今すぐ15万~20万円借りたい!今日中に借りる方法

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社から委託を受け広告収益を得て運営しております。

今すぐ15万~20万円借りたいなら手続きの早いカードローンが一番です。

特に大手消費者金融のカードローンは、審査が最短20分程度で完了しますので、即日での借り入れが可能です。

15万円の金額は、大手消費者金融にとっても絶妙な金額と言えるでしょう。

いきなり30万円借りたいとか50万円借りたいと言われるよりは、細かく刻んで15万円借りたいと申し込みされたほうが審査のウケがいいのです。

この人はきちんと計画を立てて、必要最低限のお金を借りる人だと思わせることができるからですね。

というわけで、このページでは大手消費者金融カードローンで15万~20万円を借りるためのポイントについて解説します。

【この記事はこんな人におすすめ】

  • 今すぐ15万~20万円借りたい場合の方法が知りたい人
  • 金融機関以外にお金を借りられるところが知りたい人

5分ほどで読み終えられる内容ですが「とにかく急いで借りたい」という人は、以下の公式を確認して申し込みましょう。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

目次

今すぐ15万~20万円借りたいなら大手消費者金融カードローン

冒頭で説明した通り、今すぐ15万~20万円借りたいなら大手消費者金融カードローンが断然おすすめです。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

大手ですから自動契約機もたくさん設置してあり、申し込みのために店頭まで行く必要もありません。WEBで申し込みから融資まで完了することができます。

振込キャッシングサービスを使えば、指定した口座にお金を振り込んでもらうこともでき、ローンカードを利用してATMから24時間借りることもできます。

無利息期間を使えば返済もお得

20万円借入6回返済で無利息サービスなら約3000円浮く

消費者金融の唯一のデメリットは、金利が高いことです。

銀行カードローンの上限金利は軒並み年14.5%前後なのに対して、大手消費者金融では年18.0%(プロミスは年17.8%)の金利が適用され、相対的に多めの利息を支払わなければなりません。

しかし、アコム、プロミス、アイフルの3社には30日間無利息サービスが用意されており、15万~20万円借りても30日間は利息が発生しないようになっています。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

今すぐ15万~20万円借りるための最低条件

今日中に今すぐ消費者金融からお金を借りるには、クリアしなければならない条件があります。こちらです。

  • 年収が45~60万円以上必要
  • 借入総額が年収の3分の1を超えていない

年収が45~60万円以上必要

年収100万円の借入限度額

貸金業法という法律によって、お金を借りられる限度額は年収の3分の1までという決まりがあります。つまりこういうことです。

  • 15万円借りたいなら年収45万円以上必要
  • 20万円借りたいなら年収60万円以上必要

参考元:貸金業法のキホン:金融庁

これは最低でもクリアしなければならない条件なので、年収を上回っていれば必ず借りられるというわけではありません。

15万~20万円借りるには「借入総額」が大きく関係します。現在他社から借り入れを行っている人は注意してください。

借入総額が年収の3分の1を超えていない

審査に落ちる借入件数

これも貸金業法で定められていることですが、他社からの借り入れがある場合、新たな融資を含めて年収の3分の1を超えてはなりません。

つまり、借金総額で年収の3分の1を超えてはならないということです。

ここで具体例を見てみましょう。

【気軽に申し込めるケース】
・年収99万円
・年収の3分の1の金額33万円
・他社借入額10万円
⇒ 残り23万円の枠があるため、15~20万円の借り入れなら気軽に申し込める
【審査に落とされる可能性が高いケース】
・年収99万円
・年収の3分の1の金額33万円
・他社借入額30万円
⇒ 残り3万円の枠があるが、15~20万円の借り入れは不可能
【気軽に申し込めるケース】
・年収210万円
・年収の3分の1の金額70万円
・他社借入額30万円
⇒ 残り40万円の枠があるため、15~20万円の借り入れなら余裕を持って申し込める

