【スマホでお金を借りる】消費者金融・カードローンのアプリ

「今すぐ現金が必要になった」
「お金を借りるのに店舗や無人契約機に行くのは面倒」
このように考える人は、スマホアプリを使ってお金を借りてみてください。

消費者金融カードローンや銀行カードローンをはじめ、スマートフォン1台でお金を借りられるアプリが多くあります。利用するアプリによっては、最短即日融資に対応していたり、金利0円無利息期間サービスが適用されたりするなど、使い勝手も良いです。

当記事では、お金を借りられるおすすめのスマホアプリを紹介します。その他にスマホアプリでお金を借りるまでの流れ、スマホアプリでお金を借りるメリット・デメリットもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

すぐにお金を借りたい人におすすめ「消費者金融カードローンのスマホアプリ」

「今すぐお金を借りたい」と考える人におすすめなのが消費者金融カードローンの利用です。多くの消費者金融カードローンが最短即日融資に対応しているため、スマホアプリを使えば短時間で融資を受けられます。

消費者金融カードローンを利用すると、以下のように多くのメリットがあります。

【消費者金融カードローンのメリット】

  • 最短即日融資に対応していて融資を受けるまでの流れがスムーズ
  • 土・日・祝日も審査を実施していて利便性が高い
  • 金利0円無利息期間サービスを利用できる
  • 利用者のプライバシーに配慮した対応が可能(電話連絡・郵送物の送付なしなど)

この後に紹介する銀行カードローンと比べて上限金利が18.0%など、金利設定が高い点はデメリットになるでしょう。しかし、決められた無利息期間内に借りたお金を返済できれば、消費者金融カードローンを利用した方が総返済額を抑えられる可能性が高いです。

スマホアプリでお金を借りられる主な消費者金融カードローンは、以下の5社です。

【スマホアプリでお金を借りられる消費者金融】

  • プロミス
  • レイク
  • アコム
  • SMBCモビット
  • アイフル

各消費者金融カードローンの特徴を解説するので、見ていきましょう。

プロミス「アプリローン」

プロミスの「アプリローン」なら、申し込みや審査、借り入れといった手続きだけでなく、必要書類の提出などもアプリのみで完結できます。

また、最大金利が大手消費者金融カードローンの中で低く、無利息期間は初回利用時から30日間です。他の消費者金融カードローンのように、無利息期間の開始するタイミングが「契約時から」ではありません。

その他に、24時間365日いつでも最短10秒で指定口座に入金できる「瞬フリ」をはじめ、カードレスで借り入れが可能なスマホATMを利用できます。自宅への郵送物も一切なく、利用明細はWebで確認できます。

申込条件 ・18歳以上74歳以下の安定収入がある人※
・パート・アルバイトも可
金利(実質年率) 4.5~17.8%
最大融資可能額 500万円
審査にかかる時間 最短25分
融資までにかかる時間 最短25分
無利息期間 30日間
担保・保証人 なし

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
収入が年金のみの方はお申込いただけません。

プロミス

レイク「e-アルサ」

レイクの公式アプリ「e-アルサ」では、申し込み手続きから、確認書類の提出までの手続きが簡単に完結します。
また指紋認証を使ったログインが可能なので、カード番号を確認する手間を省けたり、第三者からスマホアプリの内容を見られたりする心配がありません。

レイクの最大のメリットが、無利息期間を選べる点。「30日間無利息」「Web申し込みで60日間無利息」「借入額の5万円までは180日間無利息」の3種類あり、他の消費者金融カードローンよりも長いです。

Webなら21時までのご契約手続き完了で最短25分融資可能です※。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間帯等を除く。

申込条件 ・満20歳以上70歳以下の国内に居住する人
・自分のメールアドレスを持っている人
・日本の永住権を取得されている人
金利(実質年率) 4.5~18.0%
最大融資可能額 500万円
審査にかかる時間 最短15秒
融資までにかかる時間 最短25分
無利息期間 30・60・180日間
※併用はできません
担保・保証人 なし

