25万円すぐ借りたいけど利息とか返済額はいくら?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

25万円今すぐ借りたいなと考えている人にピッタリなのが、アコムやプロミスなどの大手消費者金融です。お金を借りるなら安心して借りたいですよね、大手消費者金融なら安心で安全、プライバシーの保護もばっちりです。

しかし25万円借りたとなると利息はいくら必要なのか、毎月の返済額はどのくらいなのかということも気になりますね。お金を借りたのはいいけれど返済できないでは話になりません。

銀行カードローンでも今すぐ借りれるのかななど、25万円を今すぐ借りる方法や利息、返済額を中心にご説明していきますね。

まずは自分の財産の洗い出しから!

今すぐ25万円を用意するために、まずは自分には本当に25万円分の財産がないのかどうか、チェックしてみましょう。

普段使っているお財布の中や銀行口座には、25万円なんて大金が入っていないということはわかりましたが、それ以外に口座は持っていませんか?

例えば、独身時代に使っていた銀行口座を忘れてはいないでしょうか?
しまいこんだ通帳を引っ張り出し、いま一度残高を確認してみましょう。

また、受け取らずに据え置かれている保険のお祝い金などはなかったでしょうか?

据え置かれているお祝い金は、申請すれば1週間程度で支払われることが多いので、確認してみましょう。

他にも、クローゼットに眠っているブランドバッグや時計はありませんか?

高く買取りをしてもらえる場合もありますので、売却して現金に換えることができます。

そして、大きい財産といえば、車ですね。

週末しか乗っていない車は、どうしても必要でしょうか?

これを機会に思い切って売却し、現金化するという手段もあります。

まずは、自分の財産を洗い出し、自力で25万円作ることができないかチェックしてみましょう。

関連記事をチェック!

111230view

意外と高く売れるもの28選【完全保存版】

この記事を見ているということは、身の回りのもので何か高額で売れるものがないか探している人が多いと思います。 「取りあえずお金が必要だから、家にあるものを売ってお金に換えたい」と考えたときに、何が高値...

今すぐ25万円借りたいなら消費者金融がおすすめ

25万円を借りるならカードローンで借りるのが最も簡単な方法ですね。来店不要で自宅にいながらパソコンやスマホからでも借入申し込みができるのは大変便利です。

急な出費というのは誰にでもあることで、大手消費者金融のイメージが改善したことからカードローンの借入のハードルはかなり下がった、とも言えますね。

10人に1人はカードローンで借入していると言われる時代です。

お金に困ったなどうしよう、と親から借りることや友人にお金貸してと言ってしまうと人間関係が壊れてしまう原因にもなってしまいます。

普通に仕事をしている人で年齢が20歳以上、信用情報に問題がなければ25万円を借りることはそれほど難しいことではありません。

大手消費者金融なら審査時間は最短で30分、借入まで最短60分の早さですから今日中にお金を借りないと困るという人にとっては、まさにうってつけの金融機関です。

アコムやプロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAの大手消費者金融はそもそも即日融資に特化しており、借入方法も振込キャッシングやATM借入が選べます。

もちろん土日でもすぐにお金を借りることができるばかりか、在籍確認が難しい場合は審査内容によって書類で在籍確認としてくれるため会社バレする心配もありません。

振込キャッシングは銀行営業時間外は無理なのではないの?と思いますよね。

しかしアコムとプロミスは指定銀行口座があれば銀行営業時間外でも、また土日でも24時間いつでも振込キャッシングで借りられるのです。

さらに消費者金融のメリットは年収が多少低くても審査に通りやすいことです。

もちろん25万円を借りるには最低年収というのはあっても、パート収入やアルバイト収入でも審査に通りやすいため、お金の工面がしやすいのですね。

そして30日間無利息サービスがあるため、25万円を借りても30日以内に返済すれば利息は0円です。

銀行カードローンでは今すぐ借りられない

25万円を借りるのに大手消費者金融をおすすめする理由には、銀行カードローンが即日融資できないこともあるのです。

2017年いっぱいまでは銀行カードローンも即日融資に対応し、今すぐお金を借りたいと言う人でも申し込めるカードローンでしたが、2018年1月から銀行カードローンの即日融資ができなくなってしまいました。

銀行カードローンは貸付金額が消費者金融に比べて多くなることから、暴力団関係者や反社会勢力に関わる人が銀行カードローンを利用して活動資金源にすることや、マネーロンダリングに利用されるケースが目立つようになったのです。

