お金に困ったときは「お金がない馬」

車検費用のお金が足りない!クレジットカード払いや分割できるってホント?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

車に乗っていたら避けて通れないのが、車検です。

車検切れの車に乗ることは、違法行為であるだけでなく、車の異常に気づかずに運転している危険性もあります。

しかし、車検を通すとなると、まとまったお金が必要になるので、クレジットカードが使えたら安心です。

今回は、車検もクレジットカード払いできるのかどうかに迫ってみたいと思います。

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短1時間
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
新生銀行
レイクALSA
4.5%~18.0%
最短即日
新規の方はお借入れ全額60日間無利息、又は5万円180日間特典あり
・パート,バイトもOK
>>公式サイトを見る<<
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短1時間
・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<

この記事はこんな人におすすめ
  • 車検が近いのに十分な貯蓄がない人
  • できれば車検費用を分割払いにしたい人

車検にかかるお金って?

車検にかかるお金には、大きく分けて、法定費用と整備費用の2つがあります。

それぞれの費用がどのようなもので、車検費用の相場はどれくらいなのかを見ていきましょう。

法定費用について

法定費用というのは何かというと、車種ごとに法律で決められた費用で、自動車重量税と自賠責保険料と印紙代(検査・登録手数料)のことを指しています。

なお、車検は、法定点検もしくは定期点検と呼ばれるものとは異なるので注意してください。

法定整備以外の追加整備を行う場合は整備費用が必要ですし、検査・点検を行う場合は別途検査費用・点検費用が必要になります。

法定費用は、車の種類や車両重量、車検有効期間などによって異なりますが、どこで車検を受けても法定費用の額は同じです。

車検では法定費用の他に、業者によって料金に違いが出る車検基本料金があります。

基本整備代は業者の利益になる部分です。

自動車重量税

自動車重量税が一目でわかるように簡単な表にまとめましたので、参考にしてください。

なお、新車購入時などの重量税はこの表とは異なる料金となりますので注意してください。

重量自動車重量税エコカーの場合主な車種
500kg以下8,200円5,000円
500kg~1t以下16,400円10,000円スイフト/パッソ(コンパクトカー)
1t~1.5t以下24,600円15,000円カローラ/プリウス(小型セダンなど)
1.5t~2t以下32,800円20,000円ノア/ヴォクシー(ミニバンなど)
2t~2.5t以下41,000円25,000円ランクル/パジェロ(大型RV)
2.5t~3t49,200円30,000円

500kg以下の重量税も掲載していますが、日本で過去に発売されていた自動車を含めても、590kgが最も軽いため該当車両がありません。

また、普通車ではなく軽自動車の場合は、自家用乗用車の2年ごとの車検で一律6,600円です。

自賠責保険料

平成29年4月時点の、24ヶ月分の自賠責保険料は以下のとおりです。

  • 自家用乗用車(普通車)・・・25,830円
  • 自家用乗用車(軽自動車)・・・25,070円

なお、自賠責では対応しきれない賠償を補うために、自動車保険(任意保険)に加入することをおすすめします。

エコカー減税が関係してくる場合は、保険料金が異なります。

印紙・証紙

車検には、自動車検査票と重量税納付書に、貼付する印紙・証紙が必要です。

自動車検査登録印紙は国に、自動車審査証紙は自動車検査独立行政法人に、検査手数料を納めるためのものです。

  • 小型自動車・・・1,700円(印紙400円・証紙1,300円)
  • 小型自動車以外・・・1,800円(印紙400円・証紙1,400円)

