トヨタで車検の費用はローンでOK?その他の方法とは!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

車を持っていると、税金やガソリン代、保険料、駐車場代と様々なお金が必要です。

中でも車検には多くのお金が必要になりますよね。

今回は車検の費用をローンで支払う事が可能か調べました。

依頼先によって取り扱いが違う

車検をお願いするところとしてよくあるのが、車を買ったディーラー、車検専門店、カー用品店、街の整備工場などがあります。

これらのところでは車検にかかる費用も違ってきますが、費用の支払い方法にも違いがあります。

ここでは、車検の依頼先によってローンが利用できるかどうかに関してご紹介します。

トヨタだと全額OK

トヨタ販売店では、車検や修理費用等にも利用できるトヨタファイナンスの「Sプラン」という商品があります。

Sプランを利用すれば、車検にかかる費用をすべてローンとすることは可能です。

支払い回数は3~36回までの分割払いになり、利用するには、原則申込時の年齢が18歳~70歳で安定した収入が必要になります。

申し込みをして審査が行われますので、すべての人が利用できるわけではないですが、審査に通ることができれば利用することができます。

大手だと全額OKの場合もある

車を買ったディーラーとか大手のフランチャイズ店では車検の費用のローンを組むことができます。

車検にかかる費用には、法定費用と車検の基本料金や整備代がありますが、これらすべての費用をローンで支払うことができるようになっています。

ディーラーでは、そのディーラーで独自のローンや分割払いのサービスを提供しているところや、大手の信販会社と提携してローンのサービスを提携しています。

ディーラーにお願いする場合には、ほぼローンが組めることになっていますが、ある条件ではローンが組めない場合も存在するようです。

例えばディーラーから信用されていないような場合や、信用情報機関に滞納等の金融事故の情報がある場合などです。

また、大手のフランチャイズ店でも同じような対応となっていますが、こちらの方は提携をしている信販会社の車検用のローンを利用する形になっていることが多いです。

ローンの申請を行うと審査がされますので、信用情報機関に滞納等の金融事故の情報がある場合などは利用することはできません。

車検専門店やカー用品店は一部NG

あまり大手ではない車検専門店やカー用品店での車検に関しては、ローンが組めないというところは少なくなっていますが、全額をローンにすることは難しいようです。

基本的に車検にかかる基本の料金と整備代などはローン対応しているのですが、法定費用に関してはローンの対象となっていない場合があります。

なぜ法定費用がローンの対象にならないのかというと、法定費用の分割払いを国が認めていないことが原因となっているようです。

そうなると車検を実施するお店で法定費用分は立替えて支払わないといけないことになってしまいます。

立替が数百件程度あると、店を正常に運営することができない金額になってしまいます。

そのために、立替を行っても問題が無いほどの資金力がない場合にはローンが組めないことになります。

街の整備工場などはNGなこともある

整備士の国家資格を取って整備工場を運営されている方も多くいて、「格安車検」という看板を見かけることもありますよね。

このような街の整備工場などでは、その工場で独自のローンが利用できることはほぼありません。

ですが、ローンの利用の需要も少なくありませんので、工場と取引のある銀行のローン商品を照会されるようになっています。

ですが、整備工場によっては現金払いしか受け付けていないというところもあります。

整備工場で車検を行うときには、費用はローンの対応ができないと認識しておく方が良いですね。

最初からローンを利用したいのであれば、自分の利用している金融機関で車検用のローンが無いかを確認して、利用する事を決めてから申し込む方が良いかもしれません。

ローンを利用したい時にはどうする?

