SMBCモビットで年収の3分の1を超える借入はできる?【総量規制対象外?】

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

SMBCモビット。

名前からも分かりますように、明らかにSMBCグループの会社です。

そんなSMBCモビットなら、年収の3分の1を超える借入はできるのでしょうか?

SMBCモビットについて知っておきたいこと、そして、年収の3分の1を超える融資を受けたいときに知っておきたいことについてまとめました。

執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

SMBCモビットは総量規制対象外ではない

いきなり結論ですが、SMBCモビットでは年収の3分の1を超える融資を受けることはできません。

SMBCモビットといえば、審査が他の消費者金融よりも早いということでも有名です。

しかし、何でもスピーディに対応してくれるSMBCモビットでも、年収の3分の1を超える借入については対応していません。

年収の3分の1を超える融資を受けるためには?

年収の3分の1を超える借入を実施するためには、総量規制を受けないローン商品に申し込むか、総量規制を受けない業者に申し込む必要があります。

残念ながら、SMBCモビットは総量規制が適用される業者ですし、総量規制が適用されないローン商品を一切扱っていませんので、年収の3分の1を超える融資を受けることができないのです。

年収の3分の1を超える融資が必要な人は、どんなに急いでいてもSMBCモビットに申し込んではいけません。

総量規制対象外のローン商品か総量規制対象外の業者を選び、必要な金額の融資を申し込みましょう。

では、なぜSMBCモビットからの借入は総量規制の対象になるのでしょうか。また、総量規制とはどのような規制なのでしょうか。

総量規制とは

総量規制とは、2010年の6月に改正された貸金業法によって施行された規制です。

総量規制の施行後は「貸金業者からの借入は年収の3分の1を上限とする」と制限がかけられるようになりました。

貸金業者とは

総量規制を理解するには、貸金業者とは何かというポイントを理解しなくてはなりません。

貸金業者とは、消費者金融やクレジット会社、信販会社などのことをいい、主業務や業務の一部を問わず貸金業(ローン事業)として事業を行っている業者のことをいいます。

なお、銀行でも貸金業務を実施していますが、メイン事業は預金業務で、預金業務によって集めたお金を企業や個人に貸し付ける事業、つまり貸金業務を派生的に実施しています。

一方、貸金業者は貸金業をメインに実行しており、普通預金や定期預金などの預金業務は一切実施していません。

預金業務を実施している業者は貸金業者ではないと覚えておけばよいでしょう。

総量規制の対象となるローン商品

貸金業者が提供しているローン商品のすべてが総量規制の対象ではないという点も、覚えておく必要があります。

総量規制の対象となる借入の具体的な借入の例としては、消費者金融のカードローンクレジットカードのキャッシング信販会社が提供する借入の目的が限定されていない借入が規制の対象となります。

SMBCモビットは預金業務を実施していませんので、貸金業者です。

また、SMBCモビットが提供しているローン商品はカードローンのみですので、SMBCモビットを利用するとどんな場合でも総量規制の対象になります。

つまり、SMBCモビットからの借入は総量規制の適用を受けますので、年収の3分の1を超える融資を希望することはできません。

年収の3分の1ちょうどの融資も難しい

総量規制が適用される場合、年収の3分の1を超える融資は受けられません。

では、年収の3分の1ちょうどの金額、例えば年収が600万円の人なら200万円の融資は受けられるのでしょうか?

答えはNOです。

SMBCモビットに初めて申し込むときは、年収の3分の1の60%程度、多くても80%程度です。

その後、返済期限に遅れずに返済し続けることで、SMBCモビットとの信頼関係を築き上げ、100%、つまり年収の3分の1ちょうど位までに融資限度額が上がっていくのです。

総量規制ができた背景

総量規制によって、貸金業者の特定のローン商品の借入上限額が年収の3分の1までに制限されるということが分かったかと思います。

ではなぜ、このような規制ができたのでしょうか。

それは、貸金業者を利用している人の中で、自己破産者や返済に窮して自殺する人が多く生じたからです。

貸金業者の利用者に問題があるとも考えられますが、貸金業者の貸し方自体に問題があるとも考えられますよね。

そのため、貸金業者の新しい貸し方の基準として総量規制が制定され、自己破産をする人や自殺をする人を減らそうとしたのです。

かつては年収を考慮せずに貸し出していた

総量規制が制定される前までは、貸金業者が審査で貸すことを決定すると申込者の年収に関係なく融資を実行していましたので、貸金業者による過度な貸付というものがよくありました。

