JCBカードローン「FAITH」

皆さんこんにちは、馬三郎です。

今回はJCBカードローン「FAITH」について説明したいと思います。

▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲

JCBカードローン「FAITH」について

1

※JCB公式WEBサイトより引用

JCBは、1961年に設立された日本を代表するクレジットカード会社です。

クレジットブランドとしての世界シェアは上位5位に入っており、国際的な信用度も高いカード会社と言えます。

JCBでは、クレジットカードだけでなくカードローン専用のカードも提供しています。

カードローンを利用したことがない方も、世界的なクレジットブランドのカードローンなら、安心して申込むことができるのではないでしょうか。

金利(実質年率)  4.4%~12.5%
対象者 満20歳以上58歳以下の安定した収入がある方
使用目的 自由(事業性資金は除く)
最高限度額 50万円~500万円
返済日 毎月10日
遅延損害金(実質年率) 20.0%
収入証明書原則不要額 全ての申込者は提出必要

利用するための条件

JCBカードロ-ンを利用するためには、年齢と安定した収入以外の特別な条件は求められません。

オススメしたい人

JCBカードローン「FAITH」は以下のような方にオススメです。

  • 低金利で利用したい人

JCBカードローン「FAITH」は、最高金利でも12.5%と非常に低い水準になっていますので、低金利にこだわる方にも適しています。

属性別に見る

正社員 専業主婦 パート、アルバイト、派遣社員
× ×
フリーター 自営業、個人事業主 学生
× × ×

特徴別に見る

年収の1/3以上借りられるか 借入をおまとめできるか 年齢条件
不可 可能 満20歳以上58歳以下
最短振込 審査時間 収入証明書原則不要額
 最短10日 最短10日 申込者は皆必要
無利息期間 担保・保証人 金利
なし 不要 4.4%~12.5%

審査の通りやすさをチェック

1

JCBカードローン「FAITH」は審査に通りやすいカードローンなのでしょうか。

JCBカードローン「FAITH」を、スペックから審査の通りやすさを判断してみます。

チェックポイント 通りやすさ
保証会社は特になし 3
学生・年金受給者・専業主婦は申し込み不可 2
対象年齢は満20歳以上~満58歳以下 2
収入証明は限度額に関わらず必要 2
生活地域や口座保有の制限なし 2
金利の上限は12.5% 3

