130万円の借金は金融商品で容易に完済できる

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、AGビジネスサポート株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

それぞれの生活スタイルや収入状況にもよりますが、一般的に130万円の借金を完済することは大変なことです。

金融商品をうまく利用し、返済負担を抑えて無駄なく確実に完済してしまいましょう。

130万円の借金でも債務整理が必要になるケースはある

130万円の借金があったとしても、適切な金融商品を使えば皆さんが思っているよりも簡単に完済することはできます。

しかし、それぞれの生活スタイルや収入状況、返済状況によっては金融商品を使っても完済どころか返済もままならない状況に陥り、最後の手段である債務整理が必要となるケースもあります。

債務整理には大きなリスク(後述します)もありますが、いつまでも借金問題を放置していても解決することはできませんので、債務整理が必要となるケースに陥ってしまった場合には、速やかに手続きすることが望ましいです。

では、130万円の借金でも債務整理が必要となるケースには、どのようなものがあるのでしょうか。

これから返済が難しくなる場合

勤務先の業績不振による減給、転職による収入の減少、定年後の再雇用による収入の減少など、借金を返済中にこれまでよりも収入が減ってしまうケースは多くあります。

また、子供の教育費用の増加など、収入面は変わらずとも支出が増加してしまったことで収支のバランスが崩れてしまうケースもあります。

これらのようなケースに直面してしまった場合、それまではなんとか返すことができていた借金が、返済できなくなってしまう可能性があります。

もちろん、生活を切り詰めて支出をできるだけ抑えることで返済分を捻出することもできますが、それにも限度があります。

この段階で債務整理を考える人は多くありませんが、この状況が続くと自転車操業をし始めて、単に借金額を増やしてしまうという最悪のケースにまで発展してしまう可能性もあります。

このように、何らかの事情で返済が難しくなった場合には、最悪のケースに発展する前に債務整理を行う方が良いケースもあるのです。

返済をすでに滞らせてしまった場合

返済を滞らせてしまうと、通常の利息の他に遅延損害金も発生してしまいます。

遅延損害金は20%が一般的であり、遅れている日数分が請求されます。

例えば、130万円の借金の返済を10日遅れてしまうと、遅延損害金は7,123円となり、1ヶ月の遅れでは21,666円も通常の返済の他に支払わなければなりません。

数日の遅れであれば、まだ支払えるとしても、さすがに数万円もの損害金を支払うことは難しいです。

遅延損害金を支払ったとしても通常の返済は続きますので、一度の遅れが原因で困窮してしまうことは珍しくありません。

そのため、すでに返済を滞らせてしまい、多額の遅延損害金が発生してしまっているケースでは、債務整理した方が良いと言えます。

複数の会社から借金がある場合

複数社からの借金で総額が130万円となっている場合、1社から130万円を借りている場合よりも多くの返済額が必要となるのが一般的です。

また、返済日は借入先によって異なりますので、借入先の数だけひと月に返済日があり、返済が滞ってしまいやすくなります。

そうなると、先ほどの遅延損害金がさらに発生してしまい、さらに返済していくことが困難になってしまいます。

こちらのケースについては、上記2つのケースよりも金融商品で解決できる可能性が高いのですが、審査通過できずに結局は解決できないということも少なくありません。

そのため、金融商品では解決できなかった場合に、こちらのケースでも債務整理が必要となり得るのです。

必要な債務整理の種類はケースによって異なる

130万円の借金でも債務整理が必要となるケースがあることがわかったかと思いますが、一言で「債務整理」と言っても、その手続きには種類があります。

債務整理の代表的な手続きと特徴・効果は、以下のとおりです。

手続きの種類特徴・効果裁判所の介入
任意整理
  • 金利の引き直し
  • 借金の減額
    ※3年程度で返済
  • 遅延損害金、将来利息のカット
なし
個人再生
  • 借金の減額
    ※最大で1/10まで減額でき、それを3年~5年で返済
  • 財産を残すことができる
  • 資格制限を受けない
あり
自己破産
  • 借金の支払い義務が免除される
  • 高価な財産は残すことができない
  • 資格制限を受ける
あり

