500万円以上できれば600万円借りたいときの処方箋

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

500万円以上できれば600万円を借りたいときにカードローンを利用することを考える人はあまりいないのではないでしょうか。

しかし絶対借りることができないとは断言できません。かなり望みは低いかもしれませんが審査の内容によっては500万円を超える金額を借りることも可能です。

この記事はこんなひとにおすすめ

この記事は以下のような人におすすめです。

  • 500万円を超える金額を借りたい人
  • 金利の安い銀行が知りたい人
  • メガバンクとネット銀行の比較をしたい人
  • 「500万円~600万円借りたら、いくら返さなければならないの?」と不安な人
執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<

500万円以上借りたい時にはどの金融機関を選ぶ?

カードローンで500万円借りるとなるとかなり大掛かりなような気がします。

「自分の信用で借りられるのか」と不安になることもあるでしょう。

しかし選ぶ金融機関によっては、希望通りの融資を受けられる可能性はゼロではありません。

500万円借りたいと思ったら、利用したい金融機関の審査基準などをよく確認する必要があります。

消費者金融では無理?

金融機関を選ぶ場合には、ホームページなどで申込条件をよく読んでみましょう。

審査基準は「年収」「雇用形態」「年齢」などが主ですが、他にも「勤続年数〇年以上」などと細かく決まっているところもあります。

ここに書かれている条件は、カード会社からの最低限の融資条件であると考えてください。

たとえば、勤続年数〇年以上となっているのに、転職したばかりであったり、転職を何度も繰り返している人は審査に通る可能性は低いです。

カード会社が勤続年数にこだわるのは返済能力を図るためであるといえます。

「とりあえず申込だけでも…」と思って申込むのもOKですが、ほぼ審査には通らないと考えられるので、できればパスして他のカード会社にしたほうが無駄な労力を使わなくて済みます。

消費者金融で500万円以上は無理?

500万円以上の金額を借りたいときに消費者金融カードローンを利用することは難しいことになります。

その理由は総量規制にあります。

総量規制は個人が借りられる上限額を年収の1/3までと定めているため、500万円を借りたい場合の必要年収は1,500万円、600万円を借りたい場合の必要年収は1,800万円になります。

ひと昔前まではこのような規制はなかったのですが、借りすぎて破産に追い込まれる人が多かったため一定の制限を設けることになりました。

これによって借りすぎによる破綻から消費者を守ろうとしたわけです。

平均的なサラリーマン年収は400万円から500万円といわれていますから、よほどの高収入でない限り、消費者金融カードローンを契約して500万円を超えるような金額を借りることはできません。

たとえばプロミスであれば最高融資限度額は最大で500万円です。

600万円を借りたい人にとってはあと100万円足りません。

アコムやアイフルを利用すれば最高融資限度額は800万円ですので、1社で借入を完結したい場合は有効です。

ただし不動産担保ローンや事業性資金として借りる場合は総量規制の除外貸付となりますので、自宅を担保に入れてでも500万円から600万円のお金を借りたいという希望が強いのであれば、検討する余地はありそうです。

関連記事をチェック!

10423view

総量規制超えた!オーバーした場合でも借りれる消費者金融

総量規制以上の借入となると高額の借金になってしまいますが、どうしても必要となる場面がでてきます。 消費者金融は借入れの手続きが楽なのですが、総量規制以上の借り入れとなると難しくなります。 そこで、...

500万円~600万円借りるなら銀行に相談する

600万円借りるなら銀行に相談する

いくら年収が高くても多額の金額を借りるのであれば、できるだけ金利が低いほうがいいに決まっていますね。

初めから500万円以上600万円の借り入れをしたいのであれば、まずは銀行に相談するのがおすすめです。

しかし年収以上の金額を借りるにはカードローンでは実現することができません。

銀行カードローンの融資額は年収の1/2までとなっていることが一般的です。

銀行で500万円以上借りるにはどうする?

銀行で500万円以上借りるには、最高で800万円や1,000万円など限度額も高いカードローンがよいでしょう。

しかし銀行のカードローンといってもどこでもいいわけではありません。

それぞれの銀行の融資条件をチェックして、少しでも審査通過率を上げていきましょう。

また返済が長期にわたる場合は利息も選ぶ上での重要なポイントとなってきます。

まずここでは銀行のカードローンの種類について見ていきましょう。

銀行カードローンで借りる

銀行カードローンでも三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックのように、最高融資限度額を500万円と設定している銀行もありますので、600万円借りたい人にとっては物足りません。

その場合は最高融資限度額を800万円以上としているみずほ銀行などの利用を検討してみましょう。。

気になる金利ですが、500万円で間に合うなら、バンクイックなら年1.8%の低金利で借りられます。

関連記事をチェック!

