SMBCモビットで千円単位でキャッシングする方法。ATMと振込の注意点

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金を増やさない最大のコツは、必要以上の金額を借りないということです。

10万円だけが必要なのに「もしかしたらいつかお金が足りなくなるかもしれないし・・・」と12万円借りてしまう、3,000円だけが必要なのに「何度も借りるのは面倒だから」と10,000円借りてしまう。

こんな風に多め多めに借りてしまうことが、借金の額を増やしていくのです。

とはいえ、必要な金額だけを借りようと思っても、ローン自体が千円単位の細かい借入に対応していないなら常に1万円単位で多めに借りなくてはなりませんよね。

使いやすさが魅力のSMBCモビットは千円単位でキャッシングができるのか、千円単位に対応しているATMはどこなのかについてまとめました。

この記事はこんな人におすすめ

こんな悩みを持っている人におすすめの記事です。

SMBCモビットで千円単位のキャッシングをしたい人
SMBCモビットを便利に利用したいけれども、借金を増やしたくない人
手数料は無駄だと考えている人

SMBCモビットでの借入方法

SMBCモビットで千円単位の借入が可能かを解説する前に、 SMBCモビットでの基本的なキャッシング方法から説明します。

SMBCモビットでは、モビットカードを使ってATM経由でキャッシングする方法カードレスでATMキャッシングをする方法振込融資を活用する方法の3通りのキャッシング方法があります。

ATMでのキャッシング

モビットには自社専用ATMはありませんが、コンビニATMや銀行ATMなどの提携ATMを使えばキャッシングができます。

特にコンビニATMならほぼ24時間対応していますので、夜間や早朝にお金が必要なときには役立ちます。

ただし、この後詳しく解説しますが 、ATMによって1,000円単位でキャッシングできるATMと1万円単位でしかキャッシングできないATMがあります。

どの程度の借入が必要なのかカードローン利用者自身が見極め、必要な単位のお金が引き出せるATMを選んでください。

提携ATMはこちら

モビットカードでキャッシングできるATMは以下の通りです。

提携先が多いですので、セブンカード・プラスや楽天カードといったクレジットカードのように大抵のATMでキャッシングが利用できます。

キャッシング可能なモビット提携ATM一覧
コンビニATM:セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM
提携銀行ATM:三井住友銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、イオン銀行ATM、第三銀行ATM、熊本銀行ATM、親和銀行ATM、福岡銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、北洋銀行ATM、北海道銀行ATM、みちのく銀行ATM、仙台銀行ATM、常陽銀行ATM、足利銀行ATM、栃木銀行ATM、群馬銀行ATM、武蔵野銀行ATM、千葉銀行ATM、京葉銀行ATM、横浜銀行ATM、第四銀行ATM、北陸銀行ATM、大垣共立銀行ATM、十六銀行ATM、スルガ銀行ATM、中京銀行ATM、百五銀行ATM、京都銀行ATM、池田泉州銀行ATM、但馬銀行ATM、紀陽銀行ATM、南都銀行ATM、トマト銀行ATM、もみじ銀行ATM、西京銀行ATM、百十四銀行ATM、西日本シティ銀行ATM、宮崎銀行ATM
その他のATM:一部を除く信用金庫のATM、VIEW ALTTE、PatSat、クレディセゾン、プロミス

アプリでカードレスでキャッシング

上記のATMでキャッシングするためには、少なくともモビットカードをATMに挿入しなくてはなりません。

しかしながら、お金が必要なときにいつでもお財布にモビットカードがあるとは限りませんよね。

お金は必要だけれどモビットカードがない・・・というときは、SMBCモビットのアプリでカードレスキャッシングを利用しましょう。

カードレスキャッシングのサービスは、専用アプリをスマホにダウンロードするだけで利用できます。

お金を引き出せるATMはセブン銀行ATMに限定されますが、セブン銀行ATMはセブンイレブンだけでなくショッピングセンターや駅などの全国約25,000ヶ所に設置されていますので、ATMが見つからなくて不便を感じることはないでしょう。

モビットカードを持ってこなかったときだけでなく、WEB完結で元々モビットカードを発行していなかったときも、手元に現金が必要なときはカードレスキャッシングをご利用ください。

振込キャッシング

三つ目の方法は振込キャッシングです。

SMBCモビットの振込キャッシングは、手数料が無料で、なおかつ自分が指定した口座に振り込んでもらうことが可能です。

三井住友銀行ATM以外のATMを利用すると1回あたり税込み108~216円の手数料がかかりますので、現金が必要なのではなく銀行口座にお金が必要なときは振込キャッシングを利用しましょう。

