ジャックスリボ払いの勧誘電話には慎重な対応を!

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

今では多くの方が利用しているクレジットカードのリボ払いですが、ジャックスリボ払い変更を定期的に勧誘電話を行っています。

しかし、この勧誘電話で安易にリボ払いに変更するととんでもない目にあう可能性があるので注意が必要です。

そこで今回は何でジャックスの勧誘電話が危険なのか、その理由について説明します。

ジャックスのリボ払い条件

リボ払いは毎月の返済負担という面においてメリットが高いため利用者も多くいますが、利用時の注意点としてよく理解しておいて欲しいのは手数料の高さです。

これを知らずにリボ払いを選ぶと高い金利によって返済総額が多くなるため、支払い期間が長くなり、支払う利息は高額になってしまいます。

ちなみにジャックスの手数料は実質年率15.0%と銀行カードローン並みの高金利です。

同じ分割支払いでも目的別ローンならば5%を切るくらい、フリーローンでも高くて10%ですからリボ払いの手数料がいかに高いかがお分かりいただけるでしょう。

またジャックスのリボ払いは毎月の返済額と手数料に支払い方式が2つずつ用意されています。

この支払い方式もどちらを選ぶかで返済期間が違ってくるため、支払う利息に影響が出てくるので要注意です。

関連記事をチェック!

678view

リボ払いの支払いはいつ終わる?

執筆者の情報 名前:馬沢結愛(30歳) 職歴:平成18年4月より信用金庫勤務 リボ払い手数料の計算方法 リボ払いを利用したものの、その支払をいつまですればいいのか、総額でど...

ジャックスの返済額と手数料の支払い方式

キャックスのリボ払いの支払い方式には下記の2つがあり、どちらを選ぶかで支払い期間が違ってきます。

  • 残高スライド方式
  • 固定方式

また手数料も下記いずれの支払い方式を選ぶかによって支払い期間が違ってきます。

  • 元金定額リボルビング払い
  • 元利定額リボルビング払い

支払い期間が伸びるということはそれだけ多くの利息を支払うことを意味します。

しかも、実質年率15.0%ものカードローン並みの高金利が課せられる条件のもとです。

となればジャックスのリボ払いを利用する際には、これら支払い方式の違いについてよく理解して、慎重に支払い方式を選ぶ必要が出てきます。

それではこれら支払い方式について詳細を見ていくことにしましょう。

ジャックスの支払い方式

残高スライド方式は利用残高に応じて月々の支払額が決まってくる支払い方式で、希望する支払額が6段階に設定されています。

その料金表は下記のとおりです。

締切時の利用残高1円~300,000円300,001円~500,000円500,001円~1,000,000円1,000,001円~1,500,000円
Aコース5,000円10,000円20,000円30,000円
Bコース10,000円20,000円30,000円
Cコース20,000円30,000円40,000円
Dコース30,000円40,000円50,000円
Eコース40,000円50,000円60,000円
Fコース50,000円60,000円70,000円

※ジャックス公式サイトより参照

月々の支払い負担を軽くしたいのならAコース、早く支払を終わらせたいならFコースといったように懐事情にあった返済スピードに応じたコースを選択できます。

これに対して固定方式は利用残高に関係なく毎月の返済額を固定する方式で、返済額を5,000円に設定すればいくらの利用残高でも返済額は5,000円と変わりません。

少額返済を選択すれば高額な買い物をしても毎月の返済負担は少なくてすみますが、少額返済となればなるほど返済期間は伸びるので、支払う利息は高くなってしまうデメリットが生じます。