そこで銀行カードローンでお金を借りるには、暴力団関係者、反社会勢力との関わりがないかどうか警察庁のデータベースと照合する手間が増えてしまったため、借入申し込みから融資実行まで一週間程度かかるようになっています。

25万円のお金を借りるのに今すぐじゃなくてもいい、一週間や10日くらいは我慢できると言うなら銀行カードローンでも構いません。

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が安いというメリットもあります。ただし銀行カードローンのほとんどは30日間無利息サービスがありません。

25万円を借りてもすぐに返済できると言うのであれば、わざわざ銀行カードローンを選ぶ必要はありませんね。

消費者金融よりも審査が厳しい銀行カードローンは、パートやアルバイトでは申し込みはできても審査に通るかが問題です。

カードローンの審査に通らなければ25万円どころか1円でさえ借りることができません。確実に25万円を借りたいのならやはり大手消費者金融が適していますね。

25万円を借りた場合の利息や返済額はいくら

カードローンでお金を借りたら必ず利息をつけて返済しなければなりません。もちろん30日間無利息サービスを利用するなら利息はかかりませんよ。

しかし30日間無利息サービスは初回会員限定のサービスで、それも1回のみのサービスです。30日間無利息サービスを1回使ってしまったらもう使うことができません。

そのため25万円を借りた場合の返済シミュレーションは欠かせません。

25万円を借りたら利息はいくらかかるのか、毎月の返済額はいくらなのか、借金を完済するまでにどのくらいの期間がかかるのか、きちんと計画を立てておきましょう。

お金を借りたのはいいけれど、思った以上に利息が高かった、毎月の返済額がきつかった、そのため生活が苦しくなってしまったのでは意味がありませんね。

消費者金融はCMで「ご利用は計画的に」と言っているように、お金を借りるには計画が必要です。

利息はいくらかかるのか

大手消費者金融の代表としてアコムとプロミスを例に、利息がいくらかかるのかおおよその見当をつけてみましょう。

利息の計算式は単純にできており、以下の計算式で簡単に利息を求めることができます。なお計算で求められた利息に1円未満の端数がある場合は切り捨てです。

・利息額=借入残高x金利/365日x利用日数

たったこれだけで利息を求めることができるのです。そもそも利息は借入残高に対してその都度計算されるため、25万円を借りたとしてもずっと同じ利息ということはありません。

25万円を借りて返済していくにしたがって残高が減ればそれだけ利息の額は少なくなります。

また利用日数について簡単にご説明すると、初回借入なら借入日の翌日から返済期日まで、及び返済日の翌日から次回の返済日までが利用日数です。

◆アコムで25万円を借りた場合の利息
アコムの金利は年18.0%です。計算しやすいように18%→0.18、として計算しましょう。

・利息額=25万円x0.18/365日x30日=3,698円

25万円をアコムから借りた場合、無利息期間を考えずに30日間利用したとすると3,698円が利息です。

◆プロミスで25万円を借りた場合の利息
プロミスの金利は年17.8%とアコムに比べてちょっとだけ安くなっていますね。アコムと同じようにプロミスの金利も計算しやすいように0.178として計算しましょう。

・利息額=25万円x0.178/365日x30日=3,657円

プロミスの金利がアコムよりも若干安いのですが、実際計算してみるとそれほど利息の差はありませんね。

25万円を借りたら最初の利息は概ね3,700円弱かかると考えておきましょう。借入残高が10万円に減ってくれば利息は1,479円、5万円に減れば739円のように利息が安くなっていきます。

毎月の返済額はいくらか

アコムとプロミスから25万円を借りたとしても利息だけ返済していたのでは借金が減りません。

そこで最低返済額が決まっており、基本的に最低返済額以上の金額を返済することが必要です。

最低返済金額は消費者金融によって異なり、アコムとプロミスでも同じ25万円を借りても毎月の返済額に違いがあります。

◆アコムで25万円を借りた場合の最低返済額
アコムの最低返済額は利用限度額によって一定の料率をかけた金額です。利用限度額が30万円以下であれば借入残高x4.2%、利用限度額が100万円以下であれば借入残高x3.0%です。

なお恵さんによって求められた最低返済額に1,000円未満の端数がある場合は切り上げです。

それぞれの利用限度額によって最低返済額が違ってきます。

・利用限度額30万円以下:毎月1万1,000円
・利用限度額100万円以下:毎月8,000円

◆プロミスで25万円を借りた場合の最低返済額
プロミスもアコムと同じように利用限度額によって毎月の返済額が異なり、利用限度額が30万円以下の場合は借入残高x3.61%、利用限度額が100万円以下の場合は借入残高x2.53%です。

プロミスも最低返済額に1,000円未満があった場合は切り上げです。

・利用限度額30万円以下:毎月1万円
・利用限度額100万円以下:毎月7,000円

以上のように25万円を借りても毎月の返済額に1,000円程度の差がありますね。できるだけ毎月の返済額を抑えたいと言うならプロミスが向いています。

関連記事をチェック!

