Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

静岡銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

おまとめローンの利用を検討する場合、どこの金融機関が取り扱っているどのローンを利用するかが非常に重要なポイントとなります。

静岡銀行が取り扱っているフリーローンは、全国から申し込みが可能で審査もそこまで厳しくなく銀行のローンらしい低金利が魅力です。

おまけに来店不要でネット経由で申し込むことができるので、おまとめローンとして利用するには非常に理に適っていると言えます。

静岡銀行のフリーローンでおまとめ、借り換えできる

静岡銀行は、静岡県静岡市に本店を置く地方銀行です。

この地方銀行には、フリーローンが4種類あり、以下のような商品名で提供しています。

  • しずぎん「フリーローン」
  • しずぎん趣味と暮らしのローン「生き活き設計」
  • しずぎん「ネクストワン」
  • フリーローン(不動産担保型)

銀行のフリーローンは、おまとめローンとして利用が可能であり、ローンを複数借りているものを一本化することができます。

また、消費者金融のおまとめローンでは、クレジットカードのリボ払いなどは借り換えの対象外となることがほとんどですが、こうした資金もまとめることが可能となります。

クレジットカードのリボ払いは、仕組みを知らない人が気軽に利用してしまい、いつまで経っても終わらない返済地獄に足を踏み入れることになってしまうようなケースが多発しています。

そういった債務までまとめることができるという点で、フリーローンをおまとめローンとして利用できるのは非常に大きな意味を持つと言えるでしょう。

ただしフリーローンでは、必要な資金を借りた後は返済のみとなりますので、利用の際には注意しなければならないこともあります。

この記事では、借り替えを目的にフリーローンを利用する際の注意点、静岡銀行が提供するフリーローンの審査基準、審査に通るためのポイントなどを詳しく解説していきます。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンの中には、利用対象者や資金使途を限定しているものもあります。

静岡銀行のフリーローンでいうと、しずぎん「ネクストワン」であり、この商品は静岡銀行で住宅ローンを利用しているだけが申し込むことができます。

資金使途は借り換え資金、事業性資金、投機資金以外の自由な資金としていますので、おまとめローンとしては利用することができません。

また、すべてのフリーローンに共通することですが、審査によって融資額が減額されてしまう可能性もありますので、すべてをまとめられるだけの金額を借りることができない場合もあります。

借り換えを目的としてフリーローンを利用する際には、これらのことに注意しなければなりません。

関連記事をチェック!

398view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリー...

関連記事をチェック!

328view

カードローンとフリーローンの違いやメリット・デメリット

生活費が足りないときに、「ちょっとお金を借りたい」ということはないでしょうか? このときに利用するローンとして、カードローンとフリーローン(多目的ローン)があります。 「カードローンはよく聞くけど...

メリットやデメリットは?

静岡銀行のフリーローンをおまとめローンとして利用することのメリットやデメリットについて、考えていきましょう。

金利が低い

メリットとして考えられるのは、何といっても金利の低さでしょう。

それぞれのフリーローンの金利に関しては後述しますが、どのフリーローンを利用する場合でも一般的なカードローン等を利用する場合よりも、総じて低い金利で借り入れを行うことが可能となっています。

おまとめローンでは金利の低さが重要ポイントの1つとして挙げられますが、その点に関して言えば静岡銀行の各フリーローンは、おまとめローンとして非常に優秀なスペックを持っていると言えるでしょう。

5秒診断で審査通過の目安が分かる

静岡銀行のフリーローンでは、申し込みの前に「5秒診断」というツールを用いることで、審査通過できそうかどうかのおおよその目安を診断することが可能です。

「年齢」「前年度年収」「他社からのお借入れ状況」を入力することで診断結果を確認でき、そのまま「かんたん仮審査」に進むことができます。

診断結果はあくまでも簡易的なものではありますが、少しでも心の支えとなるものがある状態で申し込みを行うことができるのは利用者にとっては心強いですよね。

実際に融資を受けられるまでが長い

静岡銀行のフリーローンのネックとなる点を挙げるとすれば、申し込みを行ってから審査結果が分かって実際に融資を受けられるまでに、それなりに時間がかかることでしょう。

消費者金融の取り扱うカードローンやおまとめローンを利用する場合は、最短即日融資が可能ですし、遅くとも翌日程度には融資を受けることができます。

これに対して静岡銀行のフリーローンは、申し込みの方法や申し込み時の口座の有無にもよりますが(詳しくは後述します)、融資を受けられるまでに2週間程度を必要とします。