現金が必要なときでも、三井住友銀行ATMが近くになく、振込先の金融機関ATMがそばにあるのなら、振込キャッシングを利用して口座に融資金を振り込んでもらってから現金を引き出せば、ATM手数料を節約することができますね。

SMBCモビットの振込キャッシングは、当日振込が可能な時間が長く、大抵の銀行や信用金庫の口座なら、以下の時間帯に振込手続きをすれば約3分で振り込んでもらえます。

振込キャッシングをする曜日約3分で振込が可能になる時間帯
月曜日9:30~23:30
火曜日~土曜日0:30~23:30
日曜日4:30~18:50

※祝日のときでも、上記の曜日の通りの時間帯で当日振込みが可能になります。

京葉銀行などの一部の銀行では平日14:50以降に振込キャッシングを申し込むと、翌営業日以降に振り込まれます。

以下のサイトから、ご自身の口座の当日振込み可能な時間帯をご確認ください。

◆ SMBCモビット「主要金融機関の振込取扱可能時間帯一覧」

千円単位でキャッシングする方法

キャッシングの手数料を無料にしたいのなら、モビットカードで三井住友銀行のATMからキャッシングをするか振込キャッシングをするしかありません。

手数料を節約したい方は、三井住友銀行のATMを利用するか振込キャッシングを選択してください。

では、次は「SMBCモビットで千円単位のキャッシングができるか」という点について見ていきましょう。

千円単位のキャッシングができるATM

千円単位のキャッシングができるかどうかは、どの提携ATMを利用するか、また、どのATMを利用するかによって異なります。

以下の金融機関のATMをキャッシング利用する際には、千円単位での借入が可能です。

ただし、千円単位での借入が可能な金融機関であっても、ATMの機種が古い場合は1万円単位しか借りられないことがあります

  • 三菱UFJ銀行
  • 北洋銀行
  • 仙台銀行
  • 常陽銀行
  • 足利銀行
  • 栃木銀行
  • セブン銀行
  • 大垣共立銀行
  • 十六銀行
  • 岐阜銀行
  • 但馬銀行
  • トマト銀行
  • もみじ銀行
  • 西京銀行
  • 百十四銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行
  • プロミス

※上記のATMはいずれもキャッシング利用の際に手数料がかかります。1万円以下を借り入れるときは税込み108円、1万円を超えるときは税込み216円の手数料が発生します。

振込キャッシングで千円単位で借りる方法

振込キャッシングでは、1万円単位でしか利用できません

電話で指定口座に振り込む場合も、SMBCモビット専用アプリやMyモビ(インターネットの会員専用ページ)で口座振込手続きをするときも、最小借入額は10,000円、振込単位も10,000円になります。

インターネット上には「SMBCモビットの振込キャッシングは千円単位で可能」という誤情報が多く見られますが、実際のところは口座振込による千円単位でのキャッシングは不可能です。

千円単位で借り入れたいときは、上記に記した金融機関に出向き、千円単位の借入に対応したATMでキャッシングするようにしてください。

WEB完結についての良い口コミ

カードローンを利用したいという時は、結構焦っている場合が多く手続きに手間をかけたくないと思っている人が多くいます。

それに、カードローンの利用は借金になりますので、できれば誰にも借金の事はばれたくないと思っている人も多いですよね。

これらの要望に応えるためにSMBCモビットではWEB完結での申し込みが用意されています。

ここでは、WEB完済についての良い口コミをご紹介します。

必要書類は多いがすぐに借り入れできた

  • 会社に電話連絡があるとキャッシングなどを疑われてしまいますので、どうしても電話連絡が無いところを探していました。
    申し込みをする条件は満たしていたので良かったのですが、提出する書類が多くてちょっと苦労しました。
    契約できるまで1時間と短時間でした。
  • 三井住友銀行に口座を持っていたので、電話連絡もなく郵便物もないWEB完結で申し込みました。
    提出する書類は少し多めですが、この書類で在籍確認や本人確認をするのだと思えば、苦にはなりませんでした。
    審査結果はメールにて受け取ったのですが、非常に早く30分もたっていなかったように思えます。

インターネットだけで契約ができた

  • すぐにでも銀行口座に入金しなければならない事があったのですが、その日は外出することが難しく振り込み融資をしてくれるところを探していました。
    郵送物があるのも家族にばれる心配があったので、郵送物が無いSMBCモビットのWEB完結での申し込みをしました。
    申し込みも書類の提出もすべてPCで行うことができて、審査結果もメールで受け取れて、本当にPCの前にいるだけで契約ができました。
  • 出張先でどうしても欲しいものを見つけてしまったのですが、それを購入すると帰りの新幹線代がなくなってしまうので悩んでいました。
    会社からもらう給料明細や源泉徴収票はカバンの中にいつも入っているので、WEB完結での申し込みが可能という事でSMBCモビットを選びました。
    出張先ですので色々と制限があり、同僚にもばれたくなかったので、インターネットだけで契約ができるのは非常に助かりました。