それに加えて利用者も、自分の返済能力を無視して「審査さえ通ればいくらでも借りられる」と考え、貸金業者からの過剰な融資を利用し続けていきました。

貸金業者と利用者が両者ともに無計画に融資と借入を繰り返していった結果、過度な借り過ぎによって返済することができなくなり、貸金業者の執拗な取り立てに困った利用者が自殺をするという事態が頻発したのです。

年収の3分の1なら余裕をもって返済できる

年収の半分ものお金を返済に充当するのは、かなり難しいですよね。

生活に余裕がなくなってしまい、「こんなに苦しいのなら、もう自己破産しようか・・・」という考えが頭をよぎります。

しかし、年収の4分の1しか借りられないとなると、今度は融資が少なすぎて役に立たないという状況になります。

年収が200万円の人は最大でも50万円しか借りられなくなりますので、運転免許を取って近場に旅行に行ったら、もうそれ以上の融資は見込めなくなってしまうのです。

年収から年間の生活費などを除いて余裕で返済し続けていくラインとして年収の3分の1程度が妥当だろうと審議され、年収の3分の1が総量規制の基準に用いられるようになりました。

関連記事をチェック!

6447view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

総量規制の対象外

総量規制には対象となる借入と対象とならない借入があるお伝えしましたが、対象とならない借入とはどんな借入であるかということを解説していきます。

総量規制の対象とならない借入とは、銀行からの借入です。

銀行はそもそも貸金業者ではなく、業種で行けば金融業となります。

ですので、たとえカードローンのように資金使途が問われないローン商品であっても、銀行からの借入であれば総量規制の対象とはならず、場合によっては年収の3分の1を超える借入も可能です。

例外として規制の対象にはならない借入がある

総量規制が適用される貸金業者からの釈乳であっても、「例外」として規制の対象とならない借入があります。

以下の3つの借入は、たとえSMBCモビットなどの消費者金融やクレジットカード会社、信販会社からの借入であっても総量規制が適用されません。

  • 利用者が一方的に有利となる借入
  • 緊急の医療費を支払うための借入
  • 社会通念上緊急であり必要と認められる費用支払いのための借入

<利用者が一方的に有利となる借入>

利用者が一方的に有利となる借入の例として、借り換えローンを挙げることができます。

借り換えローンとは現在の借入を別の業者で借り換えることを意味しますが、通常は、現在利用中のローンよりも低金利のローンに乗り換えます。

利用者は適用金利が低くなりますので、毎月の返済額や総利息額、総返済額も低くなるという一方的なメリットを受けますよね?

そのため、消費者金融で提供しているローン商品の中でも借り換えローンは、年収の3分の1を超える金額でも借りることができるのです。

その他にも、複数のローンを1つにまとめるおまとめローンも利用者にとって一方的に有利なローンですので、総量規制の適用を受けません。

<緊急の医療費を支払うための借入>

事故や急病で医療費が必要になった場合は、人道的な観点から総量規制が適用されません。

消費者金融カードローンは融資までのスピードが速く融資可能な時間が銀行カードローンよりも長いという特徴がありますので、今すぐ融資が必要なときは、まず消費者金融のカードローンを検討する方も多いでしょう。

「緊急手術をしないと死んでしまうのでお金を貸してほしい」と懇願しているのに、「いや・・・。だって、もう年収の3分の1ものお金を借りているでしょ?」と貸金業者が融資を断るのは、いくら何でも酷すぎますよね?

借入合計額が年収の3分の1を超えそうな人は、総量規制が適用されないためにも、融資を申し込む時に「緊急の医療費が必要なんです!」と率直に担当者に伝えるようにしましょうね。

<社会通念上緊急であり必要と認められる費用支払いのための借入>

例えば、お通夜やお葬式。

どんなにお金がない場合でも、亡くなった日から数日以内に営むことが望ましいですよね。

「お金が貯まってからお葬式をしよう」と考えていると、あっという間に数ヶ月、数年が経ってしまい、結局、社会通念上必要なはずのお葬式が営めなくなってしまいます。

お葬式の資金が足りない時も、貸金業者に正直に「今すぐお葬式をしなくてはいけないんです!」と伝えてください。

SMBCモビットにはおまとめローンがない

SMBCモビットではおまとめローンや借り換えローンは提供されていませんので、総量規制を超えて借入できるローン商品はありません。

年収の3分の1を超える借金を借り換えしたいときやまとめたいときは、SMBCモビットではなく、借り換えローンやおまとめローンを提供している業者に申し込むようにしてください。

例えばプロミスやアコム、アイフルでは、総量規制の適用を受けない借り換え専用・おまとめ専用のローン商品を提供しています。

毎月の返済額を減らしたいと考えている人や借入件数が多すぎて毎日返済に追われているような気がする人は、借り換えローンやおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事をチェック!

