CIC,JICC,全銀協(全国銀行協会)の違いを徹底解説

3つの信用情報機関、CIC,JICC,JBA(全国銀行協会)の違いとは何なのかがよくわからないと思っているのではないでしょうか。

そもそも信用情報というものをご存じない場合は先にこちらのページを読んでください。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】個人信用情報について調べてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 以前プロミス、福邦銀行(フクホー)の2社にカードローンの申し込みをしたのですが、立て続けに落ちてしまいました。 自分にはお金を借りるだけの信...

CIC,JICC,JBAの違い

三社の違いは「登録している金融機関の種類が異なる」ということです。

あなたが消費者金融アコムを利用している場合、アコムでの利用状況や返済履歴は信用情報機関3社すべてに記録されるわけではなく、CICとJICCの2社にしか登録されません。

アコムはJBAに加盟していないために、JBAにだけは信用情報が登録されず、JBAに登録されている情報を確認することもないのです。

このように、利用する金融機関によって登録や照会される信用情報機関が異なるというのが3機関の最大の違いとなります。

ただし、情報によっては3機関で共有されるものもあり、個人情報(氏名、住所、電話番号など)、契約内容(契約日や契約額など)、異動について(異動発生日や移動の終了状況など)、本人の申告(書類の紛失など)といった一部の情報は1つの機関に登録されると他の2機関でも共有されることになります。

ですので、皆さんがカードローンやクレジットカードの申し込み前に自分の信用情報を確認しようとしているのであれば、申込先が加盟している信用情報機関に申請するのが良いのです。

情報の保有期間も違う

どこの金融機関の情報が登録されるかという点以外にも、以下の情報は信用情報機関によって保存される期間が異なります。

JICC CIC JBA
延滞の有無・発生日 延滞解消から1年 延滞解消から5年
自己破産 5年 10年
個人再生 5年 登録されない 10年
任意整理 5年 登録されない
申込 6ヶ月
契約・借入・返済 5年

このように三機関とも申込は6ヶ月、契約・借入・返済については5年と、すべて同じになっていますが、延滞と債務整理に関する情報では上記のように信用情報機関によって違うのが分かります。

延滞や債務整理は信用情報が残っているのかどうかを気にする人が多い項目だと思いますが、これらは信用情報機関によって異なるため注意が必要です。

延滞に関してはJICCが甘く、解消されれば1年で情報を削除してくれます。

債務整理の情報はJBAが最も長い間保存しており、自己破産と個人再生をの保存期間は10年ですので、一度債務整理を行うと当分は銀行のローンは利用できないでしょう。

一方CICでは自己破産のみを5年間保存するなど、信用情報機関によって債務整理の取扱い方が大きく異なるのです。

馬太郎は三社の信用情報を開示済み

登録されている情報はほとんど同じですが、情報の掲載などが少し異なります。

当サイトの馬太郎はそれぞれの信用情報を開示したことがありますので、実際に開示したうえでの各機関の違いを説明することができます。

こちらからそれぞれの信用情報機関についての説明に移動することができるようになっています。

大手金融機関の照会先一覧

では、具体的に各金融機関はそれぞれどこの信用情報機関に登録しているのでしょうか?

一覧表にまとめましたのでご覧ください。

JICC CIC JBA
プロミス
SMBCモビット
アイフル
アコム
オリエントコーポレーション
JCB
クレディセゾン
セディナ
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
りそな銀行
オリックス銀行
楽天銀行
新生銀行レイク
じぶん銀行
ソニー銀行

