SMBCモビットで任意整理中に借入は可能?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

大手消費者金融会社のモビットで借入を行う人の状況は様々だと思います。

中には、任意整理中などの状況で利用したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

今回は、モビットで任意整理中に借入が可能かどうかを紹介していきます。

任意整理とは?

任意整理は、債務整理のひとつの方法となります。

自己破産などと違い、裁判所を通さずに債権者と債務者の間で交渉を行い、将来の利息をカットすることや長期分割弁済などの和解を成立させることで、支払いを楽にする手続きになります。

一般的には、司法書士や弁護士などの専門家が債権者と交渉を行いますので、任意整理を行う場合は、まず専門家に相談するようにしてください。

任意整理には、メリットとデメリットがありますので、参考までに紹介しておきます。

メリットデメリット
  • 原則、手続き完了後は将来の利息が免除される
  • 手続きが比較的簡単で、書類を用意する必要がない
  • 一部の債権者だけ整理することが可能
  • 信用情報機関に登録される
    ※期間は5年
  •  債務の減額幅が低い
  • 必ず和解できるとは限らない

上記のように、デメリットとして、信用情報機関に5年間登録されてしまいますので、いわゆるブラックの状態になってしまうことに注意が必要となります。

自己破産とは?

自己破産という言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。

自己破産とは、債務整理のひとつの方法となります。

裁判所に破産申立書を提出後、免責許可をもらうことで、税金などの非免責債権以外の借金をゼロにする手続きを言います。

非免責債権以外の借金がゼロになると言うことは、金融機関などからの借金はゼロとなりますので、借金を返済できない人がとる最後の手段となっています。

ちなみに、自己破産については、裁判所が資産や今後得られる収入などを総合的に考えた上で判断されますので、誰でもできるということではありません。

また、借金の理由がギャンブルなどの場合は、免責が許可されないこともありますので、借金の理由によっても左右されるということを覚えておくと良いかと思います。

自己破産するとどうなるの?

自己破産は、借金をゼロにすることができるという大きなメリットもありますが、当然、デメリットも生じます。

自己破産を行うことによるメリットとデメリットは下記のようになっています。

メリットデメリット
  • 借金の支払いが免除される
    ※非免責債権以外
  • 債権者は給料の差し押さえなどの強制執行ができなくなる
  • ある程度の財産は残すことができる
  • ブラックリストに載る
  • 官報に住所と氏名が載る
  • 免責決定を受けるまで一部の職業に就くことができない

デメリットとして大きいのは、ブラックリストに載ってしまうことです。

自己破産をしてしまうと、信用情報機関のブラックリストに5年~10年の間載ってしまいますので、基本的に新たに借入を行うことやクレジットカードの使用ができなくなります。

また、国が発行する機関誌の「官報」に住所と氏名が掲載されますので、周囲の人にジコッ破産したことがバレてしまう可能性もあります。

とは言え、借金の取り立てなどで精神的に追い詰められている人にとっては、大変有効な手段ではありますので、借金で悩んでいる人は、弁護士などの専門家に相談してみるのも良いかと思います。

関連記事をチェック!

6145view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

SMBCモビットとは?

近年はCMでも見かけることが多いので、知っている人も多いとは思いますが、モビットについても簡単に紹介しておきます。

モビットは、SMBCモビットは、SMBCグループの大手消費者金融会社です。

申込から借入までWEBで行うことができるWEB完結が可能ですので、人気の高い金融会社となっています。

SMBCモビットの概要

モビットのカードローンの概要は下記のようになっています。

融資限度額1万円~800万円
金 利
※実質年率
3.0%~18.0%
担保・保証人不 要
即日融資可 能

モビットは、大手消費者金融会社の平均的な融資内容となりますが、融資限度額は最高で800万円となっていますので、大型融資にも対応しています。

SMBCモビットの申込条件は?

モビットのカードローンの申込条件は下記のようになっています。

  • 年齢が満20歳~69歳の人
  • 安定した定期的な収入のある人(アルバイト・パート可)

上記のように、一般的な消費者金融カードローンの申込条件と同じとなっていますので、申込自体はそれほど難しいというわけではありません。

ちなみに、モビットは消費者金融会社ですので、上記で紹介した申込条件以外にも「借入総額が年収の3分の1まで」という総量規制をクリアしていなければ利用できないと言うことを覚えておいてください。

複数社からの借入や年収が極端に低い場合は、借入できないこともありますので、注意が必要となります。

任意整理中にSMBCモビットで借入は厳しい

金融会社などからの借金が返済できずに、任意整理を利用しているという人もいると思います。

そして、任意整理中にお金が足りなくなり、モビットを利用したいと考えることもあるかもしれません。

しかし、任意整理中にモビットから借入を行うことは、基本的に不可能となります。

と言うのも、先の項目で少し触れましたが、任意整理を行うと言うことは、信用情報機関にブラックとして載ってしまいます。

モビットは、借入審査で、信用情報の確認を行いますので、信用情報に傷があると審査に通過できる可能性が極めて低くなってしまいます。

信用情報機関にブラックとして載ってしまうと、任意整理の場合は5年間記録が残りますので、記録が残っている5年間は借入ができないものと考えてください。

関連記事をチェック!

6145view

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は完済して時効期間まで回復しない

信用情報を開示したときに、信用情報に問題を発見してしまったら、強い衝撃を受けてしまいます。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。 今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、...

