セゾンファンデックスのおまとめローンはおすすめ?口コミと審査のコツ

セゾンファンデックスは、カードローンなど様々な種類のローンを取り扱っている消費者金融です。

このセゾンファンデックスにも、おまとめローンが存在しています。

セゾンファンデックスのおまとめローンは、他社と比較してどのような特徴があるのか、おまとめローンの審査を受けるときのコツについても併せて紹介します。

執筆者の情報
名前:馬野 伸斗(50歳)
職歴:信用組合に20年以上勤務
この記事はこんなひとにおすすめ

この記事は以下に該当する人におすすめです。

  • おまとめローンを検討している人
  • セゾンのおまとめローンについて知りたい人

このような人には特に参考になります。

セゾンおまとめローンの特徴

セゾンのおまとめローンとは、株式会社セゾンファンデックスが提供しているローン商品のことを指します。

セゾンファンデックスと聞くと、親会社の商品であるセゾンカードが印象にあるため、信販会社のイメージがあります。

しかし、実際はクレディセゾングループの中の消費者金融業として業務を行なっているため、アコムやアイフルに近い会社です。

名称が似ているので、特に中高年の方はややこしく感じる人も多いことでしょう。

分かりやすく言えばクレディセゾングループの1会社だと認識しておくといいでしょう。

消費者金融のおまとめローン専用商品は銀行のおまとめローンと比べて、全体的に借入までの期間が短く、審査が比較的にとおりやすいとされています。

しかし、金利が高くてまとめられる借金の上限金額も、比較的に低めに設けてあるという特徴があります。

上限金利が低めである

消費者金融のおまとめローンは比較的に金利が高いと先ほど説明しましたが、セゾンファンデックスは、最高金利がほかの貸金業者と比べると低めに設定されています。

消費者金融のおまとめ専用ローンは最高金利が17~18%の間のことが多いですが、セゾンファンデックスのおまとめローンは最大金利が15%と低いです。

金利の差が3%程度しかないと聞くとそれほど変わりないように感じますが、おまとめローンはどうしても長期間にわたる返済となるため3%でも大きな差となってきます。

例えば、100万円のおまとめローンを8年間で返済して、そのときの金利が18%の場合は、返済総額が1,893,428円になり、15%では1,722,758円となります。

わずか3%の差ですが、長い年月で考えるとおよそ17万円もの差が出てしまいます。

金利が少しでも低いということは、それだけで大きな魅力です。

追加の融資がない完全返済専用ローンである

セゾンファンデックスのおまとめローンは、返済専用のローンとなっています。

したがって、途中で追加の借入は行なうことはできません。

少し考えると、追加で借入ができないということは、あまりよい条件ではないように感じます。

しかし、追加の借入ができないということは、無駄な借入を行なう心配がないともとることができます。

この無駄な借入を抑制できるということが、多重債務の完済を考えるうえで非常に重要です。

おまとめローンを利用する人は、必要以上に散財をしてしまう人が多いのが現状です。

お金が足りないとわかっていても、心の裏では「また追加で借入をすればいいや」という甘い考えが芽生え、どんどん借金がかさんでいきます。

そこで、セゾンファンデックスのおまとめローンをすることによって、今まで契約していたカードローンを解約ができて、ついつい借りてしまうという事態を防ぐことにつながりますので、大きなメリットといえます。

