同僚、先輩や上司からお金を借りる前の解説書

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

慢性的な金欠ではないものの、会社の飲み会などが続くと、一時的に資金繰りが乏しくなる…。

誰しも1度はそんな経験があるのではないでしょうか。

偶然居合わせた会社の上司や先輩に「先輩お金を貸してくれませんか?」と安易に、借金をお願いすることもあるでしょう。

しかし、先輩や上司からお金を借りるのは、リスクがあるので要注意です。

何も考えずに借りてしまうと、「止めとけば良かった・・・」と後で悔やんでしまう可能性があります。

今回は、そんな先輩や上司からの借金について、そのリスクや注意点などを解説していきます。

このような悩みを持っている方におすすめの記事です

この記事は以下に、該当する人におすすめです。

  • 今月イベント続きで資金繰りが厳しいが、誰にお金を借りればいいのか悩んでいる
  • 会社の上司や先輩から借金をしようかと検討している
  • 上司や先輩から借金をするデメリットが何か見当が付かない

という方には、特に参考になります。

お金が足りないと心に余裕がなくなるため良いことではない

お金があるときには気づかないものですが、いざお金がない状態になると、とても心が不安定になってしまいます。

人によっては「仕事も手に付かない」というほど、追い込まれてしまうこともあるくらいなので、せめて精神的に影響が出ない程度のお金は持っているに越したことはありません。

しかし、当たり前のことですが誰でも自分からあえてお金がない状況に、自分を追い込もうとはしません。

気が付けばお金がない、という人がほとんどです。

お金がない場合、まず優先することは金策に当たり、心を安定させることです。落ち着いたところで、そこから「なぜこんなにお金がなくなってしまったのか」という原因解明と、「それでは同じことを繰り返さないために、今後どうしたらいいのか」という対策をしっかりと立てることが重要になってきます。

それでは、金策先のひとつとして、誰に頼ることができるのかを見てみましょう。

お金を借りるときに頼れる相手

02725265ba1261c77db3d64cb93599c9_t

できれば個人間の借金は避けた方が無難ですが、どうしても借りなくてはいけない場合、次のような人に頼むという手もあります。

親や身内

親や身内であれば、金額にもよりますがしっかりと、事情を話せば貸してくれる可能性が高いです。

家族に心配や迷惑をかけたくないという人も多いかと思いますが、本当にどうしようもないなら、相談してみるのもおすすめです。

確実に怒られますが、それでも他人に迷惑をかけるよりも、マシだと認識しておきましょう。

関連記事をチェック!

38744view

親にお金を借りる上手な頼み方・言い方・言い訳【適した理由とは】

まとまったお金が必要だけれど自分では用意できないという時、金融機関でお金を借りる前に親にお金を借りたいとお願いしてみるのも選択肢の一つです。 しかし、親にどのように話せばお金を貸してもら...

知人・友人・恋人

親や身内から借りられそうにないなら、知人・友人・恋人から借りるという手もあります。

ただし、あなたのことを見る目が変わってしまい、関係が崩れてしまう可能性があるので注意が必要です 。

「キチンと返済すれば問題ない」というレベルの話ではありません。

大事な友人だからこそお金程度で失いたくないと、あえて借金の申出を受けない、という考えの人が多数です。

そのため友人知人、恋人であっても、明確になぜ借金をすることになったのかという理由と、いつ返済をするのか、その返済は何のお金でするのかなどを伝えておかないと、なかなか貸してくれる人はいないでしょう。

会社の上司や先輩

最終手段が、勤務先の上司や先輩です。

毎日顔を合わせているのである意味、疎遠になっている友人よりも近しい関係とも言えます。

しかし飽くまで上司や先輩とのつながりは、会社であるということを忘れてはいけません。

相談する人を間違えてしまうと、噂が広まり社内にいづらくなる可能性もあることを認識しておきましょう。

会社の上司や先輩が融資して助けてくれることも

427f2b5a616064d3119283b8e597781b_t

はじめに言っておきますが、先輩や上司に限らず、個人からの借金はおすすめできません。

その理由として、借金をお願いされた方は少なからず迷惑がかかるためです。

「ちゃんと返してくれるのだろうか?」、「返してくれないときはどう言ったらいいのだろうか?」などと心配や不安を感じさせてしまい、精神的な負担となる可能性があります。