389view

カードローンの最低返済額の意味や注意点

カードローンには「最低返済額」が決まっています。最低返済額とは、「毎月最低この額以上は返済してください」という月々の最低金額になります。 しかし、この最低返済額には注意点もあるのです。 毎月の返済...

25万円の返済シミュレーションをしてみよう

25万円を借りた場合の利息や毎月の返済額がわかったところで、返済期間はどのくらい必要なのか返済シミュレーションをしてみることも必要ですね。

そうすればいつになったら借金を完済できるのかがわかります。

◆アコムの返済シミュレーション
・毎月の返済額1万1,000円 :29回払
・毎月の返済額8,000円:42回払

◆プロミスの返済シミュレーション
・毎月の返済額1万円:32回払
・毎月の返済額7,000円:52回払

以上のように毎月の返済額によって返済回数に大きな違いが出てきますね。

25万円を借りた場合に毎月の返済額を抑えてしまうと返済回数が増え、借金を完済するまでの期間が長くなってしまいます。

毎月の返済額が少なければ確かにラクな返済とはなりますが、返済期間が長くなってしまうと負担しなければならない利息額も増えてしまいます。

消費者金融から25万円を借りてお得に返済するには、最低返済額ではなく例え1,000円でも多く返済することによって返済期間が短くなるのです。

お金に余裕があるときは1万円でも2万円でも多く返済すればそれだけ早く完済できますので、ボーナスなどを臨時収入が入ったようなときに、随時返済するようにしましょう。

関連記事をチェック!

1162view

増額返済,繰り上げ返済とは?返済額を増やして利息負担を軽くする!

住宅ローンを借入した後、少しでも返済総額を減らすための方法として繰り上げ返済が有名です。 しかし、それよりもさらにお得になる方法があるなら知っておきたいですよね。 住宅ローンをお得に利用したい人に...

今すぐ25万円を稼ぐには?

では、今すぐ25万円を稼ぐにはどうしたらよいでしょうか?

売却できる財産を売却する

まず、財産の洗い出しをして、売却できるブランド品や車などが見つかった人は、より高く買い取ってくれるところを探して売却しましょう。

ブランド品は、買取専門店なら安定的な値付けで買い取ってくれるでしょう。

車の場合は、車の買取価格を10社一括査定できるサイトなどがありますので、上手に利用して少しでも高く買い取ってもらいましょう。

単発アルバイトなどで働いて稼ぐ

シンプルに、働いて稼ぐという方法ですが、単発アルバイトで25万円をすぐに稼げるという仕事は、残念ながらありません。

もしそんな好条件の仕事を募集していたとしたら、それはとても怪しい仕事です。

特に、ネットで募集していて雇用主と面会の必要がないというような仕事はとても危険です。

昨今、割のいいアルバイトだと思って始めた仕事により、本人の知らない間に犯罪に加担してしまっていたという事件も多発しています。

短期間で高額を稼げるとうたっている怪しいアルバイトにはくれぐれもご注意ください!

短期間でお金を稼ぐ38の方法

関連記事をチェック!

232144view

裏バイト、闇仕事のすべて【即金高収入】

「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。...

その25万円、本当に今すぐ必要?

ところで、その25万円は本当に今すぐ必要なお金でしょうか?

いま一度冷静に考えてみましょう。

今すぐに25万円もの大金が必要になるという緊急事態は、そうそう起こるものではありません。

この25万円はどれくらい緊急性が高いものなのでしょうか?