おまとめローンは総量規制の対象外

セゾンファンデックスのような消費者金融は、貸金業者となりますので「貸金業法」が適用されます。

この貸金業法には、個人が借入できる上限を定めた「総量規制」というものがあり、個人は「年収の1/3まで」しか借りることができません。

しかし、総量規制には「除外」と「例外」があり、条件に該当する借入は総量規制の対象とはなりません。

おまとめローンは後者の「例外」に該当する借入となり、たとえ借入金額が年収の1/3を超える場合でも融資を受けることができます。

おまとめローンの評判:良い口コミ

良い口コミには、電話の対応が丁寧だった、ブラックの記録が消えていないのにOKになった、などがあります。

提出書類は多かったが「おまとめ」できた

4社160万円の「おまとめ」ができました。
提出書類が多く、決定までに時間がかかりましたが良かったです。
問い合わせの電話をかけたときの対応も丁寧でした。

OKの場合も融資までには2~3週間かかることが多いようです。

提出書類も、他社との契約状況が分るものなど、色々と必要です。

自己破産後5年だが可決

自己破産して5年しかたっていませんが、3社120万円のおまとめが認められました。
もう他社から借りないようにと言われました。そのつもりです。

審査では、信用情報や年収・勤続年数などを総合的に判断しますが、いわゆるブラックの場合も融資されることがあるようです。

1本化できて気分的にもゆとりができた

4社の返済日と返済金額を気にしながらの生活はとても落ち着きませんでしたが、セゾンでおまとめできて気分的にとても楽になりました。
しっかり返済して行こうと思います。

おまとめすると、毎月の返済額が減るだけでなく、返済先を1本化できるのが大きなメリットですね。

おまとめローンの評判:悪い口コミ

悪い口コミでは、たくさん書類を送ってから断られた、待たされた挙句に否決されたなどがあります。

申し込みから1カ月たったけど返事がない

書類を送ってから1ヶ月以上たっているのに返事がありません。
電話で問い合わせると「審査中」とのこと。
どうしてそんなに時間がかかるのでしょう。不安です。

審査に通る場合も通らない場合も「2週間ほどかかる」という口コミは多く見受けられましたが、1ヶ月は長いですね。

書類をたくさん送らせて、あれこれ聞かれて否決

運転免許証、健康保険証、源泉徴収票、他社借入先の利用明細書などを送らせて、電話で生活費のことを根掘り葉掘り聞かれて、挙句の果てに「貸せない」なんて最悪です。

色々書類を送った後に断られたという口コミはかなり見受けられましたが、おまとめローンの審査は書類提出後なので仕方ありません。

在籍確認をして断るなんて

書類を送った後、在籍確認が取れたら普通はOKでしょう。断るなら在籍確認するな!

在籍確認の後に断られたという口コミもかなりありました。

2週間以上も待たされて否決された

融資可能のような口ぶりで2週間以上も待たされて、まさかの否決メールでした。ガックリ疲れました。

仕方ないことかもしれませんが、申込者からは審査の内側が見えないだけに、長く待たされて否決はつらいですね。

セゾンファンデックスおまとめローンのメリット

おまとめローンは、多重債務者を救済することを目的としたローンであり、利用することで多くのメリットを得ることができます。

ここでは、セゾンファンデックスのおまとめローンを利用することで得られるメリットについて紹介していきます。

毎月の返済額が減る

複数社から借りているものを1つにまとめることで、毎月の返済額を減らすことができます。

例えば、A社(借入金額80万円、金利18%、返済額22,000円)、B社(借入金額30万円、金利14.8%、返済額20,000円)、C社(借入金額70万円、金利15%、返済額19,000円)で合計61,000円を返済しているとします。

これをセゾンファンデックスのおまとめローンで最高金利の15%が適用され、最長の8年で返済したとします。

そうすると、毎月の返済額は32,301円となり、月の返済をおよそ29,000円も減らすことができます。

毎月の返済額は借入先が多くなるほど増えていきますので、おまとめローンで1つにすることができると、自然と返済額を軽くできるというわけです。

利息負担が減る

セゾンファンデックスのおまとめローンで借入を1つにすることで、利息負担も減らすことができます。

先ほどと同じ借入条件で30日間の利息を計算してみると、A社に対しては11,835円、B社には3,648円、C社には8,630円の利息をそれぞれ支払うことになり、合計で24,113円となります。