おまとめローンの利用を検討している人は、少しでも早く条件のいいローンでおまとめを行いたいと思っているはずです。

そのような状況では、2週間という時間は非常に長く感じられるかもしれませんね。

静岡銀行フリーローンの口コミ

静岡銀行フリーローンのメリットやデメリットは上述した通りですが、それはいわば「絶対評価」です。

しかし、静岡銀行以外にも金融機関がたくさんあり、それぞれの金融機関でローンを取り扱っていることを考えると、どのローンを利用するかに関しては「相対評価」も重要となります。

静岡銀行のフリーローンと他の銀行のフリーローンを比較する場合は、口コミを見ることが1つの参考になると考えられます。

では、静岡銀行のフリーローンにはどのような口コミがあるのでしょうか。

  • 他社ローンよりも低金利なので、おまとめローンとして利用した
  • 申し込みに必要な書類が少なく、簡単に手続きできた
  • 契約社員でも借りられた

静岡銀行のフリーローンにはこのような口コミが寄せられており、申し込みのしやすさや金利に満足している人が多く、全体的には評価が高いです。

ですが、審査や融資までのスピードに関しては、低い評価となっていますので、審査の結果連絡が来るまでの期間や、融資を受けるまでの期間には満足していない人も多いようです。

フリーローンの審査基準

ここで、静岡銀行が提供するフリーローンの申込基準や借入条件を紹介していきます。

先ほどもお話しましたが、フリーローンは商品によって申し込みの基準や借り入れの条件が異なります。

他の銀行のフリーローンとの比較や、1つの銀行で複数のフリーローンを提供している場合などの場合には、しっかりと内容を確認するようにしましょう。

なお、今回は借り換えをメインにしておりますので、借り換え資金を対象外としている「ネクストワン」については紹介しません。

しずぎん「フリーローン」

しずぎん「フリーローン」は、融資額が500万円までと比較的高額であり、最低4.5%という低金利で借りることができる商品です。

また、インターネット支店であれば、全国どこに住んでいても申し込みすることができ、申し込みから契約までをネットで完結することができます。

では、しずぎん「フリーローン」の申込基準や借入条件を見ていきましょう。

利用対象者
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
    ※外国人の方は永住者または特別永住者の方に限る
    ※学生の方は申し込みできません
  • 保証会社の保証を受けられる方
資金使途自由
(ただし事業性資金は除く)
融資金額500万円以内
(10万円単位)
融資期間10年以内
融資利率固定金利:4.5%、7.0%、9.0%、10.0%、12.0%、14.5%のいずれか
返済方法元利金等毎月返済
※融資金の50%以内で、ボーナス返済の併用が可能
担保・保証人不要
保証会社株式会社オリエントコーポレーション
エム・ユー信用保証株式会社

しずぎん趣味と暮らしのローン「生き活き設計」

しずぎん趣味と暮らしのローン「生き活き設計」は、目的に合わせて利用できる商品であり、一般的な目的ローンに似た特徴を持っています。

金利はしずぎんフリーローンよりも低いため、よりメリットの大きな借り換えをしたい人におすすめの商品です。

また、団体信用生命保険への加入が必須となっていますので、借入中に万が一のことがあれば、生命保険で完済することもできます。

では、この商品の申込基準や借入条件を見ていきましょう。

利用対象者
  • 融資申し込み時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 団体信用生命保険に加入が認められる方
  • 保証会社の保証を受けられる方
資金使途趣味および生活関連資金
※現在、静岡銀行で利用している各種ローンからの借り換えは不可
融資金額300万円以内
(1万円単位)
融資期間7年以内
(6ヶ月単位)
融資利率固定金利:4.95%、7.50%、10.00%のいずれか
返済方法元利金等毎月返済
※融資金の40%以内で、ボーナス返済の併用が可能
担保・保証人不要
保証会社静銀セゾンカード株式会社

フリーローン(不動産担保型)

「フリーローン(不動産担保型)」は、所有する自宅などを担保にして融資を受ける商品です。

有担保型ですので、融資額が高額であり、低金利で借りることができます。

団体信用生命保険も充実しており、通常のプラン以外にも、「全疾病保証付きプラン」「8疾病保証付きプラン」があり、ガンと診断された場合などの際には、生命保険で完済することが可能となります。

では、この商品の申込基準や借入条件を見ていこうと思いますが、この商品には「フリーコース」と「不動産関連コース」の2つがあり、借り換えは前者のコースとなりますので、こちらについて紹介していきます。

