総量規制オーバーでも借りられる消費者金融【元審査担当が語る】

最初はちょっとだけ、と思いお金を借り始めたはいいものの、気が付くと複数社で借金も増えるばかり。あっと気が付くと年収の1/3まで借金が積もることも多いです。

日本では貸金業法により、貸金業者は年収の1/3以上貸し付けることができないことになっております。今回は、本来できないはずの消費者金融からの総量規制をオーバーした借入を可能にすることはできないのかを考えてみましょう。元審査担当者が、業界事情について語ります。

執筆者の情報
名前:小川 馬吉(仮名)
年齢:39歳
性別:男性
職歴:大手消費者金融貸付業務に従事

審査に通る?人気のカードローン

カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
500万円
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アイフル
レディースアイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・パート主婦OK
・最大30日間無利息
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.0%~18.0%
最短即日
500万円
新規の方は30日間、又は5万円180日間無利息
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<

総量規制オーバーでも借入したいとき

総量規制をオーバーしても消費者金融から借入したいなら、方法は二択です。

  • 総量規制の例外枠で借りる
  • 総量規制の除外枠で借りる

冒頭でも説明した通り、総量規制をオーバーすれば消費者金融から借りるのは基本的に無理でなので、特別な方法が必要となります。

例外・除外については後述しますが、まずは業界事情を知っておく必要があります

貸金業者が年収1/3以上貸し付けた場合は行政処分

貸金業者は、総量規制の金額を超えての貸付は絶対に行いません。

明らかに総量規制をオーバーして貸付してしまうと貸金業法違反になってしまい、規制に違反すると、最悪の場合一定期間の営業停止となってしまうため、貸付は出来ないのです。

カードローン会社は、あなたの借金の金額を個人信用情報を開示することで確認できますので、借金の額を確認後、年収の1/3を超えないように融資されるのです。

私が審査担当者だったころは、目の前に参考表というものをはっておりました。コレ↓ 縦軸が年収。横軸が他社借入額です。

%e5%8f%82%e8%80%83%e8%a1%a8
消費者金融の場合、総量規制を第一に考えてカードローン審査が行われるようになっております。

もし総量規制オーバーでも借りれる消費者金融があるとすれば、それはいわゆる闇金と言われる所なので、絶対に利用してはいけません。

総量規制をオーバーした場合どうなる?

総量規制はあくまでも目安です。

当然、消費者金融でお金を借りている人の中でも、たまたまお金を総量規制以上借りてしまっている(借りることができた)人もいます。

当サイトの馬太郎も年収400万円にもかかわらず、カードローン4社の限度額合計が210万円になっております。

カードローンを契約したが実際に借入をしていない場合、借入額は0円と信用情報に登録されるため、馬太郎は限度額でいうと210万円分の枠があるのです。

しかし、総量規制をオーバーしたからといっても法的な罰則があるわけではありません。

総量規制というのは消費者金融が年収の3分の1を超えて貸付してはいけないという決まりであって、利用者が借入してはいけないということではないのです。

また、総量規制をオーバーしたからと言っていきなり消費者金融が取り立てに行く事もありません。

普通に総量規制オーバーした分をカードローン会社に返済してくれれば問題のない話です。

追記:どうやら日本貸金業協会のホームページでも言及されておりました。

年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、貸金業者から新規の借入れができなくなるだけで、直ちに年収の3分の1までの返済が求められるわけではありません。

契約どおりに返済を続けてください。また、年収の3分の1を超える借入れがあるからといって、利用者の皆さんが行政処分を受けたり、刑罰を科されることはありません。
http://www.0570-051-051.jp/contents/faq/regulation.html

関連記事をチェック!

総量規制を超えた,オーバーした場合はどうなるの?

カードローンがある日突然、利用できなくなったとか、何の問題もないはずなのに、新たにカードローンに申し込みの審査が通らなかった。 こんな経験のある方は総量規制に引っかかっている可能性があります。総...


関連記事をチェック!

年収3分の1の計算方法とは?総量規制だけを鵜呑みにしない!

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に必ず聞くのが、総量規制という言葉。 2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された法律です。借入者の自殺者増加を防ぐため...

返済して総量規制内に戻した場合

では総量規制オーバーした場合にお金を返金して総量規制内に再度もどせば、再び借入額は通常に戻るのか、というとそうではないです。

総量規制をオーバーした時点で、全ての消費者金融は新たな貸付を行うことは出来ません。年収300万円の人なら100万円借りた時点で通常はこれ以上借りる事は出来ません。

ここで2万円返して98万円にした程度では総量規制内に戻りますが、先ずお金を借りる事は出来ません。20万円位返済し80万円位になれば、ようやく借りる事が出来るラインです。

また総量規制は本来、貸金業者にのみ適用される法律ですが、銀行カードローンも総量規制を取り入れつつあります。

かつて銀行は年収の1/3以上でも申込者に貸し付ける(申込者の立場からするとお金を借りる)ことができ、2017年頃まで銀行の大きな収入源となっていました。

しかし総量規制は、消費者が債務に苦しみ自殺する人が多数出てきたことを背景とし、貸金業者の過剰な貸付を制限するという趣旨から、生み出された概念でした。

銀行カードローンがその抜け道になって借金を助長しては、意味がなくなってしまいます。そこで金融庁等からも、指摘を受けるようになりました。

2017年よりメガバンクを筆頭に、銀行でも総量規制相当の自主規制を取り入れつつあります。

関連記事をチェック!