この表からも少しわかると思いますが、それぞれの金融機関が加盟している信用情報機関には偏りがありますよね。

実は加盟先にはある傾向があり、わざわざ調べなくてもある程度推測することができるので、その傾向をそれぞれ説明します。

なおこちらに記載のないカードローン会社の信用情報照会先を知りたい場合、「(カードローン会社名) 信用情報照会」と検索すれば知ることが可能です

CIC

CICは、登録されている信用情報の量は3つの中で最も多いです。

そのため、自分の信用情報に問題がないのか心配な方が確認する場合はまずCICに開示申請することをおすすめします。

加盟している金融機関は消費者金融や信販会社(クレジット会社)が中心となっており、逆に登録している銀行はあまり多くありません。

JICC

JICCには、消費者金融や銀行など、種類を問わず多くの金融機関が加盟していますが、どちらかと言えば消費者金融が中心となっています。

銀行の場合はメガバンクはあまり加盟しておらず、ネット銀行が中心となっています。

消費者金融の加盟数が多く、消費者金融の加盟率は3機関の中で最も高いです。

消費者金融への申込前に信用情報を確認するのであればJICCには必ず開示申請したほうが良いでしょう。

JBA

JBAは正式名称を全国銀行協会といい、名前の通り加盟している金融機関はほとんどが銀行となっています。

銀行カードローンを利用する場合はここを確認しなければなりませんが、消費者金融や信販会社に申込むときはあまり必要ないでしょう。

各機関への信用情報開示申請については後ほど説明しますのが、早く知りたい方はこちらからジャンプすることができます。

関連記事をチェック!

信用情報機関は銀行と消費者金融で違うの?

信用情報機関は3つありますが加盟している業者が銀行と消費者金融では違うのでしょうか。借入状況や金融事故情報などわかってしまうのか気になります。 銀行カードローンは審査が厳しい、反面消費者金融は審...

開示申請するときは保証会社にも注意

信用情報の開示申請をするときはこの表で対応している信用情報機関だけでは不十分な場合があります。

例えば三井住友銀行自体が加盟する信用情報機関はJBAだけなのですが、三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスが務めているため、プロミスが加盟しているCICとJICCにも信用情報の照会が行われるのです。

ですので結局3機関とも照会されることになりますで、三井住友銀行カードローンに申込むからといってJBAだけ確認すればいいというわけではないのです。

銀行カードローンなど、保証会社がある場合は保証会社にも注意してください。

こちらのページでは各カードローンの保証会社が確認できます。

関連記事をチェック!

銀行カードローン保証会社一覧

カードローン審査通過に重要になるのが「保証会社」です。 銀行カードローンの保証会社とは 銀行カードローンに申し込むと貸付条件に必ず次のようなことが書いてあります。 ・保証会社の保証を受けるこ...

加盟先の信用情報機関の調べ方

代表的な金融機関がどこの信用情報機関に加盟しているのか紹介しましたが、表に載っていないカードローン会社に申込む方も多いと思います。

そんな方のために、どうすれば自分が申込むカードローン会社の加盟先を調べることができるのか紹介しましょう。

申込前の同意事項を確認

カードローンの申込時には、情報入力の前に非常に長い同意事項が表示されますよね。

この同意事項の中には加盟先の信用情報機関もちゃんと記されているのです。

同意事項の「個人情報の取扱い」という項目の中に「信用情報の利用・登録」という部分があり、その中に加盟先機関が書かれています。

アコムを例に説明しましょう。

こちらアコムの申し込み画面ですが、同意事項に「個人情報の取扱い」とありますね。「個人情報の取扱い」へと移動すると長々と文章が表示されます。

全部読むのは非常に面倒なので「加盟」という単語で文字検索をしてください。

fireshot-capture-223-%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e5%80%8b

すると、このように加盟している信用情報機関が記されています。

アコムは株式会社日本信用情報機構(JICC)とCICの二つの機関に加盟していることが確認できました。

本来であれば全文読まなければなりませんが、「加盟」という単語で文字検索をかけたことでかなり見つけやすくなります。

アコム以外の場合でも個人情報の取扱いに関する同意事項に加盟している信用情報機関が記載されていますので確認してみてください。

開示方法は全て違う

先ほど説明した方法で自分が利用している金融機関が加盟しているの信用情報機関を調べた後は、情報の開示請求を行ってください。

ただし、CIC,JICC,JBAの三機関は少しずつ開示申請の方法や開示報告書の確認方法が異なります。

それぞれの開示方法を解説します。

申請、確認共にネットで可能なCIC

申請方法 報告書受取方法 手数料
インターネット、郵送等 インターネット、郵送等 窓口以外:1,000円
窓口:500円

CICの信用情報開示は、インターネットから申請→会場報告書をダウンロードして確認、と非常に簡単に行うことができます。

CICは三機関の中で唯一開示申請、報告書の両方がインターネットから行うことができる上、インターネットであればJICCやJBAと異なり身分証明書の提出も不要のため、信用情報の確認が最も簡単です。

スマホと開示手数料支払い用のクレジットカードがあれば特に準備も必要ありません。

ただし、事前に電話での受付番号確認が必要なため、パソコンだけでは開示申請を行うことはできません。

インターネットからの開示が行えない人は電話、郵送、全国七都市の窓口からでも開示ができるようになっています。

CICでの情報開示について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

関連記事をチェック!