軽自動車の場合は、検査手数料1,400円を窓口で支払います。

通常、法定費用は現金払いで求められることが一般的です。

整備費用について

法定費用に対して整備費用というのは、車検に通すために必要な整備やプラスアルファの整備をした場合にかかってくる費用です。

ブレーキパッドの減り具合など、車の状態によって整備料金には差が出てしまうため、正確な金額は実際に整備してみなければわかりません。

場合によっては高額な費用がかかりますが、整備が不十分な場合は車検に通らないため、車検に通すためにも整備業者に依頼して必要な整備を行う必要があります。

また、車検に通らなくはないけれどそろそろ整備しておいたほうがよい箇所については、車検を機に整備する場合もあるでしょう。

これらの整備費用については、車の状況によって部品代が異なりますし、整備士さんの個々の判断によっても異なりますので、何軒かまわって相見積をとることをおすすめします。

そして、整備費用については交渉次第で安くなる可能性もありますので、比較検討して交渉してみましょう。

関連記事をチェック!

車検代が払えない!滞納しそうな時に気をつけること

定期的に大金が必要な事と言えば、皆さんはどのような事を思い浮かべるでしょうか? 親戚がたくさんいる人であればお正月や、病気に悩んでいる方であれば毎月の薬代など人によって様々だと思いますが、所有する自...

車検代が払えない!滞納しそうな時に気をつけること

車検代は現金&カード払いのミックス

さて、車検はどういったところで受けられるのかというと、カーディーラーや車検専門店、ガソリンスタンドやカー用品店、町の車屋さんなどです。

また、車に詳しい人で、ご自身で整備もできてしまうような人であれば、ユーザー車検といって、自分で車検場に持ち込む方法もあります。

これが一番安上がりなのですが、普通の人には難しいので、ユーザー車検という選択肢はないと思っておいたほうがいいです。

それぞれ、車検代の支払い方法がどうなっているかというと、車検専門店やガソリンスタンド、カー用品店などは、法定費用は現金前払いで、整備費用はクレジットカード払いOKという場合が多くみられます。