このように、債務整理の種類にはそれぞれ異なる特徴や効果があり、ケースによって適した手続きが異なります。

どの手続きが最も適しているかは素人が判断するには難しいため、弁護士や司法書士といった専門家に相談することをおすすめします。

最も一般的なのは任意整理

借金問題で債務整理する際に、最も一般的なのは任意整理です。

任意整理では、利息制限法を超える金利で借りていた時期がある場合には、法定金利で金利を引き直すことができ、遅延損害金があればそれをカットして借金額を減額させます。

また、借金は借りていると利息がかかりますが、任意整理では将来的に発生する利息についてもカットさせることが可能です。

つまり、減額された借金の元金だけを返済していくことができるということであり、カードローンんなどのように高利な借金には効果てきめんです。

また、任意整理の手続き中に過払い金があることが判明することもあり、その場合には過払い金請求をすることによってさらに借金が減額されますし、過払い金の方が借金額よりも多い場合は任意整理する必要もなくなります。

任意整理は裁判所の介入なしで、債権者と直接交渉を行うのですが、専門家に依頼することで比較的スムーズに進めていくことができます。

ただし、任意整理では交渉により3年超の期間で返済していくことも可能ですが、基本的には3年程度で返済していく必要がありますので、毎月の負担は比較的多くなることに注意が必要です。

130万円を債務整理した場合の返済例

ここで、130万円を債務整理した場合の返済例を、最も一般的な任意整理したケースで紹介していきたいと思います。

まず、任意整理で最も借金の減額効果があるのは、金利の引き直しです。

金利の引き直しとは、いわゆるグレーゾーン金利で借りていた金利を、利息制限法の金利で再計算することなのですが、グレーゾーンは貸金業法の改正により2006年12月から段階的に施行され、2010年6月には完全に撤廃されています。

つまり、グレーゾーンが撤廃される前から借りていた借金でなければ、金利の引き直しによる減額はできないということです。

それを踏まえたうえで、今回は金利の引き直しによる借金の減額はなしで、遅延損害金のカットによって借金の減額は5万円のみと想定して計算していきます。

【減額後の返済例】

  • 元金:125万円
  • 将来利息のカット:あり
  • 返済期間:3年
  • 毎月の返済額:35,000円

例えば、借金130万円を15%の金利で借り、それを3年で返済しようとすると、毎月の返済額は45,064円となり、支払う利息は322,337円必要となります。

任意整理をすることで、毎月1万円の負担減と30万円を超える利息がカットされます。

遅延損害金が発生している状況では、さらに負担軽減の効果は大きく、金利の引き直しによる減額がなくても任意整理をするメリットがあります。

注意!次のようなケースでは債務整理ができない!

債務整理は借金問題の最後の手段なのですが、次のようなケースでは手続きできない可能性があります。

任意整理
  • 最長の5年で分割しても完済できない
  • 安定した収入がない
  • 債権者が交渉に応じない
個人再生
  • 安定した収入がない
  • 5,000万円超の借金がある
  • 裁判所への申立てが棄却される
自己破産
  • 元金のみを3年以内に完済できる見込みがある
  • 借金の原因が免責不許可事由に該当する

まず、任意整理の場合は、減額後の借金を基本的には3年、交渉によって長くできても最長5年で返済しなくてはなりません。

そのため、収入が安定していることはもちろん、減額後の借金が130万円であれば、毎月22,000円以上(130万円÷60回≒22,000円)を返済できる人でなければなりません。

また、任意整理は裁判所を介さずに手続きを行い、債権者には交渉に応じなければならないという義務はありません。

大抵は交渉に応じてくれるのですが、中には交渉にすら応じてもらえず、任意整理ができないケースもあります。

個人再生の場合も、減額後の借金を3年~5年で返済していかなくてはなりませんので、無理な再生計画を立てれば裁判所に認めてもらえなくなります。

自己破産の場合は、任意整理や個人再生で対応できるような状況では、裁判所から免責をもらうことができません。

そのほかにも、借金の原因がギャンブルや投資、浪費など、免責不許可事由に該当する場合は、自己破産することができません。

ただし、免責不許可事由に該当する場合であっても、裁量免責となる可能性もありますので、必ずしも自己破産ができないというわけではありません。

また、任意整理や個人再生の場合も、上記ケースに該当しているからといって絶対に手続きできないわけではありませんので、専門家とよく相談することをおすすめします。

借金は現在の借入総額と金利に気を付けよう!