契約が手間がかからなく良かった

  • とにかく仕事が忙しくて、外出してカードを受け取ったりATMでお金を出す事は難しい状況でした。
    WEB完結の申し込みには揃えないといけない書類が多いですが、揃えてしまえば画像ファイルとしてインターネットで簡単に提出できました。
    申し込みから利用できるまで電話や書類へのサインなど必要なく、すべてWEBとメールで対応できて、本当に手間がかからなかったです。
  • 出張先で急にお金が必要な事態になってしまって、インターネット上で申し込めるWEB完結で申し込みました。
    出張中という事もあり、何かと行動に制限がかかってしまいますので、契約まで特別な手間がかからなかったのは非常にうれしかったです。

WEB完結についての悪い口コミ

PCの前にいるだけで契約までできる、電話連絡が無いので便利という口コミが多いですが、WEB完結での申し込みには悪い口コミはないのでしょうか。

ここでは、WEB完済についての悪い口コミをご紹介します。

必要書類が多くて時間が掛かった

  • 電話連絡もなく、カードレスで利用できるのに魅力を感じてWEB完結での申し込みをしました。
    申込時には、銀行口座と社会保険証があれば良いと思っていたのですが、提出する書類が多くてそろえるのに時間がかかってしまいました。
    一応、期限内に契約までできて問題はなかったのですが、もう少し簡単に申し込めるようにしてほしかったです。
  • 給与明細書や賞与明細書等の会社からもらう書類などは、紛失したり誰かに見られるのも嫌なのでもらってすぐにシュレッダーで破棄するようにしていました。
    申込時に改めて会社に再発行してもらう手続きに時間がかかってしまいました。

条件に合わず利用できなかった

  • 自営業をしていて仕事の都合で急にお金が必要になり、手持ちのお金で何とかなるのですが、それでは生活ができなくなるのでキャッシングを考えました。
    忙しくてすぐにでもお金を用意したいし、家族にはキャッシングすることはばれたくなかったのでSMBCモビットのWEB完結で申し込もうと思いました。
    ですが、WEB申し込みには条件があって、社会保険や組合保険ではなく国民健康保険に加入しているので利用することができませんでした。
  • 欲しいものがあるとどうしても手に入れてしまう癖があって、そのせいで生活費がなくなってしまいました。
    お金を借りる必要があったのですが、家族にはばれたくなかったのでWEB完結での申し込みをしようとしました。
    条件自体はクリアしていたのですが、提出しなければならない書類をその日のうちに用意できなかったので結局はWEB申し込みは利用することができませんでした。
    通常のカード申し込みで事なきを得ましたが、郵送物をごまかすのに少し苦労しました。

WEB完結では審査が厳しめ

  • 電話連絡が無いという事で、WEB完結での申し込みを決意したのですが、審査で落とされてしまいました。
    どうしてもお金が必要なので、他のカードローンに申し込むとすんなり希望額を借りる事ができました。
    WEB完結では審査が厳しめだと思いました。

関連記事をチェック!

571view

Web完結が可能な学生ローンはあるの?

大学生や専門学生の人は、お金に困った場合に学生ローンを利用することでお金を調達できます。 しかし、お金に困ってはいるものの、ローンを利用していることはバレたくない、と考える人も多いのではないでしょう...

SMBCモビットの返済方法

借りたものは返済しなくてはなりません。

SMBCモビットを便利に利用した後は、毎月かならず最低返済額以上のお金を返済しましょう。

SMBCモビットの返済方法には、ATM経由と複合端末経由、口座振替、直接振込の4つがあります。

ATMでの返済

提携ATMから返済するときは、まずはアプリか会員ページ「Myモビ」、SMBCモビットコールセンター(0120-03-5000)で最低返済額を確認してから入金してください。

