一度申し込みして審査落ちしたSMBCモビットに再申込はできる?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。

しかし借入申込みを行って、審査に落ちてしまうこっともありますね。そのような場合に再申込できるか、そして審査に通過するのか気になるところでしょう。

再度申し込む場合に気をつけるポイントを中心に、どうすれば審査に通るのか、ご説明していきたいと思います。

カードローンは契約しておけば、何度でも借入できる人気の高い融資商品です。今回の記事を是非参考にしてくださいね。

SMBCモビットは審査に落ちても後日再申し込みは可能

SMBC モビットは、借入申し込みの制限を設定していません。

ですから結論から言うと、たとえ審査に落ちたとしても何度でも後日再申し込みは可能です。

しかし最低限、確認しておきたい事項があります。それは SMBC モビットに申し込みできる人の条件です。

ただし、SMBCモビットの基本的な利用条件を満たしている事が必要

次に、今回の主要テーマである一度申し込みした後、審査に落ちてしまった場合の再申込の可否について確認しておきましょう。

冒頭でもご説明したように、SMBCモビットは、一度申し込みして、審査におちても、再度申込が可能なカードローンです。

ですから何度も申し込みしてもOKです。

ただし、申し込みするには申し込み条件をクリアしておかなければなりません。

そこでもう一度 SMBC モビットのカードローンの申し込みできる条件を確認しておきましょう。

SMBCモビットのカードローンには、申込できる方として以下の条件が設けられています。

①年齢満20歳以上、69歳以下
②安定した定期収入のある方
(アルバイト・派遣社員・パート・自営業も利用可能)

この2つの条件を満たしていれば、原則、どなたでも申込可能であり、過去に一度申し込みされている方であっても、再度の申込が可能です。

但し、覚えておきたいのは、SMBCモビット社内に、審査に落ちた際の記録が残るということです。

現在は、データベースとして過去の申込履歴が残りますので、その後、再度申込を行う際には、その際の記録を参照されることに注意が必要ですね。

SMBCモビットに再申し込みする前にやるべき2つの事

SMBCモビットは、一度申し込みを行って、審査に落ちても再度申込が可能なカードローンです。

但し、ただ単に、もう一度申し込みするだけでは、審査に落ちるということを繰り返すだけの可能性があります。

「どうすれば審査に通るのか」ということを、しっかりと考えて対応する必要があります。

1.まずはSMBCモビットの審査基準をもう一度確認する

大前提として、SMBCモビットの審査基準を理解しておくことが大切です。しかしながら、通常、各カードローンの審査基準の詳細は公表されていません。

ここでは、前述の申込条件である「安定した定期収入のある方」を確認しておきましょう。

SMBCモビットに借入申込できる方の最低条件として、「安定した定期収入」が必要です。これは、就業していて、定期的に給料の受取があることを意味しています。

そのため、無職の方や、収入が不安定な「短期バイト」、「日雇い労働」の方の審査通過は難しくなってしまいます。

無職や、日雇い労働の方の場合、SMBCモビットに再度申込する前に、就業して3~6ヶ月程度勤務してから申込するのが良いでしょう。

関連記事をチェック!

278view

SMBCモビットのメリットデメリットを徹底的に分析!

SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。自動契約機は三井住友銀行のローン契約機も利用できるため、ますます顧客数を伸ばし...

2.自分がカードローンの審査落ちした理由を確認する

一度申し込みして、審査に落ちた方の場合、その理由を考えることが重要です。

SMBCモビットには、審査に落ちた履歴が残りますので、再申込時には、その時の審査落ちの理由を確認されると考えた方が良いでしょう。

なお、SMBCモビットでは、カードローン審査に落ちても、その理由を開示してもらえません。

そのため、ご自身の状況を振り返り、原因を推測することになります。

審査に落ちる大きな要因として、「総量規制」と「個人信用情報」があげられます。

総量規制とは、法律上の規制であり、年収の3分の1以上を借入できないとするものです。

そのため、既にカードローンなどで年収の3分の1に近い借入をしていると、SMBCモビットに申込しても、審査に通ることは難しくなります。

もし、利用の少ないカードローンや、キャッシング枠があるなら、解約してしまうので良いでしょう。

次に、個人信用情報とは、借入申込人の既存借入の状況に加えて、「延滞」や「債務整理」の履歴が

登録されており、SMBCモビットを含め、カードローン審査では必ず個人信用情報が確認されます。登録してある信用情報によって審査の合否がほとんど決まると言っても過言ではありません。

過去に、長期間の延滞を行った方や、自己破産などの債務整理を行った方は、個人信用情報を介して、そのことがばれてしまうため、審査に通ることが難しくなります。

信用情報機関の本人情報開示方法

再度借り入れ審査に臨む前に、自分の信用情報を確認しておくという方法があります。

SMBC モビットが加盟している信用情報機関は、 JICC と CIC です。

それぞれの信用情報機関に登録されている自分の信用情報を、開示請求によって確認が可能です。

開示請求で便利なのが CIC です。

パソコンやスマホから、申し込みを行うことですぐに自分の信用情報を見ることができます。利用料金はクレジットカード決済となるため、クレカを持っている人にはお勧めです。

ちなみに信用情報機関は、金融事故情報を中心に情報の共有を行なっているため、 CIC に確認すれば事足ります。

関連記事をチェック!