債務整理は最後の手段であるため、そう簡単に認められるわけではありません。

そのため、可能な限り金融商品で解決するなどの努力が必要なのですが、そのためには現在の借入総額と金利に気をつけなければなりません。

借金総額は、現状よりも増やしてしまえば完済することが難しくなりますし、金利も高ければ負担が大きくなってしまいます。

債務整理を行わずに完済するためには、現状よりも低金利な金融商品で借り換えし、少しずつでもよいので借入総額を減らしていくことが大切です。

見逃したら最後!多重債務から抜け出せる最強の方法

130万円の借金で債務整理を考えなくてはならない状況に陥るのは、カードローンなどの高利商品を複数社から借りている場合が多いです。

これがいわゆる「多重債務」という状況なのですが、適切な方法を駆使すれば債務整理をすることなく解決することができます。

ここでは、苦しい多重債務から抜け出すための最強の方法を紹介しますので、実践して早く借金苦から抜け出せるようにしましょう。

完済までのスケジュールを綿密に組む

借金の額に関わらず、ローンを利用するうえでは返済計画を立てるのが必須です。

立てる返済計画は、「5年くらいで完済できればいい」とか「毎月3万円くらいなら返済できそう」というような曖昧なものでは意味がありません。

自身の収支を細かく把握していくらなら返済に充てることができるのか、それぞれの返済日がいつで、遅れずに返済するためには何が必要かなど、綿密に計画を立てる必要があります。

また、できるだけ早く完済したい場合は、支出をどのようにして少なくし、それを返済に充てられるかを考えることや、少し余裕を持って返済していき、どのタイミングで随時返済や一括返済をするのかを計画することも大切です。

最も大事なのは、返済中に追加で借入しないことであり、返済に集中していながらもある程度の急な出費には対応できるようにしておくことが望ましいです。

おまとめローンを活用する

複数の借金がある場合に、非常に有効な金融商品が「おまとめローン」です。

おまとめローンには金利や返済額の低減や返済先が1つになるなどのメリットがあり、簡単に追加借入ができないことで返済に集中できます。

おまとめローン1つで綿密な返済計画を立てることも可能であり、多重債務となっている人にとって是非とも利用したいローンなのです。

消費者金融では総量規制の対象外となる専用のおまとめローンがありますし、銀行にはより低金利な専用おまとめローンやフリーローンがありますので、こうした金融商品を活用して完済を目指しましょう。

収入源を増やす

返済が難しくなった場合の対処法の1つに、収入源を増やすという選択肢があります。

借金額を減らすのと同様に、収入を増やすことは簡単ではありませんが、成功させることができれば楽に返済していくこともできますし、場合によっては生活面でも楽にお金を回していくことが可能です。