なお、千円単位で入金返済できるかは、ATMによって異なります。

千円単位で入金できないATMを利用するときは、最低返済額を1万円単位に繰り上げて返済しておきましょう。

多めに返済することで借入元金が減り、早期完済と利息縮小が実現できます。

SMBCモビットの入金返済が可能なATMは以下の通りです。

SMBCモビットの入金返済が可能なATM
コンビニATM:セブン銀行、ローソン、イーネット
提携銀行ATM:三井住友銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、イオン銀行ATM、第三銀行ATM、親和銀行ATM、熊本銀行ATM、福岡銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、北洋銀行ATM、北海道銀行ATM、みちのく銀行ATM、仙台銀行ATM、常陽銀行ATM、足利銀行ATM、栃木銀行銀行、千葉銀行ATM、京葉銀行ATM、横浜銀行ATM、北陸銀行ATM、大垣共立銀行ATM、十六銀行ATM、中京銀行ATM、百五銀行ATM、京都銀行ATM、池田泉州銀行ATM、但馬銀行ATM、トマト銀行ATM、西京銀行ATM、百十四銀行ATM、西日本シティ銀行ATM
その他のATM:PatSat、クレディセゾン、プロミス、ファミポート、ロッピ

※キャッシング利用のときと同様、三井住友銀行ATM以外のATMを利用すると税込み108~216円の手数料が発生します。

コンビニの複合端末での返済

コンビニでは、ATMとは別に、チケットの発券や各種料金の支払いができる「複合端末」が設置されています。

ファミリーマートに設置してある複合端末の「ファミポート」、ローソンやミニストップに設置してある複合端末の「ロッピ」では、借入はできませんが返済手続きをすることが可能です。

ファミポートの操作手順

1.トップ画面で「金融サービス」を選択します。
2.「SMBCモビット」を選択します。
3.暗証番号と返済金額を入力して確定ボタンを押すと、「申込券」が発券されます。
4.申込券をレジに持って行き、清算します。

ロッピの操作手順

1.トップ画面で「各種サービスメニュー」を選択します。
2.「各種代金・インターネット受付」を選択します。
3.「カードローン・キャッシングのご返済」を選択します。
4.「SMBCモビット」を選択します。
5.暗証番号と返済金額を入力して確定ボタンを押すと、「各種収納代行申込券」が発券されます。
6.各種収納代行申込券をレジに持って行き、清算します。

口座振替での返済

もっとも簡単な返済方法が「口座振替」です。

口座に最低返済額以上のお金を入金しておくだけで自動的に返済額が引き落とされますので、ATMや複合端末を操作する必要がありません。

しかも、口座振替は常に手数料が不要です。

お金をかけずに返済したい方にも、おすすめの方法と言えるでしょう。

ただし、SMBCモビットで登録できる振替口座は、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかです。

口座振替登録方法

契約時に口座振替登録ができますが、契約後もアプリやMyモビ(パソコン版のみ。モバイル版では口座振替登録はできません)でいつでも口座振替登録や振替日変更手続きができます。

なお、申し込みから契約までのすべての手続きをインターネットで完結する「WEB完結」で契約する場合は、口座振替登録は必須です。

したがって、WEB完結を利用できるのは、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方だけとなります。

銀行振込での返済

SMBCモビットの口座に直接返済額を振り込むこともできます。

銀行のATMでも振込手続きはできますが、スマホやパソコンで簡単に済ませたい方にはインターネットバンキングが便利です。

ただし、三井住友銀行か三菱UFJ銀行のインターネットバンキングは24時間利用可能ですが、平日18:00以降もしくは土日祝日に利用した場合は、金融機関の翌営業日の午前中に振込が実施されます。

返済日に遅れないためにも、できるだけ定例返済日の前日までには銀行振込手続きを済ませておくようにしましょう。

SMBCモビットの申込方法と審査の流れ

SMBCモビットでは自社ATMは営業していませんが、提携ATMが多く、便利に利用できます。

無料の専用アプリをインストールすれば「スマホATM取引」も活用でき、カードレスでも借入・返済が可能です。

しかも、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちなら「WEB完結申込」や「口座振替」を利用でき、さらにSMBCモビットが便利になります。

SMBCモビットは、パソコンやケータイ、スマートフォン、郵送、ローン申込機、三井住友銀行内のローン契約機とさまざまな申し込み方法があります。

これらの多様な申し込み方法の中でももっともスピーディにモビットカードを発券できるのは、インターネットで申し込んで自動契約機でカードを受け取る方法です。

最短時間でモビットカードを受け取る方法と審査の流れをまとめました。

申込フォームに入力〔仮審査〕

パソコンかスマホ、ケータイでSMBCモビットの公式サイトにアクセスし、「WEB完結申込」(ケータイからWEB完結は利用不可)か「カード申込」のいずれかを選択します。

それぞれの申込フォームが表示されますので、過不足なく記入して「申込ボタン」を押すと仮審査が始まります。

仮審査では信用情報に問題がないかという点が重要になりますので、ご自身の信用情報が不安な方は、信用情報機関に問い合わせて情報照会しておきましょう

以下の記事では信用情報の照会方法を詳しく解説しています。

関連記事をチェック!

