即日に現金化できるアプリ!お金がない時に最適

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定


即金アプリを使うことで、自分の持っている不用品でお金を作ることができます

また、即金アプリの中には自分のスキルを活かせるものもあるため、不用品を持っていない人でも利用可能です。

ただし、即金アプリを使うときには、事前に知っておきたい注意点も存在するため、即金アプリの種類とともに確認していきます。

お金がない時に最適な即金アプリ

お金がない時に最適な即金アプリには以下のような6つの種類にわけられます。それぞれ順に見ていきましょう。

  • 不用品を売ってお金にする買取タイプ
  • 後払いタイプのアプリ
  • レシートを撮るだけでお金になるレシート買取アプリ
  • 写真を買い取ってもらうアプリ
  • スマホでカードローン契約できるアプリもある
  • スキルを売ってお金にするアプリ

不用品を売ってお金にする買取タイプのアプリ

不用品を売ってお金にするアプリは以下の3つです。

  • CASH
  • ゲオスグ
  • そっきん

CASH

換金時間:最短30分以内

CASHはアプリで売却したい不用品を撮影すると、その場で現金を手にできるアプリです。

品物を郵送や正式な査定を行うことなく、即日で現金を手にできることが特徴です。

質屋やリサイクルショップに行く暇はないものの、できる限り早くお金が欲しいという人にはおすすめのアプリと言えます。

「CASHで買い取ってもらえる不用品って、どんなものがあるの?」

CASHで買取してもらえる不用品は、ファッションブランドのバックや服、一部のスマホが対象です。

取引の対象となる品物は限られているため、自分の持っている不用品が対象かどうかは、CASHの公式ホームページから確認してください。

集荷に掛ける前であればキャンセルできる

品物を送付する前であれば、買取をキャンセルしてもらうことができるため、CASHに連絡をすることで集荷や買取をキャンセルしてもらえます。

途中で買取をキャンセルしたいと思ったら、集荷前までに判断するようにしてください。

「そういえば、CASHは質屋みたいな利用方法もできるって聞いたけど本当?」

たしかに、昔は60日以内であれば手数料を支払うことで、不用品を取り戻せるサービスがありましたが、現在では利用できなくなっています

一度集荷に掛けた品物は、CASHに問い合わせたとしても原則返品してもらえないので気を付けてください。

ゲオスグ

換金時間:最短5時間

ゲオスグはCASHのゲオ版とも言えるアプリで、ゲームやDVD、ブルーレイなどの不用品を買い取ってもらい現金を手にできます。

ゲーム機本体も買取の対象となるため、重たい不用品を持ち出すことなく自宅から買取の手続きが行えます

「ゲオスグもCASHと同じように写真撮影したらその場で入金してもらえるの?」

いえ、ゲオスグはCASHと入金のタイミングが異なるため、撮影後すぐに入金はしてもらえず、品物発送後の入金となります。

しかし、品物撮影から発送までを短期間の間で済ませることができれば、最短5時間で入金してもらえるため、即日で現金を手にすることも十分可能です。

買取対象となるゲーム機種に関しては公式ホームページに載ってあるため、利用前に一度確認してください。

そっきん

換金時間:最短即日

そっきんは高額アイテムを中心に買取を行っている即金アプリで、CASHやゲオスグでは対応していない品物も買取してもらえます。

そっきんで買取してもらえるアイテムは、デジタルデバイスや家電、小型のテレビなどが対象です。

スマホ ノートパソコン
腕時計 オーディオ機器
ゴルフ用品 釣り用品
楽器 テレビ
(22インチ以下)