できるだけ短期間で完済して支払利息を抑えたい場合にはどちらのコースを選ぶか、そしていくらの返済額を設定するかが重要なポイントとなってくるでしょう。

ジャックスの手数料の支払い方式

元金定額リボルビング払いは返済元金に手数料を加算して支払う方法で、確実に毎月元金を減らすことができます。

先ほどの残高スライド方式でAコース、そして利用残高が500,000円としましょう。

その場合、毎月の返済額は10,000円に手数料が加算された金額になります。

これに対して元利定額リボルビング払いは返済額に手数料を含む返済方式です。

よって、先程と同じケースなら返済額は10,000円です。

返済額はこの元利定額リボルビング払いの方が負担は少ないですが、元金定額リボルビング払いの方が確実に毎月元金を減らすことができるので返済期間は短くなり、支払う利息は少なくてすみます。

これも毎月の支払い方式と同様にどちらのコースを選ぶかで返済期間が違ってくるため、支払う利息を抑えたいならば重要なポイントとなってきます。

関連記事をチェック!

13view

リボ払いとはどんな払い方?怖いって聞くけど本当?

リボ払いについてどのようなイメージがありますか?何となく「危ない」「ダメ」「利用しない方がいい」というマイナスのイメージはあるものの、その実態がよくわからない人もいることでしょう。 リボ払いは便利な...

ジャックスのリボ払い勧誘電話には注意!

先に申しましたようにリボ払いは返済負担を減らすという面では実にメリットの高い支払い方法です。

ですが利用する際にはそのデメリットをよく理解しておく必要があります。

しかし、このデメリットを理解しないまま、勧誘電話で安易にリボ払いに切り替えてしまう方が少なくないのも事実です。

しかも、ジャックスのリボ払いには独自のルールがあるため、変更はそれを踏まえた上で慎重に決定する必要があります。

それではジャックスのリボ払いはなぜ慎重に決定する必要があるのか、勧誘電話がどんなものなのかを説明していきましょう。

ジャックスのリボ払い変更は慎重に!

ジャックのリボ払いは下記の3つの利用方法があります。

  • 店頭でリボ払い
  • リボ変更サービス
  • Jリボサービス

「店頭でリボ払い」は通常の翌月一括支払いをリボ払いに変更できるサービスで、購入時に翌月一括支払いが厳しい際の利用に適しています。

また「リボ変更サービス」は買い物した後に、希望の支払い代金だけをリボ払いに変更するサービスで、買い物後に一括支払いが困難になった際の利用に適しています。

そして最後の「リボ変更サービス」これが曲者なのです。

Jリボサービスの危険性

このサービスは翌月一括支払いが基本となっている支払い全てを、自動的にリボ払いに変更してしまうサービスです。

つまり、全ての利用で翌月一括支払いができなくなり、クレジットカード利用全てに手数料が発生してしまうことになります。

クレジットカードのメリットは翌月一括支払いなら金利手数料がかからない点ですから、これは利用者にとって大きなデメリットとなってしまうと言えるでしょう。

リボ払いは一括支払いが無理と感じた買い物だけに適用するのが最もメリットの高い有効な使い方です。

支払えるものまで手数料を発生させてしまっては、利用者にとってはデメリットでしかありません。

そして危険なのはジャックスの電話勧誘によるリボ払い変更は、このJリボサービスが適用されてしまうという点です。

希望もしないのに全てが手数料を発生するリボ払いに変更されてしまう。

これではクレジットカードを持つ意味がなくなってしまいますよね。

ジャックスの勧誘電話のリボ払いにはくれぐれも注意するようにしましょう。

ジャックスのリボ払いの勧誘電話内容

ジャックスのリボ払いの勧誘電話は定期的に一括支払いを選択している利用者にかかってきますが、なぜ承諾してしまう人が多いのか、それは1,000円分の無料ポイントを餌にしているからです。

ジャックスのこの電話勧誘をOKするとJリボサービスの適用になることをよく理解せず、無料ポイントが付くならいいかと安易にリボ払いに登録してしまう方が多いようです。

ここまで説明してきたことを念頭に置いて、ジャックスの電話勧誘でのリボ払い変更にはくれぐれも注意するようにしましょう。

ジャックスでは一括支払いを選ぶと分割変更できない!