SMBCモビットは機械が審査するので事故情報に厳しい

任意整理中にモビットを利用することが難しい理由としては、信用情報の確認があるということを紹介しました。

特に、モビットは、申込を行うときに10秒簡易審査を受ける必要があるので、事故情報には厳しいといわれています。

モビットの申し込み時に行う10秒簡易審査は、機械が申込情報や信用情報のデータを読み取りますので、金融事故がある時点で、機械が審査の通過を受け付けないようになっています。

人が審査を行う場合は、収入や返済能力を考慮される可能性もありますが、モビットの10秒簡易審査ではほぼないと考えてください。

ですので、モビットの場合は「金融事故がある=審査の否決」となる可能性が大変高くなるということを覚えておくと良いかと思います。

とは言え、もしも10秒簡易審査を通過することができれば、本審査も通過できる可能性が高いですので、どうしてもモビットで借入を行いたいという人は、10秒簡易審査を利用してみても良いかと思います。

関連記事をチェック!

4445view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

債務整理中に借入した場合の注意点

モビットに限らずですが、債務整理中の人が新たに借入を考える場合の注意点を紹介しておきます。

債務整理は、基本的に弁護士や司法書士などの専門家が債権者と債務者の仲介を行います。

つまり、債権者と実際に交渉を行うのは、弁護士や司法書士などの専門家と言うことになります。

専門家に債務整理の相談を行ったときに、「新たに借入を行わない」などの契約を結んでいる場合、新規で借入を行う行為は契約違反となりますので、担当を辞退してしまう可能性もあります。

その場合、新たに債務整理の交渉を引き受けてくれる専門家を探す必要がありますので、お金と時間が無駄にかかってしまいます。

また、債務整理を行っている債権者側からは、お金を借りたなら返済ができると思われ、一括返済などの要求を受けることもありますので、注意してください。

債務整理中の人が新たに借入を行う場合は、何かとトラブルになる可能性が非常に高いですので、債務整理中の間は堅実にお金を返すことに徹する方が良いかと思います。

もしも債務整理中にお金に困ってしまった場合は、親や親友などの信頼できる人からお金を借りることをオススメします。

とは言え、親や親友にお金を借りる場合は、しっかりとお金を借りる理由を話し、返済は必ず行う必要があるということは覚えておいてください。

いい加減なことをやってしまうと、親や親友からの信頼を失う危険性もありますので、注意してくださいね。

自己破産後のSMBCモビットでの借入は?

それでは、本題の自己破産後にモビットで借入ができるかどうかと言うことについて紹介していきます。

モビットで借入を行うまでにクリアしなくてはいけないポイントを考えながら検証していきたいと思います。

借入は申込条件と審査のクリアが必要

モビットで借入を行うには、申込条件と借入審査をクリアする必要があります。

申込条件については、先の項目で紹介したように、それほど難しくないかと思います。

ですので、問題は、借入審査を通過できるかどうかということになります。

借入審査では、申込内容に虚偽がないかの確認、本人確認、信用情報の確認などを行います。

自己破産をしてしまっている人の場合、信用情報の確認で引っかかってしまう可能性が非常に高くなりますので、審査に通過する可能性が極めて低くなってしまいます。

自己破産後すぐにSMBCモビットで借入は不可能

結論を言ってしまうと、自己破産後すぐにモビットで借入を行うのは、基本的に不可能だと思ってください。

と言うのも、自己破産などの金融事故は、信用情報機関に一定の期間載ってしまいます。

信用情報機関は、CIC、JICC、KSCの3つありますが、それぞれ掲載期間が違うものの、5年~10年の間は自己破産したという情報が残ってしまいます。

金融事故情報に関しては、全ての金融会社が照会できるようになっていますので、審査の段階で自己破産していることがわかってしまうと言うことになります。

信用情報機関のブラックリストに載ると言うことは、返済能力が低いとみられてしまいますので、普通の金融会社で借入を行うことは基本的に不可能となります。

ですので、信用情報機関のブラックリストから記録が消えない限り、新たに借入を行うことは厳しいと考えてください。

自己破産者がSMBCモビットを利用するには?

自己破産後すぐにモビットで借入を行うのは基本的に不可能ですが、自己破産者が永久にモビットを利用できないということではありません。

ブラックリストから登録が削除された後であれば、自己破産者であってもモビットを利用することは可能です。

自己破産の記録が消える期間は、各信用情報機関によって異なりますので、参考までに紹介しておきます。

信用情報機関自己破産の記録が消える期間
CIC5年
JICC5年
KSC10年

上記のように、自己破産の記録が完全に消えるのは、最長でKSCの10年となります。

しかし、消費者金融会社やカード会社は、CICとJICCの信用情報を見ても、KSCの信用情報を見ない場所も多いと言われています。

ですので、自己破産者がモビットを利用できるのは、自己破産の免責確定日から最短で5年となります。

とは言え、モビットの審査内容についてはブラックボックスとなっていますので、実際にKSCの信用情報を見ていないかはわかりません。

モビットで借入が可能かどうかを知りたいという人は、モビットの10秒簡易審査を利用してみてください。

10秒簡易審査を通過できれば、モビットで借入できる可能性が高くなりますので、できるだけ早く自分の状況を知りたいという人にオススメの方法となっています。

まとめ:債務整理中にSMBCモビットから借入は厳しい

モビットから債務整理中の人が借入できるかを紹介してきました。

基本的に、債務整理中の人がモビットから借入を行うのは厳しいと思います。

また、債務整理中の人が新たに借入を行う場合は、トラブルになる可能性が高いですので、新たに借入を考えずに、返済に徹するようにすることをオススメします。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談