クレジットカードで買って高く売れるもの一覧【危険性の説明あり】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

急にまとまったお金が必要になったけど、キャッシングはしたくない・・・

そんな時、手元にクレジットカードがあれば、これでなんとか捻出できそうな気がしてきますね。

ですが、実はこの方法は法的にも利用規約的にもグレーな方法です。

一応、高値で売れるものも紹介しますが、そこにある危険性についても同時に説明します。

両者を天秤にかけた上で、あくまでご自身の責任で行って下さい。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短30分・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

クレジットカードで現金化をする人がいる理由

世の中には、お金が必要になったときに調達するための方法がたくさんあります。

冒頭で少し触れたキャッシングはそんな方法の代表格ですし、銀行や消費者金で取り扱っているカードローンも、お金を用立てるためには非常に便利です。

それでもわざわざクレジットカードで現金化をする人がいる理由は、いったいなんなのでしょうか。

まず考えられるのは、キャッシングでお金を借りることを、漠然と「怖い」と思っているからでしょう。

特に消費者金融に対しては、あまり良くないイメージを持っている人も未だ多いです。

クレジットカードを利用してお金を調達できれば、怖い取引をせずともお金を得られる、と考えているんですね。

他にも、「クレジットカードの現金化以外の方法が利用できないから」という消去法的な理由で、現金化を行う人もいます。

キャッシングを利用するためには審査を受けなければなりませんが、申し込んでも審査落ちになってしまう人もいます。

いろいろな金融機関に申し込んだものの、すべて審査落ちになってしまい、頼れる方法がクレジットカードの現金化しかなくなってしまうこともありえるでしょう。

「お金が必要なら金融機関から借りればいいじゃない」と思う人は、上述したような人がいるということも、念頭に置いておいていただくといいですね。

現金化の流れ

クレジットカード現金化を行う場合の流れは、現金化業者を利用するかどうかで若干異なります。

現金化業者を利用する場合は、まずは業者が指定する商品をクレジットカードで購入します。

その後、その商品を現金化業者のところに持ち込んで、現金で買い取ってもらうという流れです。

現金化業者と対面でやり取りするのではなく、インターネット経由で取引する場合は、先にクレジットカード決済を行ってから、業者から現金の振込と商品の郵送が行われます。

現金化業者を利用しない場合は、自分で選んで購入した商品を金券ショップなどに持ち込んで、買い取ってもらうことになります。

ただ、この場合も利用するのが現金化業者か金券ショップかの違いはあるものの、おおまかな流れに関しては変わりません。

クレジットカードで高く売れるもの

現金化業者を利用する場合は、業者の指定した商品を購入すればいいので、何を買えばいいかで迷うことはありません。

ただ、業者を介さずに独力で現金化を行う場合は、高く買い取ってくれそうなものを選んで購入する必要があります。

そこで、現金化を行う際に高く売れそうなものを、いくつかご紹介します。

1.新作ゲーム機

毎年リリースされるゲーム機は、新作であれば高値で取引され、人気があればあるほど買取額は高価になります。

すぐに売り切れるものであれば、オークションで売ると、元値より高い値段が付くこともあります。

時間的に余裕があれば、試してみても良いでしょう。

デメリットは、買取店によって価格にばらつきがあること、時期を逃すと価格が一気に下落することです。

高いお店を探して、いくつか回ってみると良いでしょう。

2.ブランド品

シャネル・エルメスといった有名ブランドのバッグや財布は、根強い人気があり、高値で取引されています。

また、Gショックやロレックスといった時計のブランドも良いでしょう。

価格の低下が起こりにくく、換金目的だとバレにくいです。

デメリットとしては、総じて値段が高いこと、偽物を掴まされることがあること、人気や知名度など知識が必要なことです。

その分入ってくるお金も大きいので、ハイリスクハイリターンな方法だといえます。

関連記事をチェック!

