在籍確認なしでおまとめローンってマジか?

おまとめローンをしたいけれども在籍確認がちょっと心配という人も多いのではないでしょうか。

会社にバレたらどうしよう、と考えてしまう人もいるようです。

何とか誰にも内緒で、借金を一本化したいおまとめローンを契約したいけれど、在籍確認をしなくて済む方法はないものでしょうか。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営
こんな人におすすめの情報です

今回の記事は次のような人におすすめのものとなっていますので、参考にしてください。

  • 在籍確認なしでおまとめローンを探している人
  • おまとめローン審査で行われる在籍確認を把握したい人

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短25分※1
※1.お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・公式サイトの事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※2
※2.審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短30分
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短25分
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

在籍確認なしのおまとめローンはほぼ不可能

在籍確認をしない方法はあるか

カードローンのまとめについて
現在三井住友銀行カードローンで35万円、銀行のカードローンで10万円の2つで50万弱の借り入れがあります。
これをまとめたいのですが、現在育休中で会社の在籍確認ができません。
在籍確認をしなくても借りれるものはやはり専業主婦でもOKのカードローンになりますか?…
引用元:Yahoo!知恵袋

通常のカードローンの申し込みであれば消費者金融では、「WEB完結」という方法で本人確認も在籍確認もなしで契約することができる業者もあります。

WEB完結で申し込むには消費者金融が指定する口座を持っていることや、社会保険証を追加書類として提出しなければならないなど若干申し込むには敷居が高いです。

そのようなことを鑑みて、消費者金融業者の中にはどうしても在籍確認をされるのは困ることを相談すれば、他の書類を提出することで認めてくれる業者もあります。

例えば次のような書類です。

  • 顔写真入の社員証
  • 健康保険証
  • 給与明細書

本人確認書類は運転免許証で行うのが理想的です。

運転免許証にある顔写真と社員証にある顔写真が同一人物であることを分かるようにしておきましょう。

しかし消費者金融のカードローンでは、おまとめローンとして金額的に足りないことや、借金をまとめたとしても、金利が下がらないなど利用することができないことが多いです。

また消費者金融カードローンでおまとめするには、総量規制が関係してくるため、例えば年収300万円なら100万円までが契約できる上限となることも、借金をおまとめするメリットとしては薄く感じます。

まして最初から総量規制枠いっぱいに、利用限度額を与えられることもありません。

初回申し込みなら年収によって、30万円から50万円が最初に与信される利用限度額となってしまいます。

必要な理由:返済能力調査のため必ず行う

在籍確認はなぜ必要なのか

おまとめローンに限らず、カードローンを申し込む際に、避けることができないのが在籍確認です。

借入申込書や信用情報機関へデータを照会することで、どこに何年勤めているのか分かるのではないか。

それなのにどうして在籍確認を行う必要があるのか、と思ってしまいますよ。

仕事内容が営業職で、しょっちゅう外部から、電話が掛かってくるような部署にいるのであれば、在籍確認の電話が入ったとしても不審がられないでしょう。

しかしめったに電話が掛かってくることがない職場であれば、電話受付担当者から「怪しい」と勘を働かせてしまうこともあるかも知れません。

お金を借りるための在籍確認の電話が入ってきた、などと社内で噂になったのではイヤなものです。

残念ながら金融機関は疑い深い性格を持っており、本当に現在でもきちんと仕事をしているのか確かめざるを得ないのです。

当然返済能力があることを証明するには、間違いなく仕事をしていることが求められます。

借入申込書に書いた内容が、全て正しいとは思わないのが金融機関のサガです。

従来であれば性善説をよしとしていたものですが、最近ではそれも通用しなくなっています。

また信用情報機関に登録されているデータは、金融機関が顧客から提供を受けた情報を入力し、本人確認書類として運転免許証の提出や、在籍確認によって確認できた内容が登録されているのに過ぎません。