町の車屋さんでも、同様に現金とクレジット払いのミックスで支払える場合もありますが、現金払いが一般的だと考えておいたほうがよいでしょう。

カード払いが嫌われる理由

上述したように、整備費用はクレジットカードで支払えることが多いですが、車検業者によってはカード払いを渋られることもあります。

その理由は、カード払いの場合、業者にお金が入るまでに少し時間がかかってしまうからです。

車検費用を現金で支払ってもらうことで、何とか資金繰りを行っている業者にとっては、このタイムラグが致命的になる可能性もあるのです。

もちろん、業者に都合があるようにこちらにも都合があるのですが、そういった事情を抱えている業者がいることも、頭の片隅には置いておくといいでしょう。

ディーラー車検なら全額カード払いOK

全額クレジットカードで支払いたいという方は、ディーラー車検がおすすめです。

ディーラー車検なら、法定費用も併せてカード払いできます。

日産とホンダの場合は、クレジットカードの指定はありませんが、トヨタの場合はトヨタファイナンスのTS CUBICカードのみ、法定費用を含む全額払いが可能です。

TS CUBICカード以外のカードを利用したい場合は、カード払い可能なのは整備費用のみとなります。

ただし、トヨタのTS CUBICカードを利用する場合、貯まったポイントも車検にも使えるというメリットがあります。

ディーラー車検は、とても丁寧にやってくれますので安心できますし、満足度も高めですが、見積もりを取ると費用は高めに出てきます。

車検をカード払いにするメリット・デメリット

それでは、車検代をクレジットカード払いにすることでどんなメリットがあるのか、逆にデメリットがあるとするとどんな点かを整理しておきましょう。

カード払いのメリット

  • 車検代の支払いを先延ばしにできる

たとえば、ちょうどボーナス前に車検が来てしまう場合などには、クレジットカード払いにすることで、実際に支払う日を先延ばしできるので助かります。

ボーナス払いや分割払いにもできますので、車検代が足りないときにもありがたいです。

  • クレジットカードのポイントが貯まる

車検代はそれなりに高額ですので、クレジットカード払いにすれば、ポイントがたくさん貯まります。

たとえば、12万円の車検代をクレジットカードで支払い、ポイント還元率が1%だったとすると、1200円分のポイントが付与されます。

カード払いのデメリット

  • 車検代そのものが高い場合が多い

クレジットカード払いというのは、加盟店側がカード会社に手数料を支払っています。

そのため、クレジットカード払いできるところでは、手数料分を加味し、もともと車検代が高く設定されていることが多いのが現状です。

  • 現金のほうが値引き率高めの場合が多い

車検の整備費用は、値引き交渉ができる部分でもあります。

クレジットカード払いのポイント還元率と比べると、現金払いで値引き交渉したほうが大幅に安くなるケースが多々あるということを、覚えておきましょう。

そのため、クレジットカード払いにこだわることで、値引きのチャンスを失うかもしれないというデメリットがあるので、注意してください。

車検のお金っていつ払うの?

実際に車検を通した人の話を聞いてみると、ディーラーや大手カー用品店での車検の場合には、車検終了後に支払い日を設けることが多くなっています。

現金はもちろん、クレジットカードで支払うことも可能な場合がほとんどです。

車検専門店やガソリンスタンド、個人経営の自動車整備工場などの場合、入庫時に法定費用だけ現金で前払いするケースが多いので、事前に準備しておく必要があります。

整備費用は車検終了後の支払いで大丈夫ですが、クレジットカードが使えるかどうかは依頼先によって異なりますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

車検の支払いは分割にできる?

車検費用の分割払いは、法定費用は現金で前払いしてそれ以外の費用を分割で払うのが基本ですが、業者によってあるいは業者との付き合いの程度によって、全額分割払いも可能です。

車検費用を分割払いにするには、次のような方法があります。

  • クレジットカードで決済して分割払いやリボ払いにする
  • ディーラーなどが窓口になっている信販ローンで払う
  • カードローンでキャッシングする
  • 銀行のカーローンを組む

法定費用は原則一括払い

車検費用のうち「法定費用」は、整備工場に支払うものではなく国に納めるものであり、原則として一括払いとなるので注意してください。

なぜ一括払いになるかというと、仮にクレジットカードを使って支払いをすると、手数料をディーラーや整備工場などの車検を請け負う業者が一旦立て替えて負担することになります。

手数料は、クレジットカードで支払う金額に対して一定の割合をかけて算出されるため、金額が大きいほど手数料も大きくなります。

法定費用は、国に納めるお金を車検を行う業者が代理で預かった後に納めるため利益とは、まったく関係がありません。

そのため、たとえば1件だけではなく複数件もの法定費用分の手数料を立て替えている期間は、資金繰りが厳しくなることも考えられますので、法定費用だけは一括での支払いを求められることが多いのです。

それ以外の費用は分割払いできる

車検基本料金や修理にかかった費用などは、車検を請け負う業者が行うサービスです。

したがって法定費用とは異なり、車検以外のサービスと同じように分割払いを利用できますので、仮に修理費用が高額となってしまった場合にも安心です。

たとえば、点検の結果、ブレーキパッドが磨り減っていて交換が必要な場合など、部品の値段によってはかかる費用も高額となります。

予定していたよりも高額となる可能性も十分にありますから、分割払いに対応していなければ車検に通せなくなってしまいます。

分割払いの方法①車検ローン

分割払いをする方法としては、車検費用を支払うための専用ローンを利用する方法があります。

車検ローンの詳細や審査基準について、説明していきます。

ディーラー、整備工場が窓口のローン

ディーラーや整備工場などの業者が窓口になっている、信販のローンを組むことで、車検費用を分割で支払えます。

ただし、ほとんどの場合で法定費用分を現金で払うことになるため、少なくとも法定費用分は支払えるように準備しておきましょう。

また、誰でも車検ローンを利用できるわけではなく、信用情報を確認するなどの審査があるので、貸金業者からの借り入れが多かったり返済延滞などのブラック情報があったりすると、審査に通らないことがあります。

これに関しては、後述するオートローンやカードローンでも、同じことが言えます。

なお、審査と聞くと何やら面倒だと考えてしまいますが、ローンの申し込みは業者がサポートしてくれるので、それほど煩雑な手間ではありません。

車検ローンの金利は年8%前後なので、クレジットカードで分割にするよりは金利負担が少なくてすみます。

分割を検討しているときは、クレジットカードよりも先に、車検ローンの利用を検討するといいでしょう。

ディーラーローンは審査が甘い?