16629view

自分の信用情報を調べる方法~ブラックかどうか確認~

カードローンやクレジットカードの審査に落ちた人は、信用情報を調べてみましょう。 今回は信用情報を取扱っているCIC,JICC,KSCでの、信用情報を調べる方法を説明します。 この記事はこんな人にお...

申込書類の確認〔本審査〕

仮審査に通過した場合は、本審査へと進みます。

本審査に進むにあたって、以下の書類を提出しなくてはなりません。

必要書類

SMBCモビットに申し込むすべての人は、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提出しなくてはなりません。

また、WEB完結を利用する人と50万円を超える借入限度額を希望する人、他社の借入とSMBCモビットに希望する限度額の合計が100万円を超える人は、源泉徴収票や所得証明書などの収入証明書類も提出します。

また、限度額にかかわらず収入証明を提出しなければならない場合があります。

WEB完結を利用する場合は、本人確認書類と収入証明書類に加えて、勤務先が記されている健康保険証と給与明細書が必要になります。

スムーズに本審査を進めるためにも、必要書類は前もって準備しておきましょう。

自動契約機でカードを受け取る

WEB完結の場合は、本審査に通過すればすぐに振込キャッシングやスマホATM取引を利用した借り入れが可能になります。

しかし、スマホATM取引を利用できるのはセブン銀行ATMだけですから、ローンカード(モビットカード)を持っている方がさまざまな金融機関のATMで引き出せて便利です。

本審査に通過したら、SMBCモビットへの入会手続きをし、ローンカードの受け取り方法を「郵送」かSMBCモビットの「ローン申込機」、三井住友銀行内に設置されている「ローン契約機」のいずれかから選択しましょう。

「郵送」を選択するとローンカード受取が翌日以降になりますが、「ローン申込機」か「ローン契約機」のいずれかを選択すると営業時間内なら当日にカードを受け取れます

借入と返済は計画的に

借入額が増えると、毎月の最低返済額も増えます。

返済に行き詰まると遅延損害金が発生するだけでなく、SMBCモビットから督促の電話がかかってきたり、督促状が自宅に届いたり、個人信用情報期間に延滞記録が登録されたりします。

利用限度額いっぱいに借りるのではなく、返済が可能な金額だけ融資を受けることを常に心がけましょう。

また、返済方法として口座振替を指定しておくと、返済日をうっかりと忘れてしまうといった状況を回避することができます。

SMBCモビットをトラブルなく利用し続けるためにも、借入金額と返済方法には常に気を配るようにしましょう。

ATMで千円単位の取引をする時の注意点

SMBCモビットのローンカードを三井住友銀行の提携ATM以外で利用すると、借入・返済ともに「手数料」が発生します。

1万円までの利用の度に108円、1万円を超える利用の度に216円の手数料がかかります。

つまり1,000円の借り入れに対しても108円の手数料がかかりますので、借入利息より高い手数料を払うケースもありえるのです。

実際に108円は、1,000円を借りたときの219日分の利息(年18.0%、1年は365日で計算)、10,000円を借りたときの22日分の利息に相当します。

無駄な手数料を支払わないためにも、できるだけ手数料無料の三菱UFJ銀行ATMを利用するようにしてください。

ATM利用で明細が郵送される事もある

ATMによっては、後日、ATM利用明細書と領収証が自宅に郵送されます。

SMBCモビットの利用を家族に内緒にしている人は、利用明細書や領収書が後日郵送されないATMをご利用ください。

利用明細書や領収書がその場で発行されるATM三井住友銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、イオン銀行ATM、第三銀行ATM、親和銀行ATM、熊本銀行ATM、福岡銀行ATM、プロミス、クレディセゾン
利用明細書や領収書が後日自宅に郵送されるATMゆうちょ銀行ATM、北洋銀行ATM、北海道銀行ATM、みちのく銀行ATM、仙台銀行ATM、常陽銀行ATM、足利銀行ATM、栃木銀行銀行、千葉銀行ATM、京葉銀行ATM、横浜銀行ATM、北陸銀行ATM、大垣共立銀行ATM、十六銀行ATM、中京銀行ATM、百五銀行ATM、京都銀行ATM、池田泉州銀行ATM、但馬銀行ATM、トマト銀行ATM、西京銀行ATM、百十四銀行ATM、西日本シティ銀行ATM、一部を除く信用金庫のATM、VIEW ALTTE、PatSat
利用明細をWEBで確認できるようにしておこう

ちなみに、SMBCモビットからの郵送物は「MC センター」という名前で発送されますので、一見すると SMBC モビットからの郵送物とわからないような仕組みになっています。

ただし、Google などで「MCセンター」と検索するとSMBCモビットの名前が出てくるため、家族が問い合わせ先を調べるような慎重な性格の場合は、SMBCモビットの利用がバレてしまうかもしれません。

家族にカードローンの利用を秘密にしたい場合は、利用明細の確認をWEBで行うように設定をしておくことをお勧めします。

Myモビからいつでも利用明細をWEB受け取りに変更できますので、SMBCモビットからの郵便物を減らしたい方は早めに変更手続きをしておきましょう。

ATMで小銭は使える?端数入金はどうすれば?