つまり信用情報機関のデータは過去のデータであって、現在のデータではないのです。

もしかしたらつい2、3日前に会社をやめたのかも知れません。

しかしそのデータは金融機関が確認し登録しなければ、いつまでたっても以前のデータのままです。

信用情報機関は自ら積極的に個人情報を集めることはしていませんから、どうしても審査のひとつとして在籍確認を欠かす訳には行きません。

ましておまとめローンとなると契約する金額も大きくなるため、より慎重に審査しなければなりません。

本人確認書類や収入証明書類の提出はもちろんのこと、本当に会社に勤務しているのか確認しなければ貸倒れリスクが大きくなってしまうのです。

関連記事をチェック!

9233view

内緒で借りれるカードローンで借りる

内緒で借りれるカードローンを紹介します。 アイフルで借りる 絶対にやっておきたい事前診断!1秒で融資可能か即診断 最短25分融資も可能※1 初めての方なら《最大30日...

内緒で借りれるカードローンで借りる

在籍確認が行われるのは審査のどの段階?

在籍確認が行われるのは、審査の最終段階のことが多いです。

与信審査でおまとめローンの融資をしても、問題がないと金融機関に判断されると、本当に申込時に申告した勤務先に在籍しているかを確認します。

したがって勤務先に在籍確認の電話があると与信審査を通過して、本審査があと少しで終わることを意味しています。

しかし在籍確認が行われたからと言っても、審査に通過した訳ではありません。

在籍確認の連絡があっても、在籍確認がしっかり取れずに審査に落ちる場合もあるからです。

在籍確認は重要な審査のひとつですので、しっかりと臨むようにしましょう。

そのためには、どのようにすれば在籍確認が取れるのか、勤務先の環境などを考慮して心配なときは金融機関の担当者に相談することをおすすめします。

夜間営業の勤務先の場合は在籍確認を、勤務先の営業時間にしてもらえるか相談してみるといいかも知れません。

在籍確認はどのような方法で行うのか

在籍確認はどのように行うのか

おまとめローンを扱っているのは銀行や、消費者金融業者など金融機関になります。

在籍確認は基本的に金融機関の担当者が、借入申込書に書いてある勤務先に電話をして確認します。

一般的に在籍確認は担当者の個人名で行うことが多く、一部の銀行では申込者の了解が得ることができれば銀行名を出すこともあります。

銀行名を出すことによって、在籍確認がスムーズに行く場合もあります。

勤務先では社員がどこの銀行に口座を持っているのか、給与振込口座以外に知る方法はありません。

もしかしたらメガバンクに大型定期預金を、持っていることもないとは言えません。

銀行からの電話は「何か重大な連絡があるのではないか」と、思わせるだけの信用力があるため、意外に在籍確認が怪しまれません。

個人名だと友人なのか親戚なのか、親戚なら「叔父の〇〇です」のように名前の前に関係を表す言葉を付け加えることでしょうが、友人だと単に「〇〇と言いますが、電話の取次ぎをお願いできますか」のような感じでフランクに行います。

例えばこのような感じで、在籍確認が行われます。

  • 〇〇と申しますが△△さんに電話の取次ぎをお願いします
  • 〇〇と言いますが△△さんはおりますでしょうか

以上のようにおまとめローンの申込者に対して、電話の取次ぎを依頼します。

通常であれば電話の受付担当者は、「△△はただいま席を外しております」や、「△△は本日休んでいます」など、ローンの申込者が勤務していることを確認できれば、在籍確認は終了です。

しかし金融機関によっては、必ず電話の取次ぎがなければ、在籍確認と見なさない場合もありますので注意が必要です。

最近では個人情報保護法が幅を利かせており、やたらと電話で勤務しているかどうか伝えることが難しくなっています。

おまとめローンは特に在籍確認を審査のひとつとして取り入れていますので、事前に金融機関と打ち合わせをして、銀行名で電話が掛かってくるのか、〇〇という個人名で電話が掛かってくるのか相談しておきましょう。