738view

バンクイックで適用金利を引き下げてもらうにはどうすればいい?

カードローンを利用するときには誰しも、「できるだけ低い金利を適用してほしいなぁ」と思いますよね。 願い虚しく高めの金利が適用されてしまったとしても、利用していく中で金利を引き下げるチャンスがあるので...

目的ローンで借りる

500万円以上600万円の金額が必要ということは何か目的があるのでしょうか。

目的がある場合は目的ローンで借りると金利も低く抑えられます。

返済期間は銀行によって違うものの10年以内の返済となることが多いです。

リフォームローンやマイカーローン、教育ローンなど目的によって金利は多少前後し、金利はおよそ年3%から5%弱の範囲内で収まりそうです。

しかし500万円以上の金額を借りるには担保を差し入れしないと難しいでしょう。

その点リフォームローンなら1,000万円までなら借りられることもあります。

フリーローンで借りる

フリーローンも最高融資限度額が500万円を超えることはなかなかありません。

無担保・無保証なら、借りられたとしても300万円まで、不動産などを担保にするのであれば担保価値により最高1億円までなら借りられることもあります。

金利は300万円の無担保なら年6%弱、有担保なら年3%弱となります。

関連記事をチェック!

1171view

フリーローンで400,500,600万円借りたい!審査内容や注意点

車などは目的がある借り入れになりますが、生活費で高額な資金が必要なときもあるでしょう。 手元にお金があればよいのですが、なかなか高額になるとそうはいきません。 資金調達を考えるときに金融機関のロー...

500万円や600万円を借りると返済額はどうなる?

500万円や600万円を借りると返済額はどうなる?

お金を借りると一体どのくらいの返済額になるのでしょうか。

少し具体的に、金利が年6.0%とした場合にどのくらいの返済額になるのかを表にまとめてみましたので、借りるときの参考にしてみてください。

返済年数500万円借りたとき600万円借りたとき
5年毎月9万6,664円11万5,997円
総額579万9,843円695万9,806円
10年毎月5万5,510円6万6,612円
総額666万1,230円799万3,495円

こうしてみると、やはり毎月少なくない額を長期間にわたって返済しなければならないことがわかります。

カードローンは借金であり、返済によってライフバランスが崩れてしまっては本末転倒です。

収入と支出のバランスをよく考えた上で、慎重に無理のない返済計画を立てる必要があります。

関連記事をチェック!

2321view

400万円の借金を返済するには

「借金の返済」と言葉にするのは簡単ですが、実際に行うのは容易くはありません。特にそれが400万といったような高額な金額になった場合にはなおさらです。 今回はそんな借金の返済に関して、返済計画や支...

500万円以上借りる事ができる銀行カードローン

500万円以上の融資を受けたい場合は銀行に頼るのがいいでしょう。

ここでは500万円以上の融資が受けられる銀行をまとめましたので、利息なども照らし合わせてベストな借入先を見つけてください。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンは10万円の少額から800万円の大口の貸付までを行っています。

金利は年4.0%~14.5%と低金利で、例えば2万円と一週間借りた場合の利息は約55円となります(年利14.5%で計算の場合)。

近くのコンビニでいつでも借入や返済ができるので、銀行に行く時間がなくても問題ありません。

また申込時に来店の必要がなく、申込書類もWEB上で提出が可能です。

三井住友銀行の口座がなくてもOKで、保証人が不要なのもうれしいポイントです。

申込条件・申込時満20歳以上満69歳以下の人
・安定収入のある人(原則)
・三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人
※申込は本人に限る
限度額10万円~800万円まで(1万円単位)
返済方法ATMでの返済
・三井住友銀行本支店ATM
・コンビニATM(イーネットATM、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATM)
・ゆうちょ銀行ATMローン専用口座のみの場合は期日までに口座へ入金返済用貯金口座へ期日までに入金
金利4.0%~12.5%
最低返済額月2,000円
500万円、600万円借りた場合の金利・500万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年7%で計算月々返済金額: 58,054円
合計返済金額:6,966,435円・600万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年6%で計算