ここでいう借入総額や借金とは、住宅ローン、自動車ローン、ショッピングローンは含めません。
※スマホ本体代の分割購入を含む

クレジットカードのキャッシング、他社カードローンを含めてください。

「他社借入がない」「他社借入はあるけどまだまだ余裕がある」という人は、以下から公式サイトを確認して申し込んでみてください。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

今日中に15万~20万円借りられるタイムリミット

今日中に今すぐ借り入れする方法は、

  • 振込キャッシングで借り入れする方法
  • ローンカードを使ってATMから直接借り入れする方法

この2種類です。

今すぐ借りたいなら、必ず締め切り時間内に申し込みを完了させることが重要です。

振込キャッシング

借入最速の方法

振込キャッシングは審査に通ってから会員サイトにログインし、自分の口座にお金を振り込ませて借りる方法です。

土日や15時以降の振込に対応している銀行を利用すれば数分で振り込まれますが、基本的には平日でなければならず、申し込みは14時までに済ますことをおすすめします。

借り入れが初めてだと操作に手間取ることも考えておかなければなりません。

本人確認書類を画像にとってアップロードする手間を考え、できれば13時までに申し込みを完了させておくとよいでしょう。

WEB申し込みをしてから自動契約機で契約すると早い

安心して早く現金を借りる方法

振込キャッシングに時間的に間に合わない場合は、曜日に関係なく土日でも借入申込ができるインターネットやスマホの申し込みと、自動契約機の併用がおすすめです。

自動契約機を利用する時の流れを、以下に簡単にまとめました。

  1. インターネットやスマホで20時までに申し込みを完了させ、審査に通ったらすぐに自動契約機に行く
  2. 自動契約機で契約手続きを行う
  3. ローンカードを発行して、併設のATMやコンビニATMでお金を借りる

自動契約機ではオペレーターが丁寧に説明してくれるので、初めての人でも安心です。カードローンによって営業時間は異なりますが、一部を除いて元日以外は毎日21時までです。

契約後の手続きやローンカードの発行時間を考え、どんなに遅くても20時30分までには自動契約機ブース内に入りましょう。

誰かが自動契約機を使っているとその間待たなければいけないので、インターネットやスマホから申し込みを行い、20時頃までには自動契約機ブース内に行くようにすれば安全です。

また、自動契約機に行くときは必要になる書類があります。
この後説明するので、事前に確認して忘れずに持っていくようにしましょう。

指定口座を持っているとさらに便利

カードローンや振込先の銀行によって異なりますが、振込キャッシングは、24時間土日も銀行口座振込可能です。

例を出すと、アコムでは24時間、土日も銀行口座振込可能です。
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。

また、楽天銀行の口座宛てなら、0:10~23:49の範囲で振り込みを受けることができ、プロミスでは約200の金融機関で24時間365日振込を行っています。

これなら仕事が終わってからでも、余裕を持って振込キャッシングを利用できるでしょう

在籍確認ができなくても借りれる?

在籍確認が不安な時の消費者金融の選び方

カードローンの審査では、「申告した職場で本当に働いているのか」を確かめるために、職場に電話をかける在籍確認が行われます。

会社の就業時間後や土日の申し込みとなると、在籍確認ができない可能性が出てきます。

しかし、15万~20万円の金額は非常に絶妙であり、審査の内容によっては在籍確認を後日に回してくれる場合があります。

例えば年収が300万円以上あり、信用情報にキズがなく他社借入が全くない、仮にあったとしても10万円程度だと、審査がスムーズになります。

年収が300万円だと、総量規制の該当額は100万円です。※総量規制とは、年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する法律

そこで他社借入が10万円あったとしても、総量規制の枠は90万円残っているわけです。

場合によっては、とりあえず書類の提出で在籍確認を暫定的に終わらせておき、後日電話での正式な在籍確認を行うこともできるようです。

ただし、誰でも書類を使って在籍確認ができるわけではなく、審査の内容次第です。

申し込んだ後に折り返し電話かかってくるオペレーターに、在籍確認を書類で済ますことができないか相談してみてください。

関連記事をチェック!