SMBCモビットでは、ATMや振込キャッシングで1,000円未満の端数を借入・返済することはできません。

硬貨対応型のATMを利用する場合でも、公式サイトで説明しています通り、SMBCモビットの借入・返済をするときは硬貨は利用できません

◆ SMBCモビット「提携ATMで多く入金を行った場合の預かり金を受領するには?」

1円単位まできっちりと完済したいときは、次のいずれかの方法をご利用ください。

1.ATMで多めに入金し、後日、SMBCモビットから差額を返金してもらう。
2.SMBCモビットの口座に振込返済する。

少額だからこそATM手数料は無料がいい

SMBCモビットの口座に振込返済するときは、少額とは言え振込手数料は利用者負担になります。

手数料をかけずに完済したい場合は、上記の1のとおり、ATMで多めに入金して、後日、SMBCモビットから差額を返金してもらいましょう

三井住友銀行ならATM利用手数料は無料ですから、無駄なお金をかけずに完済できます。

なお、金利によって利息は毎日発生しますので、かならずコールセンター(0120-03-5000)でその日の利息を含めた借入残高を確認してから入金してください。

振り込み返済以外の返済方法のメリットやデメリット

提携ATMからの返済なら手数料無料

銀行やコンビニなど全国の提携ATMから返済することもできます。

中にはATM手数料が無料の銀行もありますので、利用するATMは選んで利用するとお得になります。

メリット

三井住友銀行のATMなら手数料が無料で返済できますので、三井住友銀行のATMが近くにある人は便利です。

特に三井住友銀行をメインバンクに利用している人にとっては、有り難いサービスと言えるでしょう。

デメリット

三井住友銀行以外のATMは借入時と同様に返済時も108~216円の手数料がかかってしまいます。

こまめに返済していると、ATM手数料の合計額が利息よりも多くなってしまうといった本末転倒な現象が生じることもありますので気を付けてください。

口座引き落としでの返済も手数料無料

口座引き落としは返済を管理するのに、楽であるほかに返済するときの手数料が無料になりますのでとてもお得でおすすめできます。

口座引き落としのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

口座から自動引き落としされるため、返済のたびに銀行やATMに出向く必要がありません。

メインバンクを引き落とし口座にしていると、入金の管理をしやすく返済の忘れも少なくできるでしょう。

デメリット

自動引き落としに利用できる銀行口座が決まっていて、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、Web決済の場合はゆうちょ銀行も可能ですがそれ以外の銀行口座は利用できません。

振込キャッシングの注意点

振込キャッシングでは千円単位の借入はできませんが、手数料がかからないという大きな魅力があります。

アプリや電話、Myモビから簡単に振込指示を出せますので、使い勝手が良いという点もメリットです。

しかし、良い点ばかりではありません。

次の2点にも注目してください。

銀行の入出金履歴には残る

振込キャッシングを利用すると、振込先の口座に入出金履歴が残ります。

振込指示自体はオンラインで実施したとしても、通帳に記帳するならキャッシングの履歴が表示されます。

家族が通帳を見る可能性がある場合には、振込キャッシングは利用しない方が良いかもしれませんね。

振り込まれた銀行から引き出す場合の手数料にも注意する

クレジットカードや公共料金などの支払いのためにSMBCモビットからお金を借りるなら、口座に直接入金できる振込キャッシングは便利な借入方法です。

しかし、口座にお金が必要なのではなく手元に現金が必要なときは、振込キャッシングをした後にATMから借入金を引き出さなくてはなりません

振込キャッシング自体は手数料無料ですが、ATMからお金を引き出すときに手数料がかかってしまったのではお得と言えませんよね。

振込先口座のキャッシュカードが無料で利用できるATMを、手数料無料の時間帯に利用するようにしましょう。

金融機関によって手数料無料で利用できる時間帯は異なりますが、振込口座の自行ATMを8:45~18:00の時間帯に利用すれば、手数料が無料になることが多いです。

他社は千円単位で利用可能?