収入源を増やす方法としては、掛け持ちで仕事をすることや、クラウドソーシングを副業として行うなどがあります。

また、返済額を賄う程度の収入を確保するだけで良いのであれば、日雇い・日払いの仕事を月に数回行うことでも乗り切ることができるでしょう。

特定の業種は常に人手不足に陥っていますので、探してみると意外と簡単に仕事が見つけられるはずです。

フリーローンで無駄なく確実に完済

銀行や信用金庫といった金融機関では、様々な融資商品を取り扱っていますが、借金を確実に完済するためには、フリーローンという商品を利用すると良いでしょう。

フリーローンの商品内容や利用方法、利用前と後の差を理解しましょう。

1.フリーローンは確実に残高が減る

フリーローンは資金使途(資金の使い道)が自由な融資商品です。

資金使途が自由な為、生活資金やレジャー資金に利用することができますし、複数利用している借金を一本化することにも利用できます。

フリーローンは返済期間を決めて返済を行なうので、確実に残高を減らすことができます。

一方、カードローン等は返済期間が決まっていない上に、返済を行なって空いた利用枠を利用すれば、再び借金が増えてしまうというデメリットがあります。

こうなると、借金の返済は延びてしまいます。

その様なことが起きないという点でも、フリーローンは借金を確実に完済できる商品といえるでしょう。

ただし、フリーローンの中には借り換えに関する資金には使えない商品もありますので、利用の際は商品概要説明書などで借り換えに使えるかを確認しましょう。

2.毎月の返済額を2万円以下にする方法

フリーローンの返済期間は、最長10年としている商品が多いです。

返済期間を長くすれば毎月の返済額は少なくすることができるメリットがあります。

一方で、金利負担が増えてしまい、総返済額が増えてしまうデメリットもあります。

融資審査においては、返済期間を長くして毎月の返済額を抑えた申込の方が通りやすいです。

今回は返済期間を10年で試算をしてみましょう。

各金融機関の商品にもよりますが、金利は年3%~年13%前後となっています。

一番高い金利の年13%で試算をすると、毎月の返済額は19,410円となります。

複数のカードローンを利用している場合、毎月の返済額は2万円を越していることもあるのではないでしょうか。

毎月の返済負担を抑え、返済期間も10年で完済できるフリーローンは、借金を確実に完済できる魅力があります。

3.金利で返済額が大幅に変わる

フリーローンに限らず、金利差による返済負担は顕著に見られます。

例えば、上記の年3%~年13%の「年3%」と「年13%」を比較してみましょう。

借金130万円を10年で返済する場合、毎月の返済額と総支払額は以下の通りとなります。

金利:年3%⇒毎月の返済額:12,552円 総支払額:1,506,240円
金利:年13%⇒毎月の返済額:19,410円 総支払額:2,329,200円

毎月の返済額は約7千円、総支払額は約80万円の違いが出ます。

同じ商品でも金利によって、これだけ大きな差が出ます。

少しでも低い金利で利用したいものです。

次に、金利を少しでも抑える方法をご紹介します。

4.取引状況が金利を引き下げる

フリーローンは金融機関の主力商品であるため、より多くの人に利用してもらいたいと思っています。

そのための対策として、すでに取引がある人に対し、状況に応じて金利を引き下げるサービスを行っている金融機関が多いです。

例えば、給与振込の指定口座としている、公共料金の引き落としをしているなどの取引をしていると、該当項目につき0.1%を引き下げるといったものです。

最近では、子育て世帯を応援するとして、子供一人につき金利を引き下げる金融機関もありますので、昔よりも低金利でフリーローンを借りられる環境が整っています。

また、主要な取引をしていることで、審査面でも少し優遇される可能性があり、もしも審査落ちしても金融機関が再審査の依頼を保証会社にしてくれることもあります。

主要な取引先に対してだからこそできることであり、融資専門の消費者金融では受けることができないサービスですので、普段から利用している金融機関のフリーローンは狙い目です。

5.延滞のない時に融資申込を

融資審査を行なう上で大前提となることは、「延滞のないこと」です。

例えば、既に返済しなければいけないものが延滞している者にお金を貸したいとは思いませんよね?

返済しなければいけないものとは、融資商品に限らず、クレジットの引き落としや、税金の支払い等も含まれます。

もし、既に延滞している場合は、個人信用情報に延滞履歴が残ってしまっています。

しかし、申込段階で延滞を解消することで、多少ではありますが、延滞しているよりは良い状態にすることができます。

延滞履歴は一般的に5年間で消えると言われていますが、いざ融資を受けたいという時に数年前の延滞履歴が融資審査を不利にしてしまっては勿体無いです。

日々、何事にも延滞はしない様、心掛けましょう。

債務整理は可能だがリスクが大きい

債務整理とは、借金問題を法的に解決する手続きであり、借金の額を減らしたり、利息の負担を無くすことが見込まれます。

しかし、同時に社会的信用も失ってしまいます。

手続きを行う前に債務整理についての理解を深めましょう。

130万円で債務整理は勿体無い

債務整理は借金の返済に行き詰まり、返済がどうにもできなくなってしまった場合に行う方法の一つです。

上記で説明したフリーローンでの一本化も返済の負担を抑える方法の一つですが、債務整理はフリーローンの手続きに比べて多くのデメリットがあります。

130万円も小さな額ではありませんが、債務整理を行う前に、行った後に起こるデメリット等について理解しておく必要があります。

債務整理を行うと、5~10年、もしくはそれ以上の期間、デメリットが付きまとってきます。

債務整理を行う一番のデメリットを次の項目で説明します。

債務整理をすると融資を受けられない

債務整理を行う一番のデメリットは、債務整理を行ってから5~10年、もしくはそれ以上の期間は融資を受けることができなくなってしまうという点です。

融資は銀行や信用金庫に限らず、クレジット会社のカードやディーラーの自動車ローン等も含まれます。

つまり、現金での取引しかできなくなってしまうということです。

融資は我々の生活の様々な場面で利用されています。

住宅を購入する住宅ローン、自動車を購入する自動車ローン、教育資金の教育ローン、生活資金や債務一本化のフリーローンなど、一般的にローンを組むものも現金一括支払となってしまいます。

