アイフルのおまとめローン後に他社借入すると契約違反になる?

 5.0  (5)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (5)

この記事を評価する

決定

アイフルのおまとめローンは、複数社からの借金を1本化できる金融商品です。

しかしアイフルで1本化したあとに、再び他社から借り入れたくなる人もいるようですね。

今回の記事では、おまとめローン契約後に他社借り入れすると契約違反になるのかについて、具体的に解説していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • アイフルのおまとめローンとはどのような商品なのか知りたい
  • おまとめローンの審査に通る審査基準が知りたい
  • おまとめローンを契約した後に他社借り入れすると契約違反になるのか心配

以上のような疑問や悩みを持っている人におすすめの記事です

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%、最短即日※
21時(日曜18時)までの手続き(審査・書類確認含)完了時。一部金融機関、メンテナンス時間等除く。
新規の方はWebで申込むと初回契約翌日から60日間無利息又は5万円180日間特典※
・パート,バイトもOK
※無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

アイフルおまとめローンで他社借り入れをすると契約違反?

消費者金融のおまとめローンでは、借り入れ後に契約違反になるケースがいくつかあります。

契約内容をよく確認せずに契約違反をしてしまうと、場合によっては一括返済を迫られることもあります。

他社で契約違反になるケースは、アイフルではどうなのか、順番に確認していきましょう。

他社に返済せず使い込むのは契約違反

アイフルのおまとめローンで借りたお金は、借金の返済に充当することが基本的な条件となっています。

つまりおまとめローンの契約によって借りたお金を借金返済ではなく、他の資金使途に使った場合は契約違反となり、場合によっては一括請求される可能性があるのです。

アイフルから借りたお金の一部を借金返済に充てることなく、自分のお小遣いとして使ってしまった場合などが該当します。

原則的にアイフルは貸すお金を、全額契約者の口座に振り込みますが、他社への返済は契約者本人が行うことになっています。

しかも他社借り入れを返済した領収書や、他社契約を解約した書類を提出する必要がありません。

そのため、借りたお金を返済に充てずに、お金を使い込んでしまうリスクが発生します。

それを防止する意味でも、他社借り入れ返済をアイフルが契約者に代わって実行するケースもあります。

おまとめ後の他社借り入れは違反ではない

アイフルのおまとめローンの契約中に他社借り入れをすると契約違反というネットの情報があります。

しかしアイフルではおまとめローンを契約した後に他社借り入れを行っても、契約違反にはなりません。

ただし、他社借り入れを行うことで、再び多重債務者に戻るリスクがあることを認識しておきましょう。

他社解約しないのも契約違反ではない

おまとめローン契約後に、他社借り入れを解約しないのも契約違反になるのかと言うと、これもアイフルの契約違反の条件にはありません。

ですからおまとめローンを契約した後でも、他社を解約せずに再び他社借り入れを増やしても契約違反にはなりません。

ただし 他社借り入れをするとせっかく一本化した借金が再び複数社に増えることになり、返済困難になることが予想できますので、借りないことをおすすめします。

完済証明書や解約証明書は不必要?

他社のおまとめローンでは、融資を受けたお金を返済に充てたことを証明するために、既存のローンの完済証明書や解約証明書の提出が求められることもあります。

しかし先ほども少し触れましたが、アイフルのおまとめローンでは、そういった書類を提出する必要がありません。

とは言え、そもそも他社への返済を行うために借り入れているローンなのですから、もともとの目的に従って利用するようにしましょう。

契約違反でおまとめローンを一括請求されたら

アイフルのおまとめローンでは、完済証明書や解約証明書を提出する必要がないため、利用者が契約違反を行っていても分かりづらいかもしれません。

しかし万が一、借り入れたお金を「他社への返済」以外の用途に利用していることがアイフルにバレてしまえば、契約違反ということで融資金額を一括請求される可能性もあります。

ローンの一括請求の経験者のかたはお分かりだと思いますが、基本的に分割払いを前提としているローンで一括請求をされてしまうと、支払いようがありません。

その結果、個人再生や自己破産といった債務整理の道を選ばざるを得なくなってしまうのです。

おまとめローンの利用だけで済んでいればまだよかったものを、債務整理を行うことになってしまえば、信用情報に傷が付くことになってしまい、その後の金融契約において著しく不利な立場に立たされます。

契約違反で一括請求されることのないように、おまとめローンは本来の目的で利用するようにしましょう。

おまとめローン契約後に他社借り入れの審査に通る?

