馬でも分かる!元貸金業の馬たちが解説「借入のすべて」

アイフルのお自動さんとは?

 0.0  (0)
この記事を評価する+ 評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

チワワや超能力者といったように、ひと目見ただけでも印象に残るcmが多数あるアイフル。

その中でも際立って強烈なcmがあります。それはお地蔵さんをモチーフにした「お自動さん」というキャラクターが出てくるcm。

この「お自動さん」という名前は当時のアイフルの自動契約機の愛称として使われており、この名前のインパクトからアイフルの自動契約機の存在を広く知らしめることになりました。

しかしこの「お自動さん」という名前は最近は聞くことがありませんよね。そのためアイフルは自動契約機を廃止してしまったの?と疑問に思う人もいるかもしれません。

そこで今回はアイフルがまだ自動契約機を稼働させているのか、またもしそうならアイフルからお金を借りる際に気をつけるべきことをまとめてみました。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%、最短1時間1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

cmで有名?アイフルのお自動さん

大手消費者金融のアコムが1993年に「むじんくん」の名称で無人契約機を導入して以降、その人気から他社も無人契約機を積極的に導入していきました。

そしてアイフルもその流れに乗って無人契約機「お自動さん」を導入したのでした。

無人契約機が流行った理由としては、無人契約機ならお金を借りることが他人に知られる可能性が低いことや、対面審査を行わずに借りれる手軽さがうけたためといわれています。

実際に無人契約機を最初に導入したアコムでは新規顧客数が前年度と比べて20万人ほど増え、競合他社もアコムに新規顧客を全て持って行かれるという危機感の下で無人契約機を積極的に導入していったのでした。

ただ消費者金融業界はその後、過剰な取り立てや過払い金の問題が社会問題となり消費者金融のcmが自粛されるようになると、無人契約機の愛称も耳にするきかいが減っていきました。

また、現在ではインターネットやスマホからも申し込めるようになった事も、自動契約機の影が薄れさせたのではないでしょうか。

さてアイフルの自動契約機ですが「お自動さん」の名前を聞くことはほぼなくなりましたが、自動契約機それ自体はまだ稼働しています。

ですから自動契約機を利用してアイフルからお金を借りることは可能です。

アイフルから借りるには

さて自動契約機を使ってアイフルからお金を借りることができるということを確認しました。

ただ、アイフルからお金を借りたいけどやり方がわからないという人もいるかもしれないのでその流れを簡単に追っていこうと思います。

最初にすべきことはアイフルに申込みをすることです。

申込の方法としては

  • インターネット
  • 店舗
  • 契約ルーム
  • 電話

があげられます。

人にバレる危険性を出来る限り少なくしたいのでしたらインターネットからの申込みが一番いいでしょう。

またアイフルからお金を初めて借りるので不安というのでしたら、他の3つの方法を選ぶことがおすすめです。

この申込みが通過すれば振込キャッシングでお金を借りることができます。

ただ振込キャッシングは14時までなので、それ以降になってしまいますと自動契約機でカードを発行してもらってATMからお金を借りることになります。

これがアイフルから借り入れするための簡単な流れです。

アイフルからの借入れの流れについてより詳しく知りたいのでしたら以下の記事を参考にしてください。


関連記事をチェック!

【馬三郎が】アイフルに申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 また一つ新たにカードローンの申し込みを行ったのでその紹介をしたいと思います。 今回私が申し込んだのは、チワワのテレビCMがいまだに記憶に残るあの会社、「アイフル」で...