12694view

アイフル、電話の在籍確認なしで借りられたwwこっそりキャッシングする方法

早速ですが結論から失礼します。 私(スタッフA)がアイフルに申し込んだところ、職場への電話連絡、つまり、電話による在籍確認なしでお金を借りることができました。 なぜ職場への電話連絡なしでお金を借り...

アイフルのロゴ

SMBCモビットのWEB完結は電話連絡なし

SMBCモビットでは、以下の2つの条件を満たしている場合に限り、WEB完結という方法で申し込みを行えます。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている
  • 社会保険証もしくは組合保険証を持っている

WEB完結は名前の通り、全ての手続きがWEB上で完結し、職場に電話連絡がかかってくることがありません。

電話での在籍確認が難しい人や職場に電話をしてほしくない人で条件を満たしている場合は、利用を検討してみましょう。

今すぐ15万~20万円借りるための必要書類

今すぐ15万~20万円借りるために必要な書類はそれほど多くなく、最低限本人確認書類があればOKです。

次のうちいずれか1点があれば、本人確認書類として利用できます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 写真付きのマイナンバーカード

最も審査が早いのは運転免許証です。
免許証さえあればすぐに審査を行ってもらえます。

保険証でも本人確認書類として利用できますが、追加書類を添付しなければいけません。
例えば、電気・ガス・水道などの公共料金の請求書や領収書、または住民票です。

ただし、運転免許証やパスポートの住所と現住所が一致しないと、今すぐ15万~20万円は借りれなくなってしまいます。

うっかりして免許証の住所変更をしていない場合は、申し込みをする前にオペレーターにその旨を伝えて相談してみてください。

審査の内容によっては収入証明書が必要

他社借入が全くないのであれば、収入証明書は必要ありません。
しかし、他社借入があって以下の条件に該当する場合は、収入証明書を添付しなければいけません。

  • 他社借入金額との合計が100万円を超える場合
  • 他社の借入残高と今回借りる15万~20万円の合計額が100万円を超える場合

収入証明書とは、名前の通り収入を証明する書類で、主に以下のものが当てはまります。

収入証明書の一例

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書直近2ヶ月分+ボーナス時
  • 市県民税納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(自営業者)

年末になると会社から渡される源泉徴収票や毎月の給与明細書を保存している人は、特に心配をする必要はありません。

給与明細や源泉徴収票を捨ててしまった人でも、会社に頼めば再発行してもらえます。

もし再発行を頼みづらい場合は、借入申込が午前中または午後の早いうちなら、市区町村役場から所得証明書を取得できます。

しかし、土日や平日の役場閉庁後の申し込みになると、今日中にお金を借りられなくなってしうので、気を付けてください。

関連記事をチェック!

29468view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

銀行は今日中に借りられない

急ぎで借りるなら銀行カードローンより消費者金融が最善

消費者金融と同じく銀行でもカードローンを利用できますが、銀行カードローンは審査時間が遅く、数日かかることもあります。

以前は銀行カードローンの中にも、消費者金融並みの融資スピードを誇っているところがいくつもありました。

しかし、2018年に銀行カードローンの審査に対する規制が強化され、警察データ照会を行わなければならなくなってしまったのです。

データ照会の結果が返ってくるのは早くても翌日なので、実質的に銀行カードローンでは即日融資は行えなくなったというわけです。

「2,3日は余裕がある」という人は銀行カードローンでも問題ありませんが、今日中に借りたいのであれば大手消費者金融のカードローンを選びましょう。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