【馬三郎が】CICに信用情報の開示申請をしてみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回は自分の信用情報を調べるための手段を各金融機関ごとに紹介しました。 そこで今回は私が実際に情報を開示したので、それを元に具体的な開示申請の方法を...

専用アプリを使用するJICC

申請方法 報告書受取方法 手数料
アプリ、郵送等 郵送、窓口 郵送:1,000円
窓口:500円

JICCに信用情報開示の申請をする方法はスマホアプリ、郵送、窓口(東京,大阪)の3種類あります。

もちろんアプリでの申請が最も簡単ですが、公式サイトからの申請が可能なCICと比較すると、アプリのインストールという手間がかかる上に運転免許証や健康保険証といった身分証明書が必要になります。

さらに、アプリを利用して申し込んだ場合でも、開示報告書は郵送による受取になっています。

早く自分の信用情報を確認したい方や、郵便を家族に見られるのが心配という方にとっては不便なポイントではないでしょうか。

JICCの信用情報を確認したい方のためにこちらで詳しく紹介しています。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】JICCの信用情報を開示してみた結果…

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回は馬太郎にCICの信用情報を開示してもらいました。 私の時と違い、多くの情報が記載されていましたので、詳しく皆さんに説明できたと思います。 ...

郵送以外不可のJBA

申請方法 報告書受取方法 手数料
郵送 郵送 1,000円

JBAの場合は申請、報告書の受取ともに郵送でしか行うことができません。

そのため、申込書の印刷、手数料支払いのための定額小為替証書の購入、2種類の身分証明書のコピーと、事前にやらなければならないことが多いのです。

スマホに必要事項を入力するだけでOKなCICと比較すると、開示はかなり面倒です。

もちろんJBAでの信用情報開示も行っていますので、銀行のローンを利用する方は詳しい開示方法を確認してください。

関連記事をチェック!

【馬太郎が】全国銀行個人信用情報センター(JBA)の信用情報を開示してみた

皆さんこんにちは、馬三郎です。 前回は馬太郎がJICCの信用情報を開示しました。 以前開示したCICのものと同じところもあれば異なる部分もありましたね。 前回まででJICCとCICの...

クレジットカードもCICやJICCを確認する

ローンではなくクレジットカードの利用状況を信用情報に登録されるのか、また、クレジットカードの申込時や利用中に信用情報は参照されるのか気になる人がいるでしょう。

これは共に「される」というのが答えになります。

冒頭で紹介したように、JCBやクレディセゾン、セディナなどはクレジットカード会社ですが、これらはすべてJICCとCICに加盟しています。

加盟しているということはつまり情報の登録と照会を行っているということです。

登録される情報や機関についてはカードローンと同様で、申し込み情報や支払い情報となります。

CIC未加盟のクレジットカード会社は存在しない

すべてのクレジットカード会社はCICに加盟しなければならず、CIC未加盟のクレジットカード会社は日本には存在しません。

クレジットカードのように商品の代金を分割で支払ったり、後で支払ったりすることを割賦販売と呼び、割賦販売法では、業者に対して指定信用情報機関への加盟が義務付けられています。

つまり、たとえどんなクレジットカードであっても、それが正規の物であればCICへの情報登録と照会が行われるということになります。

カードローンのトラブルはクレジットカードを作る際にマイナスポインとなり、逆にクレジットカードの使用歴はカードローンに影響を及ぼすということです。

信用情報に自信が無く、信用情報機関に加盟していないクレジットカード会社を利用したいと考えている人には残念ですがクレジットカードも信用情報に登録されます。

多くはJICCにも加盟

また、ほとんどのクレジットカードにはショッピング枠だけではなくキャッシング枠がついています。

キャッシング枠の利用には貸金業法が適用されますので、クレジットカード会社はCICだけではなくJICCにも加盟していることが多いのです。

CICのように絶対ではありませんがクレジットカード会社はCICとJICCに加盟していると考えておきましょう。

関連記事をチェック!

クレジットカードの延滞、信用情報機関について

クレジットカードを延滞した場合、信用情報機関に影響はあるのでしょうか? また、信用情報機関に影響があるとしたら、何日からでしょうか? 遅延の記録が載る明確な基準は無い 筆者はクレジットカード...

