イオン銀行ATMでプロミスは利用できる?プロミスカードの疑問を解決!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスはコンビニや大手銀行など多くのATMで利用できます。

では「イオン銀行ATM」ではどうなのでしょうか。

今回は、そんなイオン銀行ATMでのプロミスの利用に関して徹底解説していきます。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

イオン銀行ATMでプロミスは利用可能?

プロミスはイオン銀行ATMでも利用できます。

イオン銀行ATMで利用できるプロミスのサービスは以下のとおりです。

  • 出金(借入)
  • 出金照会
  • 入金(返済)
  • 入金照会

利用方法も「プロミスカード」をATMに挿入して、暗証番号等を入力していくだけですので簡単に借入や返済が可能です。

利用時間は?

イオン銀行ATMでプロミスが利用できる時間は「0:05~23:45」です。

このため、基本24時間利用が可能です。

ただし、「毎週月曜0時~7時」はシステムメンテナンスのため、利用できないので注意しましょう。

利用手数料は?

イオン銀行ATMでは利用手数料が発生します。

利用手数料は借入・返済ともに以下のとおりです。

利用金額ATM利用手数料
1万円以下108円
1万円超216円

取引単位は?

イオン銀行ATMでは借入・返済ともに、「千円単位」で行なえます。

このため、「4,000円だけ借入したい」というような時にも対応可能です。

ちなみに、千円単位で借入が可能なATMは非常に少ないです。

2018年5月時点では、イオン銀行以外ですと以下の4つのみです。

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 横浜銀行ATM
  • ゼロバンク

その他のATMは1万円以上からの借入となります。

イオン銀行では利用手数料がかかる!

先にもお伝えしように、イオン銀行ATMでは「1万円以下で108円」、「1万円超で216円」の利用手数料が発生します。

利用手数料は少額ですが、何度も支払っているとけっこうな額になるものです。

そこでこの章では、借入・返済時の利用手数料を無料にする方法をお伝えしていきます。

利用手数料を無料にする方法

ATM利用手数料を無料にするには以下のような方法があります。

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • インターネット
  • お客様サービスプラザ
    (店頭窓口)
  • プロミスコール
    (借入のみ)
  • コンビニのメディア端末
    (返済のみ)
  • 口フリ
    (返済のみ)

上記の方法であれば借入や返済を手数料無料にすることが可能です。

ポイントサービスを利用するのもアリ

プロミスには「プロミスポイントサービス」というものがあります。

プロミスポイントサービスとは、「プロミスインターネット会員サービス」の利用によってポイントが貯まるサービスです。

プロミスインターネット会員サービスで以下のようなアクションを行なうと、ポイントを貰う事が可能です。

  • プロミスポイントサービス申込
    (初回のみ)
  • プロミスインターネット会員サービスログイン
    (毎月初回ログイン時のみ)
  • プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認
  • 返済日お知らせメール
  • 取引確認メール
  • パソコンまたはケータイによる書面の受取
  • 収入証明書類の提出

このサービスを利用して、40ポイントを貯めれば「最大60日提携ATM手数料が無料」になります。

このように、プロミスポイントサービスを利用してATM利用手数料を無料にするのもおすすめです。

イオン銀行以外で利用できるATMは?

プロミスはイオン銀行以外のATMでも、たくさん利用できるATMがあります。

そのため、それらのATMも知っておくのがおすすめです。

イオン銀行以外ですと以下のATMで利用可能です。

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ローソンATM
  • イーネット
  • セブン銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • クレディセゾン
  • 親和銀行(借入のみ)
  • 広島銀行(借入のみ)
  • 八十二銀行(借入のみ)

プロミスと三井住友銀行のATMは利用手数料が完全に無料ですので、かなりおすすめです。

その他は、イオン銀行ATMと同じで「1万円以下108円」・「1万円以上216円」の利用手数料が発生します。

ATMの利用可能時間は各ATMによって異なりますが、「毎週月曜0時~7時」は利用できない点はイオン銀行ATMと同じです。

ATM以外で利用する方法も知ろう!

プロミスはATM以外で利用する方法も豊富です。

そこでこの章では、そうした利用方法を紹介していきます。

インターネット

インターネットの会員サイトでは借入と返済をすることが可能です。

手続自体は24時間受け付けており、振込手数料等も無料です。

また、「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座をお持ちなら「瞬フリ」というサービスを利用できます。

瞬フリとは、24時間365日に最短10秒で入金をしてくれる「振込キャッシング」です。

この瞬フリを利用すれば、土日祝であっても最短10秒で口座に入金が反映されます。

よって、銀行の休業日でも振込キャッシングによって当日中の融資が受けられます。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)

お客様サービスプラザでは借入と返済ができます。

借入・返済ともに手数料は0円です。

ただし、営業時間は「平日10:00~18:00(店舗により営業時間、休日が異なる場合あり」」ですので注意しておきましょう。

プロミスコール

「プロミスコール(0120-24-0365)」から、手続すれば振込キャッシングをしてもらえます。

手続は24時間対応しており(実際に入金が反映される時間は各金融機関によって違います)、振込手数料はプロミスが負担してくれるため無料です。

銀行振込

お持ちの銀行口座から振込をして、返済することも可能です。

振込先は利用者によって異なるため、「会員サービス」か「プロミスコール」で確認しておく必要があります。

振込時の手数料は自己負担ですので注意しておきましょう。

口フリ(口座振替)

「口フリ(口座振替)」を選択しておけば、毎月指定日に自動で引落しが行なわれます。

引落としの際の手数料は無料です。

指定できる返済日は以下のとおりです。

金融機関名引落とし日
三井住友銀行・ジャパンネット銀行5日、15日、25日、末日のいずれか
その他の金融機関毎月5日

関連記事をチェック!

2675view

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回、私はとある事情でお金が必要となりカードローンを利用することにしました。 そこで、特徴的なテレビCMでおなじみの消費者金融プロミスに私と馬太郎が申し込んでみまし...

【馬三郎と馬太郎が】プロミスにWEB申し込みしてみた

まとめ

プロミスはイオン銀行ATMで利用が利用できます。

利用可能時間も基本24時間であるため、曜日や時間帯を選ぶことなく利用でき、大変利便性も高いです。

また、1,000円単位で借入が可能な数少ないATMのひとつであるため、「数千円だけ借入したい」というような時にもしっかり対応してくれます。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談