アイフルのおまとめローンの契約後に、他社借り入れをしても契約違反にはなりません。

しかし、一般的におまとめローンを利用する人はすでに借金額が年収の3分の1近くなってしまい、もうどこからも借りられないという人が多いです。

消費者金融は総量規制に基づいて貸付上限額を年収の3分の1までと定めていますので、すでに年収の3分の1またはそれ以上ある借金をまとめてしまえば、総量規制によって他社借り入れはできません。

ただし、おまとめしても総量規制までまだ余裕があるという人は、新たに他社借り入れができる可能性があります。

おまとめローンの金額と収入のバランス次第

おまとめローンを契約した後に他社で借り入れができるかどうかは、おまとめローンの金額と収入のバランスが取れているかどうかによって決まります。

たとえ総量規制の範囲以内だとしても、現在の収入で新たな借金返済ができるかどうか、自分で考えなければなりません。

おまとめローン契約後に他社借り入れできるケース

他社借り入れができるのは、総量規制の範囲内でアイフルのおまとめローンを契約した場合です。

たとえば年収が300万円だとして、借り入れ件数が2件で借金総額が60万円だとすれば、総量規制までにはまだ40万円の枠が残っていることになります。

総量規制に達していないのであれば、アイフルのおまとめローンを契約した後に借り入れをすることも十分可能です。

それに、アイフルのおまとめローンを契約したからといって、一旦返済した他社から借り入れてはいけないという条項はありません。

クレジットカード契約や住宅ローンの場合

アイフルのおまとめローンを契約した後でも、クレジットカードの審査や住宅ローンの審査に通ることは可能です。

しかし総量規制を超えておまとめローンを契約していると、クレジットカードのキャッシングは利用できません。

また住宅ローンの審査においても、おまとめローンの返済で収支が圧迫されていると、返済能力が無いとみなされて審査に落とされてしまいます。

おまとめローン後に借り入れするときの注意点

せっかく一本化した借金を総量規制に枠があるからと言って、他社から借り入れるのは問題が多いです。

注意点を確認しておきましょう。

新たな借金はさらなる借金苦を呼び寄せる

おまとめローンによって返済負担が軽減したのに、急にお金が必要になったなどの理由で、借り入れてしまったら、あっという間におまとめ前の状態に逆戻りです。

追加借り入れをしてもすぐに完済できるという目処がないなら、追加借り入れはしないことをおすすめします。

新たな借金を再度おまとめすることは不可能

アイフルのおまとめローンを一度契約したら、借金を完済するまで再契約はできません。

他社借り入れが急に増えたからといって、再契約はできないのです。

もちろん他社のおまとめローンを契約し、アイフルのおまとめローンを一括返済することも不可能ではありません。

しかしながら、おまとめローンの審査はかなり厳しくなっています。

信用情報を見れば多額の借り入れをアイフルからしていることがバレてしまい、おまとめローンを契約しているとすぐに分かってしまいます。

おまとめローンを契約しておきながら、 さらに借金を繰り返し、再度おまとめローン申し込んだのでは、審査担当者の心証を悪くするのは必然ですよね。

関連記事をチェック!

19921view

証書貸付とは【元銀行員が分かりやすく説明】

こんにちは!手塚 龍馬です!過去7年間、地方銀行で貸付業務の担当をしていました。 銀行等の金融機関からお金を借りる種類、方法を紹介します。 種類は大まかに分けると4つです。 証書貸付 ...

