福井銀行のフリーローンでおまとめ【審査通るには】

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

福井銀行のフリーローン

福井県に本店を置く福井銀行では、フリーローンを2種類提供しています。

フリーローンというのは、旅行やブライダルなどように、まとまった資金を借りる際に利用するローンですが、これをおまとめローンとして利用することもできます。

おまとめローンというと、消費者金融で提供されているものや銀行のカードローンを思い浮かべる人も多いと思います。

しかし、消費者金融のおまとめローンは、銀行のローンやクレジットカードのリボ払いなどは借り換えの対象とならないことも多く、カードローンは十分な資金が借りられない、追加融資をしてしまうリスクが高いです。

フリーローンは、融資を受けると、それ以降は返済のみの取り扱いとなりますので、追加借入をするリスクがなく、金利もカードローンより低金利であることが多いです。

また、他の銀行のカードローンやリボ払いまでも借り換えの対象とすることができますので、すべてを一本化することも可能です。

この記事では、福井銀行のフリーローンを、おまとめローンとして利用する際の審査基準、審査に通るためのポイントなどを紹介していきます。

フリーローンで借り換えする際の注意点

消費者金融のおまとめローンは、基本的に貸金業者からの借入であれば、すべてをまとめられるだけの資金が借りやすくなっています。

しかし、銀行のフリーローンは、対象外となる資金は少ないものの、審査によって減額されてしまう可能性も高いですので、十分な金額を借りることができない場合もあります。

また、申し込みの基準に、年収や勤続年数などがあるために、パートやアルバイトなどの人では借りられないということもあります。

自由な資金を低金利で借りられるフリーローンですが、利用する際にはこれらのようなことに注意しなければなりません。

関連記事をチェック!

774view

フリーローンとおまとめローンは何が違うの?

住宅ローンやマイカーローンは、ローンの名前がそのまま利用目的を表していますが、フリーローン、おまとめローンというローンはどのような目的で利用できるかが解りにくいですよね。 そのため、実際にフリーロー...

福井銀行フリーローンの口コミ

福井銀行が提供している2つのフリーローンは、

  • フリーローン
  • フリーローンネクスト

という商品名で取扱いしています。

ここでは、これらのフリーローンに対する口コミを紹介しますので、ローンを選ぶ際の参考にしてください。

フリーローンに対する口コミには、

  • カードローンを借り換えでき、毎月の負担が軽くなった
  • 必要書類が少なく、簡単に手続きできた

などというような内容のものがありました。

その反面、審査・融資スピード、返済方法に対して低い評価をしている人も多かったですので、フリーローンの商品性としてはまずまずの評価であるといえます。

もちろん、口コミだけではすべてを判断することはできませんが、実際に利用したことがある人は、このような評価をしています。

フリーローンの審査基準

福井銀行が提供する2つのフリーローンは、主に利用できる人に違いがあります。

ここでは、フリーローンの商品によって異なる申込基準などを紹介するとともに、融資額や金利などの条件も併せて紹介していきたいと思います。

また、口コミでは低評価であった審査・融資スピードについて、実際はどれくらいの期間で審査結果の連絡や融資を受けることができるのかということも解説していきます。

フリーローン

福井銀行の「フリーローン」は、一般的に提供されているようなフリーローンと特徴はほぼ同じですが、高額な融資にも対応していますので、高額な借り換えにも利用することができます。

また、下限金利が非常に低いですので、多くのメリットを得ながら返済していくことができる可能性があります。

では、この商品の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者

次の条件を満たす個人の方

  • 借入時の年齢が満20歳以上で、最終返済時の年齢が満76歳未満の方
  • 安定した収入が継続して見込まれる方
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自 由
(ただし、事業性資金は除く)
融資金額10万円以上1,000万円以内
(1万円単位)
融資期間1年以上10年以内
(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:4.9%~14.6%
返済方法
  • 元利均等返済
    (借入金額の40%以内でボーナス返済併用可)
担保・保証人不 要
保証会社
  • 株式会社福井カード
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • エム・ユー信用保証株式会社