例えば、今すぐ25万円のものを購入しなければいけないのだとしたら、それは本当に今購入しないければいけないのかどうか、冷静に考えてみてください。

よく考えてみれば、数ヶ月先に支払っても大丈夫なお金だということであれば、節約や副業で、例えば月5万円ずつ5ヶ月かけて貯めるといったことができます。

今すぐ25万円もの大金が必要な事情があるとしたら、借金の返済を迫られているというケースが考えられます。

もしそうなのだとしたら、今の時点で支払えないというのはすでに破綻している可能性が高いです。

債務整理をするべき事案かもしれませんので、弁護士など専門家に相談してみましょう。

市の無料相談や法テラスなどでも相談にのってくれますよ。

また、トラブルに巻き込まれて25万円請求されているとか、脅されているとか、そういう場合にもやはり、まずは早めに警察や弁護士などの専門家に相談しましょう。

関連記事をチェック!

2919view

金に困る!本当にお金がない人の特徴【困ったときは相談】

お金のない人には性格に特徴があるといいます。 ご自分がお金がないのであれば、お金がない人の特徴に該当しているのかもしれません。 まずは、自分を知ることでお金がない状態から抜け出しましょう。 それ...

無理のない返済に必要な年収は?

無理のない返済に必要な年収は?

安心して借りられるかどうかを考える際には、返済負担率というものが重要になってきます。

返済負担率を変更していきながらシミュレーションを行っていきましょう。なお今回は、カードローンで借金をしている前提で考えていきます。

返済負担率とは

実際にシミュレーションを行っていく前に、返済負担率に関して簡単に説明しておきましょう。

返済負担率とは「利息を含めた返済額÷年収」で計算され、年収のうち何割を返済にまわしているかということを表す数字です。

例えば年収が400万円で1年間での借金返済総額が100万円だったとすると、100÷400=0.25となり、返済負担率は25%となります。

この数字が小さいほうが無理せず返済ができるのは言わずもがなです。

返済負担率5%

では実際に返済負担率のシミュレーションをしていきますが、実際に返済を行う際のカードローンの返済金額の決め方は様々です。

借入限度額によって決まるもの、現在の借入残高によって決まるもの、借入残高に一定の割合を掛けて決まるもの、などなど。

そこで今回は計算を簡単にするために、毎月の返済金額は一定であるという前提でシミュレーションを行います。

利用するカードローンによっては実情と少し異なる場合もありますが、1つの目安と考えてください。

まずは返済負担率を5%に抑えたい場合です。25万という金額ですから、どれだけ長く見積もっても2年程度あれば返済は可能でしょう。

場合によっては、半年・1年程度で返済できるかもしれません。返済負担率5%の状態で半年・1年・2年で25万を返済するために必要な年収はそれぞれ以下の通りです。

半年1年2年
1,000万円500万円250万円

他の場合も同様の計算で算出可能です。

試しに借金25万円を半年で返済する場合の年収の算出方法をご紹介しておくと、半年で25万円を返済するということは、1年間で50万円を返済するということになります。

さすがに返済負担率5%では半年で返済しようと思うとかなり高い年収が要求されますが、1年や2年ほど返済にかける場合であれば現実的に可能だという人も多いのではないでしょうか。

返済負担率10%

続いては返済負担率10%の場合です。考え方は返済負担率5%の場合と同じですので、計算結果のみ表にまとめます。

半年1年2年
500万円250万円125万円

返済負担率が倍になるため、必要な年収は5%の場合の半分でいいことになります。

返済に2年間かけてもいいのであれば、パートやアルバイトの人でも返済負担率10%で返済を行うことができそうです。

返済負担率20%

では最後に返済負担率が20%の場合です。こちらも先に結果を示しておきます。

半年1年2年
250万円125万円62.5万円

返済負担率を20%に設定すれば、非常に多くの人が実現可能ではないでしょうか。

ただしこの場合は1つ注意しておかなければならないことがあり、たとえば「借金25万円を2年で返済する」場合に必要な年収は62.5万円となっています。

ところが、62.5万円から見て25万万円というのは3分の1以上であり、総量規制に引っかかってしまう数字なのです。

そのため、総量規制の影響を受ける消費者金融等の貸金業者で融資を受ける場合は、一番右端の列の返済計画は成り立たないことになります。

これらが実現可能なのは、銀行カードローン等の総量規制の影響を受けないカードローンを利用する場合に限られることに注意しておきましょう。

返済負担率を考える際の注意事項

最後に、返済負担率を考える際に注意しておかなければならないことをいくつか挙げておきます。

まず1つ目は冒頭でも軽く断りを入れましたが、実際には金利等の兼ね合いがあるためここまできれいな数字にはならないということです。

また、カードローンは返済途中で改めて借り入れを行うことが可能であるという特徴を持っていますが、上表のシミュレーションは途中での追加借り入れがないものとして計算しています。