303view

低金利、安心感、審査で選ぶ優良おまとめローン

おまとめローンとは おまとめローンを取扱っている業者は多くありますが、その業者によっておまとめローンの内容は異なります。 その数あるおまとめローンの中でどこの業者のおまとめローンがいいのかと聞かれ...

融資限度額を引き上げるには年収がネック

すでに年収の3分の1程度の融資を受けている人は、借り換えローンやおまとめローン以外の通常の消費者金融カードローンは利用できないのでしょうか。

普通に考えれば、無理ですよね?

しかし、年収を上げれば、融資限度額を増やすことができるのです。

年収を増やして融資限度額を引き上げよう

例えばあなたの年収が300万円なら、消費者金融カードローンで借りられる金額は100万円が上限です。

しかしながら、年収が360万円に増えるなら、消費者金融カードローンで借りられる融資限度額は120万円になります。

勤務先が副業OKの場合は副業で毎月5万円を稼ぐことで、年収を60万円増やし、融資限度額も20万円引き上げることができますね。

副業に力を入れて月収10万円を確保すれば、年収は120万円増え、融資限度額は40万円引き上げられます。

次の記事ではサラリーマンでも簡単に始められる副業を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

SMBCモビットは消費者金融

冒頭でも述べましたが、SMBCモビットはその名の通りSMBCグループの貸金業者です。

そのため、あくまでも消費者金融であって銀行ではありませんので総量規制の適用を受けます。

同じように銀行グループに属する消費者金融は、SMBCモビット以外にも次の業者があります。

  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)→SMBCグループ
  • アコム → 三菱UFJ銀行グループ
  • レイクALSA → 新生銀行グループ

専業主婦は借りられない

SMBCモビットでの借入は、総量規制の適用を受けます。

総量規制の適用を受けるということは年収の3分の1以下しか借りられないということですので、年収が0円の人は当然ながら融資限度額も0円になります

そのため、専業主婦などの無収入の人は、SMBCモビットなどの消費者金融カードローンは利用できません。

収入証明書類がないので借りられない

総量規制の適用を受けないおまとめローンなら、専業主婦も消費者金融を利用できるのでしょうか?

法的にはおまとめローンは総量規制の対象外ですので、年収が0円の専業主婦でもアコムやアイフルのおまとめローンを利用できることになります。

しかし、アコムでもアイフルでも50万円を超えるおまとめローンに申し込むときは収入証明書類を提出しなくてはいけないという規則がありますので、収入証明書類を持っていない専業主婦が審査に通過する可能性は限りなく低いと考えられます。

そもそも金利が高い

そもそも消費者金融のおまとめローンは金利が高く、収入がない人にとっては返済が非常に厳しいものとなります。

例えば100万円をおまとめするときは、年15.0%の金利が適用されることが多いです。

年15.0%ということは、単純に計算しても年に利息が15万円も発生してしまいますので、返済に行き詰まり、利息がどんどん増えてしまう可能性があります。

専業主婦は法的には消費者金融のおまとめローンを利用できますが、健全な生活を送るためにも、消費者金融以外のおまとめローンを利用することをおすすめします。

総量規制を超えた借金の場合は銀行カードローンがおすすめ

総量規制を超えてお金を借りたい人は、総量規制が適用されない銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンなら年収の3分の1を超える融資でも申し込めますし、収入がない専業主婦も利用が可能(銀行によっては専業主婦への融資が不可のこともあります)です。

多額の融資が必要な方や専業主婦の方は、銀行カードローンに申し込んでみましょう。

総量規制対象外カードローンの審査は甘くない

銀行カードローンは年収がなくても申し込め、しかも、年収の3分の1を超える融資も可能。その上、消費者金融カードローンよりも低金利。

こんなに良い条件ばかり揃っているのなら、銀行カードローンを利用しない手はないですよね?