アイフルのおまとめローンの特徴

アイフルのおまとめローンには、プロミスやアコムとは違った特徴もあります。

具体的に見ていきましょう。

アイフルのおまとめローンは総量規制対象外

消費者金融のおまとめローンは、例外として認められた総量規制対象外の金融商品で、年収の3分の1以上の借金があってもまとめられます。

借金をまとめる前の毎月の支払額や、借金返済までの期間、利息を含めた総支払額が、おまとめローンの契約によって借主が一方的に有利になる条件のもとで、貸金業法によって特別に認められているのです。

銀行カードローンもクレジットカードもおまとめ可能

プロミスやアコムのおまとめローンは、貸金業者からの借り入れしかおまとめできないので、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠はまとめられません。

しかしアイフルのおまとめローンは、銀行カードローンもクレジットカードのショッピング枠もおまとめできます。

貸金業者以外の借金もおまとめしたい人は、アイフルのおまとめローンが便利です。

金利を下げられる可能性が高い

おまとめローンが良い理由は、複数の借金をまとめることで100万円以上となる場合が多いからです。

一社当たりのカードローン利用限度額が30万円程度とすると、適用される金利はおおむねカードローン金利の上限金利です。

消費者金融ならおよそ年18.0%が適用されます。

30万円の借り入れを4社程度行っていれば、借金総額は120万円です。

利息制限法によって、100万円以上の上限金利は年15.0%と定められています。

ですから、借金を小分けにして支払っているよりも、まとめてしまったほうが借り入れ金額が多くなり、結果的に金利が下がるのです。

また、アイフルのおまとめローンの金利は審査内容によって違ってきますが、現在アイフルを利用しているか、または過去にアイフルを利用したことがある人は、特別金利になる場合もあります。

アイフルのおまとめ用の商品は2つ

アイフルのおまとめローンは2種類あります。

  1. 借り換えMAX
  2. おまとめMAX

どちらを利用できるかは、下記の条件によって変わります。

  • 現在または過去にアイフルを利用したことがある人は「おまとめMAX」
  • アイフルを利用したことがない人は「かりかえMAX」

ふたつの商品は両方とも、複数ある借金を一本化することについては全く同じです。

それぞれの商品について詳しく見てみましょう。

おまとめMAX

融資限度額800万円まで
金利
(実質)
年3.0%から17.5%
申し込み対象者年齢満20歳以上で安定継続した収入があること
資金使途アイフル及び他社借金の借り換え
遅延損害金
(実質)
年20.0%
返済方式元利定額返済方式
毎月の返済額契約金による毎月固定額
返済回数
(期間)
120回
(最長10年)
必要書類他社借り入れ金額を確認できる書類・本人確認書類・収入証明書
担保・保証人不要

アイフルの現在利用者や、過去に利用したことがある人が契約できる「おまとめMAX」は、金利が低く、審査内容によっては銀行カードローンや、クレジットカードのリボ払い分の借金までまとめることが可能です。

「おまとめMAX」は、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボの借金をまとめることを条件として、審査します。

よって審査に通るということは、適用される金利が銀行カードローン金利より低くなることが十分に期待できるのです。

かりかえMAX

融資限度額800万円まで
金利
(実質)
年3.0%から17.5%
申し込み対象者アイフルをはじめて利用する人・年齢満20歳以上で安定継続した収入があること
資金使途他社借金の借り換え
遅延損害金
(実質)
年20.0%
返済方式元利定額返済方式
毎月の返済額契約金による毎月固定額
返済回数
(期間)
120回
(最長10年)
必要書類他社借り入れ金額を確認できる書類・本人確認書類・収入証明書
担保・保証人不要

アイフルを利用したことがない人が契約できるのは、「かりかえMAX」です。

銀行カードローンやクレジットのリボ払いまではまとめられる、とは商品説明に書いてあるものの、どちらかと言うと消費者金融の借金をまとめるのに向いている商品です。

ただし審査内容によっては金利を下げてくれる可能性も残されており、アイフルと相談してみる価値は十分にありそうです。

銀行のおまとめローンと比較してもアイフルのおまとめローンの審査は、柔軟に対応してくれる上に、返済期間は最長10年と長く設定できます。

そのため、毎月の返済額を抑えられ、そして借金の完済を目指すことができる商品として人気が高いです。

関連記事をチェック!