月々返済金額: 66,612円
合計返済金額:7,993,411円

利息は金融情勢などにより見直しがある場合があります。

みずほ銀行カードローン

メガバンクのひとつであるみずほ銀行のカードローンは、年2.0%~14.0%とかなりの低金利での借入が可能です。

さらに、みずほ銀行住宅ローンを利用すればカードローンは金利が年0.5%引き下げられます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

24時間いつでも申し込める上、WEBで完結するので来店や郵送の手間がありません。

みずほ銀行のキャッシュカードを持っている人は、キャッシュカードにクレジット機能をつけることもできるので、カードを無駄に増やすこともなくなります。

コンビニATMでの返済も利用でき、月4回までなら手数料は無料です。

申込条件・申込時に満20歳以上満66歳未満の人
・継続的な安定収入が見込める人
・保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられる人
限度額10万円~800万円
返済方法みずほダイレクトでの返済
自動引き落とし
金利年2.0%~14.0%
最低返済額500万円超600万円以下の場合:月6万円
500万円、600万円借りた場合の金利・500万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年5%で計算月々返済金額: 53,598円
合計返済金額:6,378,200円・600万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年4.5%で計算

月々返済金額: 62,831円
合計返済金額:7,476,907円

利息は金融情勢などにより見直しがある場合があります。

オリックス銀行カードローン

来店不要、口座開設不要、保証人不要で利用できるのがオリックス銀行カードローンです。

借入が30万円以下であれば月々の返済は7,000円でもOKなので返済もしやすいでしょう。

返済時の手数料も、提携ATMを利用すれば0円なので、余計な負担がありません。

利用可能ATMは全国に99,000台以上(2018年2月末現在)もあるので、利用しやすいのもポイントです。

申込条件・申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の人
・安定収入のある人
・日本在住の人(外国籍の場合、永住者または特別永住者)
限度額10万円~800万円まで(10万円単位)
返済方法

口座引落

ATM返済
・セブン銀行
・ローソン銀行
・コンビニATM イーネット
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
・西日本シティ銀行

返済専用口座への振込

金利年利1.7%~17.8%
最低返済額月7,000円より(借入が30万円以下の場合)
500万円、600万円借りた場合の金利・500万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年5.8%で計算月々返済金額: 55,618円
合計返済金額:6,618,487円・600万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年5.8%で計算

月々返済金額: 66,742円
合計返済金額:7,942,184円

利息は金融情勢などにより見直しがある場合があります。

楽天銀行カードローン

スマホからの申込OK、必要書類も楽天アプリからの提出OKという手軽なカードローンです。

銀行系カードローンではパート、アルバイト、専業主婦も申込OKというのが大きなメリットでしょう。

また楽天を普段からショッピングなどで利用している人は会員ランク(ダイヤモンド、ゴールド、シルバーなど)によって審査が優遇されます。

コンビニでのATM手数料が0円(一部を除く)であることも、無駄な出費がなくてよいでしょう。

申込条件・申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の人
・楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる人
・安定収入のある人
・日本在住の人(外国籍の場合、永住者または特別永住者)
・専業主婦、パート、アルバイトの人でもOKですが60歳以下に限ります。
限度額10万円~800万円まで(10万円単位)
返済方法

指定口座からの自動振替

提携ATM
・セブン銀行
・ローソン銀行
・コンビニATM イーネット
・イオン銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行

インターネット返済
ペイジーを利用したインターネット返済ができます。

金利年1.9%~14.5%
最低返済額月2,000円
500万円、600万円借りた場合の金利・500万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年4.5%で計算月々返済金額: 52,359円
合計返済金額:6,230,755円・600万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年3.0%で計算

月々返済金額: 58,499円
合計返済金額:6,961,443円

利息は金融情勢などにより見直しがある場合があります。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの一番のポイントは、初めての借入の場合、30日間は利息が0円になることです。

銀行系ではかなりめずらしいのではないでしょうか。

口座を持っていれば、申込はネット、審査結果もメールで通知されるため電話連絡などで手間取ることもありません。

また銀行によっては「〇万円単位」とあることが多いですが、ジャパンネット銀行ではこのような制限はありません。

例えば、オンラインで10,000円の支払いをしたいけれど、口座に9,872円しかない時でも半端の128円を自動で借りられます。

関連記事をチェック!

