プロミスの「ご契約内容の見直し」メールは悲報?朗報?

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

プロミスから借入れを行っていると、ときどきメールやショートメッセージで、「ご契約内容の見直し」という内容の連絡が来るときがあります。

プロミスからの連絡に関して身に覚えがないときは、なぜメールなどがきたか分からず不安になるでしょう。

そこで、プロミスからきた連絡は一体何なのかを確認していきますので参考にしてください。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
この記事はこんなひとにおすすめ

この記事は特に以下に該当する人におすすめです。

  • 突然プロミスから身に覚えのないメールが来た
  • 返済はキチンと行っているのにメールが届いた
  • 心当たりが多すぎてメールを確認するのが怖い

方は参考になる記事です。

プロミス「ご契約内容の見直し」メールとは

プロミスから「ご契約内容の見直し」の連絡がメールできたときの内容は、大きく分けると2種類のパターンがあります。

返済の状況や他社からの借入れなどによって、どちらのパターンになるか分かれるため、自分の状況と照らし合わせて確認してください。

返済の滞納がない場合は増額のお知らせ

基本的に返済の滞納をしていないときや、他社から追加の借入れをしていないときのご契約内容の見直しに関する連絡は、借入れ限度額の増額の相談やお知らせであることが多いです。

増額のお知らせは借入れ申込み後も安定した収入や、返済状況を1年以上維持することで、連絡がくることがあります。

もしも、増額の意思がない場合はご契約内容の見直しの連絡を無視して、折り返しの連絡を行わなくても大丈夫です。

滞納をしたときには悪い内容の場合も

プロミスからご契約内容の見直しの連絡がきたときに、返済の滞納をしている場合や、返済日を過ぎてから返済を行ってしまうことが多いときには、借入れ限度額の減額を提示されてしまう可能性もあります。

減額以外にも追加の借入れができないように、借入れを制限されてしまうこともあります。

減額の理由は返済の滞納の他に、他社からの借入れを行って総量規制に引っかかる場合などもあるため注意が必要です。

関連記事をチェック!

815view

プロミスからの「ご連絡のお願い」が来たらどうすれば良い?

プロミスを利用中に突然「ご連絡のお願い」がメールで来るケースがあります。 プロミスからの連絡に戸惑ってしまう人も多いため、「自分、何かしたかな?」と不安になってしまいます。 もしも「ご連絡のお願い...

パターン①限度額の増額の案内

「キチンと返済は行っているはずなのに…」という人であれば、限度額が増えるかもしれないというお知らせのメールである可能性が高くなっています。

しかし「増枠希望なんて申込みをしていないのに」と不安になりますが、気にすることはありません。

一定期間を経て特に返済などに問題がなければ、希望しようとしまいとプロミスから増枠の案内が入るのです。

では具体的にどのような内容で、どういった対応をすればいいのか見てみましょう。

ご契約内容の見直しの連絡は増額のチャンス

ご契約内容の見直しの連絡が来たとしても、増額に興味がない人は折り返し連絡をせずに返信をしない人が多いものです。

しかし、増額のお知らせが来たときは、プロミスからの借入金額の増額を狙う上で、とてもよいタイミングとなります。

もしも、今は興味がなくても将来増額を検討する可能性がある場合には、是非検討をおすすめします。

そこで、プロミスから増額のお知らせがきたときが、なぜおすすめなのかを具体的に解説していきます。

増額のお知らせは優良顧客のサイン

プロミスからご契約内容の見直しという増額についての連絡がきたら、増額審査を申し込む絶好のチャンスです。

なぜなら、増額のお知らせがくるということは、優良顧客として認められている可能性が高いからです。

長期間プロミスを継続して利用して、特に滞納を行っていない場合には、プロミスから優良顧客として認められることが多いです。

優良顧客と認められることで、増額の審査に通りやすくなったり交渉すると金利が下がったりとよいことが多いのですが、残念ながら利用者からは優良顧客と認められたかを確認することはできません。

しかし、ご契約内容の見直しの連絡で増額審査のお知らせがあった場合には、自分が優良顧客の可能性が高く増額の申込みをするいい機会だと言えます。

増額の審査は通りにくいことが多い

優良顧客だと増額の審査に通りやすくなりますが、逆に優良顧客以外の増額は審査に通りにくい傾向にあります。

例えば、利用期間が1年未満と短いときや返済を滞納してしまった場合は、増額審査に申込みをしたとしても審査落ちをしやすいです。

冠婚葬祭や事故などで急にお金が必要になって増額審査をしたとしても、増額が通らない可能性も十分ありえます。

もしも、現在は必要なくてもいざというときに備えたい人は、増額審査に通りやすいタイミングで申込みをしておく方がよいでしょう。

プロミスからのお知らせメール=確実に増額できるわけではない

プロミスから増額のお知らせがきて、申込みをしたとしても増額のときの審査は確実に行われます。

したがって、増額審査の内容によっては審査落ちの可能性があるため、確実に増額ができる訳ではありません。

「そちらから増枠の案内をしておいて、審査落ちとはどういうこと?」と思ってしまいますが、プロミスとしても現在の状況であれば審査に通り「可能性が高い」ということで、案内を送っているだけですので、審査の結果、増枠に至らないケースだって存在します。

