Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kusanagi/hihin/DocumentRoot/wp-includes/post-template.php on line 284

北陸銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

北陸銀行のフリーローン

北陸銀行は、富山県富山市に本店を置く地方銀行です。

この北陸銀行では、

  • ほくぎんフリーローン
  • らくらクイック
  • ほくぎんオーナーズローン

という3つのフリーローンを提供しています。

これら3つのフリーローンのうち、ローンの借り換えに利用できるのは「ほくぎんフリーローン」と「ほくぎんオーナーズローン」の2つであり、「らくらクイック」では借り換えを行うことができません。

ローンの借り換えができる2つのフリーローンでは、クレジットカードのリボ払いや分割払い分までも借り換えの対象とすることができますので、本当の意味での一本化が可能となります。

また、銀行ならではの金利で借りることができますので、借り換えによって得られるメリットを多くなる可能性も高いです。

この記事では、北陸銀行のフリーローンで、ローンやクレジットの利用代金を借り換えする場合の、審査基準や審査に通るためのポイントなどを紹介していきたいと思います。

フリーローンで借り換えする際の注意点

フリーローンは、必要な資金を一括で借り、その後は返済のみの取り扱いとなりますので、追加借入の心配がなく、借り換えで利用するのに向いている商品であるといえます。

しかし、フリーローンで借り換えをする場合には、注意しなければならないこともあります。

まず1つ目は、審査が厳しく、必要な資金を借りることができない可能性があるということです。

先ほどもお話ししましたように、フリーローンは必要な資金を一括で借りることになりますので、融資金額が高額になりやすいです。

ですので、申し込みの金額が審査によって減額されてしまい、一部分だけしか借り換えすることができなくなってしまいます。

2つ目は、申し込みできる人を限定しているものもあり、パートなどの人では利用できないこともあります。

また、北陸銀行の「らくらクイック」のように、借り換え資金は融資の対象外とするものもあります。

関連記事をチェック!

398view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリー...

北陸銀行フリーローンの口コミ

ローンの比較などをするために、口コミを見るという人も多いと思います。

口コミは、そのローンを実際に利用した人の感想が書かれていますので、参考となりますが、北陸銀行のフリーローンにはどのような内容のものが投稿されているのでしょうか。

残念ながら、フリーローンに関する口コミはほぼなく、ほとんどはカードローンに対するものでした。

カードローンとフリーローンは、商品性は違うものの、個人向け融資の主力商品です。

カードローンの評価が高い銀行は、フリーローンに対しても高い評価となっていることも多いですので、ここではカードローンの口コミを紹介していきます。

  • 融資までのスピードが早い
  • 借りやすい(審査に通りやすい)
  • 申し込み手続きが簡単
  • 金利が高い

これらがカードローンに対する口コミであり、金利に不満を持っている人も多いのですが、全体的は高評価となっています。

フリーローンの審査基準

フリーローンを利用する際には、まず利用することができるのかを確認しなければなりません。

また、どのような条件で借りることができるのか、ということも非常に重要になります。

ここでは、借り換えを目的に利用することができる2つのフリーローンについて、申し込みの基準や借入の条件を紹介していきます。

さらに、フリーローンを申し込んだ場合に、審査の結果はどれくらいの期間で来るのかということについてもお話ししていきたいと思います。

ほくぎんフリーローン

「ほくぎんフリーローン」は、インターネットで申し込みから契約までを来店することなく利用でき、最大融資額が高い大型のフリーローンです。

また、金利も非常に低金利であり、借り換えに適した商品であるといえます。

では、「ほくぎんフリーローン」の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 安定収入のある個人の方
  • 融資時の年齢が満20歳以上、完済時の年齢が満76歳未満の方
    ※学生の方は利用できません
  • 保証会社の保証が得られる方
資金使途自由(事業性資金を除く)

※他金融機関(信販会社等を含む)の借り換え資金(本人名義の借入に限る)を含む
融資金額10万円以上1,000万円以内(1万円単位)
融資期間6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:1.8%~13.5%
返済方法元利均等月賦返済
返済日毎月25日
担保・保証人原則不要
保証会社オリックス・クレジット株式会社

