銀行借入の実績とは?実績作りのメリットとポイント

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

銀行から借入する為の実績作りとは

銀行から借入する為の実績作りとは

銀行から借入するときに重要となるのが、借入したい銀行と取引をしているのかということですが、なぜその銀行と取引をしているということが重要となるのでしょうか。

お金を貸す側の銀行としては、これまで全く取引のない個人または法人がお金の面できちんとしているのかどうかというのは把握することが難しくなりますし、法人に至ってはどのような業績であり今後どのような状況になっていくかがわかりません。

既に取引があるということは通帳の履歴などからお金に対してきちんとしているのかが把握することが出来ます。

法人においては決算書などから業績の推移や取引している業者との繋がりも把握することが出来る為、融資の審査をする場合においては全く取引のない場合と比べると審査でメリットを得られる可能性が高くなります。

ここでは主に法人の借入における実績作りについて詳しく解説していきますが、法人における実績には大きく分けて「預金の取引実績」と「融資の取引実績」があります。

預金の取引実績となる取引とは、以下のようなものがあります。

  • 当座預金
  • 普通預金
  • 定期預金
  • 定期積金
  • インターネットバンキング
  • 給与振込

これらの預金取引を初めて契約した日のことを「預金取引開始日」といい、預金取引開始日も預金の取引実績となります。

次に融資の取引実績となる取引とは、当座貸越契約(法人カードローン)、手形貸付、割引手形、証書貸付が該当し、預金の取引実績と同様に初めて融資取引を開始した日を「融資取引開始日」といい、融資の取引実績となります。

また、代表者の取引実績も重要となり、代表者個人の預金取引と融資取引の有無や取引の多さによっても審査でメリットとなる可能性があります。

実績作りのメリット

実績作りのメリット

預金の取引実績と融資の取引実績があるとどのようなメリットがあるかといいますと、まず1つ目は借入申込みの為に準備しなければならない書類が少なくなることと借入までの期間が短縮されることです。

申込みの為に準備しなければならない書類で必ずといっていいほど必要なのが「決算書」となります。

既に融資取引をしている場合には決算書を銀行側が保管している為、提出していない最新の決算書がある場合を除いては改めて決算書を提出する必要はないことから準備する書類が少なくなるということです。

また、事前に提出しているということは銀行において分析(粉飾の有無など)やランク付けなども行われています。

そのため精査などの特に時間がかかる部分が短縮されることから借入までの期間が短縮されます。

2つ目のメリットは、その銀行をメインとして使っている場合には一時的な業績の落ち込みや多少の業績低迷のときでも融資をしてもらえる可能性があるということです。

基本的に銀行は業績の落ち込みや業績低迷のときには融資が厳しくなります。

しかし普段からメインとして使ってもらっている法人が業績低迷ともなればある程度のリスクを取ってでも融資をして業績回復のきっかけを作る為の支援を積極的に行います。

銀行としてもメイン取引先である法人がなくなり、貸し付けた資金が回収できなくなることは避けなければならないことです。

ある程度のリスクを取ってでも支援したいと銀行側に思わせておくことが重要となります。

法人の取引実績のポイント

法人の取引実績のポイント

法人の場合も個人の取引実績とさほどかわりません。

しかし、預金の取引実績において事業で得る売上代金の振込先に指定することや当座預金の取引、従業員の給与振込をその銀行で振込をするなど、事業活動における資金の流れをその銀行でどれだけ行っているかがポイントとなります。

融資の取引実績については、資金繰りに余裕があって本来であれば借入をしなくても良いようなときにあえて借入をして融資の取引実績を作ることがポイントです。

少額で短期間の借入でも良いので、そこで借入の実績と返済の実績を作っておくことが重要となります。

また、あらかじめ時間がかかってしまう手続きなどをしておくことによっていざ本当に借入したい時には比較的スムーズに進めていくことが出来ます。

資金繰りに余裕があるときにあえて借入をするということは実績を作る為の時期としては最適な時期といえます。

個人の取引実績のポイント

個人の取引実績のポイント

個人の場合、預金の取引実績では給与振込の受取りや年金の受取り、公共料金の引落しがあれば生活に係わる収入と支出が把握できる為、審査を優位にすることが出来ます。

また、給与や年金、公共料金はほとんどの銀行で金利引き下げの条件になっていることから、まずはこれらの取引実績を作ることがポイントとなります。

融資の取引実績では、住宅ローンを借入しているというだけで大きなプラス要素となりますが、実績作りの為に住宅ローンを借入するということはまずありませんので、融資の実績作りはカードローンを契約しておくというのが最適です。

カードローンは契約したとしても借入さえしなければ返済することもないですし、契約しておくだけで融資の取引実績になりますので、実績を作っておく為であればカードローンが1番良いです。

また、カードローンも金利引き下げの条件としている銀行が多い為、まずはカードローンを契約することが融資取引実績を作る上でのポイントとなります。

個人の融資においては取引実績が良好な人の時には保証会社の審査に落ちた場合でも再審査の依頼を銀行が保証会社に対してすることもある為、できるだけ多くの取引をしていた方がメリットが多くなります。

関連記事をチェック!

1049view

個人事業主が三井住友銀行ビジネスローンを利用する方法

個人事業主が銀行から融資を受けたい場合、メガバンクの三井住友銀行から融資を受けたいと考える人が多いかもしれません。 しかし、個人事業主が三井住友銀行から直接事業資金の融資を受けることは難しいです。 ...

関連記事をチェック!

1710view

簡単に融資を受けやすい銀行はどこ?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 初めて利用するときには、一体どこの金融機関に申込みをすればいいのか基準が分からないものです。 ...

まとめ

銀行から借入する為の取引実績は、その銀行をいかに普段から使っているかということで、法人の場合は特に書類の簡易化や借入までの期間短縮に大きな違いが産まれます。

業績が厳しくなってしまったとしても支援をしてくれる可能性が高くりますし、個人の場合には融資の種類によって融資の契約までに該当の預金取引をしてもらえれば金利の引き下げを行うものもあります。

取引実績が多くあれば必ず審査に通るということではありませんが、何も取引がないよりも法人は支援してもらえる可能性が高くなり、個人は再審査してもらうことも可能になります。

審査が通りやすい・支援してもらいやすいといわれている銀行や金利が低い銀行を選んで借入していくことも1つの方法ですが、まずはメインで使っている銀行で借入することをおすすめします。

しかし、どうしてもメインで使っている銀行ではなく審査が通りやすい・支援してもらいやすいといわれている銀行や金利が低い銀行で借入をしたいという場合には、あらかじめ取引実績を作っておくことが望ましいです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談