2289view

アイフルのおまとめローン、おまとめMAXとかりかえMAXとでは条件や審査はどう違う?

複数借金で悩んでいる人は、アイフルの借り換えローンである「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を検討してみましょう。 どちらの商品も、複数ある他社借入を一本化して借金の完済を目指す金融商品です。 ...

アイフルおまとめローンの審査

おまとめローンの審査は、カードローンの審査に比べて厳しくなっています。

なぜなら他社借り入れ額も含めるために、契約金額が多くなってしまうからです。

金融機関にとっては、申し込み者に対する貸付額が大きくなると貸し倒れリスクも高くなるため、どうしても審査が厳しくなりがちです。

では、アイフルのおまとめローンの契約に必要な書類や流れなどを、説明していきたいと思います。

申し込みの条件

申し込みの条件として共通しているのは、年齢が満20歳以上で安定継続収入があり、返済能力が十分にあると判断された人です。

また、アイフルを初めて利用する人は「かりかえMAX」を、現在アイフルを利用している人または過去に利用したことがある人は「おまとめMAX」を利用することになります。

なお申し込む人の雇用形態に、特別な条件はありません。

正社員に限らず、派遣社員や契約社員でも申し込みが可能です。

まとめる借金額によっては、パートやアルバイトでも申し込み可能です。

必要書類

必要な書類は、

  • 他社借り入れ金額を確認できる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票などの収入証明書類

となっているので、これら3点の書類は必ず用意してください。

本人確認書類や収入証明書類については、カードローンの申し込みするときに一般的に使われている書類で構いません。

他社借り入れを確認できる書類となると、基本的に「借入残高証明書」が最も有効です。

借り入れている金融機関に対して、現在の借り入れ状況を確認したいと連絡し、借入残高証明書の発行をお願いしてみましょう。

または「取引履歴」でも他社借り入れ金額を確認できますので、残高証明書の発行が難しい場合は取引履歴で代用しましょう。

借り入れ先に電話するのは恥ずかしいという場合、直近で支払った借金返済の明細書でもOKで、 ATM で返済すれば明細書が出ますので、それを提出してください。

クレジットカードのリボ払い金額を確認できる書類としては、クレカの利用代金明細書が使えます。

在籍確認

初めてアイフルを利用し「かりかえMAX」で契約する場合は、必ず勤務先への在籍確認があります。

在籍確認の方法は、カードローンの在籍確認と同じであり、在籍確認による会社バレを心配する必要はありません。

アイフルを現在利用している人は、勤務先に変更がなければ在籍確認はありません。

過去にアイフルを利用したことがある人でも、信用情報に登録されている勤務先と、アイフルに登録されている勤務先に変更がなければ、在籍確認はありません。

ただし審査内容によっては在籍確認が行われることも、認識しておくと良いでしょう。

土日でも審査可能?