180171view

意外と高く売れるもの31選【完全保存版】

「取りあえずお金が必要だから家にあるものを売ってお金に換えたい」と考えたときに、何が高値で取引されているのか、どこなら高値で売れるのか、を知っておくことは非常に重要です。 少しでも多くの...

3.Amazonギフト券

Amazonギフト券をクレジットカードで購入し、売却する方法です。

金額は15円~50万円の幅があり、オンライン上のみのデジタルタイプと、実際に券が送られてくる配送タイプの2種類があります。

デジタルタイプならweb上だけですぐにやり取りができ、即金を得ることができますが、売却の際には詐欺も多いので注意が必要です。

やはり対面でできる配送タイプが、時間はかかりますが安心感では勝ります。

手っ取り早くできる方法ではありますが、売る金券ショップは見極めたいところです。

4.新作iphone、スマホ

スマホ、特に新作のiphoneであれば高値で取引され、買取額も事前に調べられるので、いくら必要なのかわかっている時に便利です。

最近は格安simの影響で、au版とdocomo版、それにsimフリー版が特に高く取引されています。

デメリットとしてはゲーム機同様、時期により価値が下落することや流行に左右されやすいことでしょうか。

5.新幹線回数券はおすすめできない

みどりの窓口で買える新幹線回数券は、非常に換金率が良く、払い戻しもできて、現金化のポピュラーな手段でした。

しかし、あまりに多くの人が利用しすぎたので、現在はカード会社の目が厳しくなっています。

新幹線回数券を複数枚カードで購入すると、悪気もないのに利用停止になることもあります。

またJR側からも、払い戻しの際にカード会社の確認を取るよう言われたり、身分証明証の提示を求められたりすることがあります。

換金率の高いものを買い取っているのは?

クレジットカードの現金化で買い取りに利用されるものは、いずれも換金率の高いものばかりです。

その理由は、現金化業者も買い取った商品を利用して儲ける必要があるからです。

誰にも需要のないものを買い取ったところで、業者にとっては不良債権が増えるだけで、何の意味もありません。

たとえば定価の98%で売りに出せるものを、現金化利用者から定価の95%で買い取ることによって、差額の3%分は業者の利益になります。

このような仕組みが裏にあるため、現金化業者は換金率の高いものを中心に買い取っているのです。

クレジットカード現金化の危険性

クレジットカードの現金化は、本来であれば現金を得ることには利用できないショッピング枠を用いて、現金を得られる方法です。

これだけ聞くと魔法のような方法に思われるかもしれませんが、クレジットカードの現金化には危険性も潜んでいることを、知っておかなければなりません。

カードの利用規約に違反している

クレジットカードを作った際、利用規約に同意したことと思います。

正直多くの人が読み飛ばしていることかもしれません(かく言う筆者もそうでした…)。

実はそこに、「換金目的のショッピング枠の利用は禁止」としっかりと書かれているのです。

もしこれに違反すると、カードは強制解約になり、それまでの利用額は一括で請求されてしまいます。

カードの強制解約は、自己破産などと同じ金融事故情報として扱われますので、向こう5年間はローンの契約は一切できなくなります。

携帯電話の分割払いの契約も結べません。

それだけカードの換金目的利用はリスクのある行為ですし、カード会社も目を光らせています。

換金率の高い商品に関しては特に敏感で、換金の意図がないにも関わらず、商品を購入しただけで利用停止になったケースもあるようです。

関連記事をチェック!

4865view

現金がない時でもクレカショッピング枠の現金化はアウト【安全なお金の作り方を紹介】

「しまった!電車を乗り越したのに手持ちの現金がない!」「財布を落として公共料金払えない!」 そんな時、どうすれば良いのでしょうか? 今回は各シーンごとの対処法をまとめましたので、是非参考にしてくだ...

