プロミスの二次審査通過するためにできることは何?

プロミスに申込みをすると、一次審査と二次審査の二回にわたり審査に通過しなくてはなりません。

一次審査と二次審査の違いは、機械が判別するのか人間が判別するのかだけの違いではなく、審査内容も異なります。

二次審査に通過しなくては融資に結び付きませんが、通過するには何がポイントになるのか解説していきます。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(仮名)
年齢:50歳
性別:男性
職歴:信用組合に20年以上勤務

一次審査と二次審査の違いとは

一次審査と二次審査の大きな違いは、先に話したように機械が審査するのか人間が審査するのかの違いです。

一次審査では申込者に融資可能なのか」言う点を機械的に審査され、二次審査では申告内容に虚偽がないかの確認とともに、幾ら融資可能なのかという最終判断が出されます。

そのため一次審査に通過すれば、融資に結び付く可能性は高くなりますが、申告内容に虚偽申告があった場合などは二次審査で審査に落ちる人も少なくありません。

審査はどのような箇所を見られるのか

一次審査では融資可能かどうかを審査されますので、年齢や職業、年収、他社借入金額、延滞や債務整理をしていないかなどの個人信用情報の確認があります。

年収は高ければいいという問題ではなく、借入額に対して十分な年収があるのかという点を重要視されますので、幾ら収入が高くてもそれを上回る支出があれば融資不可となってしまうでしょう。

またプロミスは消費者金融であるため、年収の3分の1までしか融資ができない総量規制の対象です。

申込み段階で他社借入れが年収の3分の1を超えていると審査通過が難しくなります。

また、過去に長期滞納や債務整理などを行っている場合には、その記録が消えるまでは融資を受けることはできません。

関連記事をチェック!

消費者金融の借金は総量規制で年収の3分の1までしかできない?

金融機関から借金をするときは、金融機関が判断する貸付金額の他にも法律によって規制がかかることがあります。 これは貸金業法という法律の中の総量規制によるものです。 法律によって借入が規制され...

二次審査ではどこを審査されるのか

二次審査では、申告内容に虚偽がないかということを人の手によって確認作業を主に行います。

申込時の申告内容は飽くまで自己申告です。

そのため、本当に申告した職場で働いているのかという職場への在籍確認が行われるのはこのタイミングです。

また、収入証明書と申告している収入の額に差がないか、申告している他社借入額と個人信用情報があっているかなど、詳細な確認作業が行われます。

それらの確認作業に問題がなければ審査に通過し、最終的に幾ら融資可能かという結論が出されます。

関連記事をチェック!

プロミスでの本審査と仮審査の内容の違いとは

プロミスでの審査は仮審査と本審査の二段階に分かれています。 仮審査に通過したからといって確実に本審査に通過できるわけではないのは、審査内容が異なるためです。 そのため本審査に通過できるカギ...

審査に落ちる原因とは

プロミスは審査基準を公表していませんので、一概に「これが審査に落ちる原因です」とは言えません。

しかし、どこの消費者金融に申込みをしたとしても審査にとおりにくい条件は共通しているので、該当していないかを事前に確認しておきましょう。

よくある審査に落ちる原因は3つ

よくある審査に落ちる原因は主に3つに分けられます。

ひとつ目は虚偽の申告、ふたつ目は必要書類の未提出、3つ目は在籍確認です。

先に話したように二次審査では一次審査で申し出た内容に虚偽がないのかを確認します。

年収や他社借入金額なども書類や個人信用情報を見れば真実はすぐに判明するのですが、あえて申込者に記入させることで、信頼性や自身の現状をどこまで把握できているのかという点も確認できるのです。