3964view

カードローン審査に落ちた時に考えられる理由全て【2回目の申込前に確認】

借り入れの申し込みを行ったら、審査を受けなければなりませんが、借り入れ審査には即審査落ちとなる条件があることを知っていますか? 即審査落ちとなる条件を知っていることで、無意味な申し込みを避けられます...

SMBCモビットの再申し込みでおさえておくべき3つの条件

それでは、再度申し込む前に、具体的にSMBCモビットのカードローン審査に落ちる要因について整理していきましょう。

①他社カードローンの残債を減らしておくこと

SMBCモビットのような消費者金融のカードローン審査において重要なポイントの1つ目は、既存借入の状況と、総量規制になります。

総量規制とは、貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社など)から借入できる金額を、年収の3分の1に制限する法律です。

この3分の1には、新たに借入する金額だけでなく、既存の借入額も含まれます。

つまり、既に消費者金融や、クレジットカードのキャッシング枠を利用していると、そちらの借入残高を含めて、年収の3分の1までとなります。

既に借入残高が大きく、年収の3分の1に近い状態にあると、審査に通るのは難しくなります。

②信用情報機関の情報が消えるタイミングをねらうこと

前述の既存借入額に対する返済状況は、「個人信用情報」から判明します。

個人信用情報とは、個人の借入状況(借入件数、借入残高、延滞の有無、債務整理の有無など)を、各金融機関が情報共有するためのサービスです。

信用調査機関がサービスを提供しており、各金融機関が総量規制に順守したり、適正な審査ができるようにしています。

そして、過去に既存借入に対して「延滞」していたことがある場合や、「債務整理(破産など)」を行っていると、個人信用情報を通して、SMBCモビットにもその情報が判明します。

こういった情報が掲載されていると、審査に通ることは極めて難しくなります。

③収入を安定させる、増やしてから再申し込みすること

SMBCモビットに借入申込できる方は、「安定した収入のある方」とされています。

つまり、就業していて、定期的な収入があることが最低限の条件となります。

そのため、無職の方の申込、審査通過は原則不可となります。

収入があれば、アルバイト、パート、自営業の方の申込も可能であり、「雇用形態」などに関する条件はありません。

しかし、収入があっても、「日雇い労働」や、「短期バイト」の場合は、「安定」とは言えないため、審査に通過できない可能性が高くなります。

さらに、カードローン審査では、「安定」の条件として、一定の勤続年数を求めることがあります。

最低限の勤続年数の条件が開示されているわけではありませんが、通常3~6ヶ月以上の勤続年数が望ましいと考えられます。

勤続年数の短い方は、3~6ヶ月を経過するのを待って申込された方が、審査通過の可能性は高まると言えるでしょう。

関連記事をチェック!

853view

安定した収入とは?借入申込の収入条件

カードローンでお金を借り入れする場合、借り入れ申し込みの収入条件に「継続安定した収入」と書いてあるのを見たことがあるでしょうか。 お金を借りるには、返済することを考えて収入がなければなりませんが、お...

関連記事をチェック!

551view

勤続年数が短くてもお金を借りるには?転職するとローン審査は不利になる?

カードローンの審査項目には勤続年数の長さも無視することのできない重要な項目です。しかし終身雇用制が崩壊している状態で勤続年数を語るのはナンセンスなような気もします。 勤続年数が長ければそれだけきちん...

三井住友銀行のカードローンとSMBCモビットの関係はある?