アコム「my ac」

アコムは24時間最短1分振込に対応(楽天銀行に口座を持っている人が対象)しています。また、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行に口座を持っている場合、時間帯によっては受付完了後最短1分で振り込んでもらえます。
「ATMに行く時間がない」といった人でも、スマホアプリから簡単に借り入れの手続きを行えるのは大きなメリットです。

融資まで最短30分、アコムを初めて利用する人なら30日間の無利息期間サービスが適用されます。

申込条件 ・18歳以上69歳以下の安定収入がある人
・パート・アルバイト申込可
金利(実質年率) 3.0~18.0%
最大融資可能額 800万円
審査にかかる時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短30分
無利息期間 30日間
担保・保証人 なし
アコム

SMBCモビット

SMBCモビットの公式アプリも、申し込みから書類提出などの手続きをアプリだけで完了できます。Web完結を選べば電話連絡や郵便物の発送なしにできると明言。基本的に自宅や勤務先へ連絡が入らないため、周りに気付かれないようお金を借りたい人におすすめです。
また、セブン銀行ATMなら、スマートフォンだけで24時間いつでも借り入れできます。

注意点として、SMBCモビットには消費者金融カードローンの多くで提供されている無利息期間サービスがありません。初回借入時から通常通り金利が発生します。

申込条件 ・満20歳以上74歳以下の安定定期収入がある人
・パート・アルバイト申込可
金利(実質年率) 3.0~18.0%
最大融資可能額 800万円
審査にかかる時間 最短30分
融資までにかかる時間 最短即日
無利息期間 なし
担保・保証人 なし
SMBCモビット

アイフル「ai-app」

アイフル公式アプリ「ai-app」を利用すれば、原則24時間セブン銀行ATMとローソン銀行ATMでカードレス取引が可能です。
また、アプリの「簡易申込」では、スマートフォンで運転免許証を撮影すれば名前や生年月日、住所などの情報が自動反映されます。面倒な手入力の必要がないのは、スマホアプリならではの機能といえるでしょう。

アイフルでは原則として、申込時に自宅や勤務先への連絡を行っていません。家族や勤務先にバレずにお金を借りたい人も安心して利用できます。

申込条件 ・20歳以上の安定収入がある人
・パート・アルバイト申込可
金利(実質年率) 3.0~18.0%
最大融資可能額 800万円
審査にかかる時間 WEB申込なら最短25分
融資までにかかる時間 WEB申込なら最短25分
無利息期間 30日間
担保・保証人 なし

金利を抑えたい人におすすめ「銀行カードローンのスマホアプリ」

金利負担を少しでも抑えたい人は、銀行カードローンのスマホアプリを検討してください。消費者金融カードローンよりも比較的低い金利が設定されているので、支払う利息を抑えられます。
ただし、銀行カードローンは最短即日融資に対応していなかったり、スマホアプリをダウンロードしても、その銀行の口座開設が必要な場合があるので注意が必要です。

また、全ての銀行カードローンがスマホアプリでお金を借りられるわけではありません。事前に利用したい金融機関の公式サイトにアクセスするなどして、対応可否を確認しておきましょう。

スマホアプリでお金を借りられる主な銀行カードローンは、以下の通りです。

【スマホアプリでお金を借りられる銀行カードローン例】

  • 楽天銀行
  • PayPay銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行

銀行によって特徴が異なるので、比較しながら自分が利用しやすいスマホアプリを見つけてください。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行の口座を持っていれば、楽天銀行アプリからカードローンに申し込めます。生年月日を入力して、本人確認書類を撮影するだけなので簡単です。楽天銀行の口座を持っていない人は、公式サイトにアクセスして「かんたん申し込み」から手続きを進めてください。