審査では書類の内容や個人信用情報についての確認以外にも、在籍確認などが行われることもあります。

在籍確認で会社に連絡がつく時間帯に申込みをするなどの工夫することで、増額審査に通る確率を上げることも可能なので、新規申込みと同じように対策をして通過の確率を上げましょう。

プロミスの増額審査の方法

プロミスの増額審査の方法ですが、基本的には新規のときと同様に行われます。まず信用情報機関への照合、収入確認、在籍確認という流れです。

信用情報機関での信用情報で、他社借入がやたらと増えていれば総量規制の対象となり審査に落ちてしまいますし、返済を怠っていることが確認されれば同じく審査落ちの原因ともなります。

「だったら増枠案内をする前に信用情報で確認すればいいじゃないか」と考えてしまいますが、非常に手間が掛かりますし、申込分で照合を掛かるには必ず利用者の同意が必要になってきます。

そのためプロミスの判断だけでは、信用情報機関へ申込の照合を掛けられないのです。

信用情報を得た結果、以前よりも状況が悪くなっていれば、いくらプロミスからの案内があったとしても審査に通ることは難しくなります。

収入証明書の提出

増額の申し込みをする場合既にプロミスの会員ではありますが、増枠審査の際に希望の利用限度額が50万円を超える人、希望の利用限度額と他社での利用残高の合計が100万円を超える人は収入証明書を提出しなくてはなりません。

収入証明書に該当する書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書(賞与ありの場合は、直近過去2か月分+1年分の賞与明細書、賞与なしの場合は、直近過去2か月分の給与明細書)

提出方法は公式ホームページからログイン後にアップロード、メール、郵送、店頭窓口、FAXいずれかの方法です。

なお、本人提出書類が必要な場合はマイナンバーの記載があったら、見えないように加工しましょう。

在籍確認も行われる

在籍確認も新規申し込みと同じように行われます。

増枠するということは、これまで以上に借入れが増えるということですから、やはりプロミスとしても「申込者は間違いなくこの会社に勤務して返済能力がある」と再度確認しなくてはならないのです。

しかし新規同様、電話による在籍確認がどうしても難しい場合には、事前に相談すると代替案を出してもらえる可能性はあります。

また、プロミスと名乗って、在籍確認をする訳ではありません。

時間にして数秒程度で終わりますから、さほど身構えなくても大丈夫です。

プロミスの増額のお知らせは電話の場合もある

プロミスからのお知らせは、メールばかりではありません。

中には直接電話が掛かってくることもあります。

しかしそうなると「メールと電話での連絡は一体何の基準で変えているの?」と疑問が出てきます。プロミスは膨大な顧客量を抱えているのですから、この顧客には電話、この人にはメール…などと把握しているとは考えにくいものです。

一体何を基準に電話での案内に切り替わるのか見てみましょう。

増額キャンペーン中は電話が掛かってくる可能性が高い


メールではなく電話で増枠のお知らせがある場合は、プロミスが増額キャンペーンを行っている可能性が高いです。

つまり、客層によって連絡手段を使い分けているのではなく、緊急にお知らせしたいことや、キャンペーンでひとりでも多く増額を申し込みしてもらいたいときに、電話での案内が入ります。

メールだとどうしても読む人・読まない人に分かれてしまいますし、即返信を期待するのも難しい話です。

特にキャンペーンなどで、プロミスの社員に増枠ノルマが課せられている場合、いつ読むか分からないメールの返信を待つよりも、直接電話をしてその場で申し込みするかしないかの話ができるので有意義なのです。

増額のお知らせに使われる電話番号は?

プロミスは幾つか電話回線を持っていますので、毎回同じ電話番号だとは限りませんが、増額のお知らせで使われることが多いのは、0120-990-309です。

ちなみにプロミスの代表電話番号は、0120-24-0365です。

この番号は登録している人も多いのではないでしょうか。

代表電話番号以外でも、プロミスからの着信の場合のケースがあると覚えておくといいでしょう。

プロミスから増額の電話こない…なぜ?

プロミスから増額案内の連絡がこないという人も一定数がいるようです。

プロミスもある程度審査して案内をしているので、増額に不十分であると判断された人には、いくら待っても連絡はきません。

先に「プロミスから増額の案内があれば優良顧客の可能性がある」と話しましたが、その優良顧客かどうか見極めるために幾つかポイントがあるのです。

そのポイントとは

  • プロミスを利用して6か月以上であること(余り借入期間が短いと返済能力の判断ができないため)
  • プロミスも含め消費者金融から延滞した過去がない

最低でもこの2つに該当しないと増額の連絡はきません。期間が短ければ待つしかありませんし、延滞を起こしているのであれば、まず延滞を解消することが最優先となります。

ショートメールでプロミスからお知らせが来た。詐欺?