また、返済が遅れたり、できなくなったりするとトラブルになることもあり、人間関係が壊れる可能性も否定できません。

そうしたことから、先輩や上司からの借金はできれば止めておく方がおすすめです。

先輩・上司からお金を借りる際の5つのメリット

SAYA072160011_TP_V1

先輩や上司から借金をすることはデメリットが多いですが、以下のようにメリットも一応あります。

① 今すぐお金を借りられる

お金を借りる相手が同意してくれ、なおかつ持ち合わせがあれば、すぐにお金を借りられるというメリットがあります。

金融機関のようにカードを発行したり、振込依頼をしたりする必要はありません。

② 給料日に返済ができる

借金について質問をさせていただきます。
会社の先輩に140万ほどお金を貸していて、
一向に返済がされない為困っております。
なにか良い方法はないでしょうか?…
引用元:Yahoo!知恵袋

同じ会社に勤務しているのですから、返済日も給料日に設定していれば、返済する方も忘れませんし、貸した方も言い出しやすいものです。

人は想像以上に、貸したお金を返せと督促する行為に対し、ストレスや嫌悪感を抱きます。

そのため給料日に、すんなりと返済できる環境にあることで、互いにストレスを感じにくくなります。

③ 返済遅れや忘れる可能性が少ない

個人間の借金の場合、まともな人なら最優先で返すため、返済を遅れたり忘れたりする心配が金融機関からの借金よりも少ないです。

特に借りる相手が先輩や上司なら、非常に気を使うため、その可能性が高くなります。

④ 利息が付かないことがほとんど

個人間の借金は利息が付かないことがほとんどです。

このため、借りたお金だけを返せばいいので、利息を気にする必要はありません。

⑤ 金融機関のように審査がない

個人の貸し借りの場合、当然ですが金融機関のような審査はありません。

借りる人の信用だけで貸すことになりますので、ブラックリスト状態で金融機関から借りられない場合でも、借金できるというメリットがあります。

先輩・上司からお金を借りる場合の3つのリスク

08e52cdf6522eafd070571b437159297_t

職場の上司から借りると、「コイツはダメなやつだな。仕事ができない人間なのかも?」と見られてしまう可能性があるリスクがあります。

お金を借りる人の中には、計画性のない人や計算ができない人も多いため、ダメなやつとレッテルを張られてしまい、仕事に関しても信用を失いやすいです。

一度ダメなイメージを持たれてしまうと、そのイメージを変えるのは難しいため、出世コースから外れたり、大事な仕事を任せてもらえなかったりする可能性があります。

① 同僚や他の社員にバレる

職場での借金は同僚に、知られてしまう可能性もあります。

飲み会などで上司が口を滑らせたり、笑い話として話してしまったりすることも否定できません。

借金しているという事実が同僚に知られてしまうと、恥をかくだけでなく、自分への評価が変わってしまうこともあるというリスクがあります。

それによって仕事で、信用されなくなるという可能性もあります。

このように職場の上司からの借金はリスクが高いため、特におすすめできません。

② お金にだらしない人と烙印を押される

借金。
会社の同僚(先輩、部下どちらでも)から『お金を貸して欲しい』と言われたらどう思いますか?
会社での仕事や付き合いとブライベートと分けて考えられますか?
今までは『いい奴』『まじめ』だとプラス評価していた相手が『金にだらしない奴』『だめな奴』とすべてマイナス評価に変わってしまいますか?
引用元:Yahoo!知恵袋

口にこそ出しませんが高確率で、「お金にだらしない人だな」と思われます。

お金がないとしても、通常ならば親や身内、若しくは金融業者からの借入れをするのが一般的です。

それにも関わらず会社の上司や先輩に「お金を貸してください」と言うことは、どこからも貸してもらえない人である、と自分で言っているようなものです。

③ 大事な仕事を任せてもらえなくなる

お金の管理もできない人は、重要な仕事も任せることはできない、という認識が一般常識です。

厳しいことを言うようですが、いかなる事情であっても他人に借金を申し出る時点で「どこからも相手にされていないんだな」という印象しか与えません。

日常生活と仕事内容は比例しない、という言い分も分かるのですが、社会の常識では「お金の管理もできない人間に大きな仕事を任せるにはリスクがある」とみなされてしまいます。