千円札に対応しているATMで借入・返済するときは、SMBCモビットを千円単位で利用することができます。

千円単位に対応しているかどうかは、消費者金融系カードローンであるか銀行系カードローンであるかに関係なく、キャッシング会社ごとに異なります

例えば、みずほ銀行カードローンは、千円単位の借入・返済はもちろん、硬貨対応型のATMなら1円単位で借入・返済することも可能です。

SMBCモビット以外の大手カードローン業者では千円単位の取り扱いはどうなっているのか、消費者金融業者のアコムとプロミス、アイフル、ノーローンを例に紹介します。

アコム

消費者金融業者アコムも、SMBCモビットと同じく振込キャッシングによる借入が可能ですが、1万円単位の借入のみのため千円単位で細かく借り入れることはできません。

しかし、アコムの自社ATMと三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネットでは千円単位の借入が可能ですので、千円単位で借りたいときはいずれかのATMをご利用ください。

ただし、手数料無料で利用できるのはアコムの自社ATMだけですので、できるだけアコムATMを利用して、手数料を節約しましょう。

一方、返済に関してはアコムATMとセブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMでは千円単位で入金できます。

また、三菱UFJ銀行ATMとインターネット入金なら1円単位でも返済できますので、完済するときはいずれかの方法を利用してください。

関連記事をチェック!

5341view

アコムの借入&返済!百円、千円単位が可能なATM

全国どこに住んでいる人でも利用できるアコム。 借入や返済に利用できるATMも多く、数あるカードローンの中でも利便性の高さはトップクラスです。 アコムの借入&返済は最低いくらから可能なのか、また、手...

プロミス

大手カードローン会社「プロミス」では、三井住友銀行ATMやプロミス自社ATM、セブン銀行ATM、イーネットATMは千円単位で返済できます。

千円単位で借入できるATMは、三井住友銀行とプロミスです。

千円未満の小銭を返済するときは、インターネットで返済するかプロミスの有人店舗で現金で返済するかいずれかの方法を利用してください。

なお、手数料無料で利用できるATMは、プロミスATMと三井住友銀行ATMです。

無駄な手数料を支払わないためにも、できるだけプロミスか三井住友銀行のATMを利用してください。

アイフル

アイフルATMとセブン銀行ATM、イーネットATM、イオン銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMでは、千円単位の返済が可能です。

アイフルATMとセブン銀行ATMに関しては千円単位で借りられますが、その他のATMでは千円単位での借入は困難です。

いずれも硬貨には非対応ですので、1円単位で清算したいときはアイフルの有人店舗もしくはアイフルの口座に直接振込返済します。

なお、手数料無料で利用できるATMはアイフルATMだけです。

借入・返済に関わらず、無駄な手数料を支払わないためにもできるだけアイフルのATMをご利用ください。

関連記事をチェック!

7802view

アイフルATMは1,000円単位OK!コンビニでも借りられる~引き出し方法まとめ~

アイフルの最小借り入れ金額は1,000円です。 1万円単位でしか借りられない同業他社に比べて、アイフルは必要な額だけを無駄な利息を払うことなく借りられるため、顧客に優しい配慮がうれしいです。 しか...

ノーローン

セブン銀行ATMとイオン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMでは千円単位で返済できますが、借入は一万円単位となります。

また、いずれのATMも108~216円の手数料が発生します。

一方、新生銀行カードローン レイクのATMなら返済も借入も千円単位で利用でき、ATM手数料も発生しません。

しかも、小銭にも対応していますので、1円単位で完済することも可能です。

ノーローンを利用するときは、お近くに新生銀行カードローン レイクのATMがあると便利ですね。

関連記事をチェック!

1913view

ノーローンは千円単位の借入に対応している?

ノーローンは無利息サービスが一回だけではなく何回でも利用できることから、便利なキャッシング方法として、大変おすすめです。 しかし、「1回当たりの取引単位を千円単位で行うことができるか」という疑問が、...