SMBCモビットは「メガバンク」と呼ばれる大手都市銀行の1つであるSMBCグループの消費者金融です。

そのため、消費者金融からの借入に不安を感じる方にも、「安心して」借入できる消費者金融として、人気の高い借入先です。

また、SMBCモビットは、SMBCグループということもあり、借入時の申込・カード発行を、三井住友銀行店舗内のローン契約機で行うことができ、さらに三井住友銀行のATMを無料で利用して、借入・返済ができるといったメリットがあります。

大手消費者金融は、銀行のATMや、コンビニATMなどと提携していますが、利用時に手数料が必要となることが多く、SMBCモビットのように無料利用できるATMは大きなメリットと言えるでしょう。

なお、SMBCモビットのカードローンを利用する場合、審査結果などによりますが、最大借入可能額は800万円となっています。

また、適用金利(実質年率)は3.0%~18.0%に設定されており、審査結果に応じて、詳細が決定されることになります。

以上のような安心感や信頼感は、カードローンを選ぶ場合に必要なことでも、同じ銀行グループに属している他の金融機関があることに注意が必要です。

SMBCグループには、三井住友銀行カードローンや、 SMBC コンシューマーファイナンス(プロミス)があります。

つまり同じ金融グループとトラブルがあった場合、その情報が SMBC モビットにも提供されてしまうのです。

ですから過去に、三井住友銀行カードローンとプロミスとの金融トラブルがあると、 SMBC モビットの審査にも影響が出てしまいます。

関連記事をチェック!

278view

SMBCモビットのメリットデメリットを徹底的に分析!

SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。自動契約機は三井住友銀行のローン契約機も利用できるため、ますます顧客数を伸ばし...

結局、SMBCモビットのカードローン審査基準は厳しいの?

SMBC モビットの審査基準が公開されてない以上、審査が厳しいのかどうか審査基準はわかりません。

しかし少なくとも、カードローンの審査に落ちやすい人の条件は決まっています。

  • 信用力がない
  • 返済能力がない

大きく分ければこの2点に絞られるでしょう。

信用力がないとは、 SMBC モビットと同じグループに属する三井住友銀行カードローンや、プロミスとトラブルを起こしていないかどうか、という点もありますね。

当然ながら審査に通るためには以下の基準を満たしていないと、信用力がないと判断され、審査通過は難しいです。

  • 安定継続した収入がある
  • 勤続年数が1年以上ある

もちろん SMBC モビットは、正社員に限らず派遣社員や契約社員、パート社員やアルバイト社員でも審査に通っています。

ただし頻繁に転職していると、またすぐに仕事が変わってしまうのではないか、とか、次の仕事が決まるまでに収入がなくなってしまうのではないか、と審査担当者も不安になってしまいます。

現在の収入が安定継続していても、勤続年数が短いのは審査にネガティブな影響を与えてしまうでしょう。

また返済能力がないとは、他社借り入れ状況や、返済状況、金融事故情報などから判断が可能です。

他社の借り入れを滞納している、となると返済能力がないと判断されてもおかしくはないですね。

当然ながら他社借り入れ件数が多すぎるのも、返済能力がないと判断されてしまいます。

金融事故情報についても同じことが言えるでしょう。

SMBC モビットの審査は、銀行カードローンに比べれば厳しくはありません。

なぜなら SMBC モビットは消費者金融だからです。

消費者金融の貸付上限金利は、銀行カードローンよりも高めに設定されていますね。

カードローン業界では、審査の厳しさは金利と比例すると言われています。

金利が安ければ安いほど審査が厳しく、金利が高ければ審査がそれほど厳しくありません。

SMBC モビットの親会社である SMBC コンシューマーファイナンス(プロミス)の審査透過率は、平均で44%程度です。

連結子会社である SMBC モビットの審査透過率も、ほぼ同じと考えてよいでしょう。

よって SMBC モビットの審査基準はそれほど厳しくないのです。

審査落ちしたらSMBCモビット以外のカードローンも検討しよう!

SMBCモビットに一度申し込みを行って審査に落ちたことのある方は、再度、同じSMBCモビットに申込を行うよりも、他のカードローンに申込した方が借入しやすくなることがあります。

一度審査に落ちると、その履歴がSMBCモビット内に残るため、再申込を行っても、消極的に審査される可能性があるためです。

そのため、「どうしてもSMBCモビットが良い」という方はともかく、別のカードローンでも可能という方は、他の商品も含めて検討されてみるのが良いでしょう。

以下では、おすすめのカードローン商品をご紹介いたします。

SMBCグループ以外のアコムに申込んでみる

アコムは、三菱UFJ銀行を含めた三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。

つまり、アコムも、SMBCモビットと同様に、銀行系列の消費者金融なのです。

そのため、銀行系列の安心して借入できるカードローンが良いという方なら、アコムも同様におすすめの商品となります。

アコムのカードローンでは、最大800万円までの金額を、適用金利(実質年率)3.0%~18.0%の範囲内で借入することができます。

SMBCグループのプロミスは審査に通る?