これに対し、セゾンファンデックスのおまとめローンで1つにした場合は、月の利息は22,191円となり、おまとめ前よりもおよそ2,000円利息負担が少なくなります。

中には2,000円しか軽くならないと思う人もいるかもしれませんが、この金額は30日間の利息を計算したものです。

つまり、単純計算では年間で24,000も利息負担を減らすことができるということであり、総額にするとさらに多くの利息軽減効果を得ることができます。

返済の管理がしやすくなる

毎月の返済日は、自分で任意の日を選べるものもありますが、借入先がしていることも珍しくありません。

そのため、それぞれ別々の日に返済日が設定され、月に何度も返済しなくてはならず、延滞してしまうリスクが高くなります。

おまとめローンで借入を1つにすると、返済日も1つになりますので、返済の管理がしやすくなり、延滞するリスクが少なくなります。

セゾンファンデックスおまとめローンのデメリット

おまとめローンによって借入を1つにまとめることで、大きなメリットを得ることができます。

しかし、おまとめローンには当然デメリットもあり、中には自分で防ぐことができるものもあります。

そのため、おまとめローンのデメリットについてもよく理解したうえで利用することが大事です。

審査が厳しい

おまとめローンは、その名のとおり複数の借入を1つにまとめるものであり、利用する人は多重債務となっています。

多重債務となっている人は、返済を延滞している人も多く、借入総額も高額です。

ですので、すでに信用が低い状態となっています。

また、貸す側としても、いくらおまとめによって返済がしやすくなるといっても信用が低い人に高額を融資するのはリスクが伴います。

融資をしてもそれが不良債権となっては意味がありませんので、当然のように審査は厳しくなってしまいます。

提出書類が多い

記事の後半で具体的に解説しますが、おまとめローンを利用するためには多くの提出書類が必要になります。

おまとめローンが総量規制の例外となるのは、「利用者が一方的に有利となる借入」という条件に該当するためです。

しかし、借入条件などによっては利用者に一方的に有利とならない場合もあります。

これを確認するために、借り換え対象ローンの借入条件を確認する書類や、現時点での借入残高がわかる書類などが必要となります。

これらの書類が揃わない場合は審査を始めることができませんので、申し込みの段階で多くの書類を準備しなくてはなりません。

取得に費用がかかる書類もある

おまとめローンに申し込むための書類は、基本的に自分が持っているものを提出することになるのですが、失くしたなどで書類がない場合には役所などで取得して提出しなければならないこともあります。

この場合、取得のために費用がかかることはもちろん、審査に必ず通るわけでもありません。

なお、提出した書類は審査落ちしたからといって戻ってくることはありませんので、ただ単に費用がかかっただけという状況になる場合もあります。

既存借入金額以上は借りられない

おまとめローンは追加融資ができませんので、最初の段階である程度金額を上乗せして借りようとする人もいます。

しかし、おまとめローンは既存借入の1本化することを目的としているローンであり、別の資金も含めてしまうと総量規制の例外に該当しません。

セゾンファンデックスのおまとめローンで借りられる最高金額は500万円なのですが、実際に借りられる金額は「借り換え対象となる既存借入金額(元本のみ)」が上限となっています。

そのため、既存借入金額の元金が200万円であるという場合には、最高でも200万円しか借りることができないということです。

借入条件によっては総返済額が多くなる可能性がある

おまとめローンを利用するうえで特に注意が必要なのは、返済期間の設定です。

設定する返済期間によっては、おまとめする前よりも総返済額が多くなってしまう可能性があります。

ここから、設定する返済期間によって、総返済額がどのようになるのかを具体的に例を挙げて紹介していきたいと思います。

  • おまとめ前の総返済額
借入先A社B社C社
借入額80万円30万円50万円
金利15%18%18%
返済期間(回数)5年(60回)3年(36回)5年(60回)
毎月の返済額19,000円10,000円13,000円
毎月の返済額合計42,000円
完済までの返済額合計1,141,916円390,445円761,802円
総返済額2,294,163円
  • セゾンおまとめローンの返済期間別総返済額
返済期間(回数)4年4ヶ月(52回)5年(60回)8年(96回)
借入額160万円
金利15%
毎月の返済額42,030円38,063円28,712円
総返済額2,185,577円2,283,833円2,756,414円
おまとめ前との差(利息軽減額)-108,586円-10,330円462,251円