702view

ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回はジャパンネット銀行「ネットキャッシング」について説明したいと思います。 この記事はこんな方におすすめです ジャパンネット銀行の口座を持っている人 ...

申込条件・申込時の年齢が20歳以上70歳未満の人
・安定収入のある人
・ジャパンネット銀行の口座を持っている人(なければ同時申込可)
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人
限度額数万円~1,000万円(端数OK)
返済方法自動引落
金利年2.5%~18%
最低返済額月3,000円(残高10万円以下の場合)
500万円、600万円借りた場合の金利・500万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年5.5%で計算月々返済金額: 54,855円
合計返済金額:6,527,749円・600万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年5.0%で計算

月々返済金額: 64,318円
合計返済金額:7,653,85円

利息は金融情勢などにより見直しがある場合があります。

住信SBIネット銀行カードローン

最高1200万円、金利が0.99%からとかなりの低金利が魅力なのは住信SBIネット銀行カードローンです。

住信SBIネット銀行に口座がないと申し込みができませんが、カードローン申込時に一緒に作れるので心配はいりません。

所定の条件を満たせば、年利はさらに安くなるので、条件が合えば非常にお得なカードローン言えます。

申込条件・申込時年齢が満20歳以上満65歳以下の人
・安定収入のある人
・パート、アルバイト、派遣社員でもOK
・外国籍の場合は永住者
・ 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、住信SBIネット銀カード株式会社)の保証を受けられること
・住信SBIネット銀行の普通預金口座がある人(なければ同時申込可)
限度額10万円~1200万円
返済方法

自動引落

ATMでの返済
・イオン銀行
・セブン銀行
・ローソン銀行
・コンビニATM イーネット

金利0.99%~14.79%
最低返済額月2,000円から(残高によって変動)
500万円、600万円借りた場合の金利・500万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利は基準の金利:年3.99%で計算月々返済金額: 51,114円
合計返済金額:6,082,519円・600万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利は基準の金利:年3.99%で計算

月々返済金額: 61,337円
合計返済金額:7,299,035円

利息は金融情勢などにより見直しがある場合があります。

横浜銀行カードローン

パソコンやスマホで24時間申込ができ、来店不要なカードローンです。

借入は1,000円から可能なので、日常の「少し足りない」に便利です。

ATM口座からの返済は一部を除いて無料であるため、返済しやすいのも大きなメリットでしょう。

申込条件・申込時満20歳以上69歳以下の人
・安定収入のある人、もしくはその配偶者
・パート、アルバイト、年金受給者もOK。学生は利用できません。
・神奈川県内全地域
東京都内全地域
群馬県内の以下の市
前橋市、高崎市、桐生市
に住んでいる、もしくは通勤している人
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる人
・個人情報の取扱いに同意できる人
限度額1千円~1,000万円
返済方法

自動引落

はまぎんマイダイレクト

ATMからの返済
・横浜銀行ATM
・セブン銀行
・コンビニATM イーネット
・ローソン銀行
・イオン銀行

金利年1.9%~14.6%
最低返済額月2,000円(残高が10万円以下の場合)
500万円、600万円借りた場合の金利・500万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年4.5%で計算月々返済金額: 52,359円
合計返済金額:6,230,755円・600万円借りた場合
返済期間 120ヵ月・金利年4.0%で計算

月々返済金額: 61,366円
合計返済金額:7,302,537円

利息は金融情勢などにより見直しがある場合があります。

銀行で借りるときのコツ

銀行で借りるときのコツ

銀行の審査は一般的に厳しいと言われています。

なぜならば、銀行は消費者金融系より個人融資に関するノウハウが少ないことや債権不良をなるべく避けたがるからです。

メガバンクほど融資条件が厳しいのはそのためなのです。

では、そんな銀行の審査では、どのようなことをやっているのでしょうか。

カードローン・目的ローン・フリーローンなどの補償や担保のない貸付は返済できるかどうかが重要な審査項目となります。

これを審査するため、銀行ではよく返済比率を基準にしています。

返済比率とは、借金の返済額がその人の収入のどれくらいを占めることになるかという割合のことで、以下のように計算します。

返済比率(%)=(一年間の返済総額)÷(年収)×100

一般的には、この返済比率が40%以下であれば、その人に返済能力があると判断されるようです。

返済比率20%,25%,30%,35%,40%,45%などは
今までの、経験値から、この年収の人なら、この属性の人ならここまで大丈夫
というのを、持っていて、各銀行保証会社で線引きしています。