楽天グループのローンサービスの特徴として、楽天会員ランクに応じて審査優遇があるのも魅力です。また、入会特典で最大31,500ポイントの進呈をはじめ、その他にも不定期でポイントが進呈されるお得なキャンペーンを実施しています。

申込条件 ・満年齢20歳以上62歳以下の日本国内に居住する人
・外国籍の人は永住権または特別永住権を持っていること
・毎月安定した定期収入のある人または専業主婦
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられる人
※パート・アルバイト、専業主婦は60歳以下
金利(実質年率) 1.9~14.5%
最大融資可能額 800万円
審査にかかる時間 最短翌日
融資までにかかる時間 最短翌日

PayPay銀行カードローン

最大融資額が1,000万円と高いPayPay銀行カードローンは、PayPayを介してPayPay銀行からお金を借りる仕組みです。アプリのホーム画面から申し込み手続きを進めましょう。

PayPay銀行カードローンは、利用条件に普通預金口座の開設が含まれています。カードローンを申し込む前に口座開設をしておく、申し込みと同時に口座開設の手続きを行いましょう。
ただし、口座開設には時間がかかるため、申し込みと同時の場合はスピーディーな融資が難しくなる点に注意してください。

24時間365日いつでも取引が可能、さらに銀行カードローンの中では無利息期間を設けています。

申込条件 ・20歳以上70歳未満の安定収入がある人
・普通預金口座を持っている人
・審査基準を満たしている、かつ指定の保証会社の保証を受けられる人
金利(実質年率) 1.59~18.0%
最大融資可能額 1,000万円
審査にかかる時間 最短60分
融資までにかかる時間 最短翌営業日

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンも24時間365日来店不要、スマホアプリから申し込み・融資・返済などの手続きが可能です。融資や返済を行う際に、三井住友銀行各支店のATM、提携コンビニATMを利用すれば手数料0円で負担がかかりません。

スマホアプリからは、返済シミュレーションを行えたり、借入残高を確認できたりするなど、使い勝手が良いです。三井住友銀行の口座を持っていない人でも利用できるので、今すぐ申し込みたい人にも便利でしょう。

申込条件 ・満20歳以上満69歳以下の安定収入がある人
金利(実質年率) 1.5~14.5%
最大融資可能額 800万円
審査にかかる時間 最短翌営業日
融資までにかかる時間 最短翌営業日

三菱UFJ銀行「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、三菱UFJ銀行スマホアプリから24時間いつでも申し込み、必要書類の提出を簡単に行えます。また、スマホアプリには、借入診断・返済シミュレーションの機能もあるので、計画的な借り入れを判断する際に役立ちます。

三菱UFJ銀行に口座を開設していなくても申し込めるので、サービスに魅力を感じたタイミングですぐに手続きが可能です。

申込条件 ・20歳以上65歳未満の日本国内に在住する人
・安定収入のある人
金利(実質年率) 1.8~14.6%
最大融資可能額 500万円
審査にかかる時間 最短翌営業日
融資までにかかる時間 最短翌営業日

大手消費者金融や銀行以外におすすめのスマホアプリ

お金を借りられるスマホアプリは大手消費者金融や銀行だけではありません。以下のスマホアプリでもお金を借りられるので、ぜひチェックしてみてください。

【大手消費者金融・銀行以外のお金を借りられるスマホアプリ】

  • LINEポケットマネー
  • J.Score(ジェイスコア)
  • メルペイスマート払い

人工知能(AI)を活用するなど、大手消費者金融や銀行とは異なる基準で審査を行うスマホアプリも存在します。これまで審査落ちが続いた人もAIを活用した審査なら通過できる可能性があるのです。
フリーランスで活動している人をはじめ、若年層を中心に注目されているスマホアプリも増えています。

LINEポケットマネー

LINEポケットマネーは、トークアプリで知られるLINEが運営するスマホアプリローンです。申し込み手続きに審査、借り入れはLINEで完結。融資金はLINE Pay残高や指定口座への振込に対応しています。