ほくぎんオーナーズローン

「ほくぎんオーナーズローン」は、個人事業主や会社役員など、事業者向けのフリーローンであり、無担保・無保証人で利用できる商品です。

最大融資金額は少なめですが、借り換え資金以外にも使用することができますので、ビジネスローンとしてもおすすめです。

では、「ほくぎんオーナーズローン」の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上、完済時の年齢が満75歳以下の方
  • 「北陸銀行および北海道銀行に借入がない」個人事業主の方(創業予定者の方)または「北陸銀行および北海道銀行に借入がない法人」の役員の方(役員個人も与信取引のない方)
  • 保証会社の保証を受けられる方
資金使途自由

※事業性資金含む消費性資金(法人への転貸や借入のおまとめ等も含む)
融資金額50万円以上300万円以内(1万円単位)
融資期間1年以上7年以内(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:7.0%~14.0%
返済方法毎月元利均等返済(ボーナス返済は利用できません)
返済日毎月26日
担保・保証人不要
保証会社株式会社クレディセゾン

審査スピード

北陸銀行では、「ほくぎんフリーローン」を申し込んだ場合には、最短で翌日には審査結果を連絡するとしています。

銀行によっては審査結果の連絡までに、1週間~2週間程度かかるところもありますので、北陸銀行の審査スピードは非常に早いといえます。

審査スピードが早い銀行は、融資されるまでのスピードも早いですので、急いで融資を受けたい人におすすめのフリーローンです。

しかし、「ほくぎんオーナーズローン」の審査スピードに関しては触れていませんので、どれくらいの期間で審査結果の連絡が来るかはわかりません。

ビジネスローンとしても利用できるこの商品の場合、緊急の資金調達のために急いで融資を受けたい事業者もいると思います。

審査スピードが気になるという人は、申し込みをする前に北陸銀行へ問い合わせることをおすすめします。

金利は審査によって決まる

先ほど紹介した2つのフリーローンは、それぞれ設定されている金利に幅があります。

これらのうち、実際にどのような金利で借りることができるのかということは、審査によって決まることになります。

ですので、申し込みの前から金利を知ることはできず、審査の結果がでなければ実際の返済額などはわかりません。

審査で金利が決まる場合、より低金利で借りるためには、申し込みの段階で高い信用がなければなりません。

フリーローンに適用される金利によって、借り換えすることのメリットに大きな差が出ますので、できるだけ信用を高めておくことが重要になります。

金利で審査の通りやすさがわかる

融資を受けるためには、必ず審査に通る必要があります。

従って、どんなに好条件で借りられるフリーローンでも、審査に通らなければ意味がありません。

複数のローンを借り換えする場合、借入を一本にまとめるだけでもメリットを得ることができますので、審査の通りやすさに重点を置く人も珍しくありません。

では、どのようなフリーローンが審査に通りやすいのでしょうか。

結論を言いますと、金利が高いものほど、審査は通りやすくなります。

金利には、保証会社に保証してもらうための保証料が含まれていますが、これが多くなるほど保証会社ではリスク備えることができるようになります。

北陸銀行のフリーローンでは、上限金利が14.0%と比較的高い「ほくぎんオーナーズローン」は審査に通りやすく、上限金利が13.5%の「ほくぎんフリーローン」は通りにくいといえます。

