限度額いっぱいにクレジットカードを使うとどうなってしまうのか?

クレジットカードの限度額を超えるような買い物をしてしまった場合、どのような対応になるか経験をしたことがないため分からない人もいるでしょう。

クレジットカード会社は限度額を超える買い物をされたとき、どのような対応をするのか、また限度額を超えたときの対応をどうすれば回復するかを確認していきましょう。

この記事はこんな人にオススメ

今回の記事は以下の人におすすめの内容です。

  • 利用限度額まで近いがあといくら利用できるか気になる人
  • 引き落とし日までにカードを再利用できるようにしたい人
  • 最大いくらまでクレジットカードの利用ができるか知りたい人

クレジットカードの限度額を超えるとどのようになるのか

クレジットカードの限度額を超えてしまうと、すぐにカードが停止されてしまい、即座に使えなくなるといった不都合なことになってしまうのか気になるでしょう。

もしも、即座に停止されるのであれば、公共料金の引き落としなど重要な支払が滞ってしまい生活に影響がでる可能性があります。

そこで、クレジットカードの限度額を超えて利用したとき、どのようになるのか解説していきます。

支払いができずにエラーとなる可能性あり

デパートやスーパーでクレジットカードを利用する前は、そのカードが利用可能であるかの確認がその都度行われます。

このときに、利用限度額を超えて利用していると、クレジットカード会社から利用停止にされてしまい支払ができないことがあります。

その場での買い物ができないだけではなく、止められてしまうとその後は買い物でクレジットカードが利用できないことがほとんどで、一度返済日を過ぎなければ再利用ができないことが多いです。

しかし、実際にはクレジットカードの限度額を少しオーバーする程度であれば、利用が可能なクレジットカード会社もあります。

会社によって利用できる金額は異なりますが、4~5万円程度であれば限度額を超過しても支払が可能なこともあるようです。

クレヒスへの影響は?

限度額を大きく超えてしまった場合、ほとんどのケースでクレジットカードの利用が停止されますが、限度額オーバーをしたからといって即座に信用情報に影響がでたり、ブラックリストに載ったりすることはありません。

信用情報に影響をあたえる情報は支払の遅延に関する情報のため、限度額を超過しても、返済をきちんと行えば問題ないです。

しかし、クレジットカード会社によっては、超過分の支払を一括で請求されることがあります。

例えば、クレジットカードの限度額が50万円で利用した金額が55万円の場合、5万円が超過分となり、毎月の返済とは別に5万円を支払う必要があります。

この超過分の支払を滞納したときにも、信用情報に悪影響がでてしまうため気をつけてください。

信販会社等からの電話は?

クレジットカードの限度額を超えて利用してしまったとしても、特別に信販会社などから限度額を超えた旨の連絡がくるわけではありません。

したがって、クレジットカードの限度額を超えてしまったことは、実際に会計するまで気が付かないことが多いです。

また、限度額を超えた分の支払いをせずに、返済を滞納してしまった場合には信販会社などから連絡がきます。

連絡がくる時期については、クレジットカード会社によって異なりますが大体1週間以内には、電話もしくは郵便で督促の連絡がきますが、個人信用情報にも傷がついてしまうため、限度額を超えたとしても支払いの滞納を起こさないように気を付けましょう。