どうしてこの6項目から審査の通りやすさが判断できるのか知りたい方は、こちらのページで詳しく説明しています

審査の通りやすさを考えるうえで、上記の6つの項目を見てください。

特に保証会社と対象属性が最も重要になります。

  • JCBカードローン「FAITH」は保証会社がない

JCBカードローン「FAITH」には保証会社がなく、審査はJCBだけで行われます。

JCBはクレジットカード会社ですので、審査は厳しくなります。

  • 学生・専業主婦・年金受給者は申し込み不可

JCBカードローン「FAITH」は、専業主婦や学生、年金収入で生計を立てている方は申し込むことができません。

属性に関して厳しいと言えますので、審査の通りやすさも厳しくなると言えます。

  • 年齢上限は低い

JCBカードローン「FAITH」の年齢上限は満58歳までとなっています。

カードローンとしては、対象年齢は低いと言うことができます。

  • 最高限度額に関わらず収入証明が必要

JCBカードローン「FAITH」は希望する限度額に関わらず、収入証明書の提出が必要となります。

  • 生活地域や口座保有の制限なし

JCBカードローン「FAITH」は、生活している地域や特定の口座を持っているかどうかに関わらず申込むことができます。

制限がない分、審査は厳しくなると見ることができます。

  • 上限金利12.5%は、カードローンとして低い方

JCBカードローン「FAITH」の上限金利12.5%は、カードローンとして低い方と言えます。

そのため、金利による通りやすさは厳しくなると見ることができます。

総合的にみると、JCBカードローン「FAITH」は、カードローンの中でも非常に通りにくい部類に入ると言えるでしょう。

▲当サイトで1番人気はやっぱり▲

職場や家族にばれないか

これだ400

郵送物と通帳、カード、勤務先への電話に注意

JCBカードローン「FAITH」でも、職場や家族にばれずに借りることは可能です。

ネットで利用残高を確認するように設定できますので、利用明細書を自宅郵送されたくない人は、ネット明細を選択することができます。

ですが、次のタイミングでカードローンを利用していることがばれる可能性があります。

  • 在籍確認が電話で行われる

JCBカードローン「FAITH」では、職場への電話によって在籍確認が行われます。

書類提出等で代替できませんので、ほとんどの方の職場に電話がかかってきます。

  • カードを郵送でしか受け取れない

ローンカードの受け取りは、郵送のみとなっています。

郵送物を家族が開けると、カードローンに申し込んだことがばれてしまいます。

  • 通帳にローン返済履歴が残ることもある

引き落としによって返済を行いますので、通帳の摘要欄にカードローン返済をした履歴が残ってしまいます。

  • ローンカードに「CARD LOAN」と書かれている

ローンカードの中央部に大きく「CARD LOAN」と記載されています。

誰が見てもすぐにローン用のカードだと気が付くでしょう。

▲身分証のみで最大300万円まで借入可▲

即日現金が手元に入るか

即日400

JCBカードローン「FAITH」は、最短即日に審査結果をもらうことができますが、振り込みによる融資を受ける場合でも、ローンカードの番号が必要となりますので、ローンカードを郵便で受け取ってからの利用となります。

そのため、申し込みを行ってから最短でも1週間はかかってしまいます。

どうしても即日に融資が必要な方は、即日融資が可能な銀行や消費者金融のカードローンを申し込むようにしましょう。

▲当サイトで1番人気はやっぱり▲

最短借入日数と方法

JCBカードローン「FAITH」を最短で利用するために必要なものや方法、条件を表にまとめました。

最短借入日数 10日
最短借入の申込期限 特になし
最短借入に必要な銀行口座 特定の口座必要なし
収入証明不要額  利用限度額に関わらず必要
自動契約機の有無 なし
現金の入手方法 申込者名義の口座に振り込んでもらう

ローンカードで引き落とし

出金の対応場所 振込先の口座が利用できるATM

ローンカードを利用する場合は提携金融機関やコンビニのATM

在籍確認 勤務先への電話
土日申込の最短借入日数 10日間

どこなら早く借りられるか

JCBカードローン「FAITH」と周辺の銀行や消費者金融、メガバンクで融資のスピードと方法を比較しましたので、融資を急ぎの方はこの表を参考にしてください。

金融機関 最短借入日数
JCBカードローン「FAITH」 10日
アイフル 即日
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム 即日
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 即日
レイク ALSA 即日
レディースアイフル 即日

※振込依頼は申込期限より遅くても対応しています。

他社と比べて金利はお得か

JCBカードローン「FAITH」の金利は、他社と比べてどうなっているのか比べてみました。

JCBカードローン「FAITH」の金利は、利用限度額によって6段階に設定されています。

最高でも12.5%の低金利が適用されますので、少額融資を考えている場合には、一般的なカードローンよりお得に利用できると言えます。

▲期間内に返せば金利0円。最短即日▲

利用限度額ごとの金利

JCBカードローン「FAITH」の金利が各限度額毎にいくつに設定されているのかは下の表をご覧ください。

最高限度額 金利(実質年率)
50万円~149万円 12.5%
150万円~249万円  10.5%
250万円~349万円  8.0%
350万円~399万円  6.9%
400万円~499万円 6.2%
500万円 4.4%

他社と金利の比較

各機関の金利や手数料を表にまとめたので参考にしてください。

業者名 金利(実質年率) 無利息期間
JCBカードローン「FAITH」  4.4%~12.5% なし
アイフル 3.0%~18.0% 30日間無利息
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム 3.0%~18.0% 30日間無利息
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス 4.5%~17.8% 30日間無利息※
レイク ALSA 4.5%~18.0% 30日間無利息or5万円までなら180日間無利息
レディースアイフル 3.0%~18.0% 30日間無利息

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

業者名 借入できない属性
JCBカードローン「FAITH」 無職、自営業、派遣社員、パート・アルバイト、専業主婦、学生
アイフル *無職、専業主婦
三菱UFJフィナンシャルグループ アコム *無職、専業主婦
SMBCコンシューマーファイナンスプロミス *無職、専業主婦
レイク ALSA 無職、専業主婦* 1
レディースアイフル 無職、専業主婦