しかし実際には、ついつい追加で借り入れてしまうようなこともあると思います。

このような事情があるのでこれも繰り返しにはなりますが、シミュレーション結果はあくまで一つの目安だと思っておいてください。

そして2つ目は、今回はカードローンのみの返済に注目して返済負担率を計算していますが、返済負担率とは本来「融資を受けているもの全てに対する返済総額÷年収」で計算されるべきものだということです。

つまり、カードローンとは別に住宅ローンや自動車ローンを利用しているのであれば、それらの返済も計算に組み込む必要があります。

返済負担率は何%までであれば無理なく返済できるかというのは、各家庭の抱える事情によって異なりますが一般的には年収400万円未満の世帯であれば30%以下、年収400万円以上の世帯であれば35%以下が望ましいとされています。

全ての返済を考慮に入れた上で、「無理のない」返済を行っていけるようにしましょう。

種々のローン、返済時の注意点は?

種々のローン、返済時の注意点は?

今回のシミュレーションではカードローンを利用しているという前提にしていますが、金融機関(特に銀行や信用金庫)ではカードローン以外のローンも取り扱っています。

そこで、カードローンだけでなくフリーローン・目的別ローンの返済の際にはどのようなことに気を付けなければならないかを考えてみましょう。

関連記事をチェック!

2464view

借入返済シミュレーション

カードローンを利用する際、一番最初に考えなければならないことは何でしょうか。 「審査に通るのかどうか」、「いくら借りられるのか」と考える人もいると思いますが、それよりも「ちゃんと返済できるのか」を真...

カードローン

まずカードローンの最も大きな特徴は、限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れを行うことが可能だということです。

この特徴がカードローンの最も大きなメリットでもあり、返済時には同時にデメリットにもなり得ます。

カードローンを利用するということは、言い換えてみれば一定金額までは自由に利用できる予備の財布を持つようなものです。

「必要な時に必要な分だけ」、このような使い方ができるのはカードローンだけです。

そういった自由度を兼ね備えている分、他のローンと比べて金利が高めに設定されているため、返済が長期化すると利息の支払いがかなり膨らむことになります。

しかし、カードローンは返済一辺倒ではなく繰り返し利用できるため、返済が順調にいっていても途中で借り入れを行ってしまうと、その分返済期間が長くなってしまうのです。

そのため、カードローンを利用する際には、そういった特性を十分に熟知した上で利用しないとあっという間に返済地獄にはまってしまうことになります。

フリーローン

フリーローンはカードローンとは違い、最初に一括でお金を借り入れその後少しずつ返済を行っていくというタイプのローンです。

そのため、返済期間中に債務残高が増えるということはありません。また、金利も目的別ローンほどではありませんが低めに設定されている場合が多くなっています。

そのため、カードローンと比べるとかなり返済がしやすいローンと言えます。

逆に言えば、フリーローンの返済に四苦八苦しているような人は、カードローンを利用すべきではないかもしれません。

目的別ローン

目的別ローンは、今回紹介する中では最も適用金利が低いことが多いローンです。

そのため返済もしやすいと言えるのですが、目的別ローンには他のローンにはない特徴がある場合があります。

それは「直接借り入れを行うのではなく、お金を支払うべき対象に銀行側が肩代わりして支払いを行ってくれる」というものです。

例えば自動車ローンであれば、資金使途は自動車の購入費用となるので、その代金を銀行側がディーラーに直接支払うということになります。

本来であれば申し込み者が融資を受けて、そのお金でディーラーに支払いを行うという流れになるべきところを省略した形になっています。

この場合に注意しなければならない点は、自分は現金を得ていないにも関わらず支払いを行わなければならないという点です。

フリーローンでは、融資を受けたお金に一切手を付けなければ返済すべきお金は利息分のみで済みます(もちろんそんなことはないと思いますが)。

しかし目的別ローンの場合には、商品の購入代金が先に支払われてしまっている以上、手持ちのお金に余裕がなくても返済を行わなければなりません。

目的別ローンを利用する場合にはそのことによく注意して返済準備をする必要があります。

まとめ

以上、25万円を借り入れる際の収入目安等に関する説明でした。

返済負担率を考えた上で借り入れを行うのは、カードローンを利用する場合に限りません。

住宅ローンなどより大きな金額のローンで借り入れを行う際にも、このような考え方を持ったうえで返済計画を立てるようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談