このように、おまとめ前と同等の金額を毎月返済するとして返済期間を設定すると、利息軽減額は10万円を超えます。

しかし、何も考えずに最長の返済期間(8年)を設定した場合には、利息を軽減するどころか46万円も多く返済することになってしまいます。

おまとめローンの審査にとおるコツとは

おまとめローンの審査にとおるコツは、セゾンファンデックスと申し込みをする人の間で、信用関係が築けるかどうかです。

「この人には融資をしてもちゃんと返済してくれそうだな」とセゾンファンデックスに印象付けることができれば、審査にとおる可能性が高くなります。

したがって、年収が十分にあり返済できそうだったとしても、書類提出や電話の受け答えで横柄な態度や乱暴な口調をしてしまうと、審査にとおらない可能性もあります。

常識的な態度で、しっかり信用を勝ち取っていきましょう。

記入ミスや嘘の申告を行わないようにする

審査を受けるうえで大切なことは、書類の記入を間違えずに書くことです。

初歩的なことですが、ここでミスをしてしまうと審査に落ちてしまう可能性もあります。

記入した情報が間違っていると、申込人が故意ではないとしても、セゾンファンデックスからするとわざと虚偽の報告したように捉えられてしまいます。

そのため、提出する書類と記入した内容に間違いがないか入念に確認しましょう。

また、自分から嘘の報告をすることは絶対にやめましょう。

おまとめ前に返済が遅延している場合

過去に借金返済を遅延している場合も、おまとめローンの審査にとおりにくくなる原因となります。

借金の遅延などの情報は、個人信用情報というものに記載されおり、セゾンファンデックスは審査のときに確認することができます。

これは、今までのローンを利用していた会社と、おまとめローンの会社が違っても必ず確認されます。

もしも、これまでに借金の返済を滞らせてしまったことがある場合は、滞らせた日から一定期間はおまとめローンの申し込みまで期間を空けることがおすすめします。

数日間の軽度な遅滞であれば、半年程度で信用情報は回復できます。

焦って申し込みをすることなく、一定期間の時間があいていることを確認しましょう。

おまとめローンで審査落ちする理由

ローンの審査に落ちてしまうのには、必ず理由があります。

ここでは、おまとめローンの審査に落ちてしまう主な理由を解説していきます。

既存ローンを度々延滞している

既存ローンで延滞をしていたとしても、半年間きちんと返済していれば審査に通る可能性はあります。

しかし、これは信用情報機関に記録されている過去24ヶ月間の返済履歴のうち、1度や2度の延滞がある場合です。

延滞を度々している人は、セゾンファンデックスに「ちゃんと返済してくれない人だ」と思われてしまいます。

返済できない人にわざわざ融資をすることはありませんので、審査落ちとなってしまいます。

申し込みの内容を偽った

お金に困っている人はどうにかして審査に通るようにしたいと考えます。

そのため、悪いこととはわかっていても申込内容を偽ってしまいます。

しかし、このようなことはセゾンファンデックスもわかっていることであり、まずは申し込みのないように間違いがないかを徹底的にチェックします。

申し込みのないように相違がある場合は、先ほどもお話しましたようにセゾンファンデックスから信用を得ることはできず、審査落ちとなってしまいます。

総返済額が多くなる返済期間で申し込んだ

返済期間を長くしすぎることで、おまとめする前よりも総返済額が多くなってしまう可能性があります。

こうしたことは、当然セゾンファンデックスもチェックしています。

多重債務となっている人の多くは、これまで無計画に借入をしてきています。

しかし、おまとめローンは多重債務から抜け出すためのローンです。

返済計画がきちんと立てられていない申し込みを審査で通すわけにはいきませんので、審査落ちとなってしまいます。

セゾンのおまとめの申し込み方法

セゾンの「おまとめローン」はネット又は電話、郵送で申し込みできます。(ネットの場合は申し込み後セゾンから確認の電話が入ります)

申し込み後に郵送で「申し込み内容確認書」が届くので、記入して必要書類といっしょに返送します。

【必要書類】

  • 申込書
  • 健康保険証のコピー
  • 運転免許証のコピー(お持ちの方)
  • 収入を証明するもの
    (源泉徴収票・給与明細書・確定申告書いずれかのコピー)
  • 借入先一覧
  • 他社借入条件の確認ができる書類
    (利用明細書・残高証明書・請求書など)

上記の書類が届いてからの審査になり、審査の途中で何度か電話がかかってくるのが普通です。

融資OKになれば、おまとめの対象になる債務の返済口座に債務者名義で振込まれます。

振込み後に契約内容を記した書類が自宅に郵送されます。

関連記事をチェック!

5315view

収入証明書はどこで手に入る?新卒は?

収入証明書をどこで入手すればいいかでお困りですか? 就業形態によっても発行機関が違うので、わかりやすくまとめてみました。 収入証明書とは、そもそも何?という疑問をお持ちの方には、記事の後半で解説し...

