学生ローンと消費者金融の違いって何?

当記事にはPRが含まれています
「借入のすべて」では、アフィリエイトプログラムを利用し、アイフル株式会社、アコム株式会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行(カードローン)、住信SBIネット銀行株式会社、株式会社NTTドコモから委託を受け広告収益を得て運営しております。

学生はサークル、友人との旅行、飲み会など、何かにつけお金が必要です。

学生がお金を必要とするときに調達する方法として、学生ローンや消費者金融が思い浮かびますが、これらの違いを理解している学生がどれくらいいるかは疑問です。

そこで今回は学生ローンと消費者金融の違いについて説明します。

結論、「どうしても今すぐにお金が必要」という場合、学生ローンではなくカードローンがおすすめです。
カードローンの最大金利である年18.0%で5万円を30日間借りた場合の利息は750円以下。さらに大手カードローンには無利息サービスが存在します。つまり、一定期間を利息ゼロで利用できます(SMBCモビットは無利息サービスなし)。

以下公式サイトをよく確認してから申し込みましょう。

学生も安心して借りれるカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

どちらも個人向けの融資を行っている

学生ローンと消費者金融はどちらも申し込み者本人に融資を行う点は同じで、サービスの内容や方向性に大きな違いはありません。

学生ローンは「学生」を対象としていますが、消費者金融は満20歳以上なら誰でも申し込めます。
※高校生を除く満18歳以上から申し込める消費者金融もある

そのため学生から見ると、学生ローンと消費者金融には明確な違いはないといえます。

学生ローンは満18歳への融資も可能

学生ローンと消費者金融の違いについて考えると、学生ローンは満18歳の学生も融資対象となる点が異なります。

日本国内で満18歳を対象に融資を行う団体やサービスは少なく、この点で学生ローンは珍しい存在です。

ただし、満18歳が学生ローンを利用する際は保護者の許可が必要な場合があり、容易にお金を借りられるわけではありません。

消費者金融は利便性に優れている

学生ローンには満18歳でも利用可能というメリットがありますが、消費者金融は利便性やサービスで優れています。

消費者金融にはアコムやプロミスのように全国展開しており、知名度の高い企業が多数あります。

これらの大手を中心に、自動契約機での契約・借り入れや無利息サービスを利用して返済負担を軽減できるため、融資を受けやすい環境が整っています。

知名度が高く大規模な企業は情報も豊富で、メリットやデメリットを正確に判断しやすく、利用者にとっては便利です。

ちなみにプロミスは、満18~74歳までなら申し込めます。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)、収入が年金のみの方はお申込いただけません。

学生も安心して借りれるカードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%
最短3分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
20~30代に人気
・初めて契約する方は30日間利息0円
借入可能かすぐに分かる事前診断でチェックできる
>>公式サイトを見る<<

SMBCモビット
3.0%~18.0%
即日融資
※申込曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱
・事前審査結果最短10秒
・契約機で土日も融資可
・WEB完結なら電話連絡、郵送物なし
※収入証明を提出していただく場合があります。
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%
最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<

どちらを利用するのがオススメ?

大学生がコンビニATMからお金を引き出す様子

学生ローンと消費者金融のどちらも利用できる場合、どちらを選ぶのがおすすめなのでしょうか。

学生ローンと消費者金融、それぞれを選ぶべき人を分けて考えます。

学生ローンを利用すべき人

学生ローンを選ぶべき人は、サービスや融資金額などで消費者金融に劣る点が多いですが、満18歳への融資が可能な点が利点です。

消費者金融では数百万円の融資が可能ですが、学生ローンはせいぜい数十万円程度で、魅力的に見えるのは消費者金融です。

しかし、満18歳が融資を受けたい場合は基本的に学生ローンを利用することになります。満18歳の場合は保護者の許可なので「親にバレずにこっそりと……」というわけにはいきませんが、数少ない融資手段です。

満18歳の学生は優先的にプロミスの利用を検討するか、学生ローンを利用すると良いでしょう。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)、収入が年金のみの方はお申込いただけません。

消費者金融を利用すべき人

消費者金融を選ぶべき人は利息負担を抑えたい人で、便利な「無利息サービス」がある点が魅力です。

大手の多くで取り扱われており、通常は初回利用日または初回契約日から30日間無利息で借り入れ可能。借りた後すぐに返済できる人にとっては、利息負担を抑え賢く借り入れできます。

融資スピードの速さも消費者金融の特徴で、「今週末ヒマだしどっか旅行でも行こうか!」というような突然の予定が入る学生にとって、即日融資が可能な消費者金融は頼りになります。

関連記事をチェック!

4784view

学生が今すぐコンビニでお金を借りるならどこがいい?

「アルバイトをしていれば学生でもカードローンの契約はできるのだろうか」 「学生が利用できるカードローンがあれば知りたい」 「コンビニATMでお金を借りたい」 さまざまな理由があって、お金が必要な...

学生が今すぐコンビニでお金を借りるならどこがいい?