詐欺罪・横領罪に問われる可能性がある

カード払いで購入した商品は、実は返済が終わるまで名義はカード会社にあります。

クレジット払いとは、つまりカード会社の建て替え払いということです。

カード会社のお金で商品を購入したわけですから、カード会社が名義人というわけです。

それを返済することによって、名義人が自分に移ります。

クレカ現金化は返済前に商品を売ってお金を作る方法ですから、法律上だと他人のモノを売ったことになり、横領罪に問われる可能性があります。

また、「クレカ現金化は利用規約違反」という事実を知った上でお金を作る行為は、カード会社からお金を騙し取ったことと見なされ、詐欺罪に問われる可能性もあります。

このように、法的にもかなり危険な行為なのです。

万一払えなくなっても債務整理できない

キャッシング関連の最後の砦として、「債務整理」があります。

「債務整理」とは、借金が手に負えなくなったとき、裁判所の力を借りることで、借金を0にしたり、減らしてもらったりすることです。

これには「不免責事由」と呼ばれ、借金を作った理由によっては、債務整理できなかったり、制限が加わることがあります(破産法252条)。

クレカ現金化をするということは、借金がそれなりにある人もいらっしゃるはずですから、債務整理しにくくなるリスクも念頭に入れておかなければなりません。

関連記事をチェック!

4391view

自己破産しました

約25年前のことです。 以前、働いていたコンビニの店長をやめる際の清算、友人と会社を興す資金で消費者金融に借金を作ってしまい、債務が約500万円に膨らみ、支払い不能に陥り、取り立てから逃れるために、...

借金を帳消しや元金だけに減額する方法を大公開

高く売れる?業者の利用はやめたい

町を歩いていると、「クレカ現金化」と書かれた看板を掲げている業者を目にすることもありますね。

現金化業者はクレカの現金化を手伝ってくれるのですが、現金化業者を利用することは、正直あまりおすすめできません。

その理由について、説明していきます。

キャッシュバック方式は罪に問われた

現金化業者には、大きく分けて2種類のタイプがあります。

一つはこれまで紹介した、商品購入と売却を同一業者でやる「売却方式」。

もう一つは、価値のないただの商品を高値で買い、「キャッシュバック」という形でいくらか引いた額を返す「キャッシュバック方式」です。

この内、後者は2011年に「実質的には貸金業を営んでいる」と判断され、逮捕・有罪判決を受けた事例があります。

価値のない商品を媒介にしてお金を融通するという点が、商品購入の意図がなく、完全に最初から貸金目的だと判断されたのです。

そのため、このタイプの業者は減ってきていますし、有罪の判例があるため、罪に問われます。

売却方式も、個人の場合と変わらない

売却方式の業者に関しても、個人で売買をする場合と同様のリスクが生じます。

見かけ上は見分けがつかないのも事実ですが、金券など換金性の高い商品に関しては、カード会社の目が厳しくなっています。

また業者によっても、詐欺のところも多いです。

クレジットカードの番号を求められ、教えてしまい、その番号で決済されてしまった、という場合もあります。

十分に注意して下さい。

まとめ

クレジットカードの現金化は、利用規約違反や法的に罪に問われる可能性などを考慮すると、かなりグレーな方法です。

できればやめておいたほうが良いですが、どうしてもお金が必要で、他に方法がない場合は仕方がありません。

日払いバイトなど、クレカ現金化に頼らずともなんとかお金を工面する方法もあります。

以下の記事におすすめのバイトや今すぐお金を稼ぐ方法が紹介されていますので、ぜひそちらもご覧くださいね。

関連記事をチェック!

30894view

今すぐ即日即金で5,10万円必要な人が稼ぐ方法

この記事を読んでいる人は、すぐにでもお金が欲しいと考えてたどり着いたと思います。 即金で支払いが発生するときに、手元にお金がないということは大なり小なりほとんどの人が経験することで、この記事を書いて...

関連記事をチェック!

32693view

今すぐ1,2,3万円欲しい時に稼ぐ方法【どうしても必要】

クリスマスやバレンタイン、誕生日や結婚式など急に出費が必要な時はあります。 貯金があれば慌てずに済むのですが、先立つ物が無い時はとても慌てます。 そこで今回は「今すぐ1万円、2万円、3万円稼ぐには...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談