上司や先輩に頼らないで借金を返済する3つの方法

会社の上司、先輩からお金を借りるメリット・デメリットを見てきましたが、やはりデメリットの方が大きいものです。

一度人に与えたイメージを、簡単に覆すことは困難です。

これから先も現在の勤務先で働く予定ならば、いらぬ波風も立てない方が賢明でしょう。

しかし、そのほか誰に借金の申出をすればいいのでしょうか。

周りには頼らず借金を返済する、3つの方法を見ていきましょう。

① リサイクルショップや質屋を利用する

現在手元にある洋服や貴金属、DVD,本、何でもいいです。

とにかく不用品でかつ、お金になるものがあれば積極的にリサイクルショップへ売りにいきましょう。

二束三文の値段にしかならないかも知れませんが、それでもゼロよりはマシです。

また質屋を活用するという方法もあります。

「これは本当は売りたくない」という品を、質屋に預け、借入れを行います。

期限内に返済すれば質屋に預けたものは戻ってきますので、検討してみるといいでしょう。

関連記事をチェック!

4854view

質屋とは担保を預けてお金を借りるところ

皆さんこんにちは、馬三郎です。 街中を歩いているとたまに質屋の看板を見かけると思います。 改めて思い返すと、結構いろんなところに質屋はありますが、外から私たちが目にするのは、ショーウインドウの中に...

② 空いている時間に副業をする

昨今は、正社員であっても。副業を許可する企業が増えてきています。

自宅でもできるような副業を探せば、スキマ時間で収入を得ることができます。

③ カードローンを利用する

acf35f10539de01b618a08caf69006c9_t

個人からはお金を借りると関係にヒビが入る可能性がありますので、借金は金融機関からするのがおすすめです。

そのため、「カードローン」や「クレジットカードのキャッシング枠」、「フリーローン」などを利用できるならそちらを選ぶ方が良いかと思います。

特にクレジットカードのキャッシング枠は附属してさえいれば、審査もなく、ATM等からすぐに現金を借り入れできます。

また、カードローンの場合も大手消費者金融(アコム・アイフル・SMBCモビット・プロミス)なら、審査はそれほど厳しくなく、どの業者も最短即日融資が可能となっていますので当日中に借りることもできます。

アコム・アイフル・プロミスのように、「無利息サービス」のある業者で借りるのであれば、利息無料で借り入れすることも可能です。

特に1万円~5万円程度の少額であれば、次回の給料日に完済することも難しくないため、給料の前借り感覚で借りることができて便利です。

悪用禁止!同僚からお金を借りるうまい口実は?

生活していく上で「今月はお金がなくてピンチ!」というときはありますよ。

どうにかお金を工面しなくてはいけないので、同僚から借りようと考えるときもあると思います。

しかし、いつも顔を合わせている職場の同僚からお金を借りにくいという方も多いのではないでしょうか。

また、お金を借りたいけど何と言って借りたらいいのか、わからないという方もいると思います。

下手に同僚に「お金を貸してほしい」と言ってしまうと、「こいつはお金にだらしがないな」、「生活費はまだしもギャンブルに使われないかな」と思われてしまい、悪い印象をあたえるかも知れません。

ということで、まずは同僚にお金を借りるときの、口実を幾つか紹介していきたいと思います。

くれぐれも悪用せずに、どうしてもお金が必要なときにだけ使ってください。

① 「必ず給料日には払うから!」
② 「家族が急に入院することになったんだ」
③ 「お礼に今度奢るから!」
④ 「トラブルに巻き込まれてしまったから少しだけ協力してほしい!」
⑤ 「この前仕事で助けてあげただろう?」
⑥ 「頼めるのは君しかいないんだ!」

 