上記の内容はほんの一握りで、他にも様々な買取対象商品があります。

「そっきんで即日現金化するときには何か注意点はあるの?」

そうですね。そっきんで即日現金化するときには、クレジットカードの登録が必要である点に注意が必要です。

クレジットカードを登録せずに利用することも不可能ではありませんが、この場合は即日ではなく品物が到着した時点となるため、即日での現金化はできません。

後払いタイプのアプリ

次に解説する即金アプリは、プリペイドカードと同じような仕組みですが、入金が後払いであるため、手元にお金がなくてもクレジットカードのように買い物ができます。

後払いタイプのアプリは買い物のお金が手元にないときに便利ですが、使いすぎると後々支払いが大変になるのでよく利用方法や注意点を確認してください。

バンドルカード

換金時間:最短30分以内

後払いタイプの即金アプリの代表はバンドルカードです。

アプリ名にカードと書いてありますが、入金や利用に関してカード発行は必要なく、アプリ上でVISAのプリペイドカードとして利用可能です。

さらに、プリペイドカードへのチャージはその場でアプリから行え、入金は翌月末で大丈夫です。

「お金がなくても利用できるって最高だね」

たしかに支払いまでにかなり猶予があるので、自由に利用できるのはありがたいですね。

しかし、支払いは翌月一括払いであるため、無計画に利用し続けると翌月の支払いが大変なことになってしまいます

バンドルカードは利用ごとに明細をメールで送ってもらえるので、常に翌月の支払額がいくらになるのか確認してください。

レシートを撮るだけでお金になるレシート買取アプリ

レシートを買取してもらえるアプリが登場して話題になっていますが、上手にこのアプリを使えれば、日常の買い物を換金してもらうことも可能です。

ただし、レシート買取アプリを知らないと、仕組みがいまいちわからないため、アプリの内容を例にどのような仕組みかを解説します。

ONE

換金時間:最短即日

「ONE」はどのようなレシートでも、1枚最大10円で買取を行ってもらえるアプリです。

買取されたレシートのデータはマーケティングの資料として様々な企業に取り扱われます。

匿名での取引であるため、具体的な個人情報が流出するわけではないので、安心して利用できるのが特徴です。

「レシートで貯めたお金って換金までの時間はどのくらい必要なの?」

ポイントサイトなどは換金まで必要な時間が長かったり、換金可能額が高額となっておりなかなか換金ができないことも多いため、換金までの時間は気になりますよね。

ONEの場合は、出金口座を指定していれば換金したお金をその場で振込してくれます。

また、最低取引金額も決められていないため、いくらからでも利用できますが、振込手数料が200円となっており、少額の出金では手数料分がマイナスになる点には気を付けてください。

写真を買い取ってもらうアプリ

写真が趣味の人だけではなく、SNSに写真を投稿している人も、ふだん撮影している写真をアプリを使って買い取ってもらえます。

買い取ってもらえる写真にどのようなものがあるか、利用するときの注意点は何かなど確認していきます。

セルピー

換金時間:最短即日

写真買取アプリのセルピーは、まず自分が利用しているSNSのアカウントと連携して、自分の写真を公表します。

その写真が企業の目に留まると写真を買い取ってもらえるサービスです。

企業に写真を買い取ってもらう必要がありますが、1,220円以上の売上げがあれば出金手続きが行えますので、写真の販売状況によっては短期間での出金もできます。

「企業に買取をしてもらうのってハードルが高そうだけど大丈夫?」

たしかに、企業に買取をしてもらうと聞くと難易度が高そうに思えますよね。

このような利用したての人向けに、セルピー内には出品リクエストと呼ばれる仕組みがあります。

出品リクエストには、写真の内容など幾つかの条件が書かれてあり、リクエストの条件に合っているものほど審査通過しやすくなります。

スマホでカードローン契約できるアプリもある

換金時間:最短1時間

スマホアプリの中には、カードローン契約をすべて行えるものもあります。

さらに、カードローン契約が行えるアプリの中には、契約後もカードレスで借入や返済ができるものもあるため、完全カードレスキャッシングが利用可能です。

「何でカードローンなのにカードレスで取引ができるの?」

うんうん、そうですよね。

カードローンという名前にも関わらず、カードを使わずに借入ができるのは矛盾しているように思えますよね。

しかし、一部のATMはカードではなく、アプリの機能を使って引き出しや預け入れができるため、カードレスキャッシングのアプリもこの機能を使ってカードを発行せずに契約ができるのです。

スキルを売ってお金にするアプリ

自分の趣味や資格を活かしてお金を稼ぐためのアプリもあります。

不用品や写真などの売れるものを持っていない人は、これまで紹介してきたアプリは利用できないケースが多いです。

しかし、これから紹介するアプリであれば、スキルや時間を持っていればお金を手に入れることができます

スキルを売るアプリは換金まで時間が掛かることも多いため、換金時間と合わせて確認していきます。

ココナラ

換金時間:5~20日(売上確定後)

ココナラは自分の持っているスキルを販売して、買手を探すサービスでスマホ向けのアプリも取り扱っています。

取り扱っているスキルの幅は非常に広く、プログラミングやWEB制作などの専門的な技術が必要なものから、漫画やイラスト作成、美容の相談など趣味の延長線上にあるスキルまで幅広く出品できます。