そして電話受付担当者に電話が掛かってきたら、個人情報によって答えられない、とならないように伝えておきましょう。

本人が電話に出る場合る

在籍確認の電話に本人が出る

例えばおまとめローンを申し込んだ金融機関に、「会社にいない場合が多いので時間指定で在籍確認お願いします」のように頼んでみてはいかがでしょうか。

金融機関で「在籍確認は本人が出なくても構いませんよ」と言われればそれまでですが、おまとめローンとなるともしかしたら、本人と話したい金融機関があるかも知れません。

そうなったら指定した時間に金融機関から電話を掛けてもらい、おまとめローンを申し込んだ本人が電話に出るようにすれば会社にバレることなく在籍確認を完了できます。

かなりマンガチックな方法ですがおまとめローンを申し込む場合、事前にカードローンセンターのオペレーターと在籍確認についての方法や、時間指定ができるかどうかなど相談しておきましょう。

本人が電話に出られない場合

在籍確認の時間指定が難しい場合や急用で出かけていて、電話に出られないときでも、在籍確認は行えます。

本人が不在のときの在籍確認は、「いつ頃お戻りなりますか。」と聞き、いつ戻るか伝えてもらえれば本当に在籍していると判断でき在籍確認が取れたことになります。

その後は電話を改めて、掛けてくることはありません。

派遣社員の場合

派遣社員の在籍確認はどうするか

正社員や準社員であれば、電話受付担当者も従業員の名前を把握しているはずです。

しかし派遣社員の場合は短期間で勤務先が変わってしまうことが多く、在籍確認がうまくできない場合があります。

在籍確認ができなければ、おまとめローンの審査に通ることはまずありません。

しかし電話担当者が派遣社員の名前を、確認することができるのか不安な点が残ります。

派遣社員だとおまとめローンを申し込むことはできないのか、ネガティブな発想が浮かんできますね。

せっかく派遣先で仕事していると言うのに、電話担当者が「そのような人は勤務しておりません」と言われてしまえば在籍確認は失敗、おまとめローンの審査落ちが目に見えています。

それを防ぐには派遣先で在籍確認を行うのか、それとも派遣元で在籍確認を行うのか金融機関の担当者と事前に相談しておくべきです。

金融機関側も派遣社員がおまとめローンを組むことを幾つも行っているはずですから、その辺の事情については承知していることでしょう。

どうしても派遣先で在籍確認をしなければならないというのであれば、電話受付担当者に在籍確認の電話が入ることを伝えておきましょう。

しかし誰が電話に出るのか分からないという状況であれば、社内全員に周知しておくことは難しいことになる場合があります。

自営業や専業主婦の場合

自宅で仕事をする自営業者は、固定電話を持たない人も多いです。

仕事用の携帯電話があれば、申込時に連絡先として申告するといいでしょう。

個人事業主の場合も同様に仕事用の電話があれば申込時に申告し、ない場合は自宅電話番号や携帯電話を申告しましょう。

自営業者や個人事業主は会社員とは違い、在籍確認で収入を得ているかどうかは分かりません。

在籍確認のときに収入について、聞かれることが多いようです。

また収入を証明するために、書類の提出を求められるケースもあります。

専業主婦の場合、外部からの収入がないため、配偶者の収入が審査で見られます。

しかし、配偶者の勤務先に電話があるということは、少ないので安心してください。

自分の名義の銀行カードローンなどを利用して、おまとめローンをするときは電話が掛からないケースもあるようです。

一概には言えませんので、参考までにとどめておいてください。

おまとめローンの即日融資はほぼ無理!

おまとめローンは審査に、時間が掛かるため即日融資は難しいと言えます。

おまとめローンを扱う銀行の場合、警察のデータベースを照会するため、一般的なカードローンでも即日融資はできません。

消費者金融でおまとめローンを考えても、借金の一本化はまとまった金額になることが多く審査に時間が掛かります。

SMBCモビットなら電話連絡なしでおまとめできる?