審査金利も申込金利、基準金利、3%,3.5%など銀行によって経験値、地域性などから独自で決めています。

<引用:ヤフー知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10138767585?__ysp=6L%2BU5riI5q%2BU546HIOmKgOihjA%3D%3D)

これを前に説明した金利6%で500万円を10年かけて返済する例で考えると、年収が167万円あれば大丈夫と考えられます。。

もちろん銀行の審査はこれだけではなく、職業や勤続年数なども審査の対象になります。

とくに、勤続年数は安定した収入にも繋がるため重要視されることが多いです。

転職直後は審査に通りにくくなるので、できれば少し時間が経ってからか、転職する前に借りるのがいいでしょう。

また、時間がある程度あるのであれば、いきなり500万円や600万円を狙うのではなく、低めの額から利用して、信用を積み上げたのちに増額を狙うのが確実です。

家を購入のケース

家を購入する際に500万円足りない状況は新車の購入の500万円足りないのとは大きく意味合いが異なります。

家を購入する際、500万円足りない状況で想定される1番可能性の大きいのは、ある程度自己資金があり、あと希望物件まで500万円足りないという状況です。

ここまで、自己資金があるのなら住宅ローンを申し込めば、500万円はあっさり貸してくれる可能性が高いです。自己資金を持っているのは非常に住宅ローンを組む金融機関からしてみたら、非常に心象が良くなります。

例えば2000万円の物件が希望であれば1500万円は用意できている訳ですから、3/4は既に物件購入価格を用意できていると言う事です。

これは非常に大きいですね。借り方としては、頭金1500万円の500万円の住宅ローンですから、かなり好条件の住宅ローンになる可能性が極めて高いと思います。

ここは、アドバンテージ握る事が出来ます。後は金利の問題ですね。500万円を返済するにあたって、幾ら返済をすればいいのか?これは返済期間との兼ね合いになってきます。

50万円から80万円の間だと思います。利息で消えていくお金に関しましては。但し、ここで設定した条件はかなり良いですからね。条件の悪い住宅ローンだと、金利も高くなります。

開業資金の場合

開業資金の場合は、消費者金融などで、何とかなる事もありますが、流石に全額は不可能です。真剣に開業資金と言う事なら、銀行で融資を受けるのが1番だと思います。

しかし、銀行は1番ハードルが高いです。銀行系カードローンではありません。直に銀行から開業資金を借りる訳ですから、かなりのプレゼン能力と、完璧な事業計画書が必要になってきます。

この2つを先ずは軽々とやってのけないと、銀行からの直の融資は厳しいでしょう。

これから、会社を設立して利益を出していくわけです。その人が完璧なプレゼンと事業計画書を提出し、アピールする事ができなければ融資される事はないでしょう。

先ずは、お金を借りる前に銀行対策をする事が重要になってきます。

関連記事をチェック!

1584view

銀行の開業融資は審査が厳しい!じゃあどうすればいいの?

開業するのに資金が必要です。 それでは開業のための資金はどこで借りればいいの?やっぱり銀行? そう思われる方は少なくないです。 確かに資金融資となれば真っ先に思い浮かぶのが銀行でしょうが、こと開...

車購入のケース

車を購入する際、500万円足りないと言う事は全くローンなどからの借入をしていない状態です。

ローンを組んで500万円足りないのなら、相当な高級車と言う事になりますが、現実的にはあり得ない話です。ここは先ず、ローンを組む事からはじめないといけません。但し、マイカーローンと言ってもピンからキリまでです。

つい、金利の高い金融機関と契約してしまうケースもありますから、この点は非常に注意が必要です。先ずは、ネットでリサーチした方がいいでしょう。

何も情報を持たず丸腰の状態で、契約するのだけは避けなければいけません。

運よく金利の低い金融機関等に巡り合う可能性も無きにしも非ずですが、全体的な傾向からみても『もう少し勉強しておけばよかった・・・』このような後悔の弁を述べる人もいます。こうなっては遅いのです。

これを回避するには徹底的にリサーチする事です。何事も経験値がものをいって来ます。最初から努力しないで楽にお金が用意出来る程甘いものではありません。

少しは自分で勉強しなければいけません。500万円と言う金額の車を購入するには、マイカーローンを組まずして、新車を購入するのは不可能です。金利の低いマイカーローンを選択しましょう。

関連記事をチェック!