クレジットカードの利用可能額が復活する条件とは

クレジットカードが限度額いっぱいになり利用停止したとしても、条件を満たすことで再び利用可能な状態に復活させることができます。

ここでは、利用可能額を復活させる方法や、復活時に気をつけなければならないポイントを解説していきます。

返済をしてもすぐに復活しないことも

限度額がいっぱいになってしまったとしても、次回の返済を滞りなく行えば、返済を行った金額分だけ利用可能額が復活することが可能です。

もしも、返済期日前の随時返済に対応しているのであれば、随時返済完了後に利用可能額が復活します。

ただし、返済を行ったとしても、即座に金額が反映されて、その場でクレジットカードが再利用できる訳ではありません。

会社によって異なりますが、入金の確認やシステムの都合で支払日から数日必要なこともあります。

金融機関やカード会社によって復活日が変わる

クレジットカードが復活するまで時間がかかる理由として、カードの返済を行った情報が金融機関からクレジットカード会社に伝わるまで、時間がかかることが原因です。

金融機関に入金が行われてからクレジットカード会社に情報が届くまで、2営業日以上かかるといわれています。

情報が到達してから処理が必要となったり、会社の営業日の関係もあったりするため、5日以上の長期間支払情報が反映されないことも多いです。

しかし、クレジットカード会社によっては、入金日に支払を行っているとみなして、金融機関からの情報到着前に利用可能額が復活することもあります。

また、銀行グループのクレジットカード会社あれば情報の伝達がスムーズなため、入金の反映が一般的な信販会社よりも早いケースもあります。

利用できるまでの日数を公表している会社は少ないですが、会員であれば問合せで教えてもらえることもあるため事前に確認しておいても良いでしょう。

増枠方法

クレジットカードの利用限度額ぎりぎり、もしくは超えるほどの金額の決済を行いたい場合には、事前に限度額の増額を申請しておくという方法があります。

この増額の申請を、クレジットカード業界の用語で増枠申請と呼びますが、増枠は利用者自ら行えます。

ここでは、増枠の申請方法や増枠を行うときの注意点など確認して行きましょう。

利用実績が必要な期間

クレジットカードの増枠は、いつでも申し込みができるわけではありません。

特に、クレジットカードの契約をしてすぐは、利用実績がなくクレジットカード会社からの信用がないため受付けてもらえません。

増枠申請を行いたいのであれば、クレジットカードが発行されてから最低6か月以上は継続利用し、急ぐ必要がないのであれば1年以上継続利用すると審査に通りやすくなるでしょう。

必要な本人年収は?

クレジットカードの増枠審査は、年収もある程度参考にされますがそこまで重要視されるわけではありません。

しかし、増額を希望する金額が年収に対して高額になる場合には、年収が原因で増枠申請を拒否される可能性があります。

増額申請の審査基準にも総量規制が適応されますので、年収に対して3分の1以上の限度額の設定は、クレジットカード会社から高額と判断されるため審査には通りにくいのです。

しかし、クレジットカードの増枠審査では年収以外の項目も考慮されるため、年収が基準を満たしていたからと言って、必ず審査に通るわけではないので気を付けましょう。

一度でも延滞記録があるとダメ?

クレジットカードを過去に延滞してしまった場合には、増枠審査で大きく不利になることは間違いありませんが、1度でも延滞記録が残っていたら必ず審査に落ちるわけではないため安心してください。

延滞をしてから1~2年以上経過している場合には、延滞後の利用状況が良ければ増枠審査に通る可能性が高いです。

また、延滞の内容も大きく審査には影響をあたえるため、延滞をしてしまったとしてもできる限り素早く解消することが大切です。

海外旅行に行く時は一時的増額も可?

海外旅行に行く場合や、高額な買い物をするときにはクレジットカード会社によっては、一時的な増額を行ってもらえることもあります。

一時的な増額については、通常の増枠審査よりも簡単に審査を行ってもらえるため、審査が素早く完了しやすいです。

また、クレジットカードのショッピング利用は、カードローンやキャッシング利用とは異なり総量規制対象外となるため、年収に対して3分の1以上であっても審査に通る可能性があります。

審査基準も通常の増枠審査よりも厳しくない会社が多く、審査通過率も高いため無事に増枠審査を通ったという声も聞かれます。

イオンカードは限度額を超えても使えるのか

イオンカードをネットで検索すると「限度額を超えても利用できる」や、「限度額を増やしやすい」などの情報が見られます。

これらの情報は正しいのでしょうか、具体的に確認していきましょう。

イオンカードは限度額に余裕がある

イオンカードはネット上では、限度額を超えても利用できるなどの情報がありますが、実際には他社と同じように、最初に設定された限度額を超えてしまった場合には利用停止されます。

他社と同じように限度額を多少超えても直ちに利用できないという訳ではありませんが、高額になると利用停止されるので気を付けましょう。

イオンカードの限度額を復活させるためには

イオンカードも限度額が超えてしまったとしても、再び復活させることが可能です。

先ほど紹介した返済を行い、利用停止が解除されるのを待つ方法以外にも、限度額を復活させる手段があるので解説していきます。

限度額の一時増額や増額を検討する

限度額を直接復活させる手段ではありませんが、限度額の一時増額や増額を行うことで、利用可能な枠を増やし再び利用ができます。

イオンカードで増額を行う場合には、ネットからイオンカードのマイページに入り、増額申請を行うことで簡単に行うことが可能です。

インターネット以外でもイオンの店舗で受付も行っているため、ネット会員外でも気軽に利用できます。

一時増額は期間限定の増額となりますが、通常の増額申請よりも短期間で審査、承認を行ってもらいすぐに反映されやすいです。

また、利用状況がよい場合にはクレジットカード会社から、限度額を自動的に引き上げてくれることもあります。はがきなど郵送で通知が来ることが多いので、見逃さないようにしましょう。