車検ローンの審査基準

車検ローンの審査に通過するためには、安定した収入が必要となります。

借りたお金をしっかりと返済できるかどうかがカギとなるので、アルバイトよりも正社員や公務員のほうが審査に通過しやすいと言えるでしょう。

したがって、収入のない無職者では車検ローンを利用できませんので、まずは安定収入を確保することが先決です。

ただし、正社員だからと言っても、過去に債務整理を行ったことがあるなどの金融事故を起こした人が、審査に通過することは困難です。

金融事故を起こして異動情報が登録されている、いわゆる「ブラックリストに乗っている」という状態は、少なくとも5年間は続きます。

金融事故を起こしたばかりの人は、ローンの利用を考えずに、車検費用を地道に貯めておく必要があるでしょう。

車検ローンで分割払いが可能な整備工場

それでは、実際に分割払いができる業者を紹介していきます。

比較しやすいように一覧表にまとめたので、どこに車検を依頼するか決めるときの参考にしてください。

メーカー金利分割回数法定費用も可能か?
オートバックス11%
(19%)
12回
(24回)
できない
トヨタ非公表3回~36回できる
ホンダ非公表3回~24回できる
スズキ非公表最大24回できる
ダイハツ非公表最大24回できる
スバル不明不明不明

先ほど、法定費用は一括払いが原則と説明しました。

ただ、基本的にディーラーでは法定費用が分割できるようで、分割回数については24回の場合がほとんどで、金利については問い合わせが必要とホームページに記載されています。

また、ガソリンスタンドでの車検に関しては、法定費用の分割ができないことが多いようです。

クレジットカードでの支払いは可能なようですが、車検ローンに関しては店舗次第でしょう。

これは、フランチャイズ経営の店舗によって利用可能なクレジットが異なるからで、事前に問い合わせて分割可能かどうかを確認すべきです。

以下の口コミのように、しっかりと確認をしなければ不快な思いをしたり、トラブルにまで発展したりする可能性もありますので気を付けましょう。

分割払いの方法②マイカーローン

マイカーローンと聞くと、自動車を購入するためだけに使える金融商品と思ってしまいます。

しかし、金融機関によっては車検費用を借りられる自動車ローンもあるのです。

自動車ローンの金利は低く設定されているので、クレジットカードで分割するよりもお得に利用できます。

実際に車検にも利用できる自動車ローンをいくつか紹介しますので、車検費用を分割したいときの参考にしてください。

車検費用の見積書が必要

自動車ローンは目的ローンと言って、使い道が限定されています。

また、基本的に必要な金額分を借りることになるため、どれくらいの金額が必要になるかを証明するために、見積書が必要です。

したがって、自動車ローンを使う場合は、車検工場を予約してすぐに車検とはいきません。

車検を依頼する前に見積もりをしてもらい、自動車ローンの審査に通過するという手順を踏むことになるため、通常よりも時間がかかってしまいます。

期限ギリギリになってから審査に申し込むことは避けるべきでしょう。

車検に使えるマイカーローン

それでは、実際に車検にも使えるマイカーローンを販売している銀行を、いくつか紹介します。

全国から申し込める金融機関もあるので、ローン選びの参考にしてください。

銀行名金利返済回数法定費用も可能か?
イオン銀行3.800%~8.800%12回~96回できる
住信SBIネット銀行変動金利1.775%~3.975%12回~120回できる
三井住友銀行変動金利4.475%12回~120回できる
東邦銀行変動金利1.800%
固定金利2.800%
6回~120回できる
トマト銀行変動金利1.750%~4.500%6回~120回できる

