  • 無利息サービスを利用したい⇒セントラル、ライフティ、いつも、ベルーナノーティス

中小消費者金融ではローンカードや無利息サービスが利用できる業者は少なく、限度額も少額のところが多いので、条件を事前にしっかりチェックしなければなりません。

セントラルとライフティはローンカードも使えて、初めて契約する場合は契約額にかかわらず30日以上の無利息期間も用意されている上に限度額も十分な金額です。

この2社は中小消費者金融でありながら大手消費者金融と同様のサービスが受けられるので非常におすすめです。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●必要書類/運転免許証※収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)●要審査

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    アコム
    新生銀行カードローン レイク
    プロミス
    プロミスレディース

    特徴で選ぶカードローン

    関連する記事

    カードローン申込体験談