※属性は、正社員、自営業、派遣社員、パート・アルバイト、専業主婦、学生(満20歳以上)、無職に分類しています。

借入、返済のしやすさ

借りやすさや返済のしやすさについて調べてみました。

①借入のしやすさ

借入可能な場所 提携金融機関・コンビニATM
借入時間  24時間対応のATMあり
口座振り込み融資 可能
当日振込可能時間  平日14:30まで

②返済方法、返済額、返済日

返済方法 口座から引き落とし

随時、ATM入金による返済も可能

返済日選択 毎月10日
毎月の返済額(残高スライド元金払い) 借入残高 最低返済額
50万円以下 1万5千円
50万1千円~100万円 2万円
100万1千円~150万円 2万5千円
 150万1千円~200万円 3万円
200万1千円~250万円 4万円
250万1千円~300万円 5万円
300万1千円~350万円 6万円
350万1千円~400万円 7万円
400万1千円~450万円 7万5千円
450万1千円~500万円 8万5千円
毎月の返済額(元金定額払い) 借入限度額 最低返済額
18万円以下 5千円
19万円~60万円 1万円
61万円~120万円 2万円
 121万円~180万円 3万円
181万円~240万円 4万円
241万円~300万円 5万円
301万円~360万円 5万5千円
361万円~420万円 6万円
421万円~500万円 7万円

口座引き落としによって毎月自動的に引落とされますので、返済のし忘れがありません。

オペレーターの質、対応レベル

カードローンを利用中、もしくは利用しようか考えているとき、オペレーターに電話で問い合わせをすることもあります。

今回、JCBに電話をして色々質問しましたので、そのとき対応してくれたオペレーターの感想を書きたいと思います。

電話400

オペレーターに電話してみて

30代と思われる女性オペレーターに担当してもらいました。

  • 待たされずに詳しく答えられるか

利用明細書が郵送されるかどうか、収入証明書は必要なのかどうかといった基本的な質問においても、すべて「少々お待ち下さい」と言って、1つの質問当たり5分程度待たされました。

「保証会社はどこですか」と尋ねた際も、5分ほど待たされてから、「約款を見たのですが、保証会社についての言及がありませんでした。」と答え、あまり応答に慣れていない様子が手に取るように分かりました。

  • 対応が親切、丁寧か

質問が多くなりましたが、面倒そうな素振りは一切見せず、根気よく対応してくれました。

言葉づかいも丁寧で好感は持てましたが、あまりにも時間がかかる対応はちょっと問題あるのではないかと思われます。

  • 断っても申込を勧めてくるか

申し込みについては一切話されませんでした。

女性専用ダイアルがあるか

JCBでは女性専用ダイアルは用意されていません。

JCBカードローン「FAITH」まとめ

今回はJCBカードローン「FAITH」について解説しました。

ネットで申込むと最短10日後に利用できると記載されていますが、コールセンターで確認したところ、実際のところは審査結果が出るのも融資が利用できるのも1ヶ月ほど経ってからということです。

急ぎの融資が必要な人には適していませんが、最高金利でも低水準となっていますので、金利にこだわる方やJCBというブランドにこだわる方には良い選択となるでしょう。

もしものときに備えて、前もって契約しておくことがオススメです。

▲低金利で借り換え、おまとめもできます▲

JCBカードローン「FAITH」一覧表

最後にJCBカードローン「FAITH」のスペックが一目でわかるように表にまとめました。

スペック表400

対象者 満20歳以上58歳以下の安定した収入のある方
借入可能な属性  正社員
年収の3分の1以上の借入 不可
おまとめ 可能
申込に必要な口座 特定の口座必要なし
使用目的 自由(事業性資金は除く)
金利(実質年率)  4.4%~12.5%
無利息期間 なし
借入までの最短日数  10日
審査時間 最短10日
在籍確認の方法 勤務先への電話
借入可能時間  24時間借入可能なATMあり
収入証明書原則不要額 最高限度額に関わらず収入証明書の提出が必要
土日申込 可能
利用限度額  500万円
借入方法 ローンカードで提携金融機関・コンビニATMから借入

もしくは、申込者名義の口座に振り込んでもらう

返済方法 口座から引き落とし

随時、ATM入金による返済も可能

返済日 毎月10日
必要書類 本人確認書類、収入証明書類
保証人  不要
保証会社  なし

 

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

カードローン探してみる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

関連する記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃】口座売買で逮捕~獄中からの反省記~

    これから報告させて頂く事は、わずか1ケ月前(2017年4月1日時点)に大阪の西に位置する西成という所で起きた、実話がもとに文字起ししたものです。 当事者が警察に自首し逮捕される瞬間までの事実を記事として掲載することで、他・・・