審査に通るためのポイント

多くの人が利用する「ほくぎんフリーローン」は、審査が通りにくくなっています。

このフリーローンの審査に通るためには、申し込みの時点で信用が高くなければなりません。

信用を高めるためには、

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

という2つのポイントが重要になります。

しかし、信用を高めただけでは審査に通ることができない場合もあります。

信用が高いのに審査に通らないのは、主に申込時に信用を低くしてしまっていることが原因となります。

ですので、申し込みの際には、以下の2つのポイントについても重要になります。

  • 申し込みの内容を正確に記入する
  • 返済計画をしっかりと立てる

これら4つのことをしっかり行っていると、「ほくぎんフリーローン」の審査に通りやすくなるだけでなく、金利を低くさせることも可能になります。

他のローンを延滞なく返済する

信用というのは、基本的に長い年月をかけて高めていくものであり、長期的に延滞をせずに返済していることで、返済能力や返済への意識が高いことを示す必要があります。

しかし、ローンやリボ払いなどを複数抱えている人は、毎月の返済に追われることで、きちんと返済していくことが難しくなってしまいます。

延滞をした場合には、その情報がおよそ2年間、個人信用情報機関に登録されることになります。

それまで延滞なく返済していたとしても、審査の時点で延滞の情報を保証会社が確認すると、審査に不利になってしまいます。

特に、申し込みの直近6ヶ月以内の延滞は、審査に通ることが難しくなっていますので、申し込みを控えた方が良いです。

少額のローンは完済する

通常であれば、信用は長期にわたって少しずつ高くしていくものですが、完済実績を作ることで急激に高めることができます。

完済実績とは、ローンを完済したことがあるという実績であり、この情報も個人信用情報機関に登録されます。

複数のローンなどがある場合、カードローンやキャッシング枠で少額の利用限度額となっているものがあることも多く、ほとんどの人はそれも借り換えの対象にします。

しかし、少額のローンは借り換えするのではなく、完済実績を作るために利用し、信用を高めることに利用するようにしましょう。

さらに、少額のローンを完済することで、フリーローンの申し込み金額を少なくすることができますので、これも審査に通りやすくなる要因となります。

ただし、カードローンなどの極度型ローンは、解約をしてはじめて完済となりますので、必ず解約手続きをするようにしなければなりません。

申し込みの内容を正確に記入する

フリーローンの申し込みは基本的に自己申告制ですので、中には実際の情報とは異なる内容を記入する人もいます。

しかし、申し込みの内容が偽りであることがばれてしまうと、融資を断られてしまいます。

最近はインターネットによってフリーローンを申し込むことができるようになっています。

ですが、インターネットの場合には、入力ミスによって実際の情報とは異なる内容で申し込みをしてしまうこともあります。

入力ミスによって内容が違っていた場合も、融資を断られてしまう原因となりますので、入力した内容は何度も確認してから送信するようにしなくてはなりません。

返済計画をしっかりと立てる

「ローンは借りる時よりも返済していくことの方が大事」といわれているように、長期間にわたって延滞せずに返済していかなくてはなりません。

そのためには、返済計画をしっかりと立てることが重要になります。

また、借り換えを目的にフリーローンを借りる場合には、借り換えする前と後の比較もしなくてはなりません。

多くの人は、毎月の返済額は比較しますが、総返済額については比較しません。

フリーローンの金利や返済期間の設定次第では、借り換え後の方が、総返済額が多くなることもあります。

借り換えを行う際は、フリーローンの毎月返済額だけをシミュレーションするだけでなく、総返済額についても金額をしっかりと押さえておくようにしましょう。

申し込み方法

フリーローンへの申込方法は、商品によって異なります。

「ほくぎんフリーローン」の場合、インターネット、郵送、窓口で申し込みをすることができます。

「ほくぎんオーナーズローン」の場合は、インターネットまたは窓口での申し込みが可能であり、郵送で手続きをすることができません。

いずれの商品もインターネットで申し込む場合には、24時間いつでも手続きが可能です。

窓口での申し込みは、最寄りの本支店でも行うことができますが、平日は仕事などで行くことができない人も多いと思います。

そのような人は、土日や祝日も営業している「ローンプラザ」を利用しましょう。

申し込みの流れ

フリーローンを申し込んでから、融資を受けるまでの簡単な流れは、

  1. 申し込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 契約
  4. 融資

となっております。

来店不要で借りられる「ほくぎんフリーローン」は、契約書類を自宅へ郵送してくれますので、必要事項を記入し、必要書類と共に返送することで契約できます。

「ほくぎんオーナーズローン」の場合は、窓口での契約となりますので、銀行へ行って手続きする必要があります。

申し込みに必要な書類

フリーローンに申し込みをする際は、基本的に本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カードなど)が必要になります。

ですが、申し込みの金額が50万円を超える場合には、以下の収入確認書類も必要になります。

  • 給与所得者の方・・・源泉徴収票、所得・課税証明書など
  • 自営業者、法人代表者の方・・・過去3年分の納税証明書、確定申告書または決算書

なお、審査によっては、借り換え対象のローン残高などを確認するために、返済予定表なども必要になる場合もあります。

源泉徴収票のすべて!見方や発行時期、再発行方法等を網羅

まとめ

北陸銀行には、ローンなどの借り換えに利用できるフリーローンが2つあります。

このうち、ほとんどの人が利用することになるのが「ほくぎんフリーローン」です。

この商品は、高額な融資にも対応している大型のフリーローンであり、非常に低金利で借りることができますので、借り換えで利用することに向いているといえます。

しかし、利用するためには厳しい審査に通らなければなりませんので、しっかりと対策して申し込む必要があります。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談