アイフルのおまとめローンは、土日でも申し込みを受け付けており、審査を行ってくれます。

そのため、土日に申し込みを行って当日中に融資を受けられる可能性もあります。

ただし、土日は職場に人がおらず在席確認が完了しないという人の場合は、とりあえず仮審査だけ済ませておき、週明けに在籍確認を完了させるという流れになるでしょう。

アイフルのおまとめローンに審査落ちする人の特徴

既に説明した通り、おまとめローンの審査は、カードローンの審査に比べて大変厳しいです。

審査落ちする人の特徴は、ある程度決まっています。

おまとめローンに申し込む前に、あなたがこれから説明する内容に当てはまるかどうか、自分で確認してみましょう。

カードローン借り入れの滞納などで信用情報に傷がある

おまとめローンの審査ではまとめようとする借金に返済滞納があると、審査に落ちやすくなります。

返済を延滞している人にお金を貸しても、金融機関に回収できないリスクが発生するからです。

当然ながら信用情報に金融事故情報などの傷があると、審査に通ることはありません。

審査に通るためには、他社借り入れ返済について滞納がないこと、および金融事故歴がないことが条件です。

返済能力が低い

申し込み条件にある通り、おまとめローンに申し込みができるのは、毎月安定継続した収入があり、返済能力がある人です。

契約する金額にもよりますが、年収はできるだけ多いことに越したことはありません。

基本的に返済能力があるとは、返済負担率が30%以下であることです。

返済負担率とは、現在支払っている借金の一年間の総額と年収との割合です。

たとえば一年間に支払っている借金額が60万円で年収が300万円なら、返済負担率は20%ですね。

以上のように、現在の返済負担率がいくらになっているのか、自分で計算してみることが重要です。

申し込み書に虚偽がある

少しでも審査通過率を上げるために、たとえば年収を多くしたり、アルバイトなのに正社員と記入(入力)しても、審査では必ずと言っていいほど見抜かれてしまいます。

また、他社借り入れ額が多すぎて総量規制ギリギリの場合、他社借り入れ額を少なく申告する人もいますが、信用情報機関に照会すれば一発でバレてしまいます。

アイフル側からすると、虚偽申請をする人は信用できませんので、即審査落ちしてしまいます。

どうしても借り入れしたい場合でも、嘘の内容で申し込んではいけません。

なお、虚偽申し込みのリスクについてはこちらでも詳しく説明していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

20960view

消費者金融の他社借入状況の嘘は基本バレる。しかし抜け道も…

消費者金融の審査にとおりたくて、他社借入の項目で噓をつく人もいますが、噓をついたときには、バレてしまう可能性があります。 さらに、噓がひどい場合にはペナルティが発生して、今後ローンを借りるときに影響...

他社借り入れの件数が多すぎても落ちる

おまとめローンは、すでに複数のところから借り入れを行っている人が利用を検討するローンであるとは言え、他社借り入れ件数が多すぎても審査落ちの対象となります。

他社借り入れ件数が多いということは、それだけおまとめローンでの融資金額が多くなるということであり、必然的に審査が厳しめに行われることになるからです。

おまとめローンに頼らざるを得ないということは、かなり追い込まれている状態であることは間違いないはずです。

そのような人に「既存の借り入れ件数を減らそう」と言うのは心苦しいのですが、おまとめローンの審査に通らなければ意味がありません。

既存の借り入れ件数が4,5件ある人は、できればそのうちの1社だけでもかまわないので完済してから、おまとめローンに申し込むのが望ましいですね。

アイフルおまとめローン利用時の注意ポイント

アイフルのおまとめローンの契約は、カードローンの契約とは違います。

カードローンの契約は極度額基本契約方式といい、利用限度額を定めてその範囲内で自由にお金の入出金ができる契約です。

しかしおまとめローンの契約は、金銭消費貸借契約(証書貸し付け)で契約通りに返済していかなければなりません。

毎月支払日が決まっていることと、返済額が決まっていることに注意しましょう。

その他にも、おまとめローンを契約するときに注意しておきたいポイントがいくつかありますので、順を追って説明していきます。

おまとめローンは返済専用ローン

おまとめローンは契約したら借金完済するまで追加借り入れができず、返済のみを続ける必要があります。

つまり、借金返済専用なのです。

カードローンのように、返済した分だけ利用枠が増えるわけもなく、途中での借り入れもできません。

総返済額が増える可能性がある?