利用対象者
  • 融資申し込み時ならびに融資実行時の年齢が以下の条件を満たす方
    利用する団体信用生命保険借入申し込み時、融資実行時事の年齢最終返済時の年齢
    地銀協団信満20歳以上70歳以下満82歳未満
    ワイド団信満20歳以上69歳以下満81歳未満
    全疾病保障奥様ワイド満20歳以上56歳未満満85歳未満
    アドバンスト8疾病保障満20歳以上56歳以下満85歳未満
  • 安定継続した収入が見込まれる方
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • 団体信用生命保険に加入が認められる方
    ※外国人の方は永住者または特別永住者の方に限る
    ※学生の方は申し込み不可
資金使途自由
(ただし事業性資金は除く)
融資金額100万円以上3,000万円以内
融資期間1年以上25年以内
(1年単位)
融資利率変動金利:5.0%、6.0%、8.0%、10.0%のいずれか
返済方法元利金等毎月返済
※融資金の40%以内で、ボーナス返済の併用が可能
担保土地や建物に、原則として第一順位の抵当権を設定
保証会社株式会社セゾンファンデックス

審査・融資スピード

口コミでは、静岡銀行の審査や融資スピードの評価は低いのですが、実際にはどれだけの期間で審査結果の連絡や融資実行されるのでしょうか。

しずぎん「フリーローン」に関しては、申し込みを受付してから最短3日で審査結果を連絡するとしていますので、審査スピードは比較的早いといえます。

審査の結果が3日程度で来るのであれば、融資実行までの期間も短くなりますので、融資スピードに関しても比較的速いということができます。

しかし、他のフリーローンに関しては、審査スピードに関することを静岡銀行が公表しておりませんので、何日程度で連絡が来るかはわかりません。

審査の結果連絡や融資実行までの期間が気になるという場合は、申し込みをする前に、静岡銀行へ問い合わせすることをおすすめします。

金利は審査によって決まる

静岡銀行が提供する3つのフリーローンは、それぞれ段階的に金利が設定されています。

実際に適用される金利は審査によって決まることになりますので、仮審査の結果が出るまではわかりません。

フリーローンに適用される金利によっては、借り換えするローンとの金利とほぼ変わらないこともあり、金利差によるメリットを得ることができないこともあります。

審査によって金利が決まる場合には、フリーローンを申し込んだ時点での信用が非常に重要となりますので、できる限り信用を高くした状態で申し込みすることが望ましいです。

金利で審査の通りやすさがわかる

フリーローンを低金利で借りることができれば、金利差によって負担を大きく軽くすることができます。

ですが、金利差がほとんどなくても、ローンを一本化するだけでも負担は軽減されますので、審査の通りやすさを重視している人も多いです。

審査の通りやすさを重視したい場合は、できるだけ金利の高いものに申し込みするようにしましょう。

金利が高いローンは、金利に含まれている保証料も高く、保証会社ではより多くのリスクに対応することができるようになります。

静岡銀行のフリーローンでは、上限金利が14.5%のしずぎん「フリーローン」が最も通りやすく、他の銀行と比べても借りやすくなっています。

残りの2つの商品に関しては、上限金利が10.0%と低いですので、審査は通りにくいのですが、「フリーローン(不動産担保型)」は担保によって保全が図られますので、「生き活き設計」よりも通りやすいです。

金利優遇制度でもっと低金利に

「生き活き設計」には、特定の取引をすることで金利が下がる制度があります。

この制度を利用するためには、「joyca」というクレジットカードを契約する必要があります。

「joyca」によって金利が0.1%引き下げられますので、「4.85%」「7.40%」「9.90%」の金利のいずれかで借りられるようになります。

しかし、クレジットカードの利用には年会費が1,350円かかりますので、金利優遇のために契約するほどの効果は期待できません。

審査に通るためのポイント

フリーローンの審査を通りやすくするためには、信用を高くする必要があります。

信用を高くするための方法は主に2つあり、以下のことを行うことで、審査に通りやすくなります。

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

また、信用を高くすることで、審査によって低い金利が適用される可能性も高まります。

しかし、いくら信用を高くしたとしても、申し込みの仕方に問題があると、融資を断られてしまう可能性もあります。

ですので、申し込みの際には、以下の2つのことに注して手続きを行うようにしましょう。

  • 申込内容は正確に記入する
  • 返済計画はしっかりと立てる

では、これら4つのことについて、これから詳しく解説していきたいと思います。

他のローンを延滞なく返済する

延滞によって信用に傷が付くといわれますが、審査時に返済能力が低いと判断されやすくなってしまうことが関係しています。

ローンの審査では信用が非常に重要であり、返済能力が低い人は信用も低くなります。

ローンなどを複数抱えている場合、毎月きちんと返済していくことが難しい人もいるかとは思いますが、延滞しないことはローンを借りるうえでの基本となりますので、しっかりと返済管理をしていくようにしましょう。