Q&A「SMBCモビットの銀行振込でよくある質問」

ここでは、SMBCモビットの借入や返済時に利用する銀行振込について、よくある質問にお答えしていきたいと思います。

Q「SMBCモビットで振込返済しました。入金されたかどうかいつ確認できますか?」

A「基本的には振込後すぐに入金されます」

銀行振込で返済する場合、振込の手続きをするのは基本的に平日の3時までに行うはずです。

この場合、振込が確認されればすぐに入金処理されます。

事務の関係で多少のタイムラグはありますが、その日のうちに反映されます。

しかし、三井住友銀行または三菱UFJ銀行の24時間即時振込を利用した場合、平日の遅い時間帯や休日でも振り込むことができます。

24時間即時振込によって振り込んだ場合、以下の時間帯や曜日に手続きをすると、翌営業日の午前中に入金処理されることになります。

  • 平日の18時以降
  • 土日祝日
  • 年末年始

つまり、これらの時間帯や曜日に振込返済した場合、入金されたかどうかは翌営業日の午後には確実に確認することができます。

なお、SMBCモビットにおける入金処理が翌営業日になることで、延滞となることはありません。

SMBCモビットでは振り込まれた日を確認できますので、その日に遡って入金処理することになります。

ただし、三井住友銀行または三菱UFJ銀行以外の金融機関から振込した場合、平日の15時を過ぎれば翌営業日扱いとなります。

実際に振込まれるのは翌営業日ですので、それによって延滞となってしまうこともあります。

Q「SMBCモビットはSMBCグループだから振込手数料は安いのですか?」

A「SMBCモビットへの振込だからといって手数料が安くなるわけではありません」

SMBCモビットへの返済を三井住友銀行のATMから行う場合は、手数料はかかりません。

しかし、三井住友銀行からSMBCモビットへ振込返済する場合、振込にかかる手数料は他への振込と同じ金額がかかります。

つまり、グループだからといって、振込手数料が安くなることはないということです。

ただ、SMBCモビットが指定する返済口座は、グループということで三井住友銀行となっている可能性が高いです。

振込元と振込先が同じ銀行の場合、他の金融機関へ振り込むよりも手数料は安いです。

具体的には、三井住友銀行のATMから三井住友銀行のキャッシュカードを使って他の銀行へ振り込む場合、振込金額3万円未満では216円、振込金額3万円以上では432円の手数料がかかります。

これに対し、振込先が三井住友銀行の場合、同じ支店内であれば金額に関わらず手数料は無料となり、他の支店に振り込む場合は金額に関わらず108円となります。

こうした手数料体系はどこの銀行でも同じですので、SMBCモビットが指定する振込先に応じて振込元を変えることができれば、手数料負担を最小限にすることもできます。

なお、SMBCモビットの返済口座の確認は「Myモビ」からできます。

Q「SMBCモビットで振込返済する時、手数料充当額は差し引けばいいのですか?」

A「振込手数料を差し引くことはできません」

振込返済時に発生する手数料は、利用者が負担することとなっています。

そのため、振込にかかる手数料分を差し引いて振り込むことはできません。

もし、手数料分を差し引いて振り込んだ場合、返済額が足りなくなってしまい、延滞になってしまいます。

振込返済の場合、多くは手数料が発生しますので、手数料の負担はしたくないという場合には、手数料がかからない方法で返済するようにしましょう。

Q「SMBCモビットで振込にて完済したいです。返済予定金額の確認方法を教えてください」

A「モビットコールセンターに電話で確認しましょう」

SMBCモビットの完済するのに必要な金額が知りたい場合は、「モビットコールセンター」に電話して確認しましょう。

確認の方法としては、電話に出たオペレーターに対し、一括返済したいことと、振込予定日を伝えるだけです。

オペレーターは、現在の借入残高や一括返済予定日から、完済に必要な金額や振込先の口座を教えてくれます。

あとは、教えてもらった金額を指定の口座へ振り込むことで返済できます。

なお、利息は日割りで計算されますので、振込予定日を過ぎて振り込んだ場合、完済できない可能性もあります。

振込予定日では振り込むことができなかった場合は、金額の確認のため、もう一度モビットコールセンターに電話して確認するようにしましょう。

Q「SMBCモビットで振込借入をしたいのですが、平日の振り込み時間締切はいつですか?」

A「振り込んでもらう金融機関によって異なります」

SMBCモビットが行う当日の振込時間締切は、振込先金融機関によって異なります。

例えば、振込先がみずほ銀行の場合の振込時間は、平日9:30~14:50までとなっています。

振込先がゆうちょ銀行の場合は、月曜日9:30~23:30、火曜日~金曜日0:30~23:30となっています。

振込先として指定する口座の金融機関によって、これほどまでに振込時間の締切が違います。

振り込んでもらう金融機関の締切時間は、SMBCモビットのホームページで確認できますので、自分が振り込んでもらうたい金融機関の締切時間を確認するようにしましょう。

まとめ

カードローンをうまく使うコツは、借り過ぎを防ぎ、余裕のある時に少しでも多くの元金を減らすという点に尽きます。

借り過ぎを防ぐためにも、千円単位で細かく借入できるATMを覚えておきましょう。

千円単位で利用できるATMは、カードローン業者によっても異なります。

SMBCモビットは千円単位で借入できる提携ATMが多いですが、いずれも利用手数料が発生しますので、あまりこまめに何度も利用すると手数料がかさんでしまいます。

必要な最小限の金額を借りることも大切ですが、本当に借りる必要があるのかどうか熟慮してから借りることも大切と言えるでしょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談