在籍確認をしないパターンとは

在籍確認をなぜするのかを考えることで、在籍しないパターンをある程度予測できます。

結局在籍確認は、本当に本人が現在でも勤務しているのか確認するだけの作業です。

信用情報機関に登録される本人を特定する情報に勤務先や勤続年数、年収などの項目がありますが、変更があった場合は必ず確認または、変更した日にちを入力することが定められています。

たまたまおまとめローンに申し込んだ日の直前に、消費者金融業者やクレジットカード会社などが途上与信として在籍確認を行っていたとすると、わざわざ手間を掛けて在籍確認をしなくてもいいのではないか、と判断する場合があります。

しかし銀行カードローンで在籍確認をなしにするには、他社借入があったのでは返済能力が劣ってしまい、審査に対してマイナス材料となってしまいます。

ということはおまとめローンにおいて、在籍確認をなくすことはできないと考えた方がいいでしょう。

大手消費者金融のひとつであるSMBCモビットを利用して、複数の借入れをまとめたいと考える人もいるでしょう。

また、在籍確認なしでカードローンをできるとうたっているので、おまとめローンも在籍確認なしで借りられるのか気になります。

実はSMBCモビットにはおまとめローンがない!

SMBCモビットのホームページを見ても、借金の一本化と言う案内はありません。

飽くまでもSMBCモビットのカードローンから、他社の借入れを返済していくということです。

つまりおまとめローンがないことになるのです。

SMBCモビットを利用して他社の借金をまとめて返済するには、借り総額が少額の場合となります。

在籍確認のときに審査落ちする原因

おまとめローンの審査は金額が大きいことや、借入件数が不空であることから、慎重に行われます。

在籍確認で審査に落ちることもあります。

どのような理由で在籍確認が原因で、審査に落ちるのか紹介します。

虚偽の申告をした

在籍確認は申込時に申告した勤務先電話番号に電話を掛けるため、申込時に間違えて申告すると連絡できません。

また、審査に通りたくて勤務先情報を、他の会社にする人もいます。

申込書に嘘の情報を申告すると「虚偽申告」となり、審査に落とされます。

虚偽申告をすると、在籍確認が行われたときにバレてしまいます。

審査に落とされるばかりか、申し込んだ会社のデータベースに虚偽申告した人として登録され、今後の借入れに影響するのでやめましょう。

さらに、気を付けたいことは、故意に嘘の情報を申告する虚偽申告となることは分かりますが、うっかり間違えて申告した場合も虚偽申告扱いとなるので注意しましょう。

休職中である

在籍確認が行われたときに本人が不在の場合、電話に出た人の対応から相席しているかを判断されます。

そのときに、「○○さんは、いつ頃お戻りでしょう。」「しばらく不在となります。」などの返答であれば、休職していて収入があるのか分かりません。

在籍確認は本当に在籍しているか、勤務していることにより収入があるかを見るため、給食して収入があるのか分からないと審査に落とされるのです。

アリバイ会社はバレるから利用しない

アリバイ会社はバレると困る

どうしても在籍確認されるのが困る、でも借金をおまとめしたい、おまとめローンを契約したいという人はアリバイ会社を利用することを考えるかも知れません。

確かにアリバイ会社では架空の社名で在籍確認をすることができる方法として知れ渡っていますし、給与明細や源泉徴収票の発行も行ってくれるところが多いです。

しかしそれらは完全に違法行為であって、社会的に受け入れられるものではありません。

またアリバイ会社は広く宣伝広告しなければ顧客を獲得できないため、それが逆にアダとなってしまいます。

金融機関側にアリバイ会社のリストが出来上がっている可能性が高いのです。

アリバイ会社もそんなにたくさん電話回線を持っている訳ではありませんから、架空の社名で在籍確認をしようとしても、電話回線を使い回ししていることで「アリバイ会社を利用している」ことがバレてしまいます。

借入申込書に虚偽の申請をすることは、審査に落ちる原因になります。

アリバイ会社を利用していることがバレてしまえば、そんな嘘を吐くような人に金融機関は多額の金額を貸す訳には行きません。

審査に落ちてしまうことはもちろんのこと、信用情報機関の特記情報として登録されてしまっては、他の金融機関に申し込んでも審査に落ちてしまうことになってしまいます。

アリバイ会社を使うことはやめましょう。

それくらいなら会社にバレてしまった方がよほどいいでしょう。

関連記事をチェック!