① 「必ず給料日には払うから!」

同僚からお金を借りるときの口実として、急きょお金が必要になったことを伝える方法があります。

冠婚葬祭などの機会は社会人になると多くなるので、相手の理解も得られやすいため、いいかも知れません。

しかし、上記の理由が嘘だとわかったときは、人間性を疑われてしまいますので、その点は注意が必要です。

お金を借りるときは嘘を言わないで、本当の理由を話すことをおすすめします。

また、返済日を指定することも効果的です。

特に会社の同僚であれば、給料日を返済日にすればお金を確実に用意できると判断してくれるため、納得してくれる可能性があります。]

② 「家族が急に入院することになったんだ」

お金が必要になるケースの中でも、両親や家族が病気をしてしまったなどのケースは、会社の同僚も同情してくれるためお金を貸してくれる可能性があります。

しかし、仲のいい同僚の場合、家族ぐるみの付き合いが今後あるかも知れません。

その場合には、家族の病気がうそであったことが、バレてしまう恐れがあります。

付き合いの多い同僚の場合は、うそを吐かずに正直に事情を話した方がいいでしょう。

③ 「お礼に今度奢るから!」

「今度○○するから貸して」などのように、お金を貸してくれたら返済のほかに恩返しの約束をする方法も有効です。

恩返しですので、相手が望む可能なことを約束しましょう。

特に仲のいい場合は、ごはんや飲み会の代金を奢ってあげるのも良いでしょう。

女性であれば、ディズニーランドへ連れていく約束やショッピングの費用を、負担してあげるのもいいかも知れません。

また、約束したら必ず守ることも大切です。

約束を守らずに、いつまでも放置しておくと人間関係が悪くなってしまいますので、恩返しを口実にする場合は必ず言ったことを実行してください。

おすすめはお金を返した日に、そのまま恩返しをすることです。

お金の返済をする日であれば、返済の後にごはんに行きやすいでしょう。

④ 「トラブルに巻き込まれてしまったから少しだけ協力してほしい!」

「トラブルに巻き込まれたから少しだけ協力してほしい」という言葉も、お金を借りるときに効果的な口実です。

トラブルという言葉を使えば同僚も、「人には話しづらい内容なのだな」と察してもらえるため、深く理由を話さずにお金を借りられる場合があります。

ただし、人によっては「トラブルの詳しい内容を聞かないとお金は貸せない」と言われることもあるため、トラブルの内容まで考えて話を切り出した方が良いでしょう。

⑤「この前仕事で助けてあげただろう?」

仕事で貸しがあったり、恩を売っていたりする場合には、「この前仕事で助けてあげただろう?」と言ってみるのも効果があります。

同僚も仕事で良くしてもらっている相手を、無下にすることはできないので、お金を貸してくれるかも知れません。

しかし、言い方に気を付けないと「この前仕事で助けてあげただろう?」が、嫌みや上から目線に聞こえてしまい、けんかになってしまう可能性があります。

ふだんから同僚のフォローを行い、恩を売っておき、いざというときには何も言わずとも、お金を貸してくれる関係性になることがおすすめです。

⑥「頼めるのは君しかいないんだ!」

口実とは少し違いますが、「頼めるのは君しかいないんだ!」とお願いすることは非常に有効な手段です。

人は特別扱いされると、心理的に非常に気分が良くなります。

「頼めるのは君しかいないんだ」=「君は特別に頼れる人なんだ」ということにつながるため、このお願いの仕方は相手を特別扱いする頼み方です。

特におだてられたり、ほめられたりすることに弱い人の場合、このようなお願いが効果的なので実践してみてください。

同僚からお金を借りるのはハイリスク!

同僚からお金を借りるのは、リスクが多くあることも覚えておいてください。

特にお金がないからと言って、安易な気持ちで同僚からお金を借りてしまう人は注意が必要です。

お金のやり取りには人によって価値観が大きく関わり、相手の価値観によっては今後の信頼関係にまで影響をあたえかねません。

場合によっては、同僚にお金を借りてしまうことで、仕事がやりにくくなることもあります。

ここでは、同僚にお金を借りることによる、リスクを紹介していきます。

人間関係が悪化し最悪は信用を失う

同僚からお金を借りるリスクのひとつに、人間関係の悪化があります。

万が一返済ができなくなった場合や返済が遅れてしまった場合は、借りた相手から返済の催促があるかも知れません。

誰でも返済の催促は嫌ですよ。

催促をされる方も嫌ですが、する方もいい気分になりません。

結果として、お金を借りた同僚と、人間関係が悪くなってしまいます。

しっかり返済できたとしても、同僚との間にお金の貸し借りによる上下関係ができてしまう場合もありますので、注意が必要です。

また、頻繁にお金を借りてしまうと、相手から「お金を借りに来る人」というイメージを持たれてしまい、同僚との関係が悪くなっていく可能性もあります。

関連記事をチェック!