少額のローンは完済する

フリーローンは、申込金額が少なくなるほど審査に通りやすくなります。

申込金額を少なくさせるためには、少額な限度額で契約しているカードローンなどを完済するようにしましょう。

少額なローンを完済することで、信用も高くすることができますので、2つの効果で審査に通りやすくなります。

ただし、カードローンを完済する場合には、借りている分を返済するだけでは完済したことにはなりません。

カードローンは、限度額の範囲内であればいつでも借り入れを行うことができるという特徴を持っているため、カードローンの契約が残っている限りは潜在的に借金があるのと同じなのです。

カードローンの返済を行うことで信用を高めたいと考えているのであれば、必ず解約手続きまで行うようにしましょう。

申込内容は正確に記入する

今はフリーローンをインターネットで申し込むことができます。

インターネットでの申し込みは、営業時間が決まっている窓口へ行かずに手続きできることがメリットです。

しかし、手続きをすべて自分だけでしなければなりませんので、入力ミスしたことに気づかずに申し込みしてしまうこともあります。

申込書で記入する内容は、審査を行うための重要な情報となりますので、実際とは異なる内容で申し込みをしていた場合には、融資を断られてしまう可能性が出てきます。

インターネット以外の申し込みの際も、実際の内容と異なる内容で申し込みをしていると、融資を断られる原因となってしまいますので、正確な情報で手続きするようにしましょう。

返済計画はしっかりと立てる

借り換えを目的にフリーローンを借りる場合、返済期間の設定には注意が必要です。

というのも、返済期間を長期に設定してしまうと、金利によっては借り換え前よりも返済の総額が多くなってしまうことがあるからです。

このようなことは、毎月の返済金額だけに意識を向けている場合によく見られることであり、それは裏を返せば全体像をきちんと把握できていないということでもあります。

保証会社ではこのようなこともしっかりとチェックしており、返済の総額が多くなっているものは、返済計画がしっかりと立てられていないと判断します。

返済額の総額も、シミュレーションすることで簡単に把握することができますので、申し込みをする前にきちんと試算しなくてはなりません。

申し込み方法

フリーローンへの申し込み方法は、商品によって異なります。

しずぎん「フリーローン」への申し込みは、「インターネット」「電話」「郵送」「FAX」「窓口」と、さまざまな方法で手続きが可能です。

「生き活き設計」への申し込みは、「FAX」または「窓口」となり、「フリーローン(不動産担保型)」は「インターネット」または「窓口」で手続きすることができます。

正式な申し込みや契約手続きは、郵送でも可能となっていますので、窓口へ行くことなく融資を受けることもできます。

また、一部のローンセンター(掛川・沼津・藤枝・富士・静岡・浜松)では、休日でも契約手続きなどを行うことができますので、平日は仕事などで行くことができないという人も安心して手続きすることができます。

以下では申し込みを行った後の流れ等について説明していきます。

仮審査結果

上述した「インターネット」「電話」「郵送」「FAX」「窓口」等での申し込み後には、仮審査が行われます。

この段階はまだ正式な契約等を行う前なので、本人確認書類や年収確認資料といった書類を提出する必要はありません。

仮審査結果の連絡は、電話・ハガキ・メールのいずれかで行われることになります。

なお、仮審査の結果が電話でくる場合は、「携帯電話」と「自宅」のうち申し込み時に選択したほうに電話がかかってきます。

静岡銀行でローンを利用しようとしていることを家族にバレたくないというような人は、申し込み時に「携帯電話」を選んでおくといいでしょう。

本審査結果

仮審査のあとは本審査を経て正式な契約となりますが、本審査では本人確認書類や年収確認資料といった書類とお届け印が必要となります。

本人確認書類として利用できるのは運転免許証やパスポートといった静岡銀行所定の書類で、年収確認資料は借り入れ金額が300万円以下の場合は不要です。

なお、ネット完結申し込みを行う場合は、本人確認書類として利用できるのは運転免許証に限られることには注意しておきましょう。

事前に申請していた内容と本人確認書類等から確認できる内容に相違がなければ、本審査は問題なく通過となるので、正式契約後に指定された口座に融資金が入金される形となります。

審査期間

申し込みを行っている際には、審査結果が分かるまでにはどれくらいの時間が必要なのかという点が気になるところですよね。

仮審査の結果が分かって連絡が来るのは最短3日ですが、通常5営業日ほどとなっているので、だいたい1週間弱程度で連絡が来ると考えておくといいでしょう。

本審査を終えて実際に融資を受けられるようになるまでの最終的な期間は、来店契約の場合だと10日~2週間程度となっています。

郵送による契約の場合や口座開設を伴うネット完結申し込みの場合には、実際に融資を受けられるまでに2週間以上が必要となります。

静岡銀行のローンを利用してなるべく早く融資を受けたいという場合は、「あらかじめ口座を開設している状態で来店契約を行う」ことが重要と言えるでしょう。

審査落ちする条件とは?

