アイフルの創業者から見えてくる会社の特徴とは?

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、AGビジネスサポート株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

アイフルは消費者金融大手としては有名な会社ですが、これまでの社歴や創業者の情報などについて調べてみると、特徴などがわかってきます。

そこで今回は、アイフルの創業者の情報、経営の状態から見えてくるアイフルの実態について、いくつかの情報をお届けしようと思います。

即日OK!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アイフル
アイフル
3.0%~18.0%
最短18分※₁
※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
・初めてのご契約で最大30日間利息0円
・事前診断で融資可能かチェックできる
・原則、自宅・勤務先への連絡なし※₂
※₂審査状況により実施する場合があります。プライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

アイフルは創業者一族が経営

まず、アイフルという会社を経営しているのはどんな人なのか、簡単にその経歴や現在の経営陣の内情などについて見ていきたいと思います。

アイフルは、1967年4月に創業者である福田吉孝氏が個人商店「松原産業」として貸金業を開業した事から始まっています。

後でも触れますが、他社消費者金融などは銀行がバックボーンとして付いている今の現状に於いて、唯一独立系の消費者金融として営業しているアイフルは、それなりのメリットやデメリットがありそうです。

他社消費者金融カードローンの経営母体は?

では、アイフル以外の大手消費者金融カードローンの経営母体などはどうなっているのか、調べてみる事にしましょう。

プロミス

最初の紹介するのは、プロミスです。

「プロミス」という名前はCMなどでもあまりにも有名なので、プロミスが会社名だと思っている人がいますが、現在の正式な会社名は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」という社名となっており、SMBCグループという形になっています。

その為、三井住友銀行内に設置されている自動契約機でプロミスの申し込みが出来ますし、三井住友銀行のATMなら手数料無料で利用できるというメリットもあります。

今やプロミスは銀行系のカードローン会社というイメージが強いですが、カードローンの分類としてはあくまでも「消費者金融」としての扱いとなりますので、銀行カードローンとは異なり総量規制の対象でもある事は覚えておきたいポイントです。

SMBCモビット

SMBCモビットも銀行がバックボーンですが、銀行カードローンではありません。

SMBCグループに「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が存在するのです。

ちなみに、SMBCモビットもSMBCグループのサービスとなっていますので、三井住友銀行のATMを利用した場合も手数料がかからないというメリットがあります。

アコム

次にアコムについてですが、アコムの経営陣には創業者の木下政雄やその同族が役員として名を連ねています。

しかし、経営の実態としては平成20年に「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の連結子会社となっており、今はプロミスと同じく、銀行系列の消費者金融として経営を続けています。

アコムでは24時間、土日も銀行口座振込可能です。
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。

アイフルの系列会社

次に、アイフルの会社情報についてもう少し詳しく見ていきましょう。

信販会社やビジネスローンを手掛ける子会社が多数

アイフルは「消費者金融」というイメージが強い会社ですが、実は以下の通りたくさんのグループ企業を抱えています。

この中でも「ライフカード」や、中小企業専門のローン会社「AGビジネスサポート」という名前を聞いた事がある人も多いかもしれません。

アイフルのグループ会社

会社名事業内容
ライフカード株式会社クレジットカードや信用保証全般
AGビジネスサポート株式会社事業者ローン・不動産担保ローン
AG債権回収株式会社債権管理・回収
AGキャピタル株式会社ベンチャーキャピタル
AGペイメントサービス株式会社収納代行業・信用保証
AGパートナーズ株式会社企業再生事業
AGストックセンター株式会社倉庫事業・文書管理代行事業
AGメディカル株式会社診療報酬等担保ローン
AGクラウドファンディング株式会社貸付型クラウドファンディング事業
AG住まいるリースバック株式会社リースバック事業
AGレンディング株式会社不動産担保ローン
あんしん保証株式会社家賃債務の保証
株式会社FPC少額短期保険事業
セブンシーズ株式会社システム開発・WEBサイト制作
株式会社Liblockシステム開発・営業コンサルティング事業
AIRA & AIFUL Public Company Limited消費者金融
PT REKSA FINANCE中古車オートローン