金融庁が銀行カードローンを牽制!?自主規制の影響は?

銀行カードローン(無担保)の運用状況について金融庁が問題視し始めているという情報が流れています。銀行に対する規制が強化されれば、借入する側にも悪影響が出る可能性があります。 執筆者の情報...

総量規制オーバーでも借入する方法

では、総量規制オーバーでも借りれる消費者金融はないのでしょうか。

結論から言えば、総量規制オーバーが分かっているのに貸してくれる消費者金融はありません。

もしあるとすればそれは闇金融です。

しかし、総量規制という法律をすでに破っている会社が他の法律をしっかり守っているとは考えにくく、違法な取り立てや金利が待っていることが容易に想像できます。

実は正規の消費者金融から総量規制オーバーで借りる方法が全く無いというわけではないのです。

借入しなければ総量規制オーバーにならない

先ほど、馬太郎は年収400万円なのにカードローンの枠が210万円あると言いましたが、年収の3分の1どころか、2分の1を超えており、明らかに総量規制オーバーですね。

まだ借入はしていないため、実際に総量規制オーバーではありませんが、全てを限度額いっぱいまで借入すれば年収の3分の1を超える借入ができます。

この方法を使えば多くの人が総量規制オーバーでも借入可能になるのです。

つまり、カードローンで借入をした後では総量規制をオーバーしないような限度額しか与えられませんが、限度額があるだけでは借入とはならず、大きな限度額が与えられる可能性があるということです。

年収300万円の人がA社限度額80万円から全額借入していればB社からは最大でも20万円の限度額しか与えられませんが、実際の借入が0円ならB社から100万円の限度額が与えられるかもしれません。

後はカードローンを作ってから、まとめて利用すれば総量規制オーバーでも借入可能となります。

しかし、この方法で総量規制オーバーの借入をしても、消費者金融は途上与信といって利用者の状況を定期的にチェックしていますので、いずれバレるということは覚えておいてください。

例外や除外となる借入なら可能

消費者金融は総量規制の対象ですが、消費者金融からの借入でも総量規制の「除外」や「例外」となる借入も存在します。

除外となる借入は、銀行からの借入のように総量規制の借入計算に含まれず、いくら借入していても総量規制オーバーとなることはありません。

年収300万円の人が消費者金融カードローンで100万円借入していても除外となる借入は可能ですし、除外となる借入を100万円利用していても消費者金融カードローンから借りることができるということです。

一方、例外となる借入は総量規制の借入計算に含まれますが、審査次第では総量規制オーバーでも借入可能となるものを例外と言います。

消費者金融カードローンから100万円の借入をしていても例外の借入ができるという点は除外と同じですが、例外の借入が100万円あると消費者金融のカードローンは利用できないのです。

総量規制の除外と例外には以下のものがあります。

例外除外※日本貸金業協会公式サイトより引用

例外の一番上に書いてある「顧客に一方的有利となる借換え」というのは、いわゆる借り換えローンやおまとめローンのことです。

簡単にまとめると…

■除外:担保がある借入

■例外:おまとめローンや医療費、事業ローン

…となります。

これらの種類であれば、消費者金融から総量規制オーバーでも借入可能なのです。

なお、おまとめに関しては、アイフルやアコム・プロミスなど大手消費者金融で専用のローンを用意しています。

最大の特徴は「一度借りたら、返済のみ」ということ。そして金利がやや低くなること。これが顧客に一方的有利となる」とされるゆえんです。

金利負担を軽減!審査通る?借り換えカードローン

借り換えを行う場合、資金用途を「借り換え」と申告する必要があります。利用目的に借り換えの記載がない場合、申込完了後に必ず電話で「借り換えしたい」旨を伝えましょう
カードローン実質年率
最短融資
最高限度額
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
1秒で融資可能か判断
・最大30日間無利息
・来店不要でネット完結
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
800万円
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

嘘をついても意味がない

これ以外の方法だと他社借入や年収で嘘をつくという方法が考えられます。

しかし、 他社借入は信用情報に記載されていますので間違いなくわかります。

正規の金融機関が信用情報を確認しないということはありえません。

年収に関しても、収入証明書の提出が必要な場合は意味がありませんし、他の属性から考えてあまりに不自然であれば怪しまれてしまいます。

嘘をついて総量規制を突破するというのは不可能と考えてください。

関連記事をチェック!

カードローン年収の嘘は意外とバレません【消費者金融業者が語る】

なぜ借入審査のときに嘘を書いてしまおうと思うのでしょうか? それは少しでも借りる確率を上げたいと考えてしまうからです。しかし、嘘はばれます。特に他社借入は直ぐにばれてしまいます。 それでも...