基本的に銀行で車検費用を借りる場合には、法定費用も含めて融資できるようです。

上表を見れば分かる通り銀行によって金利が違うので、慎重に選ぶことをおすすめします。

また、返済回数を多くはできますが、2年後に車検が来ることを考えれば24回以内で返済すべきでしょう。

分割払いの方法③クレジットカード

もっとも手間のかからない分割払いの方法は、すでに持っているクレジットカードを利用して、分割払いやリボ払いで決済することです。

クレジットカードの分割払いやリボ払いの金利は年13~15%と高いのですが、車検の費用は10万円からせいぜい15万円までなので、金利負担もそれほど大きくはありません。

また、返済回数を少なくすることでも金利を減らすことができます。

ただし、ショッピング枠もキャッシング枠も残っていない場合はクレジットカードを使えませんので、十分な枠を確保するために数ヵ月前から多めに返済するなども必要でしょう。

関連記事をチェック!

車検費用のお金が足りない!クレジットカード払いや分割できるってホント?

車に乗っていたら避けて通れないのが、車検です。 車検切れの車に乗ることは、違法行為であるだけでなく、車の異常に気づかずに運転している危険性もあります。 しかし、車検を通すとなると、まとまったお金が...

車検費用のお金が足りない!クレジットカード払いや分割できるってホント?

あとから分割やリボ払いに変更も可能

クレジットカードを利用する場合は、分割払いでなく一括で支払うこともあると思います。

もちろん一括で支払ったほうが、分割手数料を負担しなくていい分だけ、総支払額が少なくなるので、家計に余裕のあるときは一括で支払うべきでしょう。

ただ、当初は一括で決済したものの、その後急な出費などが生じて、一括での引き落としが厳しくなることもあると思います。

一括の引き落としが厳しい場合は、カードによっては後から分割払いやリボ払いに変更することも可能です。

カードによって、あとから分割やあとからリボの申し込み期限が決められているので、支払い方法を変更したい場合は必ずその期限までに手続きを済ませましょう。

分割払いの方法④カードローン

車検費用を分割払いにするには、カードローンでキャッシングするのも1つの方法です。

銀行のカードローンの上限金利は年14.5%程度なので、クレジットカードで分割払いするのと同程度です。

ただし、銀行カードローンは即日融資に対応していないので、時間には余裕を持っておく必要があります。

一方で、消費者金融の上限金利は年18%程度と高めですが、即日融資も可能ですので、すぐに車検費用を払わなければならないときは、消費者金融のカードローンが心強い味方になってくれるでしょう。

また、大手消費者金融には無利息期間があるので、来月にはボーナスで払えるなどすぐに返済できるときに利用するのも、おすすめです。

なお、銀行のカードローンは消費者金融よりも審査が厳しめです。

クレジットカードで車検費用を支払うことが難しいほど、キャッシング枠の極度額ギリギリまで利用しているような経済状態では、返済能力を心配されて審査に通過できないかもしれません。

中小消費者ローンに少額融資を申し込む

消費者金融は総量規制の対象となるため、すでに年収の1/3近くまで借りているときは、審査に通過できるかが微妙になります。

そのようなときは、中小消費者金融に10万円程度の少額融資を申し込みましょう。

また、借り入れ件数が多い場合も審査に通過しにくくなるため、大手消費者金融に2~3件借りているときも、中小の消費者金融への申し込みがおすすめです。

中小消費者金融は、大手や銀行で審査落ちになった人も融資対象としています。

ただ、どこでもいいからと言って手当たり次第に申し込んでいると、申し込みブラックと呼ばれる状態になってしまいますから、審査に通過できる可能性が高いところを狙って申し込むようにしましょう。

優良な消費者金融「中小消費者金融」は大手にはない魅力満載!

