完済証明書をプロミスからもらうメリットとは

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

プロミスの返済を最終まで終えたらそこで完済になるのですが、実は残高が数百円あることがあります。

1,000円未満には利息は発生しませんが、そのまま残しておいても問題はないのか気になる人もいるでしょう。

完済と解約の違いは何か、また完済証明書をわざわざもらうメリットはあるか確認していきましょう。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務

完済=解約扱いではない

プロミスは会員ページからでも現在の借入残高、そしていつ完済になるのかを確認することができます。

最終返済年月日に決められた金額を返済すれば、通常はそこで完済となります。

しかし完済したからと言ってプロミスを解約したことにはなりません。

完済と解約はどう違うのか見ていきましょう。

完済と解約の違いとは

完済は借りていたお金を完済したこと、解約はプロミスの契約自体を解除することを指します。

どちらも借入れが残っていないという点は同じですが、分かりやすく言うと今後も借入枠が残っているかどうかの違いです。

解約をしていなければ今後もしまたプロミスを利用する場合も、現在の契約内容や会員番号を継続することができますが、解約の場合はすべてが新規扱いになります。

また、返済が終わった段階で借入残高に1,000円以下の端数が残る場合があります。

1,000円未満の端数は返済義務がありません。

そのため、1,000円未満の金額が残っていても完済状態だと思うかもしれませんが、正確には完済したことではありませんので気をつけてください。

残高1,000円以下には返済義務はないものの、個人信用情報には1件の借入れが完済されずに残っている状態となってしまいます。

端数が残っている状態でも問題はないのか

1,000円未満の残高に対しては利息が発生しませんし、プロミスからの請求もありません。

単に残高は残っているけれども、返済義務はない状態です。

請求は入らないので、そのままでも特に問題はありません。

しかしそのまま残高がある状態だと困る、完済した状態にしておきたいという場合には、端数も入金すれば間違いなく完済したことになりますので、信用情報機関での借入件数も1社少なくなります。

関連記事をチェック!

205view

カードローンの借入で端数が残ったらどうするの?

カードローン借入で端数が残ったらどうするのか気になりますよね。コンビニATMでは1,000円単位でしか入金できません。 毎月きちんと返済して借金が減るのは良いのですが、利息は1円単位で計算されますか...

プロミスでの完済方法とは

請求はされないけれども端数が残ったままということは、借入残高が残っている状態になっています。

せっかく完済したのに端数のために件数が減らないものもったいないのでせっかくならば端数も入金し、キレイな状態にしておいた方が後々住宅ローンなどの大きな融資を受けるときに審査に影響が出にくくなっています。

プロミスの場合は会員専用ページから残高が確認できますので、その端数を確認して銀行振り込みで返済するか、小銭でも入金ができる三井住友銀行ATMやゆうちょ銀行ATMを利用して完済することをおすすめします。

解約をするにはどうしたらいいのか

端数を入金した上でプロミスコールセンター(0120-24-0365)に解約希望の旨を伝えるのみで完了です。

手持ちの会員カードは自分で破棄をする必要がありますが、どちらにしても解約すれば使うことはできません。

またプロミスが保管していた契約書控えも破棄か自宅への郵送かと聞かれますので、希望に添う内容を伝えれば問題ありません。

プロミスコールセンターは24時間ではなく、平日の9時から18時までの営業となっていますから営業時間内に電話をするようにしておきましょう。

関連記事をチェック!

104view

プロミスを完済したときの解約方法

プロミスの借金を完済して、もう借りる予定がないなら解約しておきましょう。 プロミスの借金を全部返済しても、借入枠が残っていると住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードなどの審査に影響を与える可能性...

完済証明書を取得するにはどうすればいいのか

完済する方法は先に話した通りですが、もし契約書もプロミスで破棄することを選択すれば本当に完済したという物的証拠がありません。

そのため完済と同時に完済証明書をもらう人もいるのですが、どのような手続きを行えばいいのでしょうか。

完済時に同時に申し込む

完済した後にプロミスコールセンター(0120-24-0365)へ連絡し、完済証明書の発行希望を伝えれば完了です。

特に使用目的がないにしても手元に完済証明書を持っておくだけで、万が一今後詐欺などで「プロミスの残金がある」等の話が来たとしても、証明書がすべての証拠となります。

またおまとめローンを利用した場合、まとめ先から完済証明書の提出を依頼されることもありますので、手元に準備しておいた方がスムーズです。

完済証明書をもらうことのメリットとは

単に物的証拠になるだけではなく、完済証明書を手元に持っておくだけでメリットとなることもあります。

今後もし他社へ申込みをした場合、めったなことで完済証明書の提出を求められることはありませんが、借入件数で少し不安な場合には審査前に完済証明書を提出することにより、間違いなく完済実績があるという信用力にもなります。

また、融資申込先担当者の心証も良くなります。

デメリットは特にないのですが、あえて挙げるとすれば完済証明書が欲しいと自分で手続きをする手間がかかることです。

関連記事をチェック!

457view

完済証明書をプロミスからもらうメリットとは

プロミスの返済を最終まで終えたらそこで完済になるのですが、実は残高が数百円あることがあります。 1,000円未満には利息は発生しませんが、そのまま残しておいても問題はないのか気になる人もいるでしょう...

解約証明書との違い

先に完済と解約の違いについて話しましたが、解約を申し出た場合も解約証明書をもらうことができます。

解約証明書はもう契約自体が終わりましたという証明書になるのですが、完済証明書との違いは何になるのでしょうか見ていきましょう。

解約証明書は影響力がある

完済証明書は飽くまで借入れしていた分の金額を間違いなく完済しました、という証明書に対し、解約証明書は完済した上で契約も解約しましたという証明書になります。

完済は直近の借入れ分を完済したという扱いですから、今後も借入れをまた新たに行えば意味のない書類になってしまうのですが、解約は契約自体を切っていますので、新たに申込を行ったとしても新規扱い(審査は再契約として扱われます)となります。

また、完済しただけの場合は、また借りるつもりだとみなされて審査で不利になる場合があります。

住宅ローンの審査などで有利になるためには、解約をする方が効果的です。

つまり完済よりも解約の方が様々な影響力は高いと言えます。

まとめ

完済証明書をもらっておいてもデメリットは全くありませんが、今後プロミスを一切利用しない場合には完済よりも解約手続きをしておいた方が無難です。

解約手続き方法も完済と変わりありませんので、どちらがより需要に沿うのかを検討し決めることをおすすめします。

関連記事をチェック!

1214view

消費者金融を完済後解約すると信用情報はいつ消える?

消費者金融を利用すると、「信用情報機関」にその利用情報が記録されます。 この点は多くの人がご存知かと思います。 では、信用情報機関に記録された情報は、消費者金融を解約をするとどうなるのでしょうか?...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談