申し込みの問い合わせ電話番号

セゾンファンデックスの店舗は、東京都にある本社と大阪府にある大阪支店の2つだけです。

そのため、ほとんどの人は「インターネット」「電話」「郵送」のいずれかでおまとめローンを利用することになります。

利用する人の中には、直接担当者と相談しながら手続きしたいという人もいると思いますが、そのような場合は電話(0120-214-234)で申し込みするようにしましょう。

おまとめローンは土日でも申し込むことができる

セゾンファンデックスのおまとめローンは、インターネットや郵送で手続きができますので、平日だけでなく土日や祝日でも申し込むことができます。

また、電話申し込みの受付時間は、

  • 平日:9:00~19:00
  • 土日祝:9:00~18:00

となっており、時間に限りがありますが、こちらに関しても土日や祝日でも申し込むことが可能となっています。

即日では借りられない

口コミにもありましたように、セゾンファンデックスの審査期間は長いです。

最終審査の結果が出るまでに2週間程度が普通であり、場合によっては1ヶ月もかかってしまうこともあります。

また、契約が完了してから融資されるまでには最短で翌日となりますので、契約したからといってすぐに融資金を口座に入金してくれる訳でもありません。

おまとめローンを即日で借りたい人もいるかとは思いますが、セゾンファンデックスのおまとめローンではその日のうちに借りることはできません。

即日なら大手消費者金融がおすすめ

即日でおまとめローンを借りたい場合は、審査スピードが早い大手消費者金融にしましょう。

例えば、アコムではおまとめローンを利用するためには先に電話する必要がありますが、その後は店頭窓口や自動契約機(むじんくん)へ行くことで、その場で審査結果の回答や契約ができます。

アコムのおまとめローンは最高金利で18%とセゾンファンデックスよりも高いのですが、審査スピードはアコムの方が早いですので、状況に合わせて借入先を選ぶことも大事です。