15万円返済シミュレーション

繰上げ返済の有効性

15万円を借りて分割返済することを考えると、毎月どのくらいの返済額で返済期間はどのくらいなのか、気になるところです。

プロミスで15万円を借りると、最低返済額は毎月5,400円の36回払いです。15万円借りても毎月のこれくらいで済むのは助かります。

しかし、月々の返済額が少なければ返済期間が長くなり、利息を含めた総支払金額も多くなってしまいます。

例えば、毎月5,400円の36回払いだと利息は4万4,669円ですが、返済額を1万円にすれば利息は2万916円に抑えられます。

お金に余裕があるときや臨時収入が入ったときは、ATMから随時返済することで元金分を効率よく減らせます。

毎月の支払いと随時返済を併用すれば、さらにお得に借りられるでしょう。

消費者金融以外から借りる方法を紹介

ここまでは、消費者金融からお金を借りることを中心に話を進めてきましたが、お金を借りられるのは消費者金融だけではありません。

生命保険の契約者貸付や質屋など、お金を借りられる手段はあるものです。

生命保険の契約者貸付を利用する

契約者貸付の特徴

生命保険の契約者貸付は、保険を解約した際の解約返戻金を原資として融資を受けられる制度です。

保険を契約している期間によって解約返戻金の金額も変わりますが、15万~20万円程度であれば十分借りられるでしょう。

保険会社によっては、申し込んだその日の融資には対応していないこともあるので、申し込む前に確認しておくのが賢明です。

質屋で質入れする

質入れの特徴

質屋では、利用者が持ち込んだものの価値に応じた金額の融資を受けられます。

15万~20万円を借りようと思うと、ブランド物のバッグや時計などをいくつか持ち込まなければいけないので、人を選ぶ方法になるかもしれません。

ただ、質屋で借りたお金を返済できなかったとしても、質屋に預けたものが質流れになるだけで、それ以上のペナルティはありません。

返済のことを気にすることなくお金を借りられる場所として、質屋は優秀といえるでしょう。

質入れの利息に要注意

質屋でお金を借りる場合は利息に気を付けなければいけません。一般的に消費者金融よりも多くの利息がかかるので損をします。

分かりやすくするために要点を下記表にまとめました。横にスライドできます。

上限金利借入額の制限収入証明書の提出信用情報の確認
質屋年109.5%なし不要なし
消費者金融年20.0%年収の3分の1まで50万円以上の借入もしくは借入総額が100万円を超える場合あり

 

上表で注目したいのが上限金利で、質屋は消費者金融の5倍以上高いです。近年質屋の利息が下がってきているとはいえ、まだまだ高いのが現状でしょう。

また、消費者金融などの貸金業者が年利表記であるのに対し、多くの質屋は月利表記です。
これらを解説すると長くなるので「質屋で月利2%の借り入れは、消費者金融よりはるかに利息が高い」と覚えておきましょう。

2~3日以内なら15万~20万円借りられるところは多い

「今すぐ」という縛りが「2~3日以内」になるのであれば、15万~20万円を借りられるところはさらに増えます。

即日融資には対応していない銀行カードローンでも、2~3日以内であれば融資を行えるところも多いので、カードローンの選択肢がさらに広がります。

銀行以外に信用金庫のカードローンなどの中にも、2~3日で融資可能なものは存在します。

このように、「今すぐ」と言われると選択肢は狭まってしまいますが、「2~3日以内」であれば選択肢の幅が広がるので、自分に有利な条件のものを選べます。

突発的にお金が必要になった場合はどうしようもありませんが、数日以内にお金を調達したい場合はギリギリまで何もしないのではなく、できるだけ早めに手を打つことが肝心です。

まとめ

お金を借りる方法は世の中に数多く存在しますが、今すぐ15万~20万円借りたいのであれば、以下の理由で大手消費者金融が最適です。

  • 今日中に借りられる
  • 少額なら無利息期間を利用して利息が抑えられる

自動契約機を利用すれば22時までカードの発行ができ、カード発行後はほぼ24時間ATMから借り入れが可能です。

カードローンの契約のためには身分証明書や収入証明書が必要なので、契約前にしっかり準備しておきましょう。

基本的には在籍確認が行われますが、申し込み後に相談すれば会社への電話以外の方法で在籍確認をしてもらえるかもしれませんし、SMBCモビットのWEB完結には電話連絡がありません。