  2. カードローンの同時申し込みはNG?複数申込したら審査通ったけどww

    どうも馬太郎です。どうしても借りたい!となった際、複数社へ申し込みを同時に行う、という考えが頭をよぎります。 しかしこの方法は、ネット上でいう「複数同時申し込み」という手法で、信用情報上良くないというのが定説です。 今回・・・

  3. 【大至急】明日までにお金が必要

    理由は様々ですが、お金が突然必要になることがあります。 数カ月後ならどうにかなるような金額でも、もし明日までに必要となったら、普段からお金を貯めていない人は焦ってしまいますね。 明日までにお金を用意する方法はたくさんあり・・・

  4. 【え、驚愕】プロミスの瞬フリが10秒で振込されるか試した結果ww

    どうも馬太郎です。私は以前プロミスを契約、借入しており、プロミスのローンカードを所有しております。 またジャパンネット銀行の口座も、一定金額以上の入出金の場合、手数料が無料になるということで2か月ほど前に契約しておりまし・・・

  5. 消費者金融会社一覧

    日本中の消費者金融会社をまとめて一覧にしました。(廃業した会社も含む) 審査通過率も紹介しています。記事の後半では、各業者の特徴や、借り方のコツも徹底解説。これから審査を受ける人は、必見です。 審査通過率とは カードロー・・・

  6. 2社目,3社目からOK!他社借入ありでも借りれるカードローン

    借入件数と審査担当者の評価 借入件数 担当者の評価 1件 全く問題ない 2件 返済状況が良ければ問題ない 3件 要注意 4件 属性が良くない人は審査通過困難 5件以上 新規の借入はほぼ不可能 属性によって多少違いますが、・・・

  7. どうしても100万円借りたい!借りる方法

    早速100万円を借りる方法を紹介します。 以下の目次から興味のある借入方法を選択すれば、そこまでジャンプすることが可能です。 100万円ならカードローンが現実的 100万円という高額を借入するとなると、選択肢はそんなに多・・・

条件で探す
閉じる

カードローン検索

最高借入限度額
最短審査時間
最短融資速度
特徴で選ぶ
※複数選択可能
金融機関で選ぶ
※複数選択可能
職業で選ぶ
利用可能なコンビニATM
※複数選択可能

一度は読んどけ!情報コラム






カードローン申込体験談

よく読まれてます

  1. 意外と高く売れるもの43選【完全保存版】

    お金がないとき、もっとも手っ取り早く稼げるのは「不用品を売る」という方法です。 仕事をしてもその日のうちにお金がもらえるとは限りませんし、お金を借りるといつかは返済しなくてはなりませんよね? ですが、不用品を売るなら、場・・・

  2. 短期間でお金を稼ぐ38の方法

    世の中には、お金を稼ぐためのさまざまな手段が存在します。 特に、スマートフォンが普及したことで多種多様な副業が誕生しました。 そこで、今回は短期間で稼ぐ方法を紹介していきます。 目的別|お金を稼ぐ方法 ここでは、全部で3・・・

  3. 【即金高収入】裏バイト、闇仕事のすべて

    「闇バイト」って知っていますか? グレーゾーン(違法のものもあります)の高額報酬のアルバイトのことです。 一般的な求人サイトにはあまり掲載されていませんが、裏ではそんな闇仕事が存在しているのです。 このページは、「訳あっ・・・

  4. 【え、驚愕..】審査が通りやすいカードローンは存在した..

    カードローンに申込むとき、審査に通るかどうか心配になりますよね。確実に審査に通るカードローンはありませんが、審査が通りやすいカードローンは存在します。 今回は審査が通りやすいカードローンと、その特徴や見分け方を解説します・・・

  5. 今すぐ即日即金作る方法10選【携帯キャッシュバック復活?】

    急な出費で今すぐお金が必要になった。給料日まで待てない 今回は即金が必要になったときの対処法をグレーなものから、ホワイトなものまでご紹介します。 最近、すっかり見かけなくなった携帯・スマホのキャッシュバックに関する情報も・・・

  6. 他社借入があっても審査に通る?実際に試した結果….

    他社からの借入が審査に与える影響を説明します。 総量規制は絶対 消費者金融では総量規制(年収の3分の1)を超えたら絶対に借りる事は出来ません。 他社借入金額に基づいて新規契約の審査を行いますので、他社借入金額は少ない方が・・・