尚、一概には言えませんが、アイフルのグループ企業が運営しているローン会社において、過去に延滞や債務整理などをして履歴がある場合、同社の他グループ企業でのローン審査に影響を与える可能性もありますので注意が必要です。

アイフルの経営状況から見えてくる事

では、アイフルの現在の経営状況等はどうなのか、直近のIRデータなどからチェックしてみる事にしましょう。

下記参考サイトとしてアイフルのIR情報を掲載していますが、直近の令和4年3月期のデータを見ると、営業収益は「132,097百万円」、営業利益は「11,242百万円」となっており、前期の営業利益「17,530百万円」と比較すると、利益が下がっている事がわかります。

又、アイフルは平成23年期の決算で「△24,137百万円」という大幅な赤字を出して、銀行団との融資交渉を行った事もありますので、現時点でも経営状況は決して良いとは言えない状況が続いているのかもしれません。

それを証拠に、過払い金の支払いなどの面では、アコムやプロミスと比較しても難航するケースがあると言われています。

(筆者も過去に債務整理で弁護士事務所に行った際、“アイフルからの借入があると少し難航しますが大丈夫ですか?”と尋ねられた事があります。)

◆アイフル公式サイト:「IR情報」

どんなローン会社を選ぶべきか?

ここまで、アイフルの創業者や他社カードローンの経営母体などの情報をお伝えしてきましたが、参考になったでしょうか?

では最後に、このような情報を踏まえて、結局のところどこのカードローンを選ぶべきなのか、判断のポイント等についてもいくつかアドバイスしておきたいと思います。

まずは自分が重要視したい条件を決める

カードローンを選ぶ際、「そのローン会社はどんな会社なのか?」という事を気にする人も多いと思いますが、肝心なのは「自分がどの条件を重要視するか?」という事だと思います。

人によっては金利や限度額を重視しますし、人によっては審査スピードを重要視されると思います。

カードローンを利用する場合、いくつもの条件を見てついつい迷ってしまいますが、迷った場合は「これだけは外せない」という条件を一つか二つ決めて、その条件にマッチするローンがないかどうか判断される事をおすすめします。

コールセンターなどの対応力も重要

又、カードローンを選ぶ際に上記でも触れた「ローンのスペック」も重要ですが、コールセンターの対応力についても大切です。

なぜなら、実は現在のところカードローンのスペックはどこも同じようなものになっており、後は「気持ちよくローンを利用できるかどうか…」という点がポイントになってくるからです。

カードローンを利用していると、わからない事を尋ねたり、時には限度額の増枠などの相談をする事もあるかと思います。

そんな時に不愛想な態度をとられたりすると「このカードローンはもう使いたくない…」と思ってしまう事もあるかもしれません。

コールセンターの対応品質のとらえ方は人それぞれかもしれませんが、意外に重要なポイントですので、一度申し込み前にコールセンターなどに問い合わせをしてみて、チェックしてみる事をおすすめします。

まとめ

今回は、アイフルの会社情報などを主にお伝えしました。

カードローンを選ぶ際は、少なくとも「自分が利用しようとしている会社はどんな会社なのか?」「銀行がバックボーンになっている会社なのか?」「独立系企業なのか」という点くらいはチェックしておいたほうがいいでしょう。

カードローンを一度利用すると、場合によっては返済が長引いて、時には5年、10年と利用する事もあるかもしれません。

自分が気持ちよく利用する為に、自分にあったローン会社はどこなのかを考え、借り入れのスピードばかり求めずに、まずは落ち着いてチェックする事が重要です。

関連記事をチェック!

33159view

アイフルのコールセンター目的別電話番号・時間一覧

アイフルを利用していて分からないことがあると、電話で確認したくなりますが、アイフルの電話番号を調べるといくつもでてきてしまい、どれに掛ければよいか分かりにくいです。 一応、アイフルへは総合窓口に電話...

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事