審査落ちの危険性もあるため注意

増額、一時増額のどちらにしても注意が必要な点として、審査に通る必要があることについてです。

増額の審査にもクレジットカードの申込みと同じように、審査を行われるため審査落ちをしてしまう可能性があります。

特に、カード作成から半年以内で短い場合や、支払を滞納するなど利用状況が悪い場合には審査落ちをする可能性が高まります。

他社からの借入金額やキャッシングの利用金額なども審査でチェックされるため、増額審査前に確認しておきましょう。

また、増額の目的や使い道を記入するときには、ギャンブルなどの浪費目的を理由に書くと非常に印象が悪いため記入しないでください。

また、口コミや悩み解決サイトに寄せられている内容を確認すると、分割払いであれば限度額を超えて利用できると思っている人がいますが、利用金額が参考にされるため勘違いしないようにしましょう。


■クレジットカードの利用枠を一時増額する方法と注意点

楽天カードが限度額を上げやすい?

クレジットカードは基本的にどの会社でも限度額を上げることが可能になっていますが、利用者からは申請を行えない会社も存在しているため、クレジットカード会社によっては限度額が上げにくいことがあります。

このような中、楽天カードは増額の申込みを行いやすい仕組みがあるため、増額を見越している人にはおすすめです。どのような点が限度額を上げるときに良いか解説していきます。

増額の申込みはインターネットから楽々

楽天カードはネットからの申込みや会員サービスが充実しています。限度額を上げる設定もネットから簡単に申込みが可能です。

楽天カードのホームページe-NAVIから、マイページにご利用可能枠の増額という申込み欄があります。このページから「希望の利用金額」「増額の目的」「他社からの借入状況」を記入するだけで申し込みは完了です。

ちなみに、他社からの借入状況に間違った情報を記入してしまった場合、審査落ちをする可能性が上がるため正確に記入するようにしましょう。

また、住宅ローンやマイカーローンは他社からの借入に入らないため注意が必要です。

申込み後は審査結果が営業日であれば、最短で当日にメールで連絡が来ます。

申込みも簡単に済むため、短期間で増額の申込みをしたいときにおすすめのカード会社です。

審査はしっかり行われるので注意

楽天カードの場合一時増額の審査もe-NAVIから簡単に行うことができます。

一時増額のときには、利用開始日や利用場所など記入する必要がありますが、申込方法は増額申請と大差ないため非常に簡単です。

ただし、楽天カードの増額申請は申込手続きが簡単ですが、審査内容も簡単で誰でも通るわけではありません。

特に申込者の借入状況は非常に大切になり、クレジット利用額やキャッシング利用額が高額であると、増額の審査落ちをしやすいです。

具体的には、利用額の合計が自分の年収の3分の1を超える高額になるときには、審査にかなり通りにくくなります。

増額の申込みが簡単だからといって、審査に通りやすいと勘違いしないように気をつけてください。


関連記事をチェック!

4874view

楽天カードのキャッシング限度額を増額する方法

楽天市場などの楽天系のサービスだけでなく、さまざまな提携店舗やデパート、通販などでポイントが付与される「楽天カード」。 2015年12月には会員数は1,200万人を超え、2018年には顧客満足度のク...

オリコの場合

大手クレジットカード会社のオリコカードも、インターネットを通じて簡単に増額の申し込みができます。

オリコカードにはeオリコサービスと呼ばれるネット会員サービスがあり、このサービスに登録していればWEB上の手続のみで申込可能です。

eオリコサービスログイン後に、「お申込みいろいろ」という項目内のご利用可能変更を選択し、希望する増額内容を選択すれば手続きは完了します。

ただし、イオンカードや楽天カードと同じように、増額の審査は行われるため条件が合わなければ審査に落ちる可能性はあります。

アコムのクレジットカード

大手消費者金融として有名なアコムも、ACマスターカードと呼ばれるクレジットカードを発行しています。

このカードは利用限度額が300万円までとされていますが、キャッシング枠と上限金額が共有されています。

例えば、キャッシングリボ払いの上限が300万円の場合、ショッピングで150万円、キャッシングで150万円の利用があれば、これ以上の利用はできません。

アコムのクレジットカードは、手数料が最高でも14.6%と低めで利用しやすく、消費者金融トップの会社の規模であるため、安定感があるためおすすめのクレジットカードです。