「でも、スキルの出品手数料が必要なんでしょ?」

いえ、スキルの出品には手数料が一切必要ないため、初期費用は一切掛かりません

ただし、契約が結ばれた場合には、料金の25%が利用手数料として徴収されるため、手数料を考慮して金額を設定することが大切です。

ココナラの公式サイトやアプリから、どのようなスキルが出品されているか確認してみて、自分が出品できそうなものがないか探してみてください。

換金時間

ココナラは売上が160円を超えた段階で、いつでも出金の依頼ができるようになっています。

売上の確定は取引が完了して、「正式な回答」と呼ばれる取引終了のメッセージを送った後に行われます。

また、正式な回答を行わなかったとしても、取引相手が評価コメントを入力した段階で売上は確定するのです。

出金方法は銀行口座への振込となっていますが、出金の依頼をしてから振り込まれるまでの時間は以下の通りです。

出金依頼日 振込日
1~15日 20日
16~月末 翌5日

振込日が土日祝日の場合には、翌営業日が振込日に変更となるため気を付けてください。

クラウドソーシング

換金時間:最短3~5営業日(報酬確定後)

クラウドソーシングでの依頼を探すときにも、公式アプリを使うことで簡単に仕事を発見することが可能です。

クラウドソーシングとは、個人に対して仕事を依頼したい人が、仕事を探している人とマッチングするためのサービスで、自分が受注できる仕事を探すことができます。

依頼されている仕事の中には、アンケートの回答やブログの作成代行など、初心者でも簡単に行える内容も多くあるため、特別なスキルを持っていない人でも簡単に利用できます

初心者は大手クラウドソーシング会社がおすすめ

「ネットで検索するといろんなクラウドソーシングの会社があるけど、どこを利用すればいいの?」

クラウドソーシングを取り扱う会社は増えてきているため、初めての人は利用する会社を選ぶことに迷ってしまうかも知れませんね。

人によっておすすめの会社は異なりますが、初めてであれば大手である「クラウドワークス」か「ランサーズ」を選択してみてください。

どちらもクラウドソーシングの利用が初めての人向けの依頼が多く掲載されているため、自分にあった依頼を見つけやすいです。

換金時間

クラウドソーシングの換金時間は、会社によっても異なりますが、一般的には報酬が確定してから15日から1か月程度、入金まで時間が必要です。 大手クラウドソーシング会社のクラウドワークスは、入金までに必要な時間は以下の通りです。

締め日 振込日
15日 当月末
月末 翌15日

「入金までそれほど時間が掛かるんだったら、全然間に合わないよ」

たしかに、1か月も入金まで時間が掛かるのであれば、とても即金でお金が手に入るとは言えませんよね。

このような人は、手数料を支払うことで素早く出金をする制度を利用してみるといいでしょう。

例えば、クラウドワークスにはクイック出金という制度があり、申請から3営業日以内に振込をしてもらえます

クラウドソーシング会社ごとに、素早く出金してもらえる制度があるため、調べて積極的に活用してください。

即金アプリを利用するときに注意しておくべきポイント

即金アプリを利用するときには、以下のような注意点があります。

  • 適正価格で買い取られていない可能性がある
  • 金額に上限が設定されている可能性がある
  • 悪質なアプリが紛れている

これらの注意点を理解せずに利用してしまうと、希望金額が手に入らない可能性や犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるため、是非確認してください。