10909view

金貸して、と友達にいわれる人続出

友人や職場の人からお金貸して、と言われる人は意外と多いです。 当サイトでは100名の「お金貸して」と言われた人にアンケートを取りました。 お金を貸して、と言われた人 お金を貸して、と言わ...

職場での印象が悪くなる

同僚からお金を借りることは、借りた相手との人間関係だけでなく、自分の職場でのイメージも悪くさせる可能性があります。

個人間のお金の貸し借りを口外する人は少ないですが、相手が口の軽い人だったり、あなたのお金の借り方に問題があったりする場合は口外されるかも知れません。

口外されたときを考えてみましょう。

極端な例ですが、職場内で「あの人と仲良くなるとお金をせがまれる」と噂が立ってしまう可能性もあります。

職場内でのイメージが悪くなってしまうと仕事にも影響を及ぼしますので、同僚にお金を借りるときは、このようなリスクがあることも考えなければいけません。

ヘンなウワサを立てられる可能性がある

職場内でお金の貸し借りが発覚すると、職場によってはすぐにそのうわさが広がってしまいます。

さらに、一度お金のことでうわさが広まると、いわれのない変なうわさも広がってしまう可能性が高いです。

「○○さんには返しきれないほどの借金がある」「ギャンブルで大赤字を出した」など、身に覚えがないうわさが職場でてしまうことも、珍しくはありません。

さらには、会社内で盗難や不祥事があった場合、このようなうわさのせいで、あらぬ容疑をかけられることもあります。

借用書なしの借金は贈与税がかかる場合がある

同僚や家族間での借金は借用書など借りた証明がなく、返済の催促がない場合、贈与税が発生する場合があります。

例えば、同僚から借用書などのお金を借りた、という証明がなくお金を10万円借りたとして、10年経っても返済を行わなかったときに10年間内容証明などの催促がなかった場合は、時効を迎えます。

借りたお金は相手からもらったことと、認識されてしまうのです。

暦年課税では、1月1日から12月31日までの1年間、個人からの借金の金額が110万円以下であれば、贈与税は発生しません。

しかし、贈与税のトラブルを差し引いたとしても、借金をする場合は借用書を作ってトラブルを避けた方がいいでしょう。

同僚にお金を借りるのは基本的にNG!

ここまで、同僚からお金を借りることについて紹介してきましたが、同僚からお金を借りることは「良いのか?悪いのか?」気になると思います。

結果を言ってしまうと、基本的にはNGです。

会社内のお金の貸し借りは個人的な問題だけにとどまらず、職場や会社全体の問題やトラブルにつながってしまいます。

同僚からお金を借りるのは、最終手段だと思っていただいてもいいかも知れません。

お金を借りないように努めることが大切ですが、もしも、お金が必要になったとしても、できる限り会社の同僚には頼らずに解決をしましょう。

会社の同僚よりも個人間の借金はさらに泥沼化することも!?

会社の同僚からはお金を借りることはおすすめできませんが、それ以外の個人間での借金はどうでしょうか。

もちろん、個人間の付き合い方は人によって大きく違いますが、ここでは一般的な家族や友人との借金について紹介します。

ただし、注意点として、家族や友人との借金も会社の同僚と同じ若しくは、それ以上にトラブルになる危険性が秘められています。

リスクを常に頭に入れながら、以下の記事を参考にしてください。

  • 両親から借りるには口実を作れば簡単
  • 祖父母は理由を聞かずに貸してくれることが多い
  • 兄弟は本人の生活が苦しくなければ貸してくれる
  • 自分を愛してくれる恋人なら貸してくれる
  • 友人から友情を引き換えにお金を借りる

両親から借りるには口実を作れば簡単

両親からお金を借りることは、金額にもよりますが口実を作ることで比較的簡単に行える場合があります。

もちろん、説教をされたり、小言を言われたりすることはあるでしょうが、見放されることはなく最終的にお金を出してくれることが多いです。

しかし、両親に嘘を吐くことは、思った以上に自分の中で重りとなってしまいます。

さらに、思ったように返済ができない場合には、素直に言い出せずに困ることもあります。

怒られてしまうでしょうが、嘘を吐かず素直にお金を借りる事情を伝えることが、後々を考えるといいのではないでしょうか。

関連記事をチェック!