消費者金融カードローンや銀行カードローンと異なる「LINE Score」という独自のAIスコアを用いて融資基準を決定。そのうち、LINEの利用頻度が高いユーザーなら、LINE Scoreが高くなる仕組みです。
スコアが高いほど審査通過が有利になったり、設定される金利が低くなったりします。

また、最大100日間支払利息キャッシュバックを実施しています。LINEポケットマネーを初めて利用する人なら、新規契約日から100日間に支払った利息がLINE Pay残高に後日キャッシュバックされます。

申込条件 ・20歳以上65歳未満の日本国内に在住する人
・安定収入のある人
金利(実質年率) 3.0~18.0%
最大融資可能額 300万円
審査にかかる時間 最短即日
融資までにかかる時間 最短翌日

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とSoftBankが提携運営するスマホアプリローン。アプリ内でさまざまな質問に回答し、その情報から信用力と可能性をスコア化します。AIアプリが算出したスコアによって融資条件が変わる仕組みです。

質問内容は「服を買う時には何を最も重視するか」「今後やってみたい趣味や習い事」など多岐にわたります。
消費者金融カードローンや銀行カードローンの審査基準が「現在の返済能力や信用力」なのに対し、J.Score(ジェイスコア)は将来を含めて審査通過可否を判断しています。

独自の審査基準を導入しているため、これまで他のカードローンの審査に通過できなかった人でも利用できる可能性があります。また、みずほ銀行やYahoo! JAPAN、ソフトバンク、ワイモバイルのユーザーならスコアアップにつながりやすい傾向があります。

スコアが600点以上で申し込みでき、融資までの手続きの全てをWebで完結できたり、最短即日融資にも対応していたりします。AIスコアの算出だけなら無料なので、どんなものなのか気軽に試してみてもよいでしょう。

申込条件 20歳以上、かつ日本国内に居住する人
金利(実質年率) 0.8~15.0%
最大融資可能額 1,000万円
審査にかかる時間 最短即日
融資までにかかる時間 最短即日

メルペイスマート払い

メルペイスマート払いとは、フリマアプリのメルカリの購入代金や実店舗で使った金額を翌月以降に後払いできる機能です。手元に現金がなくても商品の購入が可能、メルペイ残額へチャージする手間を省けます。

メルペイスマート払いを利用するためには審査通過が前提ですが、メルカリの販売実績に基づいて融資可否が決定。メルカリの利用頻度が高い人ほど優遇される可能性が高いです。

注意点として、18歳未満の人はメルペイスマート払いを利用できません。また、メルペイスマート払いの精算方法は以下の3つです。

【メルペイスマート払いの精算方法】

  • メルペイ残高・ポイント
  • 銀行口座振替
  • コンビニ/ATM

「コンビニ/ATM」を選ぶと手数料300円が発生します。手数料の負担を抑えたいなら、「メルペイ残高・ポイント」「銀行口座振替」で精算するのがおすすめです。

スマホアプリでお金を借りるまでの流れ

スマホアプリでお金を借りるには、審査に必要書類の提出、契約手続きなどを行わなければいけません。ここではスマホアプリでお金を借りるまでの流れを解説するので、事前に確認しておきましょう。

①スマホアプリのインストール
自分のスマートフォンにアプリをインストールしましょう。iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playに対応しています。

②スマホアプリから申し込み手続き
アプリをインストールしたら、申込フォームに申込者に関する情報を入力して、必要書類を提出(アップロード)してください。その後に、申込情報や提出書類をもとに融資可否を判断する審査を実施します。

③融資契約手続き
審査に通過したら、融資契約手続きを行ってください。その際に、設定された借入限度額をはじめ、金利、毎月の返済額に間違いがないかを確認しましょう。特に問題がなければ、契約手続きは完了です。