9813view

借入申込みの虚偽記載は詐欺!?他人事でない融資詐欺とは

カードローンなどの借入申込書の虚偽記載は詐欺になるかもしれないってご存知ですか? 借入申込書には正確な情報を記入しましょう。 詐欺であることを立証するには難しい面もあって、虚偽記載はすべて詐欺行為...

在籍確認にまつわるQ&A

在籍確認はできればなしにしたいものですが、よく耳にする在籍確認の話について見ていきましょう。

Q.在籍確認をしない銀行もあるの?

在籍確認をしない銀行もある

銀行貸付は総量規制と関係がないため、消費者金融カードローンのように必ず年収の、3分の1までという制限がありません。

だからといって無条件で年収の、3分の1以上借りることはできませんし、最近の銀行カードローンの過剰貸付も問題になっていることから、自主規制として借入上限額を年収の1/3までと定めている銀行もあります。

銀行によっては審査を厳格にすることで、ある程度余裕を持った貸付を行っている銀行もあります。

カードローンでおまとめローンをするのであれば、銀行カードローンを利用した方が消費者金融カードローンよりも多く借りることができる可能性が高まります。

ただし返済能力がなければ最初から、100万円を超えるような金額を借りることは難しいでしょう。

よほど年収が高く700万円から800万円以上あるとか、返済能力が十分にあることを証明できなければ在籍確認を書類によって完了できません。

しかし筆者が直接あるメガバンクのカードローンセンターへ確認したところによると、審査内容がよく、収入があることを証明できる書類を提出することで在籍確認を後回しにする、または在籍確認をしないこともあります

Q.自動契約機で申し込めば在籍確認はないって本当?

メガバンクの中には消費者金融業者を、グループの傘下に収めているところがあります。

そのような銀行は自動契約機を持っており、ほとんど消費者金融カードローンと同じような感覚で即日融資に対応しています。

もちろん審査の内容によっては即日融資とならないこともありますが、土日祝日でも自動契約機は稼働しているのです。

ということはつまり、おまとめローンを申し込む人の会社によっては、土日祝日が休業ということもあります。

しかし自動契約機で契約することで契約を完了できます。

その場合在籍確認はどのように行っているのか、疑問が湧いてきます。

これも前項でご説明したように、他社がタイミングよく銀行カードローンに申し込む前に途上与信として仕事をしていることを確認したのかも知れません。

審査の内容によって在籍確認する日にちをずらすことはできたとしても、おまとめする金額によっては在籍確認をなくすことはちょっと無理なようです。

関連記事をチェック!

20209view

在籍確認なし電話連絡なしのカードローン見つけた

※この記事は大人の事情で記事削除される可能性があります。早めに読まれることをおすすめします。 この記事を読んでいる人は「カードローンを契約したいけど職場にはばれたくないな」と思っているのではないでし...