ローンを組めなくなる理由は、債務整理を行うと個人信用情報に履歴が残ってしまうからです。

融資審査を行なう際、個人信用情報の内容を必ず確認します。

ここで債務整理の履歴が載っていると、審査は確実に落ちてしまいます。

これは、取引状況や保全、これまでの返済実績云々でも覆すことのできない理由となってしまいます。

それだけ債務整理は社会的信用を失ってしまう大きなリスクがあることを理解しておきましょう。

債務整理の前に家族・身内に相談を

以上、説明した通り、債務整理を行うと大きなデメリットが発生してしまいます。

今回の様に130万円の借金であれば、家族や身内に相談し、資金を一時的に借りて、その後は家族・親族へ返済していくという方法も一つです。

債務整理を行うことによるリスクを説明すれば、協力してくれるのではないでしょうか?

できることなら、家族や身内であっても借金の相談はしたくないものですが、返済の遅延が増えて金融事故となってしまっては、元も子もありません。

早めの相談と手続きが重要です。

関連記事をチェック!

27089view

金融事故になる事例とは!登録されている期間はどの位?

金融事故を起こした人のことをよくブラックリストに入った、などと言いますがそもそも金融事故とは何なのでしょうか。 金融関係の用語は難しく、金融事故といわれてもバッと頭に思い浮かべるのは難しいですよね。...

関連記事をチェック!

67729view

親にお金を借りる上手な頼み方・言い方・言い訳【適した理由とは】

まとまったお金が必要だけれど自分では用意できないという時、金融機関でお金を借りる前に親にお金を借りたいとお願いしてみるのも選択肢の一つです。 しかし、親にどのように話せばお金を貸してもら...

130万円の借金に関するみんなの口コミ

130万円の借金に対し、どのように返済していくか、債務整理した方が良いのかという判断は、人それぞれ違いますし、何が正解なのかもありません。

しかし、同じ境遇の人の意見を聞くだけでも参考にはなるはずです。

ここでは、借金130万円がある状況で、どのように対処したのかを口コミから紹介していきます。

  • 自転車操業している状況では返済していくことを考えるのではなく、早めに任意整理などの債務整理を検討した方がいいと思います。
  • 利息がもったいないので、親に完済できる分を借りて完済し、親にはゆっくりと返していくという方法はどうでしょうか。
  • ギャンブル好きの旦那が毎月数万円単位でパチンコに使っていましたが、今では低貸しのパチンコをするようになって借金も完済できました。完全に無駄遣いがなくなったわけではありませんが、できるだけ無駄を省けば意外となんとかなるものです。

口コミを見ていても、やはり返済か債務整理かは判断が分かれています。

ただ一つ言えるのは、どうにもならなかった時に債務整理の相談をするのではなく、早い段階で万が一のことを考えて相談だけはしておく方が良いということです。

どうしようもできなくなったときのことをあらかじめ知っておくと、それだけでも心に余裕ができますし、リスクも併せて知っておけばそうならないために頑張る活力にもつながります。

借金問題の解決法は1つではないということを認識したうえで、状況に合わせて対処していくことが望ましいです。

まとめ

借金を確実に減らす方法は、金融機関で取り扱うフリーローンを利用することです。

フリーローンは金利に幅がありますが、少しでも小さい金利で金利負担を抑えたいものです。

その為には、メインに取引をしているかが鍵となります。

もし、フリーローンの審査が通らなかったら、家族・身内に資金を工面してもらうことを考えましょう。

債務整理という方法もありますが、これは最終手段とした方が良いです。

債務整理を行うと、数年から数十年単位で、融資を受けられないというデメリットが付きまとってきます。

融資を受けられない状況は、想像以上に不便なものです。

いくつかの方法を説明しましたが、負担やリスクの少ない方法で借金を早期完済しましょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事