15万~20万円の借り入れなら毎月の返済はそれほど高額にはなりませんが、返済が長引くほど利息は大きくなるので、できるだけ早めに完済することが重要です。

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<

消費者金融から15万~20万円を借りた人の100人アンケート結果

■調査概要
アンケート内容:15万~20万円を消費者金融から借りたことがある方へのアンケート
調査期間:2023年2月9日~2023年2月15日
調査エリア:全国
サンプル数:100

■調査結果の概要

  • 利用者の年齢層は「30~34歳」が最も多く、30~39歳で43%を占める
  • 利用者の男女比は「男性」が78%
  • 利用者の雇用形態は「正社員」が最も多い61%、次いで「自営業・役員」が17%
  • 利用者の年収は「500万円以上」が最も多い25%、次いで「300~399万円」が24%
  • 利用者の完済期間は「~1年」が最も多い25%、1ヶ月~1年以内に完済する人の割合は66%
  • お金を借りた理由で最も多いのが「娯楽」の17%、次いで「生活費の補填」が16%
  • その消費者金融を選んだ理由で最も多いのが「大手で信頼性が高いから、テレビCMで見たことがあるから」で32%
  • これから初めてお金を借りる人へのアドバイスで最も多いのが「利用・返済の計画を立てた方がいい!」の40%

年齢を教えてください(選択式)

15万~20万円を消費者金融から借りた人の年齢層

利用者の年齢層は「30~34歳」が最も多く、30~39歳で43%を占めます。上位4つは30~49歳で全体の75%となりました。

消費者金融は働き盛り世代に多く利用されていることが分かります。

上記グラフが見づらい場合は以下の表をご覧ください。

年齢割合(サンプル数:100人)
30~34歳25%
40~44歳23%
35~39歳18%
45~49歳9%
50~54歳8%
25~29歳7%
55~59歳5%
20~24歳3%
60代2%

性別を教えてください(選択式)

15万~20万円を消費者金融から借りた人の性別

男女比は男性78%、女性22%です。

男性の利用者が多いことはイメージしやすいかもしれませんが、約2割ほどの女性もピンチの時に消費者金融を活用していることが分かります。

雇用形態を教えてください(選択式)

15万~20万円を消費者金融から借りた人の雇用形態

消費者金融利用者の雇用形態では正社員が61%を占め、次いで自営業・役員が17%です。

収入が低いと思われるパート・アルバイト、契約社員、派遣社員、の合計が19%となりました。

上記グラフが見づらい場合は以下の表をご覧ください。

雇用形態割合(サンプル数:100人)
正社員61%
自営業・役員17%
パート・アルバイト10%
契約社員5%
派遣社員4%
公務員2%
学生1%

年収を教えてください(選択式)

15万~20万円を消費者金融から借りた人の年収

利用者の年収は「500万円以上」が最も多い25%、次いで「300~399万円」が24%となりました。

国税庁が公表しているデータでは給与所得者の1人当たりの平均給与が461万円ですが、それ以上の収入を得ている人でも消費者金融を利用していることが分かります。

上記グラフが見づらい場合は以下の表をご覧ください。

年収割合(サンプル数:100人)
500万円以上25%
300~399万円24%
200~299万円19%
400~499万円19%
100~199万円9%
~99万円4%

完済(全額返済)までの期間(選択式)

15万~20万円を消費者金融から借りた人の完済までの期間

完済期間(全額返済までにかかった期間)は「~1年」が最も多い25%で、1ヶ月~6ヶ月以内に完済する人の割合は41%、1ヶ月~1年以内に完済する人の割合は66%となりました。

消費者金融では最低返済額が設定されるケースが多く、繰り上げ返済をしなければ長期間の返済が続き、元金が減りづらいのが実情です。元金が減りづらいということは利息を多く払ってしまうということです。

多くの人がそれらのことを意識して繰上げ返済を実施していることが分かります。

上記グラフが見づらい場合は以下の表をご覧ください。

完済にかかった期間割合(サンプル数:100人)
~1年25%
~6ヶ月17%
~3ヶ月14%
~1ヶ月10%
~5年8%
返済がまだ終わっていない7%
~2年6%
~3年4%
10年以上3%
~10年3%
~4年3%