また、現在よりも低金利が適用される借り換えローンやおまとめローン。

返済に追われている人にとっては救世主とも言える優れたローン商品です。

しかし、銀行カードローンや借り換えローン、おまとめローンなどの総量規制対象外のローンは審査が厳しく、総量規制が適用される消費者金融カードローンほどには容易には融資が受けられないのです。

とはいえ、多重債務で返済に追われている場合は、審査が厳しいといってもおまとめローンに頼らざるを得ませんよね。

おまとめローンの中でも比較的利用しやすい商品を3つ紹介します。

東京スター銀行おまとめローン

借入限度額は1,000万円、金利は一律12.5%、しかも来店不要で申し込める東京スター銀行のおまとめローン。

銀行のおまとめローンは審査に時間がかかることが多いのですが、東京スター銀行のおまとめローンなら最短3日で仮審査結果が分かります。

低金利の銀行のおまとめローンを利用したいけれども、あまりにも審査に時間がかかるのは困るという方は、ぜひ東京スター銀行のおまとめローンを検討してみましょう。

プロミスおまとめローン

プロミスのおまとめローンは、融資限度額は300万円、金利は年6.3~17.8%と、条件的には通常のカードローンとあまり変わりがありません。

しかし、審査が非常にスピーディで、自動契約機か窓口でその場で審査結果が分かるため、早く借金をまとめたい方には適した商品です。

アイフルおまとめローン「おまとめMAX」

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」も、借入限度額は800万円、金利は年3.0~17.5%と通常のカードローンとほぼ同様の借入条件に設定されています。

しかしながら、消費者金融のおまとめローンとしては珍しく、電話からでも申し込めるという利点があります。

手軽に申し込みたい方は、おまとめMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

他債務は信用情報からバレる

「総量規制は年収を多めに申告したり、他債務を少なめに申告すればクリアできるんじゃないの?」と考える方もいるかもしれません。

しかし、そのようなことをしても無駄です。

モビットは契約時に源泉徴収票などの収入証明書の提出が必ず必要になりますし、他債務は信用情報にすべて記録されており、審査の際には必ず信用情報へ照会をします。

つまり、嘘をついても必ずバレてしまうのです。

むしろ嘘をついたことによって、モビットの審査担当者の印象が悪くなるだけですので、申し込みの際には嘘はつかない方がよいでしょう。

プラスにならないばかりかマイナスになります。

総量規制対象外の貸金業者のローン

おまとめローン以外にも、総量規制対象とならない貸金業者からの融資があります。

それが以下の3つです。

不動産を担保にしたローン

貸金業者の中には、不動産を担保として、自由にお金を使うことができる「不動産担保ローン」という商品を取り扱っている会社があります。

また、貸金業者の中には住宅ローンを扱っている業者もありますが、このような不動産を担保としたローンはすべて総量規制の対象外です。

自動車ローン

オリコなどの信販会社や消費者金融や自動車ディーラーなどは自動車のローンを扱っています。

このような貸金業者が扱う自動車ローンもすべて総量規制の対象外となります。

事業資金

貸金業法は消費者を守るための法律ですので、そもそも消費者ではない事業者への融資である、事業資金は総量規制の対象外です。

会社が借りる場合はもちろん、個人事業主が個人名で借りる事業資金も、商売で借りる目的のローンはすべて総量規制の対象外となります。

そのため、消費者金融の中には、個人事業主向けに「商売に使っても、生活に使っても、何にでも使用できる」というカードローンを取り扱っているところもあります。

まとめ

SMBCモビットは総量規制の適用を受けますので、年収の3分の1を超える借入は不可能です。

おまとめローンや借り換えローンなら消費者金融でも年収の3分の1を超える融資が可能になりますが、SMBCモビットではおまとめローン&借り換えローンを扱っていませんので、一切、例外なく総量規制が適用されます。

年収の3分の1を超える融資を受けたい方や専業主婦の方は銀行カードローンに申し込み、借入の整理をしたい方はおまとめローン等を提供しているSMBCモビット以外の消費者金融か銀行に申し込みましょう。

関連記事をチェック!

8946view

年収の3分の1以上でも借りれる方法

年収の3分の1以上の高額を借りるためには、利用する金融機関や利用する商品を絞って選択しなければなりません。 ご存じの人も多いと思いますが、年収の3分の1というのは総量規制の対象となるため、消費者金融...

年収の3分の1以上でも借りれる方法

関連記事をチェック!

9859view

2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

「すでに銀行や消費者金融のカードローンで借り入れしているけど、お金が足りなくてもう少し借り入れがしたい。」 この記事を読んでいるのはそういう人だと思います。 「他社借入があると、審査に通らないって...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

 5.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談