アイフルから借りる際に気をつけること

さて、アイフルからお金を借りるのいでしたら次のことに気をつけましょう。

アイフルに申し込む際に、以下の3つのことを注意しておかないと審査に落ちる危険性が高まります。

  • 他社借入数
  • 虚偽申告
  • 金融事故

早速ですが、この気をつけるべきことを詳しく見ていきましょう。

他社借入れ数

他社からの借入れ数が多い場合ですと、アイフルからしてみれば貸し倒れの危険性が高いと判断するには十分な理由になりえます。

ですので、アイフルからお金を借りたいのであれば他社からの借入れは2件までに抑えておくと審査落ちの危険性は減らすことができます。

ただし自身の年収が多ければ3社から借り入れしていても審査に通る可能性があります。アイフルとしては返済見込みのある人には貸付を行いたいと考えています。

ですから総量規制の枠が必然的に高くなる年収が高い人でしたら、返済能力も高いということで他社借入れが3社の場合でも借りれる場合があります。

ですが、アイフルから借りれる可能性を高めたいと考えているのでしたら他社借入れは2社以内に収めておくのが賢いといえるでしょう。

もう少し詳しく知りたいのでしたら以下の記事が参考になります。

関連記事をチェック!

アイフル審査は他社借入があるとどう影響するか

アイフルは他社借入があっても審査に通るのか。どうしても新規にアイフルに申し込まなければならない人にとって大問題です。 カードローンは使い勝手が良くいつでも借りることができるため、借りすぎてしまい...

虚偽申告

次に気をつけるべきことが「虚偽申告」です。

アイフルの審査にどうしても通りたいということで、年収を実際のものより高くしたり、他社借入れ件数を少なく記入しようと考えている人もいるかもしれません。

ですが他社借入件数は信用情報期間に登録されているので、虚偽申告をしてもアイフルにはバレます。そして、虚偽情報で申し込む人は信頼できないということで審査落ちの危険性が跳ね上がることになります。

また年収も源泉徴収票や給与明細を提出するので、これも虚偽申告していた場合ですと審査落ちの危険性が高まります。

審査に通りたいからといって虚偽申告をすると逆に落ちるリスクが上がるので、正直に申告することをおすすめします。

金融事故

最後に気をつけるべきこととしては過去に金融事故を起こしていないかです。

ここで言う金融事故とは自己破産や任意整理、三ヶ月以上の滞納をさします。

こうした過去がある人はアイフルからしてみれば貸し倒れの危険性が高いのではと疑ったり、貸付はなるべくしたくないと判断されやすいです。

ただアイフルは消費者金融会社の中でも独自の審査を行うことで有名です。

なので過去に金融事故を起こしていても、現在はしっかりと返済能力があるとみなされれば借りれる可能性は十分にあります。

しかし、申込み内容によっては現在返済能力が合っても審査に落ちる可能性はあります。ですから過去に金融事故を起こした人はアイフルに申し込む前に電話をして相談するのがいいと思います。

アイフル

アイフルに無人契約機はない?

まずは大事なことを伝えておきましょう。

どうやら「アイフル 無人契約機」と検索する人が多く、この記事のタイトルにも「アイフル無人契約機」と書いていますが、実はアイフルに無人契約機は有りません。

無人契約機というと銀行のATMのような大きな機械を想像すると思いますが、皆さんが考える無人契約機はアコムやプロミスに設置されている物であり、アイフルでは以下の3つを使って契約を進めます。

  • 電話
  • スキャナー
  • ローンカード発行機

しかし、無人契約機で行うことは「オペレーターとのやり取り」、「書類の提出」、「ローンカードの発行」の3つだけです。

上記の3種類の道具があれば行えますので、わざわざ無人契約機を設置する必要はないという考えなのかもしれません。

おそらく無人契約機を設置するよりもかなり費用が抑えられるのではないでしょうか。

そのため、アイフルの公式サイトでは「無人契約ルーム」という風に表現されていますが、このページでは分かりやすいように無人契約機と記載して説明を行いました。

この記事は参考になりましたか?

  • NO
    0
  • YES
    0

コメントを投稿できます (金貸しのプロに相談できます)

    サブコンテンツ

    皆に選ばれているカードローン

    プロミス
    アイフル
    アコム
    新生銀行カードローン レイク

    特徴で選ぶカードローン

    カードローン探してみる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    関連する記事

    おすすめ記事

    条件で探す
    閉じる

    カードローン検索

    最高借入限度額
    最短審査時間
    最短融資速度
    特徴で選ぶ
    ※複数選択可能
    金融機関で選ぶ
    ※複数選択可能
    職業で選ぶ
    利用可能なコンビニATM
    ※複数選択可能

    カードローン申込体験談