15万~20万円を消費者金融から借りた理由(記述式)

15万~20万円を消費者金融から借りた理由

お金を借りた理由で最も多いのが「娯楽」の17%、次いで「生活費の補填」が16%となりました。こちらは記述式のアンケート結果をまとめたものですが、「生活費の補填」にはクレジットカード支払い分の補填も含まれています。

また、「トラブルへの対処」には、交通事故、裁判費用や示談金などが突発的に生じたものへの支払いが含まれています。

人それぞれ多種多様な使い方をしていることが分かります。

上記グラフが見づらい場合は以下の表をご覧ください。

借りた理由割合(サンプル数:100人)
娯楽17%
生活費の補填16%
趣味11%
その他8%
引っ越し費用6%
車検・自動車購入費用5%
トラブルへの対処5%
交際費5%
冠婚葬祭4%
医療費4%
資格取得・学習費用3%
売上減少等による生活費の補填3%
投資資金2%
旅費2%
免許取得2%
借金の返済補填2%
結婚のための準備資金2%
ペット関連費用1%
学費1%
探偵の調査費用1%

その消費者金融を選んだ理由・決め手(記述式)

15万~20万円を借りる際にその消費者金融を選んだ理由・決め手

その消費者金融を選んだ理由で最も多いのが「大手で信頼性が高いから、テレビCMで見たことがあるから」で32%、次いで「生活圏に契約機や店舗があったから」が22%となりました。

なお、テレビCMが流れていることに信頼を寄せる声が非常に多かったことからまとめて集計しています。

上記グラフが見づらい場合は以下の表をご覧ください。

その消費者金融を選んだ理由割合(サンプル数:100人)
大手で信頼性が高いから、テレビCMで見たことがあるから32%
生活圏に契約機や店舗があったから22%
無利息サービスや金利が魅力的だったから12%
審査がスムーズだと思ったから9%
融資スピードが速いから7%
不明6%
親族・友人・知人が実際に借りていたから6%
ネット上の評価が良かったから4%
周りにバレたくなかったから2%

最後にアンケートにご協力いただいた方々から、「これから初めてお金を借りる人へのアドバイス」をお届けします。経験者からの有益な情報なので、借り入れ前にぜひ参考にしてみてください。

これから初めてお金を借りる人へのアドバイス(記述式)

これから初めてお金を借りる人へのアドバイス

これから初めてお金を借りる人へのアドバイスで最も多いのが「利用・返済の計画を立てた方がいい!」の40%となりました。

具体的なアドバイスでは「借入額は最小限にとどめた方がいい!」の18%が目立ちます。

上記グラフが見づらい場合は以下の表をご覧ください。

アドバイス割合(サンプル数:100人)
利用・返済の計画を立てた方がいい!40%
借入額は最小限にとどめた方がいい!18%
各社サービスをよく比較した方がいい!11%
繰上げ返済をした方がいい!9%
大手で借りた方がいい!3%
一ヶ月で一括返済した方がいい!3%
親族・友人から借りた方がいい!3%
不明3%
借りる前に「本当に必要な借金なのか」自問自答してほしい!3%
日々のお金の使い方を見直した方がいい!2%
相談相手を見つけるといい!1%
WEB完結できる業者から借りた方がいい!1%
コンビニATM利用時は手数料がとられるのでまとめて返した方がいい!1%
一度借りたから返済し終わるまで借りない決意が大切!1%
ネット上で評価が良いところから借りた方がいい!1%
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

融資残高、口座数と共に業界ナンバー1
アコム
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額1万~800万円
審査時間最短20分※₁
融資速度最短20分※₂
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アコム㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 融資残高、口座数と共に業界ナンバー1!
  • WEB契約可能!
    最短20分の審査と即日振込も可能!
  • HPの「3秒診断」で、
    融資の可否を事前シミュレーションできる!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁夜間のお申し込みですと審査回答が翌日となる場合がございます。
※₂お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
借入のすべてでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事