アイフルのおまとめローンの返済期間は、最長で10年です。

長年に渡って返済していくということは、それだけ利息の額も増えてしまいます。

おまとめ前よりも借り入れ金利が低くなったとしても、毎月の返済額を減らしてしまうと支払利息がかさみ、結果としておまとめ後のほうが借金総額が増えることがあります。

支払利息を増やさないためには、毎月の返済額を少なくし過ぎないこと、また余裕がある月には繰り上げ返済をすることをおすすめします。

すでにアイフルと契約していても審査は別

すでにアイフルと契約していて利用中の場合でも、新たにおまとめローンを申し込むときには、改めて審査を受けなくてはなりません。

おまとめローンはまた別の商品になるので、審査が必要になるのですね。

ただし、申し込み条件は「20歳以上の安定収入のある人」なので、ハードルは高くはないでしょう。

審査の流れは一般のカードローンと同じようにすすめられ、必要書類の提出も求められるので、あらかじめ用意しておきましょう。

希望する借り入れ枠が下りないことがある

カードローンでは、借り入れ可能額の設定が申し込み時に希望している金額よりも低くなることがありえますが、それはおまとめローンでも同じです。

おまとめローンに申し込む人としては、「既存の借金をすべて返済できるだけの借り入れ額を設定してほしい」と思っているはずですが、それはあくまでも申し込み者の都合に過ぎません。

審査の結果、希望している金額に満たない借り入れ額設定になった場合に、おまとめローンを利用するのかしないのかは、あらかじめ考えておいたほうがいいでしょう。

たとえばすでに3社から借り入れを行っていて、希望している金額に満たない借り入れ額設定になった場合は、その金額で3社のうち2社の返済を行うというような利用法もありですからね。

アイフルのおまとめローンに関するQ&A

最後に、アイフルのおまとめローンでよくある質問をQ&A方式で回答していきます。

おまとめローンを契約する前の確認や、疑問点の解消に役立ててください。

①ローン会社への返済分のお金は直接返済先に振り込まれる?
既存の借金の返済は基本的には契約者自身が行います。ただし場合によってはアイフルが行うこともあります。ただし返済されるのは元金のみです。契約するときには利息返済はしっかりと行なっておきましょう。
②アイフルで借金をまとめた後、完済したアコムやレイクALSAから再度借り入れできる?
まとめた借金額が総量規制の範囲内であれば、借金完済したアコムやレイクALSAから再度借り入れられるでしょう。しかし複数ある借金をせっかくまとめたのに、新たな借り入れをしてしまうと再び返済地獄に陥る可能性が高いです。借り入れる場合はおまとめローンの返済が終わってからにしましょう。
③年収が低くてもアイフルでおまとめできる?
アイフルのおまとめローンはパートやアルバイト収入でも契約できるローンですから、年収が低くても契約できるでしょう。ただし返済負担率を計算してみましょう。返済負担率とは一年間に支払う他社の借り入れと、おまとめローンの返済額の合計額が、年収に対して何パーセントあるのかを示したものです。審査に通るためには返済負担率は多くても30%以下にしておかないと、返済能力なしと判断され審査には通りません。
④おまとめローンの限度額はいくら?
アイフルのおまとめローンの融資限度額は800万円までです。しかし必ずしも800万円までの借金をまとめられるとは限りません。おまとめローンの審査は返済能力が重要視されますので、年収500万円の人でも150万円から200万円くらいが限度です。
⑤カードローン枠を増額しA社・B社の借り入れをまとめるのとおまとめローン、どちらがおすすめ?

借金返済のモチベーションを保つために、アイフルのおまとめローンをおすすめします。しかし契約するカードローンの金利が、年15.0%未満であればアイフルのおまとめローン金利よりも安くなる可能性があるので、カードローンの利用限度額を増額したほうが良い場合もあります。カードローンの金利を確認してアイフルと同じ金利であればカードローンよりもおまとめローン契約のほうが追加借り入れができない分、返済に集中できます。

おまとめローン後に借り入れしないよう生活の見直しを!

おまとめローンを契約した後は、必ず生活の見直しをしましょう。

毎月の借金返済額が少なくなったとしても、それに甘えることなく、どこか無駄はないのか再チェックすることも必要です。

家計が節約できる手段には下記のようなものがあります。

  • 新聞の契約を見直す
  • 格安スマホに変える
  • 生命保険を見直す
  • コンビニでは買わない
  • スーパーには毎日行かずまとめ買いにする

なぜ複数借金を抱えてしまったのか、なぜおまとめローンを契約するようになってしまったのか思い出すことも必要です。

今月ピンチ!金欠で給料日前にお金があと500円!

 5.0  (5)
+ この記事を評価する
×
 5.0  (5)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談