ジャックスはクレジットカード決済時に分割変更することはできますが、一度一括支払いを選択すると後で分割支払いに変更することはできません。

ですが先に説明したリボ変更サービスでリボ払いに変更することは可能です。

しかし、分割支払いとでは手数料が違ってくるので、支払えなくなるほどのカード利用をする際には、事前に懐事情を再度よく確認するようにしてください。

分割、リボ払いの金利差

リボ払いはいくらのカード利用となっても手数料は実質年率15.0%均一ですが、分割払いなら下記のように幾分安い手数料で利用できます。

支払回数実質年率手数料額
20.00%0.00円
312.25%2.04円
614.00%4.08円
1014.75%6.80円
1515.00%10.20円
2015.00%13.60円

※手数料額は利用代金100円当たりの顔数指定分割払い手数料額です。

クレジットカードで分割購入する場合には分割払いもリボ払いも高金利となってしまうので、高額な買い物をする際は店頭で用意された低金利のショッピングローンの利用をおすすめします。

クレジットカードの高額利用は大量のポイントが獲得できるメリットはありますが、支払えなくなって後でジャックスのようにリボ払いに変更が必要になると、支払う手数料額は高額になることは必死です。

この点を踏まえてクレジットカードの高額利用は慎重に行うようにしましょう。

ジャックスカードであとから分割する方法

ジャックスなら電話でリボ変更が可能

ジャックスカードの支払いは金利のかからない一括支払いがおすすめですが、諸事情から決済後にリボ払いにすることが強いられることもあるでしょう。

支払いが遅れると個人信用情報にも影響が出るので、支払いを送らせてしまうよりはリボ払いに変更した方が得策です。

ジャックのリボ払い変更サービスはWEBから行うこともできますが、電話からの申し込みもできます。

どちらが面倒かは個人の印象もありますが、私個人としては電話でオペレーターに直接依頼する方が面倒はないという印象を受けます。

そこで最後にリボ変更サービスを電話で申し込む時の注意点について説明しておきます。

電話でリボ変更サービす利用時の注意点

リボ変更サービスの対象となるのは下記のカード決済です。

  • 一括払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス2回払い

対象は分割支払いで手数料が発生しない支払い回数となるため、一括払いだけに限定されているわではありません。

この点はよく覚えておきましょう。

またさらに押さえておいて欲しいのは下記の2点です

  • 電話料金がかかる
  • 申込受付期間が決まっている

それではこれら2点について説明していきましょう。

電話料金がかかる

電話受付先は下記の2つになりますが、この電話番号はフリーダイヤルではありません。

  • 東京カスタマーセンター 0570-002277
  • 大阪カスタマーセンター 0570-005599

電話料金が発生するので東京、大阪から遠隔地にお住まいで電話料金が気になる場合は、WEBからの申し込みを選んだ方がいいかもしれません。

また上記どちらも繋がりにくい場合には電話料金の無駄になります。

下記電話番号にかけ直すようにしてください。

  • 東京 046-298-6000
  • 大阪 06-6872-611
申込受付期間が決まっている

リボ変更サービスの対象となるのは、下記の3つのどれに分類されるかで受付期間と支払い開始日が違ってきます。

  • A期間 先月の支払い日翌日から請求金額確定日まで
  • B期間 請求金額確定日から通常受付期間終了日
  • C期間 リボ変更サービス通常受付期間終了後

2018年9月27日支払予定分を変更するとしましょう。

その場合には下記のように受付期間と支払開始日が違ってきます。

  • A期間 受付期間8月28日~9月12日19時まで、支払開始日9月27日
  • B期間 受付期間9月13日~9月16日12時まで、支払開始日10月29日
  • C期間 受付期間9月14日20時~9月26日15時30分まで、支払開始日10月29日

この受付期間と支払い開始日は請求金額の確定月によって違ってくるので、ジャックスの公式サイト、もしくは電話申込の際に確認するようにしましょう。

◆ジャックス公式サイト:「リボ変更サービス」

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談