プロミスは、正式な会社名を「SMBCコンシューマーファイナンス㈱」と言います。

「SMBC」の表記で解る通り、プロミスも、SMBCモビットと同様に、SMBCグループの消費者金融です。

そのため、三井住友銀行のATMを無料で利用できるというメリットも、SMBCモビットと同様です。

プロミスのフリーキャッシング(カードローン)では、最大500万円までの金額を、適用金利(実質年率)4.5%~17.8%の範囲内で借入することができます。

SMBCモビットに比べ、最大借入可能額は少なめですが、十分な金額の設定と言えます。

そして、適用金利の上限は、むしろ低い水準に設定されているため、SMBCモビットと比較しても、特に遜色はない商品と言えるでしょう。

SMBCモビットに申込をされて、審査に落ちた方の場合、プロミスのフリーキャッシングはおすすめです。

なお、一度申し込みを行って、審査に落ちた場合、その後6ヶ月程度は、個人信用情報に「照会履歴」が残るため、次に申込を行った先で、「審査落ち」がばれてしまうことがあります。

急を要する状況でなければ、6ヶ月以上の期間を空けてから、新たに借入申込されるのが良いでしょう。

ただしすでにご説明の通り、 プロミスは同じSMBCグループであるため、よほど信用力と返済能力が劇的に改善していない限り、プロミスではない他の消費者金融に申し込むのが安全と言えますね。

関連記事をチェック!

637view

プロミスの借入方法・返済方法~審査・返済日返済額・延滞まで~

皆さんこんにちは、馬三郎です。 今回は大手消費者金融であるプロミスについてご説明したいと思います。 消費者金融と言うとなんとなくイメージが悪いと感じる人も多いかもしれませんが、プロミスは金利が他の...

銀行系ではないアイフルに申込む

大手消費者金融の中でも、アイフルは銀行グループに属していないため、独自の審査を行うことでもよく知られています。

銀行系消費者金融となると、グループ企業としてのポリシーがあるため、 自由な審査ができないデメリットもあるのです。

だからこそアイフルの存在価値が高まってきます。

だからといってアイフルの審査が甘いわけではありません。信用力と返済能力がなければでアイフルの審査には通りません。

SMBC モビットの審査に落ちた原因がはっきりしている場合は、必ず原因を改善してから申し込むようにしましょう。

Q&A「SMBCモビットの再申し込み…でよくある質問」

最後に Q & A として、よくある質問と回答をご紹介します。 SMBC モビットに申し込む際の参考にしてください。

6年前にSMBCモビットで債務整理しました。再申し込み可能ですか?
再申し込みすることは可能でも、審査に通らない可能性が高いですね。なぜなら、たとえ信用情報から債務整理した情報が消えていたとしても、SMBC モビットの社内データとして残っているからです。社内データは削除しない限り永久に残るため、SMBCグループ以外の消費者金融に申し込みしましょう。
SMBCモビットを完済済です。再申し込みでも会社への在籍確認はありますか?
借金の完済済みとは解約は違います。よって単に借金を完済しただけなら SMBC モビットカードは生きていますので、 モビットカードは生きていますので再申し込みする必要はありません。ただし借金完済後に解約した場合、借入申し込みは新規申し込み扱いされるため、 Web 完結申込以外であれば会社への在籍確認があります。
SMBCモビットに再申し込みした場合、以前設定されていた利用限度額はそのままですか?
SMBC モビットの借金を完済し、解約したという条件でお答えします。再申し込みすると、新規申し込み扱いとされるため、最初から信用情報のデータに基づいて審査が行われます。よって審査内容によって利用限度額は変わってきます。
SMBCモビットの再申し込みの場合、申込書は最初から書かないと駄目ですか?
再申し込みするということは、前回 SMBC モビットに借り入れを申し込んで審査に落ちたということでしょうか。そうだとすると、新規申し込みと同じになりますので、最初から Web フォームにきちんと必要項目を入力してください。借入申込書に記入した時点で、仮審査が行われます。そこで借り入れ可能となれば、在籍確認や書類審査などの本審査に移行します。

審査落ちした後のSMBCモビット再申し込み、まとめ

SMBCモビットは、一度申し込みを行って審査に落ちても、再度申込することが可能です。

再申込に関する制限は設けられていません。その際に注意したいのが、前回借り入れ申し込んだ時になぜ審査に落ちたのかの原因です。

原因を改善しないまま再度借り入れを申し込んでも、審査には通らないでしょう。審査に通るには審査に落ちた原因の追求と改善です。

また、SMBCモビット社内に、審査落ちの履歴が残ることには注意が必要です。

そのため、再申込までの期間が短すぎたり(6ヶ月以内)、審査落ちした要因が解決していないと、再度審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

再申込前には、ご自身の審査落ちの理由を推測し、対応を行っておくことが大切です。

しかし審査基準は消費者金融ごとに異なっているため、他の銀行グループ系の消費者金融に申し込むか、または完全に独立した消費者金融に申し込むのも方法ですね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談