④借入開始
融資契約が完了したら、スマホアプリを使ってすぐに借り入れが可能です。借入方法は複数ありますが、スマホアプリから指定口座に振り込んでもらうのが一般的です。また、スマホATMに対応するローンサービスなら、対象のコンビニATMからも借り入れできます。

スマホアプリでお金を借りるメリット

スマホアプリでお金を借りるメリットは以下の通りです。

【スマホアプリでお金を借りるメリット】

  • スマホがあれば手続きが完結する
  • 24時間・365日カードレス借り入れが可能
  • 借金をした事実を周囲の人にバレにくい

それぞれのメリットについて解説するので、見ていきましょう。

スマホがあれば手続きが完結する

スマートフォンさえあれば、スマホアプリでお金を借りられます。「お金を借りる手続きに時間をかけられない」といった人にもおすすめの方法で、申し込みはもちろん、審査や借り入れに必要な手続きの全てをスマホアプリで完結できます。

新規で申し込む人も、店舗や無人契約機などへ行く必要はありません。手続きも簡単で時間もかからないので、通勤の電車の中やちょっとした隙間時間に手続きを済ませられます。

必要書類の提出もアプリからアップロードするだけです。わざわざコンビニエンスストアに出かけてコピーをとったり、郵送したりする手間も省けます。

24時間・365日カードレス借り入れが可能

スマホアプリなら、24時間・365日カードレスで借り入れが可能です。急にお金が必要になったとしても焦る必要はありません。振込融資をはじめ、コンビニATMや提携ATMなどを利用すればスムーズに現金を用意できるでしょう。

借金をした事実を周囲の人にバレにくい

借金をした事実を家族や勤務先などにバレる可能性が低い点も、スマホアプリでお金を借りるメリットといえるでしょう。スマホアプリなら、誰にも会わずに申し込み手続き、借入・返済などが行えたり、契約書類や利用明細書の送付なしにできたりするからです。

自宅に届いた郵送物が理由で家族に借金がバレる、無人契約機に来店しているのを誰かに見られるといったケースも避けられます。

スマホアプリでお金を借りるデメリット

スマホアプリでお金を借りるにあたって、メリットだけでなくデメリットもいくつか存在します。特に、以下の2点に注意して利用してください。

【スマホアプリでお金を借りるデメリット】

  • 気軽に借りられる特徴がゆえに借金が増えるリスクが高い
  • 圏外の場所やスマホの充電切れの状態では使えない

ただし、これらのデメリットを理解して利用すれば、大きなトラブルに発展しないでしょう。

気軽に借りられる特徴がゆえに借金が増えるリスクが高い

スマホアプリからの借り入れは利便性が高く、契約時に設定された借入限度額の範囲内で気軽にお金を借りられます。
スマートフォンがあれば、いつでもどこからでもお金を借りられるため、必要以上にお金を借りてしまうリスクが高いです。その結果、返済能力を超える借り入れをしてしまい、返済困難に陥る可能性もあるので注意してください。

毎月無理なく返済するために、計画的な借り入れをするのが大前提です。そこで、ぜひ返済シミュレーションを活用してみましょう。

お金を借りられるスマホアプリの多くで、返済シミュレーションを利用できます。借金額や金利などといった必要情報を入力すれば、完済までにかかる期間や毎月の返済額、支払う利息などを自動計算してくれるので便利です。

圏外の場所やスマホの充電切れの状態では使えない

スマホアプリを利用してお金を借りるには、スマートフォンが電波を受信できる状態なのが必須です。圏外の場所にいる、バッテリーの充電が切れている場合、スマホアプリでお金を借りられないので注意してください。

スマートフォンの利用状況によって、充電切れを起こすケースが少なくありません。不安な人は普段からモバイルバッテリーを持ち歩くとよいでしょう。

>>> 今すぐ15~20万円借りたい!どうしてもお金が必要な時に知るべき情報はコチラ

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事