クレジットカードの限度額を超えてないのに使えない理由

ショッピング途中でクレジットカードが使えなくなる原因は、限度額を超える以外にも理由が幾つか考えられます。

限度額を全くオーバーしていないのに、クレジットカードが利用停止になってしまう理由を解説していきます。

同一発行会社のカードがないか

同一発行会社のクレジットカードを複数枚数持っているときには、クレジットカードの利用額を合計で計上される可能性があるため注意が必要です。

例えば、イオンが発行しているクレジットカードはイオンカード以外にも、トイザらスやワタミのカードも発行しています。

このような、同一発行会社のクレジットカードを複数持っている場合には、利用限度額をまとめて計算される可能性があります。

このときに、VISAやJCBなどの国際ブランドの種類は関係ありません。発行会社が同じクレジットカードを使い分けている場合には気をつけましょう・

利用金額以外に問題はないか

クレジットカードが停止される原因は、利用金額が限度額に達している以外にもあります。

例えば、クレジットカード自体に問題があり、カードの利用ができない状況になっているケースです。

クレジットカードの有効期限が切れていないか、カードの利用し過ぎで時期やICチップの読み取りができないなどの原因も考えられます。

また、クレジットカードの支払を延滞しているときには、滞納を解消するまで利用を制限されていることが多いです。

クレジットカード会社によっては、延滞解消後も使用を制限される可能性があるため気をつけましょう。

他にも、同じカード会社のクレジットカードを3枚持っていた場合、そのうちの1枚の滞納が影響で他2枚のクレジットカードの利用も制限されるケースがあります。

さらに、長期間による支払の滞納をしている場合、強制退会の恐れもあります。

支払を滞納している期間が長期間にならないようにしましょう。

ETC利用への影響

クレジットカードと同時にETCを契約している人も多くいますが、限度額いっぱいでカードが停止しているときには利用できるのでしょうか。

ETCと限度額に関する気になる情報を確認していきましょう。

クレジットカードの限度額いっぱいだとETCはどうなるか

クレジットカードの限度額が一杯だと、ショッピングの会計時に「クレジットカードの利用ができません。」と断られますが、ETCの場合にも利用直前に支払いを断られてしまうのでしょうか。

もしも、利用を断られてしまうとなると、高速道路の入口でETCゲートが上がらずにいきなり止められてしまうという非常に怖い状況になりかねません。

そこで、ETCカードとクレジットカードの限度額について詳しく見て行きましょう。

限度額をオーバーしてもETCは使える

結論から先にいうと、限度額をオーバーしてもETCカードを利用できます。

なぜなら、ETCカードは有効期限さえ切れていなければ問題なく利用できるからです。

ETCカードとクレジットカードは支払が共通であるため、一見限度額を超えると利用を停止されるように思えますが、実際には高速道路での利用は限度額を超えても可能です。

高速道路の入口ではETCカードの確認をされますが、デパートや公共料金の支払のように限度額や信用情報の確認までは行っていません。

したがって、クレジットカードの限度額がオーバーしていたとしても、高速の出口で止められることはないので安心です。

ただし、ETCカードの有効期限が過ぎている場合には、使用ができないためETCレーンのバーが上がらずに困ることがありますので、その時はETCレーンではなく一般レーンを利用してください。

なお、ETCカードの有効期限が切れている場合には、ETC車載器が有効期限切れを警告してくれますので速やかに更新手続きを行いましょう。

支払遅延のリスクは残る

ETCカードは限度額を超えているときにも使えますが、クレジットカード会社によっては支払を延滞していても利用できることもあります。

しかし、限度額を超えての利用や支払を延滞している状態での利用は、支払い延滞に拍車をかける可能性が高くクレジットカード会社の心証が非常に悪いためおすすめはできません。

一刻も早く返済を行い緊急時以外にはETCカードを利用しないようにして、くれぐれも使い過ぎには気を付けましょう。

■ETCカードが残高不足?使えない場合によくある理由

ガソリンスタンドは?

ガソリンスタンドでの支払いは、ETCカードではなくクレジットカードで決済を行いますので、当然クレジットカードの限度額を超えている場合には利用できません。

ETCゲートを通過できたからと言って、そのままガソリンスタンドで給油する際にクレジットカードの利用ができるわけではないため注意が必要です。

まとめ

クレジットカードを限度額いっぱいに利用したとしても、クレジットカード会社によって少し余裕を持って見てくれるため、即座に利用停止とならないこともあります。

しかし、支払を滞納してしまった場合や大幅に限度額を超えてしまった場合は、利用を停止される確率が高いので注意が必要です。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事