車検の費用を安く済ませるコツ!

車検は高額なので、本当に必要な整備だけに絞りたいと思うのは当然のことです。

少しでも車検を安く済ませるためのコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

複数見積りを依頼してみる

車検の費用を安く済ませるためには、少し手間はかかりますが、ディーラーや大手カー用品店、車検専門店にガソリンスタンドなど、タイプの違うところ複数に相見積を取るのがよいでしょう。

車検を行う業者ごとに整備費用に違いがあるため、車検費用に幅が出ます。

また、複数見積もりを依頼すると、これだけはやったほうが良いという整備の項目が、依頼先によって違ったりします。

当然、整備項目が多いほど車検費用は高額となります。

どこに依頼しても、ここは整備したほうが良いといわれる箇所は、迷わず整備してもらうようにして、それ以外の箇所は、それぞれ比較しながら判断すればよいでしょう。

車検に影響する項目以外の整備が含まれている場合もあります。

しかし、車検以外にこまめに点検に出さないという人などは、エンジンオイル等もこの機会に変えておいたほうが無難だと考えられ、一概に車検に影響する項目のみに絞るべきだとも言えません。

その他に、認証工場か指定工場かによっても車検費用が変わる可能性があります。

一般的に認証工場のほうが時間がかかることから、費用が安くすむ可能性が高いです。

車検に時間がかかってもよいとう場合には、認証工場を利用するとよいでしょう。

自動車ディーラー

基本的に、自動車ディーラーでの見積もりが一番に手厚い整備内容で出てくると思いますので、いちばん高額になるケースが多いのではないでしょうか。

また、ディーラーは指定工場になっているケースが多いため、車検が完了するまでにかかる時間は短く済みます。

車検費用は高額になりますが、しっかりと整備してもらえるという安心感が得られるでしょう。

愛車に長く乗りたいと思う人には、ディーラー車検がおすすめです。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでの見積もりの場合、金額以外にもさまざまな特典が付いて来る場合がありますので、金額だけでなく、特典にも注目してみましょう。

たとえば、あるガソリンスタンドでは、車検の申し込みから1ヶ月間ガソリン1Lあたり10円値引き、その後向こう1年間5円引き、さらに各種工賃1000円引きのチケットがもらえるという特典が付いていました。

こういった車検後もお得な特典は見逃せませんね。

自動車整備工場

自動車整備工場の場合は、指定工場と認証工場のどちらになっているかによっても、費用が変わってくるでしょう。

車検費用がディーラーに比べて安く設定されているケースが多く、部品の交換が必要な場合には中古パーツを使うなどして、費用を抑えてくれることもあります。

また、会員登録することで割引を受けられるなどのサービスを提供しているケースもあるので、うまく利用すれば車検費用をかなり安く済ませることもできるでしょう。

ただし、工場によって設備に差があるため、最新のコンピューターによって制御している車の整備には不馴れなどの可能性もありますので、注意が必要です。

不要な整備項目を除く

整備項目が増えるほど車検費用は高額となるため、最低限の点検整備だけにすることによって、費用を抑えられます。

どの項目を削れるのかは自分では判断しにくいので、整備士と相談した上で決めるようにしましょう。

なお、点検した結果、部品交換をしなければならないケースがあります。

ディーラーに車検を申し込んだ場合には、純正の部品に交換することになるでしょう。

しかし、市販品や中古品に交換することで費用を抑えられます。

点検作業に入る前に、部品交換の費用を安く済ませたいと伝えておきましょう。

ユーザー車検って何?