品物が適正価格で買い取られないこともある

品物を買取してもらえるアプリの場合には、買取価格が適正価格ではない可能性がある点には注意が必要です。

あくまで傾向ではありますが、アプリで買い取ってもらった場合には、質屋やリサイクルショップで買取してもらうよりも、低めの金額での買取になりやすいです。

「何でアプリの買取の方が買取価格が低いの?」

これはアプリでの買取は査定する情報が少ないという点が大きく影響しています。

アプリで買取をする場合には、品物の状態を写真でしか確認ができません。

したがって、店舗で査定するよりも情報が少なくなってしまうため、価格を低めに設定せざるをえないのです。

もしも、質屋やリサイクルショップが身近にある場合には、持込みをした方が高価買取してもらえるかも知れません

金額に上限が設けられていてるケースもある

後払いタイプのアプリなどに多いですが、利用可能金額に上限が設定されている場合があります。

例えば、先ほど紹介したバンドルカードは、初回の申込時に限度額が設定され、金額以上を入金することはできません。

利用するごとに上限金額を増やすことができますが、初回利用時は少額になってしまう可能性を考慮しておいてください。

悪質なものもあるので注意しよう

即金アプリの中には、今すぐお金が必要な人の心理を利用した、悪意のある「即入金サービス」や「即振込サービス」が多数存在します。

これらは摘発されても次から次へと手を変え品を変えしぶとく活動を続けます。

今回紹介した即入金サービスはいずれも根拠あるサービスですので安全に使用できます。

しかし、類似のサービスに見せかけた詐欺サイトや、個人情報や預金残高をだまし取る犯罪サイトも多数存在しますので、絶対に引っかからないように注意してください。

「危険な即金アプリってどうやって判断すればいいの?」

基本的には、情報が少ない即金アプリは利用するときのリスクが高いため、利用を避けるとよいです。

また、アプリの場合には口コミやアップデートの情報などがみられるので、内容を確認して詐欺などの情報が書かれていないか確認してください

口コミの内容に悪質なサービス内容が書かれていたり、アップデートなど更新が行われていなかったりした場合には、危険な即金アプリである可能性があるため注意していください。

即金アプリ以外にすぐにお金を用意する方法

即金アプリを利用する以外にも、お金に困ったときに取れる対処法は幾つかあります。

  • 消費者金融や銀行のカードローンを利用する
  • 役場の公的制度を利用する
  • 裏バイトは行ってはいけない

ここでは、緊急でお金に困ったときの対処法について紹介します。

消費者金融や銀行カードローンの利用を考える

消費者金融や銀行カードローンであれば、短い間で審査を行ってもらえるため、すぐにお金が必要な人にもおすすめです。

特に消費者金融のカードローンは、最短1時間程度で契約まですすめるため、今すぐお金がいる場合でも対応可能です。

「でも、カードローンでお金を借りるのは印象がよくないからな」

たしかに、一昔前は消費者金融の過剰な取り立てのせいで、カードローンのイメージがあまりよくありませんでした。

しかし、現在ではカードローンに関する法整備もすすんでいるため、法外な金利を取られる心配もなければ、激しい取り立てが行われることもありません

より気軽に利用できるようになったため、すぐにどうしてもお金が必要な人は、ひとつの選択肢として是非検討してください。

役場に相談して公的制度の利用を検討

急な事故や離職などのトラブルでどうしてもお金が必要な人は、役場に相談することで「緊急小口資金貸付」を利用できる可能性があります。

この緊急小口資金貸付とは、貸付の条件を満たす人であれば10万円までの金額を無利子で借りられる制度です。

金額や借り入れ条件に制限はありますが、無利息で借りられる制度であるため、該当する人は是非検討してください。

「他にも役場から行える公的制度はあるの?」

役場をつうじて行える公的制度には他にも、「生活福祉資金貸付」や「母子父子寡婦福祉資金」などがあるため、一度役場に相談してみてください。

裏バイトはおすすめできない

即日でお金を稼げるものには、裏バイトと呼ばれる仕事もありますが、裏バイトはグレーゾーンや違法である内容のものも多いためおすすめできません。

特に女性向けの裏バイトに多い、アダルト系の仕事は、犯罪行為に巻き込まれる可能性が高いため、気軽に行うことは避けてください。

「裏バイトって具体的にはどのような仕事があるの?」

裏バイトという名前は正式な言葉ではないため、人によって定義が違いますが、女性向けの仕事で言えば、アダルトな内容が含まれるパパ活やJKリフレなどがあります。

また、パチンコの打ち子や銀行口座の売却、詐欺のお金の運び屋なども裏バイトとされることが多いです。

どの仕事も仕事自体に違法性があったり、仕事を行う上でリスクが高かったりするため、他のお金を調達する方法を選択してください。

まとめ

今回の記事のポイントは以下の内容です。

  • 即金アプリにも様々なタイプが存在する
  • お金の出金方法やお金を手に入れる方法を確認すること
  • 急いでお金が必要なときは、即金アプリ以外の方法も検討すること

様々な即金アプリを紹介してきましたが、別々の特徴があるため自分に合ったアプリを選ぶことが大切です。

また、後払いのアプリやお金を借りる場合には、計画的に行わないと返済時に困る危険性もあるため注意してください。

 5.0  (2)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (2)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談