プロミスに保証会社はついているの?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

WEB完結で申し込むことのできるプロミスは消費者金融の中でも人気が高い商品です。だからこそ気になるのは保証会社ですね。

貸付条件や申込条件を見ても保証会社のことがどこにも書いてありません。書いていなくてもウラで保証会社と契約しているのではないか、と不安になってしまいます。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

プロミスには保証会社がない

結論から言うと、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)には保証会社がありません。

保証会社がないからこそ、貸付条件や申し込み条件に保証会社についての説明がないのです。

カードローン会社が保証会社に保証業務を委託する場合は、その旨をカードローン申込者に説明し同意を得なければならない決まりがあります。

申込者に内緒でウラ取引するようなことは違法行為として処罰の対象になってしまいます。

貸付条件や申し込み条件に保証会社の説明がなければそのまま信じて構いません。

銀行カードローンの商品説明や申し込み条件には、「保証会社の保証を受けることができること」と書いてあるのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

その場合は必ず保証会社がありますので、どこが保証会社になっているのか調べておく必要も出てくるでしょう。

プロミスに保証会社がない理由

プロミスに保証会社がないのは、簡単に言えば総量規制によって個人に貸すことのできる上限額が年収の1/3までと決められているからです。

年収が300万円なら100万円まで、年収が100万円なら30万円までが貸付上限です。

サラリーマンの平均年収が400万円から500万円であることを考えると、総量規制該当額は130万円から160万円です。

消費者金融であるプロミスは、申し込みの最初から総量規制枠限度額まで貸し出しすることはありません。

おおよその見当でいえば、最初に与信される利用限度額は年収の10%程度です。

年収が100万円なら10万円、年収が300万円なら30万円が与信する上限となります。

まずはお試し期間として貸し出ししてから様子を見ます。

その後の返済状況を見極め毎月きちんと返済してある、しかも支払額もミニマムペイメント以上の金額であるなど、お金に余裕があり優良な会員であると判断できれば徐々に利用限度額を引き上げていくのがパターンですね。

要は貸出リスクとの関係です。

貸出金額が低ければたとえ貸し倒れになったとしても、それほど企業が損害を被ることはありません。

しかし銀行カードローンは総量規制の対象外となるため、消費者金融に比べて貸出する金額が多くなる傾向にあります。

貸出する金額が多くなれば当然ながら貸し倒れリスクもかなり大きくなってくるわけです。

銀行は預金者を保護する義務を持っています。そのためには損をするわけにはいきません。

多額の金額を貸し付けた挙句に債務不履行になってしまった、貸したお金が戻ってこないことをできるだけ避けなければなりません。

そのために保証会社を利用しているのです。

関連記事をチェック!

9460view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

プロミスは保証会社である

プロミスは逆に銀行などの金融機関の保証業務を請け負っています。

公式サイトによれば2016年3月末現在で保証提携先が189件あり、保証している残高も1兆円を超えています。

保証残高の約60%を占めているのが、グループ企業の筆頭である三井住友銀行カードローンです。

なんと6,000億円以上の保証を行なっていると公式サイトでは発表しています。

また銀行が設置しているカードローンプラザ、いわゆるコールセンターですね。

そのコールセンターにプロミス社員が出向し、コールセンターのお手伝いを行なっていると言います。

消費者金融であるプロミスは長年培ってきた顧客対応のノウハウを持っているため、銀行にとっても運営を支援してもらうことは大きなメリットとなるのでしょう。

三井住友銀行カードローンに申し込もうと思って、まずは様子見でオペレーターと会話してみようと電話してみると、電話口に出るのは三井住友銀行の行員ではなく、プロミスの社員だったと言うことがあるようです。

ちなみに2017年3月決算では保証残高は約1兆2,100億円、提携金融機関は188件です。

三井住友銀行カードローンの保証残高が約6,500億円であることを考えると、単純に三井住友銀行カードローンの貸付残高は6,500億円であると考えることができますね。

保証提携による収益は約621億円ですから、単純計算で保証料として年5.13%程度得ていることになります。

関連記事をチェック!

1368view

SMBCコンシューマーファイナンスは保証会社?消費者金融?

銀行系カードローンや消費者金融系カードローンに申し込んだことがある人なら、「SMBCコンシューマーファイナンス」という会社名を一度は耳にしたことがあるでしょう。 「SMBC」と頭につくので三井住...

保証会社の仕事はなにするの?

保証会社の仕事は大きく分けると、銀行カードローンに申し込んできた人の審査と万が一借金を踏み倒された場合の弁済です。

銀行の貸付方法は連帯保証人を取って貸付する方法と、不動産などを担保にとって貸付する方法がメインです。

カードローンのように全く担保を取らず、連帯保証人も必要としない貸付方法に慣れていません。

連帯保証人や不動産などを担保に取っていれば効果的に債権を回収することができますね。

借金を払わなければ不動産を売却して債権の穴埋めをすることができます。

連帯保証人がいれば連帯保証人に支払わせることも、もし支払うことができなければ連帯保証人が持っている財産を差し押さえて競売にかけることも可能です。

ところがカードローンはそのようなことができません。

殿様商売的な貸付方法をなってきた銀行にとって、無担保無保証で貸し出すカードローンは未知の存在です。

そこで考えたのが、無担保無保証で貸付していたノウハウを持っている消費者金融業者やクレジットカード会社を保証会社に仕立てることです。

カードローン申込者の貸し倒れリスクを数値化することで、信用格付けを行なってきたのが消費者金融業者やクレジットカード会社です。

申し込み本人の属性と信用情報機関から取得したデータを元にして、間違いなく将来にわたって貸出しても大丈夫かどうか審査を任せることで、銀行は安心してお金を融資することが出来るのです。

もうひとつの保証会社の役割は銀行が貸し出しした債権の保全です。

どんなに貸し倒れリスクを数値化しても、予想が外れることは否めません。

その場合に不良債権となった顧客の貸付残高を保証会社に背負ってもらうことで、銀行は損をすることなく債権を回収することができるのです。

保証会社が支払った後はどうなるか

保証会社がカードローン利用者に代わって借金を肩代わりして支払っても、借金が消えるわけではありません。

保証会社が代位弁済することで債権は保証会社に譲渡されます。今まで銀行カードローンの会員だった人は保証会社へ支払うことになります。

プロミスでも代位弁済した後は直ちに支払期限を切り、借金の弁済を要求してきます。

支払期限までに返済がなければ裁判所に訴え、自己破産する前に財産の差し押さえや給料の差し押さえを行ってきます。

プロミスの保証審査は厳しい?

保証会社は消費者金融とクレジットカード会社に分けることができますが、どちらが審査が厳しいかと言うとクレジットカード会社ですね。

クレジットカード会社はショッピング利用分とキャッシング利用分の2つを賄う必要があるため、消費者金融よりは審査が厳しい目になります。

三井住友銀行カードローンの審査が意外に通りやすいというのは、プロミスが保証会社行なっていることが関係していると言えるでしょう。

関連記事をチェック!

1598view

SMBCコンシューマーファイナンスの保証審査は厳しいの?

SMBCコンシューマーファイナンスは、多くの銀行カードローンの保証審査を行っています。 保証審査で気になるのは、審査基準の厳しさですよね。 SMBCコンシューマーファイナンスと言えば、プロミスをカ...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談