申し込みの際の手続きや審査結果に関して、「審査に通過すること」を前提として説明を進めてきましたが、もちろん場合によっては審査落ちとなってしまう可能性もあるでしょう。

静岡銀行のフリーローンの審査に落ちてしまう場合に考えられる理由を、以下でいくつか挙げていきたいと思います。

年収が静岡銀行が求める基準に達していない

審査の際に重視されるのは「継続的な返済能力を有しているか」ということですが、継続的な返済能力を測るための一番の指標と言えばやはり年収になるでしょう。

ですので、年収が静岡銀行が求めている基準に達していない場合には、審査落ちになってしまう可能性が高いと考えられます。

ただし、静岡銀行が「年収○○万円以上であればOKです」というようなことを公開しているわけではないので、どの程度の年収があれば確実に審査通過できるかということは分かりません。

また、年収は「属性」と呼ばれる「返済の安定性」を測るための指標の1つであり、年収はOKでも属性の他の要素が引っかかってしまえば同様に審査落ちになってしまう可能性はあります。

属性の他の要素(勤続年数や雇用形態など)に関しても、どのぐらいであれば審査通過できるかは分かりませんので、過去に申し込んだ人の口コミ等を参考にして判断するしかないでしょう。

信用情報にキズが付いている

審査の際には、属性の他に「信用情報」と呼ばれる情報も重視されます。

信用情報は、過去に行ってきた信用取引に関する情報をまとめたものであり、信用情報機関と呼ばれる機関で数年分が管理されています。

信用情報を確認すれば、ローンでいくらの融資を受けてどのように返済しているかや、クレジットカードで何円分の決済をして遅延なく支払いを行っているかなどを確認することが可能です。

つまり、信用情報は「返済を確かに行ってくれそうかどうか」の格好の指標となるわけですね。

年収が高くて勤続年数も長ければ、今後も安定した収入を継続できるであろうことは判断できますが、その人がきちんと返済を行ってくれるかどうかはまた別問題です。

過去に返済を遅延したり債務整理を行ったりしているような人は、信用情報にキズが付いておりこれがいわゆる「ブラックリストに入っている」状態となります。

このような状態では、いかに属性がよかろうとも審査に通ることは決してないと考えておいたほうがいいでしょう。

在籍確認を完了することができない

属性と信用情報による審査をクリアした申し込み者が最後にクリアしなければならないのは、勤務先への在籍確認です。

在籍確認は、申し込み者が申請している通りの企業に本当に勤めているかどうかを確認するための非常に重要な過程であり、ローン審査では避けては通れないものでもあります。

ただし、特に申し込み者が派遣社員の場合だと在籍確認は派遣元の派遣会社に対して行われるのが普通ですが、派遣会社の中にはプライバシー保護の観点から在籍確認に対応しないという方針を取っているところもあるのです。

そのような場合には派遣先の会社に在籍確認を行ってもらうしかありませんが、派遣社員という立場で派遣先の会社に在籍確認の対応を行ってもらうのは気が引けるという人もいるでしょう。

そうなると在籍確認が完了しないという事態が発生しかねませんが、在籍確認が完了しないことには当然審査も終わりません。

派遣社員のかたがローンの申し込みを行う場合には、あらかじめ派遣会社に在籍確認に対応してもらえるかどうかを確認しておいたほうがいいでしょうね。

まとめ

静岡銀行では、4種類のフリーローンを提供しており、そのうちの3種類はおまとめローンとして利用することができます。

3種類のフリーローンは、それぞれに特徴があり、申込基準や借入条件などに違いがあります。

一般的には、しずぎん「フリーローン」を利用することになり、この商品は低金利で借りられる可能性もありますし、審査にも通りやすいですので、おまとめローンに向いている商品だといえます。

条件によっては、「フリーローン(不動産担保型)」を利用してより低金利で借りることもできますので、自分にあった商品を選んで利用するようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談