38744view

親にお金を借りる上手な頼み方・言い方・言い訳【適した理由とは】

まとまったお金が必要だけれど自分では用意できないという時、金融機関でお金を借りる前に親にお金を借りたいとお願いしてみるのも選択肢の一つです。 しかし、親にどのように話せばお金を貸してもら...

祖父母は理由を聞かずに貸してくれることが多い

祖父母にとって孫は、目に入れても痛くないほどかわいい存在であることが多いです。

したがって、孫のピンチとあれば、理由を聞かずにお金を貸してくれることも多いです。

しかし、祖父母も決して生活が楽ではないこともあります。

これまで、祖父母が一生懸命貯めた貯金や年金からお金を借りているということは、心にとめておきましょう。


関連記事をチェック!

5556view

おばあちゃんからお金を借りる方法

祖父や祖母などからお金を借りている、借りようと検討している人も多いのではないでしょうか? 事業に使うお金はともかくとして、生活費や子供の学費などは、借りられるのであれば家族から借りたほうがメリットが...

兄弟は本人の生活が苦しくなければ貸してくれる

兄弟からお金を借りる場合には、兄弟自身の生活が苦しいかどうかで借金ができるかが変わってきます。

もしも、兄弟たちも経済的に苦しいときは、自分にお金を貸す余裕がないため借りられないこともあるでしょう。

しかし、友人や両親よりも親身に相談に乗ってくれることもあるため、お金に困ったら最初に相談してみるのもいいでしょう。

関連記事をチェック!

27904view

【必読】兄弟からお金を借りる前に知っておくこと!

金欠に陥ったときなど、兄弟に借金を頼む人もいるかと思います。 しかし、兄弟から借金をする際は注意点も多いです。 それを知らずにいるとトラブルになってしまい、兄弟と疎遠になったり、絶縁状態になってし...

自分を愛してくれる恋人なら貸してくれる

自分のことを愛している恋人からは、お金を借りられる可能性があります。

あなたのことが好きだから、お金を貸しても返してくれると信じているからです。

しかし、お金を頻繁に借りてしまうと、恋人から「お金目的で付き合っているの?」と疑われて振られる場合もあります。

金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあるので、恋人からの情けを受け過ぎないようにしましょう。

また、恋人からお金を借りることは、余りほめられたことではないため、恋人の友人など周囲の人から心配される可能性も高いです。


関連記事をチェック!

9855view

彼女にお金を借りる彼氏の心理~自分は財布扱いされている?

「お金貸してくれない?」このように彼女に借金をお願いする彼氏が世の中にいます。 多くの女性の場合、「彼氏を助けてあげたい!」という気持ちがありますので、できれば貸してあげたいと思う人が多いかと思いま...