デビットカードは審査なし

クレジットカードと信用情報の関係を気にする方はおそらく、信用情報が悪いのだと思います。

そんな方にはデビットカードをおすすめします。

デビットカードはクレジットカードと同じように、現金を使わずに買い物することができるカードです。

ネットでの支払いにも使用することができますので、問題なくクレジットカードの代わりになります。

クレジットカードとの違いは、使ったその場で登録した銀行口座から金額が引き落とされるということです。

支払いがリアルタイムで行われ、口座の残高が足りなければ使用することができませんので、クレジットカードのように信用情報を元にした審査が行われず、だれでも持つことができます。

信用情報は共有されている

ここまでCIC,JICC,JBAに加盟している金融機関の違いや、どこの信用情報を確認すればよいのかを紹介してきました。

確かに信用情報機関によって記録される情報や業者は異なるのですが、実は全ての信用情報が個別に記録されているわけではなく、情報によってはCICとJICCやJBAの中で共有されています。

そのため、例えばCICにしか加盟していない業者でトラブルを起こし、その後JICCにしか加盟していない業者を利用しようとしたときに、CICにしか登録されていないはずの情報が原因で審査に落ちるということがあります。

信用情報の共有にはCRINとFINEという二種類がありますので順番に紹介します。

ブラックリストはCRINで共有

3機関での情報の共有をCRINと言い、以下の情報が共有されます。

  • 個人情報:氏名や電話番号等
  • 契約内容:契約日、契約額等
  • 支払い状況:異動発生日、契約の終了状況等
  • 申告した内容:身分証の紛失等

この中で最も注意しなければならないのはおそらく異動情報でしょう。

異動というのは債務整理や長期延滞などの金融事故のことで、俗にブラックリストと表現されるものです。

審査において非常に大きなマイナスとなります。

金融事故を起こしたという事実はすべての信用情報機関で共有されていますので、信用情報機関が別のところに申込めば問題ないという考えは通用しません。

関連記事をチェック!

【悲報】信用情報(ブラックリスト)は期間が経つまで回復しない

信用情報開示したとき、信用情報に問題を発見。 それでもどうにかして借入したい、そういったこともあるでしょう。今回馬太郎が、元貸金業者である馬吉先生、馬元先生、竜馬先生に信用情報の回復方法について...

FINEでは貸付残高も共有

CICとJICCの2機関では、CRINでは共有されない情報についても交流を行っており、これはFINEと呼びます。

FINEではCRINで共有される情報に加えて、登録者への貸付残高や短期の延滞、申し込み情報も共有されます。

CICやJICCにはクレジットカード会社や信販会社、消費者金融が加盟しており、これらの金融機関は貸金業法が適用されるため、総量規制の対象となります。

ですので、年収の3分の1を超える貸付を防止するためにCICとJICCはCRINでは共有されない貸付残高も共有しているのです。

CIC加盟の貸金業者から年収の3分の1、JICC加盟の貸金業者から年収の3分の1をそれぞれ借入しようとしてもFINEによって貸付残高は調べられてしまいます。

まとめ

今回はCIC,JICC,JBAの違いは、「加盟している金融機関が異なる」ということと、各金融機関がどこの信用情報機関に登録しているのかを解説しました。

もしカードローンの申込をするために信用情報の開示をしようと思っている場合は、事前に申込先がどこの信用情報機関に加盟しているのかを確認し、その信用情報機関に申請しなければなりません。

保証会社付のローンに申込む時は、その保証会社が加盟している信用情報機関も重要になりますので注意してください。

関連記事をチェック!

【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカー...

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名を株式会社SMBCモビットに変更しました。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミスレディース
アコム

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  4. 借入審査に落ちた時に考えられる理由を全てまとめてみた

    借入審査には即審査落ち、となる条件があることを知ってますか? 貸付できない即NG行動4箇条 カードローン会社の審査には、『この条件を満たしたら即アウト』という即NG集が用意されております。 即NG集は、消費者金融と銀行で・・・

  5. 2社目,3社目からOK!他社から借入あっても借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

銀行以上の低金利!

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  3. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。 確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が甘い通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が甘い通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を・・・

  4. 今すぐ即日即金で5,10万円作る方法【お金を借りる必要なし?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法を紹介します。 即金作るには稼ぐか、借りる  方法 利用額 現金 質屋 品物次第 即日 買取 品物次第 即日 日払いバイト ~2・・・

  5. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・