もうひとつ、車検を安く済ませるコツとして、ユーザー車検という手もあります。

これは、ある程度スキルが必要になるので、手間どころかグッとハードルが上がります。

しかし、この方法がいちばん安く済むでしょう。

ユーザー車検というのは、自分で陸運支局に予約を入れ、車の整備や書類の準備などを、すべて自分でやってしまうという方法です。

そのため、おそらく数万円単位で安くなると思います。

陸運支局で直接手続きしますので、もちろん支払いは現金一括払いです。

できる人にとってはこの方法がいちばん安く済むのでよいかと思いますが、普通の人にはちょっと難しい方法と言えるでしょう。

知人に整備士がいる場合などでは、アドバイスを受けながらユーザー車検に挑むとよいでしょう。

関連記事をチェック!

まじで金がない! どうやってこの窮地を乗り越えるか

マジで金がないという状況に陥ることは、長い人生の中で少なくとも1,2回はあると思います。 突然の出費に襲われたからとか、仕事ができずに収入がなくなってしまったからとか、理由は人それぞれだと思いますが...

車検切れのまま公道を走ったとしたら?

ところで、車検代が支払えなくて車検に出せず、もし車検切れのまま車に乗って公道を走ったとしたら、どうなると思いますか?

罰金もしくは懲役刑

車検切れの車に乗るのは違法行為ですので、道路運送車両法により「6カ月以下の懲役」または「30万円以下の罰金」ということになり、もちろん一発免停です。

車検は安全に走行できるかを確認するための作業ですから、車検切れの車はいつ故障するかわからない状態です。

整備不良が原因による事故が起こる可能性が高い状態ですので、シートベルト違反などに比べると、厳しい罰を受けることになります。

つまり、車検に出すことはできないけれど車には乗りたい…という主張は、一切通りません。

せっかくの保険がきかない

車検切れの車を運転して事故を起こした場合には、保険会社に対して毎月の保険料をしっかりと支払っていたとしても、保険が適用されません。

すでに説明してある通り、車検切れの車は安全に走行できるかわからない状態ですから、運転者に過失があることになります。

また、任意保険は、自賠責保険で補うことができない部分をカバーするためのものですから、任意保険が使えたとしても自分で支払わなければならない可能性が、十分にあるのです。

車検が切れている車を運転することは、絶対に避けるようにしてください。

車検代が払えない場合の対処法は?

車検費用が払えないときは、どのような対処法があるのでしょうか。

普段の生活でどれだけ車に依存しているかによって、最善の方法は異なります。

いくつかの手段を紹介しますので、自分に合った方法を実践してみてください。

お金が貯まるまで我慢する

車を使うのは週末だけなど、普段はあまり車を必要としていない場合には、車検費用を貯めるとよいでしょう。

仮に車検費用が10万円程度とすると、貯蓄がほとんどない状態でも毎月3万円ずつ貯めれば、3か月程度で車検に出せます。

車に乗っていない間のガソリン代や、任意保険に払っていた費用などを貯蓄に回すことで、確実に貯蓄を増やせるでしょう。

また、日雇いのバイトなどで稼ぐこともおすすです。

なお、車検費用を貯められたら、次の車検に向けて貯蓄する生活を維持するようにしてください。

マイカーローンで対応する

マイカーローンは自動車の購入資金だけでなく、車検費用やパーツの購入費用にも利用できます。

仕事で車を使わなければならないなどの場合は、お金が貯まるのを待つ余裕はありませんから、カーローンの利用を検討しなければならないでしょう。

お金を貯める場合と違って、利息が発生するため支払い額は大きくなってしまいます。

少しでも貯蓄がある場合には、足りない部分だけを借り入れるようにしてください。

車検代もカードローンが便利!

車検なのにお金が足りないなというときには、カードローンが便利なのをご存知ですか?