プロミスでは平成25年からショートメールでお知らせしていることもあるので、すべてが詐欺だとは断言できません。

ただ見極める方法として、自身がプロミスを利用しているのかそうではないのかで、判断するといいでしょう。

まれに現在所有している携帯電話番号を、以前使っていた人がプロミスから借入れを行って…というケースも見られます。

携帯電話を最近変えたばかり、という人はその可能性も出てくるでしょう。どちらにしても利用していないのであればそのまま無視しておいて構いません。

プロミスの増額の手続き方法

プロミスから増枠の案内があり、申込みをしたくても一体どのように手続きをしていいのか分かりにくいものです。

では具体的にどうやって申込みを行えばいいのかを見てみましょう。

メールなら会員サービスにログイン

メールで案内が来たのならば、会員サービスに飛ぶURLがメール本文中に貼り付けてあると思います。

そこをクリックして会員サービスにログインを行うと、「限度額変更のお手続き」という項目が出てきますので、そこから手続きを行えます。

電話の場合はすぐに手続き

プロミスから電話があった場合には、その場で審査承諾を口頭で行うのみで大丈夫です。

あとはプロミスが審査を行ってくれますから、結果が出るのを待ちましょう。

その際に収入証明書などの提出を依頼されることがあるので、準備をしておくとスムーズです。

プロミス無人契約機やアプリでも手続きできる?

プロミスアプリからの増額申込みは状況によって可能な人と可能でない人がいますが、無人契約機であれば申込手続きは可能です。

無人契約機は土日も審査を受付していますから、休日を利用して出向くのもいいでしょう。

所得証明書や本人確認書類も一緒にもっていけば、無人契約機でスキャンして提出できますので、時短にもつながります。

パターン②限度額の減額の案内


プロミスからご契約内容の見直しの連絡がきたときに、返済を滞納している場合や返済を滞納してしまっていた場合には、借入限度額の減額などのよくない連絡の可能性があります。

ご契約内容の見直しの連絡があったときに、よくない連絡だとどのような内容が多いのでしょうか。

対応方法と合わせて具体的に確認していきましょう。

滞納しているなら借入限度額の減額案内

返済を滞納している状態でプロミスからご契約内容の見直しの連絡があったときには、借入れ限度額の減額を通知される可能性が高いです。

滞納の状態が悪い場合には減額だけでなく、追加の借入れを停止されてしまう可能性もありえます。

限度額を下げられたり、追加の借入れを停止されたりしても、滞納が解消してから、しばらく返済状況がよければ限度額が戻ることや停止の処置が解除される可能性もあります。

減額の案内がきてしまっても、返済をしっかり行って誠意を見せることが大切です。

他社借り入れも影響あり

貸金業者からの借り入れの総額が年収の3分の1を超える場合は総量規制によって、新しく借入れはできません。

総額はプロミスのみの借入れだけでなく、他の貸金業者からの借入れも含まれます。

申込者の貸金業者からの、借入残高の情報は信用情報機関に集められています。

貸金業者は信用情報機関を利用して申し込む人の、借入残高の情報を得るのです。

ご契約内容の見直しがきたらすぐに連絡しよう

ご契約内容の見直しの連絡がきたときに、返済状況がよくない場合はすぐに連絡をするようにしてください。

もしも、連絡をせず放置してしまうと、プロミスからの印象が悪くなり今後の借入れに悪影響をあたえることが多いです。

また、返済せずに返済日を過ぎてしまって、返済の催促と思われる連絡がきたときにも、必ず折り返しの連絡をするようにしてください。

何度連絡をしても折り返し連絡をしなかった場合、返済する意思がないとみなされ、プロミスとの信頼関係がなくなってしまうでしょう。

そのまま長期間連絡がつかない状態が続くと、最終的には裁判所を通して給料を差し押さえられるなどの法的手段がとられることもあります。

プロミスとの関係性を悪化させないためにも、返済日に支払が間に合わないときなどに事前に連絡を行い、信用を少しでも失わないようにすることが大切です。

関連記事をチェック!

659view

消費者金融からの滞納の電話を無視し続けるとどうなる?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 消費者金融が電話をするケース 消費者金融から電話がかかってくるケースとしては、まず申し込みをし...


まとめ

プロミスからの「ご契約内容の見直し」の連絡がきたときには、返済状況によって増額と減額の案内かどうか変わってきます。

どちらの場合でも連絡をして損することはないので、取りあえず折り返し連絡をしてみて内容を問い合わせてみるとよいでしょう。

また返済を滞納してしまう場合には、プロミスから連絡が来る前にこちらから連絡をしましょう。

 4.0  (1)
+ この記事を評価する
×
 4.0  (1)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談