5425view

自動車ローンを組みたい。組み方と審査基準【未成年もOK?】

自動車を買うときには、お金に余裕がないと、一括で購入するのはなかなか難しいでしょう。 そんなときに申し込みを考える人が多いのは、金融機関の自動車ローンではないでしょうか。 今回は自動車ローンの申し...

借金をおまとめする

お金を借りていると、借金が癖になってしまう事があります。これは良くないですね。ただ、借金をすると一時的に楽になってしまいます。ここが思わぬ落とし穴です。

借金をして豪華な食事をした時は気分も上々なのですが、確実に借金が増えていきます。

最初はあと少し・もう少しなのですが、ある一定のラインを超えると、もうどうせ返せないのだからどうにでもなれと考える人が出てきます。自

暴自棄になってしまうと言う事ですね。ここが1番大金ポイントです。またどうしても、借金に頼らざるを得ない家庭もあります。

頑張って返済してきたがもうこれ以上の返済は厳しいと言う状況になってきます。こういう時は、もう無理をしないで債務整理を選択する事です。

債務整理について

債務整理は誰でも行使できる権利です。先ずは弁護士さんの無料相談を受けてみるといいでしょう。

ここで方向性を弁護士さんは債務金額と年収を加味して、自己破産が相当や、個人再生が相当など判断してくれます。ここは素直にスペシャリストの言う事に耳を傾けるべきです。

返せないものは返せないではお金を貸した方にしてみたら堪りませんが、自己破産を申し立て、裁判所が免責決定をだしたら、もう金貸しはどうにも出来ません。1度人生をリセットする事も考えないといけません。

債務整理におけるデメリットは自己破産の場合、最低7年間は再び自己破産が出来ません。また7年から10年はカードローンなどが組めません。

個人再生・任意整理・特定調停の場合は、完済後5年間はカードローンなど組めません。それでも、借金がチャラになったり大幅減額されるのですから、カードローンが5年間組めない事位、大した事はありません。

おまとめローンのメリット、デメリット

むしろ、再びカードローンに嵌らないようにカードローンなど組めない方が幸せです。

後は多重債務状態で最後の望みとなるおまとめローン金利面で優遇され返済先が1社になる大きなメリットがありますが、メリットがあると言うことはデメリットがあると言う事です。

先ず、おまとめローンの審査に通過するには、債務整理一歩手前では審査は通りません。少し借りすぎたかな?この様な段階でおまとめローンを申し込めば審査に通る確率は高いです。

ここでおまとめローンのデメリットを書きます。金利も低くなり、返済先も1社。

全てはおまとめローンにした人に有利に見えますが、実は返済回数が多くなると、普通に返済しておいた方が返済額が低くなると言う逆転現象が起こります。


審査通る?借り換えカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%、最短1時間
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
>>公式サイトを見る<<
プロミスレディース
プロミスレディース
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
女性スタッフのみ対応
・24時間365日申込OK
>>公式サイトを見る<<

まとめ

銀行カードローンを使っても最初から500万円以上600万円程度の金額を借りるには、少なくとも年収がある程度なければ非常に難しいものがあります。

そのため、使い道がはっきりしているなら目的ローンを検討するのがよいでしょう。

ただし銀行によっては借りられる上限金額が低い場合もありますので、それぞれの銀行の特徴を確認してみましょう。

500万円以上の金額を借りる場合は事前にいくらまでなら借りられるのかを確認しておくことが必要です。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 飛雄馬先生さん|2018-11-05 09:22:27

    こんにちは。
    深刻な状況ですね。借金総額380万円相当で、給料が14万円では支払いも追いつかないでしょう。自己破産で免れるのはクレカのみ、慰謝料は免れません。調停を行ってしはらっているなら、最悪給料が差し押さえの対象になってしまいます。解決方法としては弁護士ですね。慰謝料を含めた任意整理を依頼するのがベストな選択だと思いますよ。

  2. ちぃさんさん|2018-11-04 11:57:54

    クレジットカードの支払いが全部で80万ぐらい、
    慰謝料が全部で300万残ってて
    私はアルバイトなので月、14万ぐらいしか手取りがない状態です。
    この場合自己破産した方がいいですか?

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談