法定費用も含めて、車検代全額にクレジットカードや車検ローンが使える場合もあれば、法定費用は現金一括という場合もあります。

それに、車検ローンは人によっては審査に通りにくいことがあります。

カードローンでの借り入れであれば、車検代全額を分割で支払うことができて便利です。

カードローンというのは、銀行や消費者金融が用意している無担保融資のことです。

借り入れ目的を問わず、カードの限度額いっぱいまで、必要なときに必要な分だけ借り入れられますので、もちろん車検代を借りたい場合にも有効です。

上限金利を比較してみると、金利が低めなのは、銀行系カードローンです。

上限金利が18%のところが多い中、銀行系カードローンですと14.5%といった具合です。

また、消費者金融系カードローンですと、一定期間無利息サービスが付いていることがありますので、短期間で返済予定なら、無利息サービスのあるカードローンを選ぶのも良いでしょう。

無利息期間内にできるだけ多くの返済を行えば、銀行カードローンよりも利息を減らすこともできます。

無利息期間内にボーナスが支給されるなどでは、利息0円での借り入れも可能になるでしょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンなら、はじめてのカードローンでも安心の低金利で、年利2.0~14.0%で借り入れできます。

ATM手数料無料なのも、ポイントが高いです。

コンビニATMも、月4回まで無料で利用できます。

最大ご利用限度額は800万円で、お手持ちのみずほ銀行のキャッシュカードからすぐに借り入れができます。

お申し込みは、インターネット経由で24時間いつでも行えます。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイックなら、三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できます。

三菱UFJ銀行のATMをはじめ、全国の提携コンビニATMで手数料無料で、借り入れも返済もできます。

年利1.8%~14.6%と、低い金利も魅力的です。

利用限度額は最大500万円までで、借り入れは1000円からOKなので、借りすぎの心配も少ないですね。

申し込みは、インターネットから24時間いつでも行えます。

プロミス

三井住友銀行グループの消費者金融プロミスでは、新規契約でなおかつメールアドレスの登録とWEB明細を利用している場合に限り、最初の利用日翌日から、30日間無利息サービスを利用できます。

通常金利は、年利4.5~17.8%で、限度額は1万円~500万円までです。

審査は最短で30分と、とてもスピーディなのもポイントです。

店舗でも電話でも申し込みできますが、インターネットなら24時間いつでもOKです。

プロミスの借入方法・返済方法

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融アコムでは、新規契約の場合に、契約日の翌日から30日間無利息サービスを行っています。

通常金利は、年利3.0~18.0%で、審査は最短で30分とスピーディな上、即日振り込みも可能です。

インターネットからでも電話からでも、24時間いつでも申し込めます。

アコムカードローン

車検先を変える

これまでに使っていた工場から、車検先を変えることも検討しましょう。

特に知り合いの整備工場があれば、車検費用を一時的に立て替えてくれる可能性もあります。

また、無利子での分割に応じてもらえるなど、様々なメリットが考えられるでしょう。

誰にでも利用できる方法とは言えませんが、頼れる知人がいるときはお願いしてみてください。

車を手放す

車を手放してしまえば、車検費用を支払う必要はありません。

カーシェアリングの利用や、公共の交通機関を移動手段として用いることで、多少は不便であっても生活は送れるでしょう。

また、一旦は車を手放したとして、カーリースの契約もできます。

カーリースの場合は、月々の支払い額の中に車検費用や任意保険料も含まれているので、車検費用を貯めておく必要はありません。

ただし、車を手放す場合には、ローン残高に注意しなければなりません。

査定額がローン残高を下回った場合には、差額を一括で支払うことになります。

車検費用の見積りと買取り査定の両方を見比べながら、検討することになるでしょう。

まとめ

今回は、車検代をクレジットカード払いにできるのかというところに迫ってみました。

車検代はクレジットカード払いにできるということがわかりましたが、カード払いにはメリットもあればデメリットもあります。

クレジットカード以外にも、マイカーローンやカードローンなども利用できるので、金利などを比較した上で検討してみてください。

なお、車検費用を抑えるためにはいくつか相見積をとってみて、ご自身にとって最もお得なところに車検を依頼するとよいでしょう。

クレジットカードも使えて、なおかつ値引きや特典が多いところを選べたら最高ですね。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

pro-1 pro-1 pro-1

関連する記事

カードローン申込体験談

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能