明らかに申告した内容と実際の年収に大きく相違があるときには、一度ヒアリングを行い話に整合性があるかどうかでも確認を行います。

今後大事なお金を貸す相手なのですから、申込み段階でうそをつくような人には融資できないというプロミスの思いもあります。

必要書類の未提出や偽造

プロミス以外でも金融機関に融資の申込みをすると、最低でも本人確認書類、また収入確認書類の提出を依頼されます。

プロミスの場合はスマートフォンを所有している人であれば、専用アプリをインストールして書類を提出することができるので比較的簡単です。

しかし、それでも提出をしない、若しくは収入証明書などを偽造し申込みを行う人もいます。

しかし、プロミスでは毎日何千枚という収入証明書などの書類を確認しているため、偽造されたものはすぐにバレてしまいます。

また、収入証明書などを偽造して申し込むと刑事罰を受ける可能性もあります。

証明書を偽造して申込みをすることは絶対にやめましょう。

また、未提出の場合は審査が続行できないため、そこで審査は終わってしまい融資を受けることはできません。

在籍確認が取れない

在籍確認とは、申込書で申告された職場に本当に在籍しているのかを電話を掛けることで確認作業をします。

在籍確認で取れることで、本人に返済能力があるという確認も取れるのです。

昨今では、個人情報保護法により企業によっては全く在籍確認不可というところもあるでしょう。

その場合にはプロミスへ事前に相談をすると代替案を出してくれることもありますので、相談をしておいた方がいいでしょう。

しかし明らかに退職している、若しくは長期休業していることが判明した場合は、虚偽の申告と同じですので審査通過は難しいと言えます。

関連記事をチェック!

お金を借りる際に嘘をついたらバレる?

ローンに申し込む際の情報はどこまで確認しているのでしょうか?実はローン審査の際に重要になる情報は限られており、その情報だけ確認を行っています。 ローン審査の際には嘘をついてはいけませんが、嘘をつ...

関連記事をチェック!

なぜ在籍確認なしは存在し得ないのか?【カードローン業者が語る】

ネット上では「在籍確認なしのカードローン」「在籍確認なく借りることができます!」などの文字が躍っておりますが、 大手消費者金融に十数年貸付業務に従事していた身からすると、在籍確認をしない、という...

「申込みブラック」である

過去に債務整理も行っていないし、他者に延滞もない、総量規制の範囲内なのになぜか毎回審査にとおらないという人は「申込みブラック」である可能性が出てきます。

個人信用情報には何月何日に何件申込みをしたという情報も記載されています。

余りにも直近に何社も申込みを行っているとそれだけで「申込みブラック」という状態になってしまうのです。

プロミスは連続して他社に申込みを行っている事実は分かっても、審査途中であればその結果までは分かりません。

しかし、なぜそのように連続して借入れ申込みをする必要があるのかという点に疑問を感じる金融機関も多いでしょう。

そのため、お金に相当困っているのではないか、審査にとおる自信がないのではないかと判断されてしまいます。

したがって、そのような状況であれば融資しないというのが金融業界の鉄則となっています。

そのため、キャッシングの申込みは1社ずつ行い、次の申込みは半年程度間をあけてからするようにしましょう。

関連記事をチェック!

申込ブラックってなに?消費者金融の審査に落ちるの!?

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードはブラック情報が信用情報機関に載っていると審査に落ちる、という話は聞いたことがありますよね。 審査に落ちる理由は他にもありますが、意外と知られていな...

審査に通過するために何が必要なのか

申込者の年収などは変えようがありませんが、融資に少しでも近づけるための努力は必要です。

それではどのようなことを行えばいいのか確認していきましょう。

虚偽だと思われないように事前確認を

年収などを入力するときに、面倒で次いでつい適当に入力してしまうと、プロミスから虚偽行為だと思われてしまうのはとてももったいないことです。

面倒でも申込みの段階から入力や記載する項目に不備がないかを、確認しておくと安心です。

その収入に見合った金額が融資されるので、結果無理のない返済計画が立てられます。

また、他社借入額なども少なめに書いたりせず、正直に書いておかないとあとで必ずバレてしまうので、注意が必要です。

希望融資額はできる限り低く設定

最低でもこの金額は必要だという金額を申し込むようにしておきましょう。

先に話したようにプロミスは信用をベースに貸付けを行っていますので、初回取引での融資金額は低めに設定されています。

融資希望額も審査では考慮されますので、プロミスが見て「この金額なら大丈夫だろう」という程度の金額を希望していれば、審査結果が出るまでの時間も早くなる傾向にあります。

まとめ

プロミスの二次審査では、申告内容に虚偽がないかの確認作業が行われます。

しかし、融資につなげたい一心で他社借入額を少なめに書いたり、実際には働いていない職場の電話番号を書いたり、偽造書類などを提出しても必ずバレます。

偽造書類で申込みを行った場合は、詐欺行為として訴えられてもおかしくはありません。

まずは正直な数字を記載し、可能ならば他社借入れもまとめられるところはまとめておいた方が印象もいいでしょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・