ローンの対応ができないところや、提携している信販会社のローンを使いたいけど何かしらの問題があってローンが利用できないこともあります。

でも、お金を用意することができないので、どうしてもローンを利用したいという事もありますよね。

ここでは、どうしても車検の費用をローンで支払いたい時の対処方法をご紹介します。

クレジットカードの分割払いを利用する

車検の依頼先でクレジットカード払いに応じているところもあります。

車検用のローンの申し込みで審査落ちしても、クレジットカードの利用ができていて利用限度額内で車検費用を支払うことができるのであればカードで支払いをしましょう。

決済方法は、その店舗で受付ができる方法で決済すると良いですね。

一括でしか取り扱いが無い場合には、カードの制約条件にもよりますが、後から分割やリボルビングに変更できるならローンを組むのと同じですよね。

持っているカードで対応できますので、素早く確実に対応することができます。

車検費用がない!クレジットカード払いできるってホント?

カードローンで借りる

もし、クレジットカードなどを持っていなくて、どうしても費用をローンで支払いたい場合にはカードローンの利用を考えてみるのもいいですね。

借りたお金を毎月決まった金額返済する事になりますので、返済方法はローンと同じといえます。

安定した収入がある場合には申し込みができますし、大手の消費者金融の場合には申し込んだその日に使えるようになるところもあります。

銀行のカードローンは利用できるまでの間に少し時間はかかりますが、一週間前に申し込みを行うことができれば十分間に合います。

車検用のローンを組む

多くの金融機関で車検用のローンを取り扱っています。

車検用ローンではなく「マイカーローン」という名称で取り扱いがされていることがほとんどですので自分が利用している銀行などに問い合わせを行うと良いですね。

お金の利用方法が決まっているので、適応される金利も低く抑えられているものがほとんどですので、利用できるようであれば申し込んでおくのが良いですね。

ただし、審査には時間がかかる事が多いので、車検をする前に申し込んでおく必要があります。

審査にかかる日数の目安として2~3週間ですので、できたら車検を行う一か月前に申し込むようにすると良いですね。

分割やローンが組めなかった時の対策

車検の費用を分割払いやローンの利用ができない可能性もあります。

知識があるならユーザー車検

車検を依頼するとどうしても数十万円必要ですが、ユーザー車検の場合には何も問題が無ければほとんど法定費用のみでよくなります。

ただし、安全運転をするために破損している部品を取り換えたり、走行に問題がありそうな部品を見つけて交換するなど行う必要ああります。

整備をするスキルがある場合には、ユーザー車検を行うのも一つの手ですね。

車検の費用を貯める

頑張って格安で車検を受けれるようにした場合でも、どうしてもお金が足りないまたは、車検の事を忘れていてお金の対策ができなかった場合とかありますよね。

そうなった場合には、車検の費用を短期間で稼ぐようにすると良いですね。

お金を稼ぐ方法としては、高単価なバイトをするとか手持ちのもので高価に売却することができるものを販売するなどの方法があります。

アルバイトでも1日で1万円を稼ぐことができるものもありますので、体はきついかもしれないですが、これらのアルバイトをすると良いですね。

具体的には、深夜のコンビニでのアルバイトやイベントスタッフ等があります。

思い切って買い替える

車検費用を捻出することができないけど、どうしても車は必要という場合には、今の車を売って中古車を購入するという方法もあります。

この場合には、車の乗り心地とか設備に関しては質が落ちる事になる可能性が高いですが、車検費用を支払わないでも車には乗り続けることはできます。

車自体に思い入れはないけど、車はどうしても必要という場合にはこの方法を使うことができます。

ただし、車を売る場所によっては価格が大きく変わることもありますので、複数社で見積もりを取ってもらう様にすると良いですね。

まとめ

車を維持するには多くのお金が必要になりますが、車を持っていれば非常に便利です。

できれば車検の費用を貯めておくのが良いですが、難しい場合には車検を受けるところでローンを取り扱っているのか確認しておきましょう。

低金利で車検費用を用意したい場合には、銀行などのマイカーローンを利用する方が良いかもしれないですね。

もし、お金が用意できない場合には、アルバイト等をして車検費用を貯めるか、車を乗り換える方法をとることも考えてみましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談