銀行カードローンでおまとめローン

過剰貸し付けを規制するため、銀行も総量規制相当の自主規制を行っていると述べました。しかし、おまとめローンは、本来多重債務者の負担を軽減するための商品です。

おまとめローンで返済金額、金利の軽減

おまとめローンとは複数の借金を1社にまとめることができるローンのことを言います。

omatome

低金利の銀行カードローンでおまとめすることで、金利を抑えることができ+月々の返済額を抑えることができます。おまとめローンは他社の借金を1社にまとめるため、1社での借入額が多くなります。

利息制限法により、カードローン会社は融資額が増えるにつれ金利を下げる必要があります。

したがって申込者の立場からすると、複数社で分散して借入するよりも1社でまとめて借入したほうが、金利は安く済むのです。

但し、「おまとめや借り換えといった文言も、過剰貸し付けを助長する」という考えから、銀行の公式HPから「おまとめローン」という文言が消えつつあります。

そんな中、東京スター銀行は公式HPでも、おまとめローンを取り扱っています(2018年5月現在)。

低金利(年利12.5%)かつ、返済専用ですので、借金返済を目的とする場合は、非常に有効な手段と言えます。

関連記事をチェック!

おまとめローンとは

おまとめローンとはローンの仕組みを理解することが重要です。今回ご説明するのは複数借金を抱えている人に有効な方法、おまとめローンの概要です。 誤った選択をしてしまうと逆効果となってしまいます。使い...

総量規制オーバーでも借入可能なところ

銀行のほかにも総量規制オーバーで借入可能なところも一応存在しますので、最後に紹介します。

ただし、どれも実際に利用するのはやめておきましょう。

闇金

闇金は皆さんご存知だと思いますが、違法な貸金業者のことです。

法外な金利での貸付や法律で禁止されている方法によって強引に取り立てをするため、総量規制オーバーでも構わず貸付しており、ブラックの人でも借りることができることが多いです。

言うまでもなく危険なので利用してはいけません。

関連記事をチェック!

闇金とは法外な金利で貸付する業者

貸金業者の登録書。闇金業者も実は登録している。この簡単な書類に記入して、数万円支払うだけで都道府県から認められる 闇金(闇金融)業者をテーマとした漫画が映画化されたことから、闇金業者に興...

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化とは、クレジットカードで購入した商品を、業者に購入金額より安く買い取ってもらうことで現金を手に入れるという方法です。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外のため、この方法によって総量規制オーバーの借入をしたのと同じことになります。

しかし、この方法はクレジットカードの規約によって禁止されており、判明すればカードの利用が停止されてしまう恐れがあります。

関連記事をチェック!

クレジットカードのショッピング枠を現金化するとブラックに?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する。いかにも合法的であるかのような広告をよく見かけますね。 個人で現金化するのはアウトでも現金化業者を利用すればセーフ。こんなまことしやかな噂も流れてい...

個人間融資

個人間融資というのは、インターネットの掲示板上でお金を貸してくれる人を探し、その人と個人的にお金の貸し借りを行うという方法です。

個人的な貸し借りなので総量規制オーバーでも相手の判断次第でいくらでも借りることはできますが、なにせインターネットで相手を探すわけですからどんな危険が潜んでいるかわかりません。

関連記事をチェック!

【悲報..】お金を貸してくれる個人間融資掲示板は闇金だったw

最近周りで耳にする「個人間融資」を御存じでしょうか 私もこの歳になるまでに昔のサラ金、消費者金融、果てはヤミ金まで経験が有りましたが、この「個人間融資」だけはさしもの経験がなく、丁度資金に困って...

関連記事をチェック!

個人間融資による被害者の悲しみ

皆さん個人間融資という言葉をご存じですか、最近この個人間融資による被害者が振り込み詐偽の被害をしのぐ程増えてきています。その背景には様々な原因があります。 今回は個人間融資体験レポート第2段とし...

まとめ

通常の利用では総量規制オーバーで消費者金融から借入することはできませんので、借入を一旦我慢してまとめて借りるか、除外や例外の借入を行うしかありません。

もし年収や他社借入で嘘をついても、消費者金融は簡単に確認することができます。

銀行カードローンなら安全に総量規制オーバーの借入が可能…というのは過去のお話。現在は銀行でも総量規制相当の自主規制が行われています。

また闇金、クレジットカード現金化、個人間融資は総量規制オーバーでも借入可能ですが、どれも非常に危険なので利用してはいけません。

関連記事をチェック!

借金限度額いっぱいでも借りられるキャッシング

お持ちのカードローンが限度額いっぱいでもキャッシングを行いたい場合は 現在のカードローンを増枠する 新規でカードローンを作る という方法があります。 追加借り入れではなくお...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
プロミス
アコム
新生銀行カードローン レイク

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  2. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  3. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  4. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  5. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

カードローン申込体験談