在籍確認は審査初期に行われることが多い

口コミには「在籍確認がされたのに審査落ちした」というものが多く見受けられました。

在籍確認とは、申込書に記入されている勤務先で本当に勤務しているのかを確認するものであり、審査の一環として行われます。

この在籍確認を、審査の終盤に行っていると思っている人は多いです。

しかし、在籍確認は申込内容に間違いがないかを確認する目的もありますので、審査初期に行われることが多いです。

そのため、在籍確認が行われたからといって、審査に通るということはなく、それも含めた信用によって決まることになります。

家族にも連絡が来る可能性がある

在籍確認は会社に借入がバレる可能性があるため、電話されたくないと思っている人は多いです。

これと同じように、家族に内緒でおまとめローンを借りたいと思っている人も多いです。

しかし、セゾンファンデックスでは、融資にあたって申込者の家族にも相談(連絡)する場合があります。

これは申し込み前の注意事項にも記載されており、よく読んでいない場合でも申し込みをすればこれに同意していることになります。

家族に内緒に借りようとした場合、セゾンファンデックスの電話でトラブルとなる可能性がありますので、申し込む場合は家族に相談したうえで行うことをおすすめします。

セゾンのおまとめの返済方法

返済は元利均等払いで、毎月4日に指定口座から自動引き落としになります。

100万円を金利年14.8%で借り入れた場合、5年(60回)で返済すると毎月の返済額は23,700円になります。

300万円を金利年9.8%で借り入れた場合、8年(96回)で返済すると毎月の返済額は45,200円になります。

返済回数は相談で決めることができ、繰り上げ返済することも可能です。

返済相談には柔軟に対応してくれる

おまとめローンの借入中に、急な出費や入院などで返済が困難になることもあります。

このような場合、セゾンファンデックスの契約者専用番号(06-6305-5292)に電話をすることで、柔軟に対応してくれます。

また、転職などによって収支状況が変わった、収入金額が減少し月々の支払いの返済負担が大きくなったなどの場合には、今後の返済計画の見直しもしてくれます。

セゾンファンデックスでは契約後のアフターサービスにも力を入れていますので、安心しておまとめローンを利用することができます。

セゾンおまとめローンに関するQ&A

セゾンおまとめローンについて話してきましたが「もう少しここが知りたい」などの疑問が出てきた人もいるのではないでしょうか。

そこで、セゾンおまとめローンに関するよくある質問をQ&Aにまとめてみました。

これから借入を検討する人はぜひ参考にされてください。

①セゾンのおまとめローンは収入が年金だけでも借りられる?
セゾンのおまとめローンの申込年齢条件として「20歳~79歳までの毎月定期収入のある電話連絡可能な方」とあります。
そのため65歳の高齢者で年金受給のみの人でも申込み自体は可能です。
ただし、年金以外の収入を得ているのであれば、特段問題ないのですが収入源が年金のみというのがネックです。
それでもセゾンファンデックスでは年金収入のみだから申込みできないというわけではなく、申込後に電話で現在の収入状況を再度確認し、その後の審査で融資可能だと判断されれば利用することは可能です。
いずれにしても審査次第ということになるため、心配な場合は事前に電話で相談をしてみましょう。
②セゾンファンデックスの保証会社は?
セゾンファンデックスの保証会社はありません。
昨今カードローンの契約が主流になってきているので、借入審査=保証会社が入っての審査という印象ですが、中には従来どおりの方法で、自社で審査を行う金融機関も存在するのです。
そのうちの1社がこのセゾンファンデックスになります。
③おまとめローンの審査状況を問い合わせするには?
おまとめローンの審査結果が出るまで時間を要するのですが、あまりに返答が遅ければ一度問い合わせをして進捗を確認してみましょう。
連絡先はフリーダイヤル0120-214-234です。
ただし営業時間は月曜~金曜までの9時~19時までと時間が決まっています。
土日祝日はお休みなので、注意しておきましょう。
④おまとめローンに担保や保証人は必要?
不要です。 通常、保証会社が入っていない状態ならば念のためと担保や保証人交渉があってもおかしくはないのですが、セゾンファンデックスは公式ホームページにも記載があるように、基本的には担保も保証人もなしで問題ありません。
ただあくまで「基本的には」ですから、申込者の属性などによって、例外的に依頼される可能性もあると認識しておくといいでしょう。
⑤契約社員でも審査に通る?
特に雇用形態の指定はありませんから、契約社員であっても申込みは可能ですし「契約社員だから」という理由だけで審査が不利になることもありません。
しかし勤続年数が1年未満である場合や、信用情報に問題がある(他社返済を延滞している、金融事故を起こしたことがあるなど)場合などは、申込みをしても審査に通過できませんので、その点は注意しておきましょう。

まとめ

セゾンファンデックスのおまとめローンは、金利も低く消費者金融のおまとめ専用商品の中でもおすすめです。

さらに、おまとめローンの融資後に返済に困った場合も、アフターサービスとして親身に相談に乗ってもらえます。

多重債務に悩み、借金完済を目指している人は検討してみることをおすすめします。

口コミを投稿する

お客様情報
[必須]

[必須]
[必須]
[必須]
[必須]

(サイト上には表示されません)

カードローンの借入情報について
[必須]

[必須]
1
2
3
4
5
審査完了までのスピード感
[必須]
1
2
3
4
5
借り入れた金利の満足感
[必須]
1
2
3
4
5
窓口やメール対応の満足感
[必須]
1
2
3
4
5
借り入れる際の容易さや利便性などの満足感
[必須]
1
2
3
4
5
返済時の利便性や自由度などの満足感
[必須]
1
2
3
4
5
全体的な満足感、総合評価
[必須]
[必須]
カードローンの申込時の状況について
[必須]

[必須]
[必須]
[必須]

[必須]

※カードローンを借りる際に誰かに相談しましたか?

[必須]

※カードローンを借りる際に誰かに知らせましたか?

[必須]

※カードローン会社から本人確認のコンタクトはどのような方法ですか?


[必須]

※カードローン会社から遅延時のコンタクトはどのような方法ですか?


投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する

カードローンご利用満足度:  
0
 (口コミ:0人)
評価項目評価評価基準
スピード0審査完了までのスピード感
金利0借り入れた金利の満足感
サービス0窓口やメール対応の満足感
借入0 借り入れる際の容易さや利便性などの満足感
返済0返済時の利便性や自由度などの満足感

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談