四国銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

カードローンに比べると知名度は劣りますが、実際のところ、“フリーローン”は使い勝手が良く、しかもお得なローン商品なのです。

四国銀行のフリーローンの借入条件と審査基準、お得な使い方、融資を受けるまでに必要な時間等をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

高知県に本店を構える“四国銀行”

高知県高知市に本店を構える四国銀行は、高知県だけでなく四国全体で広く活用されている地方銀行です。

東京商工リサーチの調査によりますと、高知県内の企業のうち約49.42%の企業がメインバンクに四国銀行を指定しており、高知県の金融機関ではトップの支持率となっています。

また、お隣の徳島県でも県内企業のうち約11.2%が四国銀行をメインバンクとしており、徳島県内3位の支持率を示しています。

◆東京商工リサーチ:「企業のメインバンク調査」

四国銀行のフリーローン商品

四国銀行のフリーローン商品は、“フリーローン”と“オーナーズフリーローン”の2つがあります。

それぞれの融資限度額や融資期間、使途などを以下にまとめました。

商品名フリーローンオーナーズフリーローン
融資限度額10~800万円10~500万円
融資期間6ヶ月~10年6ヶ月~10年
金利
(年)
5.5~13.0%4.8~11.8%
金利タイプ固定
使途自由
(事業資金は除く)
自由
担保不要
窓口への来店来店必須
追加融資不可

※借り入れ条件は、いずれも2018年7月時点のものです。

四国銀行フリーローンのメリット・デメリット

四国銀行のフリーローンには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

四国銀行のカードローン「4’s(フォーエス)」と比較しながら、解説してまいります。

なお、次の記事では「4’s」の借入条件や審査の流れについて説明しています。

借りたいときに借りたいだけ借りられるカードローンを希望する人は、ぜひご覧になって下さい。

四国銀行フリーローンは借り換えに利用できる

四国銀行フリーローンは、通常の“フリーローン”も事業者専用の“オーナーズフリーローン”も、いずれも借り換えローンとして使うことが可能です。

年13.0%を超える金利のローンを利用している個人や、年11.8%を超える金利の融資を受けている事業者は、四国銀行フリーローンで借り換えることをおすすめします。

適用金利が低くなると、利息や返済総額が減るだけでなく、返済期間を大幅に短縮することもできますよ。

おまとめローンにも使える

四国銀行フリーローンは、2つとも“おまとめローン”として利用できるローンです。

複数のローンやクレジットカードのキャッシング機能を利用している人は、四国銀行フリーローンで借金を一本化してみてはいかがでしょうか。

ローン返済に悩まされる時間が減りますし、利息や返済期間を縮小することにもつながります。

カードローンよりも金利がお得

四国銀行フリーローンの金利は、四国銀行カードローン「4’s」の金利(年4.0~14.6%)よりも低く設定されています。

四国銀行でお金を借りるなら、カードローンよりもフリーローンの方がお得に借りられると言えますね。

契約時は支店窓口への来店必須

四国銀行フリーローンはインターネットや電話で申し込むことができますが、契約するときはかならず四国銀行の支店窓口に出向かなくてはいけません。

お住まいや勤務先の近くに四国銀行がない人にとっては、若干、利用しづらいフリーローンと言えるでしょう。

なお、四国銀行以外に目を向けるならば、来店不要で利用できるフリーローンも多数あります。

次の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事をチェック!

82view

来店不要なWEB完結フリーローンの審査ポイント

少しまとまったお金が必要になった、生活していればそんな事態に直面することは珍しくありません。 そんな時に便利に利用できるのがフリーローンです。 マイカーローンや学資ローンといった資金使途が...

追加融資は不可能

四国銀行フリーローンは、追加融資が実質不可能なローン商品です。

ただし、これは四国銀行のフリーローンが特別なのではなく、一般的に銀行や信用金庫のフリーローンは追加融資ができないことがほとんどなのです。

四国銀行のフリーローン返済中に追加で借り入れが必要になったときは、四国銀行のダイレクトセンターやローンプラザに電話をかけて相談するか、支店窓口で直接、融資担当者と相談してみることをおすすめします。

<四国銀行のローン相談窓口>

相談窓口名称電話番号営業時間
ダイレクトセンター0120-045-989平日9:00~21:00

土日祝9:00~17:00
ローンプラザ088-871-2423年末年始を除く10:00~18:00
追加融資できないから早く完済できる

四国銀行のフリーローンは、追加融資ができません。

つまり、四国銀行フリーローン以外でお金を借りていないと仮定するならば、新たに審査を受けない限りは、借金が増加する心配はないのです。

少しでも早く完済したい人は、四国銀行等のフリーローンで“借り換え”や“おまとめ”を実施してくださいね。

四国銀行フリーローンの審査を徹底解剖

四国銀行フリーローンを利用するためには、既定のローン審査に通過しなくてはなりません。

審査基準や審査に必要な時間、融資までにかかる時間について探っていきましょう。

審査基準は?