友人から友情と引き換えにお金を借りる

仲のいい友人の場合、あなたがお金に困っていたら、お金を貸してくれる人もいるかも知れません。

しかし、忘れてはいけないことは、友人からお金を借りるとその分あなたとの友情がなくなっていくことです。

返済はきっちり行い、友人がピンチのときには助けてあげられるようにしましょう。

少しでも返済が遅れたり、トラブルが起こったりすればすぐに、友情は崩壊してしまうので、気を付けてください。

家族や友人からは借りやすいが後々トラブルになる

家族や友人はあなたとのこれまでの付き合いがあるため、あなたを信用してお金を貸してくれます。

しかし、先ほども説明した通り、お金に対する価値観は人によって千差万別です。

家族や友人と言っても、少しの返済遅れや利息の金額などで、簡単にトラブルに発展してしまいます。

会社の同僚よりもお金を借りやすいことが多いですが、決してトラブルが起こりにくいわけではありません。

返済日をしっかり守ることや返済金額や利息の金額の確認は、親しい間柄だとしても丁寧に行ってください。

お役立ち情報:上司や先輩に返済するときに気を付けること

2d935f9762a4943effc6675da80940e3_t

ここまでお伝えしてきたように、上司や先輩からの借金はおすすめできませんが、どうしても借りなきゃいけないケースもあるかと思います。

その際は、「先日は貸して頂きありがとうございました!」とお礼をしっかり言うのは、当たり前として、さらに次の点には注意しておきましょう。

できるだけ早く返す

返済はできるだけ、早くするようにしましょう。

できれば借りた日の翌日に、するのがおすすめです。

特に職場の先輩から借りたときは次の日も顔を合わすかと思いますので、翌日までに返済することが社会人としての最低限のマナーになります。

また、お金を裸のまま返すのは失礼ですので、無地の封筒などに入れた上で返すようにしてください。

利子代わりとしてお礼の品を付ける

個人間の借金は利子が付かないことがほとんどですが、それでもお礼をしなくてはいけません。

ただし、金銭的なものにしてしまうと他人行儀のようになりすし、貸した先輩や上司は迷惑を感じて気分を悪くしてしまうこともあります。

そのため、クッキーやケーキなど相手がもらっても負担を感じないようなものを、お礼の品として渡すのがおすすめです。

関連記事をチェック!

9937view

個人間の借金返済のルール【友人とのお金の貸し借り】

友人知人などから、まとまったお金の貸し借りする必要が出てきた場合、最低限のルールを決めてから借りるようにしましょう。 いかに親しい中でも、お金が絡むとその後の人間関係にも影響が出てきます。むしろ親し...

同僚や家族から借りずにお金を借りる方法とは?

これまでに紹介した通り、基本的にお金の貸し借りを個人間で行うことは、トラブルに発展しやすいため、できる限り避けたいところです。

家族や友人など人から借りずに、自分で解決できるに越したことはありません。

それでは、同僚や家族以外からお金を借りたい場合には、どのような方法を取れるのでしょうか。

ここでは、代表的な借入先をふたつ紹介します。

① 銀行カードローンは低金利で借りられる

お金を借りるとしたら、銀行を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

個人でお金を借りるのであれば、銀行カードローンを利用することをおすすめします。

カードローンであれば、他のローンと比べて審査時間も短く済みますし、何より貸金業者から借りるよりも金利が低く済みます。

ほとんどの銀行でカードローンを行っているため、自分の所有している口座の銀行へ相談に行ってみてはいかがでしょうか。

② 消費者金融は即日融資が可能な場合もある

短期間で返済が見込め、少額の借入であれば、消費者金融からの借入を検討してもいいでしょう。

大手消費者金融が即日融資や、無利息期間を設けている場合もあり、1か月以内で返済できる場合には利息が付かないケースも多いです。

以下に大手消費者金融会社の即日融資と無利息期間の有無を載せているので、確認してみてください。

消費者金融会社 即日融資 無利息期間
アコム 有 り
プロミス web契約なら可 有 り
SMBCモビット 無 し
アイフル web契約後電話連絡で可 有 り

また、大手消費者金融であれば、即日融資ができることが多いです。

冠婚葬祭や事故に巻き込まれたときなど、急な出費が発生したときに重宝します。

即日融資や無利息期間の条件などは各消費者金融会社によって違いますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

先輩や上司からのお金を借りるは、正直なところおすすめできません。

特に上司から借金をすると、今後仕事をする上で信頼してもらえないなどのリスクが発生するので要注意です。

そのため、先輩や上司からのお金を借りるのは、最終手段として考えておきましょう。

まずは金融機関からの借金を、検討するのがおすすめです。

関連記事をチェック!

5742view

闇金以外の今日中に即日融資できる!安心のカードローン一覧

最近は即日融資という謳い文句も増えてきて、以前に比べて急ぎでお金を借りやすくなりました。 とはいえ、まだどの金融機関も即日融資してくれるわけではありません。 今回はどんな金融機関が即日融資できるか...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談