借り入れを行う際の注意点

財布にお金を入れる大学生

学生ローンと消費者金融、どちらを利用するかを決めたら後は実際に申し込んで借り入れを行うだけですが、その際に注意しておきたいことをいくつか挙げておきましょう。

どちらも定期的な収入が必要

どちらを利用するにしても定期的な収入がなければ申し込むことができません。万が一申し込むことができたとしても審査落ちになる可能性が高いです。

社会人が主な融資対象の消費者金融では収入が必要です。
一方、学生ローンは収入がなくても融資をしてもらえると思い込んでいる人もいますが、実際には収入がないと融資は難しいです。

学生は融資を受けるためにパートやアルバイトで定期的な収入を得ている必要があります。

直前にアルバイトを始めた場合、それが「定期的な収入」とみなされない可能性があります。そのため、学生ローンや消費者金融の利用を検討している場合は、融資を受けるのを諦めた方が無難です。

>>>【Q&A】18歳・19歳が即日でお金を借りる際の疑問を解決

「学生だから……」は通用しない

学生はミスをしても寛大な処分で済ませてもらえることが多いです。「まだ若くて経験も少ないだろうからこれを機に成長してくれ」という配慮ですが、融資の世界では学生も社会人も関係ありません。

返済期日を守らなかった場合、「返済が遅れてるけど学生だから今回だけは大目に見てやろう」とはなりません。
しかし、普段甘めに見てもらっている学生は、融資に関しても同じ対処を期待してしまうことがあります(筆者の経験を踏まえています)。

お金が絡む以上、学生も社会人も成年も未成年も関係ないという当たり前のことをしっかり意識しないと、痛い目を見ます。

学生ローンと消費者金融の違いに関するQ&A

消費者金融から借金したら親バレする?
バレません。
大手消費者金融であれば、原則電話の在籍確認がなく、プライバシーに配慮しています。
WEB完結の契約なら郵送物は原則ないので家族にバレることもありません。
ただし、返済遅れがあると督促状が届いてしまうため注意が必要です。
学生でも大手消費者金融で借りられる?
満20歳以上で安定した収入があればどこの大手消費者金融でも借りられます。
申し込む前に申込条件や必要書類などを確認しておくとスムーズです。
大手消費者金融はサラ金?
サラ金と消費者金融はほぼ同じような意味で、今では消費者金融と呼ぶことが一般的です。
サラ金とは「サラリーマン金融」の略称で、主にサラリーマンを対象に融資を行います。
消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代、無理な取り立てを行う業者がいたため、サラ金のイメージは著しく低下しました。
そのため、サラ金と闇金を混同してしまう人もいますが、闇金は貸金業登録をしていない違法業者なので全くの別物です。
消費者金融と闇金の違いは?
消費者金融は貸金業法を遵守し、財務局や都道府県の許可を得て営業している業者、闇金は貸金業登録をせず違法に営業している業者です。
消費者金融は法律にのっとり、上限金利を年18.0%に設定する業者が多いですが、闇金は年1,000%以上に設定することも珍しくありません。
闇金の利用はまさに破滅への道なので絶対に利用してはいけません。
大学生は消費者金融からいくらまで借りられる?
総量規制というルールでは「年収の三分の一」まで借りられますが、学生は返済能力が低いためにもっと少額になるケースが大半です。
アルバイトで年収100万円の場合、総量規制なら約30万円まで借りられますが、業者によっては10万円に設定する場合もあります。
契約していきなり高額な借り入れはできないと覚えておきましょう。
消費者金融で5万円借りたら利息はいくら?
大手消費者金融の上限金利である年18.0%で5万円を30日間借りた場合の利息は750円以下です。
借入額が増えたり返済期間が延びたりすればその分支払う利息が増えるので、早期完済することが消費者金融を上手に利用するコツです。
無利息サービスがある業者を利用するとさらにお得です。
学生ローンの審査は厳しい?
学生ローンの審査は厳しくありません。学生専門に特化したサービスなので事情を踏まえて審査を行います。
しかし、厳しくないからといって誰でも審査に通るわけではありません。
申込条件を満たさなければ当然審査落ちです。申し込む前によく確認しましょう。
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

1秒で融資可能か即判断!来店不要でネット完結!
アイフル
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短18分※₁
融資速度最短18分※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by アイフル㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 初めての方は最大30日間無利息サービス
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 口座振替なら手数料無料で返済可能!
  • 原則、電話による在籍確認なし

※₁お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

最短3分融資も可。WEB完結でバレない
プロミス
実質年率4.5%~17.8%
最高限度額1万~500万円
審査時間最短3分
融資速度最短3分
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス㈱
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 30日無利息サービス実施中!
  • インターネットでお申し込み後、
    最短3分で融資も可能
  • プロミスコールでオペレーターが
    疑問に答えてくれる
  • 原則、電話による在籍確認なし

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

事前審査結果が最短10秒
SMBCモビット
実質年率3.0%~18.0%
最高限度額800万円
審査時間最短30分※₁
融資速度即日融資※₁
公式サイトを見る
[PR] Sponsored by 三井住友カード株式会社
  • 即日融資
  • 無利息期間あり
  • 借り換えローン
  • 来店不要
  • 土日祝日OK
  • 学生OK
  • パートバイトOK
  • 派遣契約社員OK
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • SMBCグループの
    SMBCモビットなので安心感抜群
  • 事前審査結果が最短10秒!
    自動契約機で土日も融資可能
  • パート、アルバイトでも
    安定した収入があればOK
  • WEB完結申込みなら、電話連絡なし・郵送物なし

※₁申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※融資限度額に関わらずSMBCモビットは収入証明を提出していただく場合があります。

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事