フリーローンネクスト

「フリーローンネクスト」は、満60歳以上の方だけが利用できる商品ですので、年金を受給している人でも借入することができます。

また、年金受給者が返済しやすいように、年金が支給される月を返済日とすることも可能です。

では、この商品の申込基準や借入条件を紹介していきます。

利用対象者

次の条件を満たす個人の方

  • 借入時の年齢が満60歳以上で、最終返済時の年齢が満81歳未満の方
  • 安定した収入が継続して見込まれる方
    (年金受給者含む)
  • 保証会社の保証が受けられる方
資金使途自 由
(ただし、事業性資金は除く)
融資金額10万円以上200万円以内
(1万円単位)
融資期間1年以上5年以内
(1ヶ月単位)
融資利率固定金利:4.9%~14.6%
返済方法
  • 元利均等返済
  • 「毎月返済」と「隔月返済(偶数月)」から選択できます
    ※隔月返済(偶数月)は、年金受給者の方のみが選択可能
担保・保証人不 要
保証会社株式会社クレディセゾン

審査・融資スピード

口コミでは、審査スピードや融資スピードに不満を持っている方も多かったのですが、福井銀行では、フリーローンの仮審査結果の連絡は「原則翌営業日」としています。

人によっては、即日で審査結果が出なければ「遅い」と感じる人もいますが、他の銀行では1週間~2週間しなければ結果連絡が来ないこともありますので、福井銀行の審査スピードは早いといえます。

しかし、融資までの期間は公表していませんので、どれだけの期間で借りることができるのかについては、わかりません。

どうしても融資までの期間が知りたいという人は、申し込みをする前に、福井銀行に問い合わせすることをおすすめします。

なお、福井銀行では、ローンの相談をすることができる専用の電話がありますし、土日なども営業しているローンプラザもありますので、平日に窓口へ相談に行くことができない人は、これらを利用するようにしましょう。

金利は審査によって決まる

福井銀行の2つのフリーローンは、どちらも幅広い金利が設定されていますが、実際には「4.9%」「7.9%」「9.9%」「14.6%」と4段階となっています。

これらの金利のうち、どれが適用されて借りるのかは、審査によって決まりますので、申し込みの段階ではわかりません。

借り換えの対象に、銀行カードローンのような比較的低金利のものがある場合、フリーローンの金利によっては、十分な金利負担を得ることができないこともあります。

一般的には、返済されないリスクが低い、いわゆる信用が高い人ほど低金利で借りることができますので、できるだけ信用が高い状態でフリーローンを申し込むことが望ましいといえます。

金利で審査の通りやすさがわかる

ローンは借りられなければ意味がありませんので、審査の通りやすさが気になるという人も多いと思います。

審査の通りやすさというのは、フリーローンを保証する保証会社によっても異なりますが、金利を見ることである程度予想することができます。

というのも、金利を構成している要素には、保証会社へ支払うための保証料があります。

保証料は、保証会社がリスクに備えるために重要なものであり、多くの保証料を得ることができれば、より多くの人を保証することができます。

保証料が多くなるほど金利は高くなりますので、審査の通りやすさを重視したい人は、金利の高いものを選ぶようにしましょう。

福井銀行の2つのフリーローンは、上限金利が14.6%と比較的高めに設定されていますので、審査は通りやすいといえます。

審査に通るためのポイント

いかに審査が通りやすいフリーローンでも、審査がある以上は必ず通るというものではありません。

審査に通るためには、申し込みの前に信用を高くしておく必要があり、申し込みの際には適切な方法で手続きをしなければなりません。

まず、信用を高くするためのポイントは、

  • 他のローンを延滞なく返済する
  • 少額のローンは完済する

という2つのことをしておくことが必要です。

次に、適切な申し込み手続きをするためのポイントは、

  • 申込書の内容は正確に記入する
  • 返済計画をしっかりと立てる

ということが大事です。

これらをきちんとしておくことで、決定される金利も低くなる可能性がありますので、できるだけ実践することをおすすめします。

では、これらのポイントを、さらに詳しく解説していきます。

他のローンを延滞なく返済する

延滞は、申込者に返済能力がないということを証明してしまうものです。

融資や保証をする側にしてみると、不良債権はできるだけ増やしたくありませんので、返済能力がない人と取引したくありません。

複数のローンやリボ払いを抱えている人は、毎月の支払いに追われ、きちんと返済していくことが難しいです。

しかし、延滞や滞納をしてしまえば、ローンの審査に通ることが難しくなってしまいますので、返済や支払いはきちんとしていかなくてはなりません。

なお、延滞の情報は、個人信用情報機関において、およそ2年間登録されていますので、ここに延滞の事実があれば、審査で不利になってしまいます。

少額のローンは完済する

冒頭で、銀行のカードローンやクレジットカードのリボ払いも、フリーローンの借り換え対象とすることができるとお話ししましたが、これらは信用を高めるために利用することもできます。