在籍確認なし電話連絡なしのカードローン見つけた

【体験談】ダメ元で銀行窓口で相談してみた結果…

ダメ元で銀行窓口で相談してみる

おまとめローンは金額が大きくなることから、在籍確認をなくすことはかなり難しいです。

その場合おまとめローンを申し込む銀行の窓口まで出向き、融資担当者と直接相談するといい方向に向かうかも知れません。

初めから本人確認書類や収入証明書、顔写真付きの社員証、健康保険証、給与明細書など一式そろえて、じか談判してみるのも在籍確認をなくすための方法となりそうです。

銀行窓口で融資担当者と対面しながら、嘘を吐くことはなかなかできることではありません。

銀行の融資担当者も金融のプロには違いがありませんので、嘘を吐いてもすぐに見抜かれてしまうでしょう。

まずは誠実な態度で、正直に心の内を明かしてみませんか。

「御社で是非おまとめローンを申し込みしたいのですが、勤務先に電話されてしまうとバレた場合困ってしまうのです」などのように、会社が借金をしていることに対して厳しいと融資担当者に訴えることも悪くはありません。

一式そろえた書類を提出することで、もしかしたら在籍確認の代わりとして認めてくれるかも知れません。

おまとめローンを申し込む人の属性によっては、金融機関側でもビジネスチャンスとなります。

したがって、年収が十分にあり、返済能力も申し分ない、信用情報も他社借入状況がすこぶるよく、回し返済をしていないなど、条件はかなり絞られてくるものの、試してみる価値はあるとなるでしょう。

怪しまれないための対策を立てる

SMBCモビットのWEB完結を利用すれば電話連絡なしの在籍確認が可能ですが、気になってくるのが金利設定です。

SMBCモビットは消費者金融カードローンとなるため、金利は決して低いとは言えません。

SMBCモビットの実質年率は3.0~18.0%となっており、審査結果や借入限度額によって金利設定が変わってきます。

おまとめや借り換え目的で利用するため高額借入とはなるでしょうが、銀行カードローン金利と比べれば高い設定となっています。

メガバンクの1つである三菱UFJ銀行のカードローン金利が年率1.8~14.6%であることからもその金利差は歴然であることがお分かりいただけるでしょう。

この金利差が利息にどれくらいの影響を及ぼすのか、試しに計算してみることにします。

借入額 200万円
SMBCモビット 金利18.0% 利息36万円
三菱UFJ銀行 心理14.6% 金利29.2万円

今回は上限金利での計算になりますが、この時点で6.8万円の利息差が出ています。

となれば金利差が大きく影響してくる高額借り入れの場合、できるだけ低金利のところで借入するのが、利用者にとって一番大きなメリットとなってきます。

この利息差は決して無視できる学ではありませんよね。

そこでおススメしたいのが電話による在籍確認があることを前提に、下記のようなバレないための対策を立てる方法です。

  • 時間指定をする
  • 銀行名で電話をしてもらう
  • あらかじめ在籍確認の電話があることを伝えておく

カードローン申し込みで電話による在籍確認を嫌う原因として一番に考えられるのが、消費者金融を利用しているとバレたくないという点です。

ですが申し込み先が銀行であればそんな心配をすることもありません。

よって、銀行から連絡が入ることを伝えておくこともできます。

それでも嫌だというなら、電話連絡をする時間を指定しておけばいいのです。

電話による在籍確認は申込者が在籍しているとわかればそれで終了します。

いなくても「ただいま席を外しています」という返答があればOKですし、仮に電話を変わったとしても電話口であれこれ質問されるようなこともありません。

金利差によるメリットを考えれば在籍確認の方法にこだわるよりも、カードローンの申し込みをしているとバレないための対策を考えた方が絶対に賢い選択となるでしょう。

まとめ

おまとめローン審査では、在籍確認は行われる場合がほとんどです。

複数の借入れをまとめるため金額が大きくなることから、しっかりと返済能力があるのか見るためです。

また、在籍確認が行われるのは審査の最終段階で、在籍確認があると審査終了がもうすぐと言えます。

しかし、在籍確認があったからと言って審査に通ったこと人はならず、在籍確認で審査に落ちる場合があることを忘れないでください。

申込時に間違えて申告した人や在籍確認が取りにくい会社に勤務している人は、在籍確認が取れずに審査落ちする可能性があるので、前もって金融機関の担当者に相談してみるといいかも知れません。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事