四国銀行フリーローンの審査基準は、以下の通りです。

商品名フリーローンオーナーズフリーローン
申し込み時の年齢20歳以上20歳以上
完済時の年齢75歳未満75歳未満
収入安定していること安定していること
勤務形態パート・アルバイト・正社員個人事業主・法人役員
勤続年数300万円を超える融資を希望する人は勤続年数3年以上であること不問
年収300万円を超える融資を希望する人は年収が500万円以上であること、500万円を超える融資を希望する人は年収が1,000万円以上であること不問
居住地住所もしくは勤務地が当行営業エリア内住所もしくは勤務地が東京支店以外の当行営業エリア内
保証会社四国保証サービス、オリエントコーポレーション、アコム株式会社クレディセゾン

※借り入れ条件は、いずれも2018年7月時点です。

申し込み時の年齢と完済時の年齢

四国銀行のフリーローンは、申し込み時は20歳以上、完済時は75歳未満でなくてはいけません。

制限年齢までに完済できる金額かどうか、しっかりと吟味してから申し込むようにしましょう。

60代の人も申し込めますが、70歳までに無理なく返済できるのかを吟味してから申し込むようにしてください。

収入が安定していること

“フリーローン”も“オーナーズフリーローン”も、いずれも収入が安定していることが必要条件となっています。

また、融資希望額によっては年収と勤続年数においても条件が定められますので、融資希望額とご自身の年収のバランスが取れているのか、確認してから申し込みましょう。

“おまとめローン”として申し込むときは借入件数はほぼ不問

四国銀行のフリーローンを“おまとめローン”として申し込むときは、借入件数が多い人でも審査に通過する可能性は充分にあります。

しかし、他社からの借入金額が年収と比べて大きすぎるときは、「返済能力が充分ではない」と判断されてしまい、審査に落ちることが多いです。

審査スピードは?

四国銀行の公式サイトでは、審査の速度についての情報が公開されていません。

そこで、四国銀行のダイレクトセンターに電話をかけて尋ねてみたところ、電話で申し込むと審査結果が出るまでに4~5営業日、インターネットで申し込むと審査結果が出るまでに7~10日かかるという回答をいただきました。

また、店頭で契約した後、約2~3営業日後に振込融資が実行されるとのことです。

なるべく早く融資を受けたい人は、インターネット経由ではなく電話で申し込むようにしましょう。

状況最短で進んだ場合
(電話申し込み)
最短で進んだ場合
(インターネット申し込み)
審査結果4~5営業日後7~10日後
契約と融資契約後、2~3営業日後に振込融資

審査難易度は?

金利が低く、信販会社が保証会社を務める“オーナーズフリーローン”は、通常の“フリーローン”よりも慎重審査が実施されると考えられます。

また、通常の“フリーローン”は、金利が特別低いわけではなく、しかも、四国保証サービスの審査に落ちてもオリエントコーポレーションが審査を実施してくれ、オリエントコーポレーションの審査に落ちても柔軟審査に定評がある消費者金融アコムが審査を実施してくれますので、一般的なフリーローンと同水準~やや穏やかな審査になると予想できます。

四国銀行フリーローンの金利は低い方?

四国銀行のフリーローン金利は、他の金融機関のフリーローンと比較しても低金利と言えるのでしょうか。

高知県内に支店が多い“高知銀行”と“幡多信用金庫”、そして、全国規模に支店が広がる都市銀行3行のフリーローンの金利と比較してみました。

銀行名融資限度額金利
四国銀行
(フリーローン)
800万円年5.5~13.0%
四国銀行
(オーナーズフリーローン)
500万円年4.8~11.8%
高知銀行
(フリーローン・サポート)
500万円年6.0~14.8%
幡多信用金庫
(フリーローン)
500万円年4.8~14.0%
三井住友銀行300万円年5.975%
三菱UFJ銀行新規受付中止
みずほ銀行300万円年5.875%

※いずれも2018年7月時点の数字です。

四国銀行のフリーローンの金利は低め

四国銀行フリーローンの金利は、高知銀行や幡多信用金庫といった高知県の地元金融機関のフリーローンと比べると、かなり低い水準にあります。

メガバンクの金利水準には及びませんが、地銀や地元信用金庫での借入を検討している人には、四国銀行フリーローンはおすすめのローン商品と言えるでしょう。

四国銀行フリーローンの口コミチェック

四国銀行フリーローンの使い心地は、実際に使った人に尋ねるのが一番です。

ツイッターを通して、四国銀行フリーローンの評判を探っていきましょう。

好印象のカードローンCMが気になる

過去8年間のツイートをチェックしましたが、四国銀行フリーローンに対する口コミは1つも見つかりませんでした。

しかし、ちょっと気になるツイートがありましたので、ご紹介いたします。

カードローンのCMと言えば「しつこい」「イライラする」といったネガティブな評判がほとんどなのですが、どうやら四国銀行のCMは好印象のようですよ。

どんなCMなのか、ぜひとも見たいですよね!

金利がお得な四国銀行フリーローン

四国銀行のフリーローンは、収入や勤務形態、勤続年数等の条件は他のフリーローンと比べると若干厳しいと言わざるを得ません。

しかし、その分、低金利で提供されていますので、申し込むだけの価値があるフリーローンとなっています。

低金利でおまとめや借り換えを考えている人は、四国銀行フリーローンを検討してみてはいかがでしょうか。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談