カードローンやリボ払いを利用しているものの中には、10万円や20万円などのように、少額の利用限度額や利用残高となっているものもあるはずです。

少額のローンがある場合、これを完済することで「完済実績」を作ることができます。

完済実績が信用情報にあることで、申込者に返済能力があると判断されやすくなります。

また、フリーローンの借入金額を少なくさせることもできますので、審査に通りやすくなります。

借入金額が少なくなることで、毎月の返済額も少なくなりますので、少額なローンを完済することのメリットは非常に多いです。

なお、カードローンは解約をしなければ完済実績を作ることができませんので、不要なクレジットカードと共に、解約するようにしましょう。

申込書の内容は正確に記入する

フリーローンに申し込みをする人の中には、年収や勤続年数、他のローンの利用状況などの情報を偽って申告する人もいます。

また、最近ではインターネットでもフリーローンに申し込みをすることができますが、入力ミスによって実際の情報とは異なる内容で送信してしまうこともあります。

申込書に記入した内容と、実際の内容に違いがある場合には、仮審査で通っていたとしても、保証を取り消しされてしまう可能性があります。

審査に通りやすくするために、年収などを偽ったとしても、書類などでばれてしまう可能性もありますので、必ず正確な情報を記入するようにしなくてはなりません。

インターネットで申し込みをする場合には、入力した内容を何度も確認してから送信するようにしましょう。

返済計画をしっかりと立てる

福井銀行において一般的に利用されている「フリーローン」は、最長10年という長期の返済が可能な商品であり、毎月の返済額を軽減させることができます。

しかし、返済期間を必要以上に長くすると、総返済額が借り換え前よりも多くなってしまう可能性があります。

特に、フリーローンが上限金利で決定され、銀行のカードローンを借り換えする場合には、最長の返済期間を設定しなくても、返済総額が多くなることがあります。

借り換えを目的に借りる場合、返済計画が非常に重要となりますので、毎月の返済額だけでなく、総返済額にも注意しなければなりません。

しっかりとした返済計画を立てるためには、申し込み前にシミュレーションすることが大事です。

福井銀行のホームページでは、簡単な項目を入力することでシミュレーションをすることができますので、これを利用して返済計画を立てるようにしましょう。

申し込み方法

福井銀行のフリーローンは、どちらもインターネットから申し込むことができますので、24時間365日手続きが可能です。

また、電話でも申し込みをすることができますが、受付時間は平日の9時~17時までとなっていますので、電話をする曜日や時間帯に注意が必要です。

窓口で申し込みをする場合も、電話と同様に、曜日や時間帯に注意が必要です。

しかし、先ほどもお話ししましたように、福井銀行には休日も営業しているローンプラザがありますので、平日に窓口へ行けない人はこちらを利用することをおすすめします。

なお、窓口で申し込み場合は、仮審査申込みを省略することもできますので、融資までの期間を短縮することが可能となります。

申し込みの流れ

フリーローンの申込の流れを簡単に紹介しますと、

  • 仮審査申込み
  • 仮審査結果の連絡
  • 正式審査申込み
  • 正式審査結果の連絡
  • 借入

となります。

仮審査の申し込みは、先ほど紹介したいずれかの方法で行いますが、正式な申し込みは「WEB」「郵送」「窓口」のいずれかとなります。

ただし、WEBでの正式申し込みは、申込金額が300万円までとなりますので、これを超える金額を申し込む場合は、郵送または窓口での手続きとなります。

申し込みに必要な書類

フリーローンは、基本的に運転免許証などの本人確認書類があれば借りることができます。

しかし、申込金額が300万円を超える場合は、源泉徴収票などの所得証明書類も必要となります。

おまとめローンとして利用する場合には、借り換え対象ローンの残高などを確認できる書類も求められる場合がありますので、返済予定表や利用明細書などを準備しておくことで、スムーズに手続きすることができます。

関連記事をチェック!

20860view

所得証明書とは役所が発行する公的な収入証明

手続きをするときに、所得証明書を提出しなければならないことがあります。 このページをご覧の皆さんのなかには、「所得証明書の提出を求めれたけど、どこで手に入るかわからないし、そもそも所得証明書とは何な...

まとめ

福井銀行では2種類のフリーローンがありますが、一般的には通常の「フリーローン」を利用します。

「フリーローン」は、上限金利も高めに設定されていますし、異なる保証基準の保証会社が複数付いていますので、多くの人が利用できる商品となっています。

高額な借入にも対応していますので、おまとめローンとして利用するのに向いているといえ、普段から福井銀行を利用している人だけでなく、初めて利用する人にもおすすめです。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談