学生ローンと消費者金融の違いって何?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

学生はサークルに友人との旅行に飲み会に…と何かにつけお金が必要なものです。

学生がお金を必要なときに調達するための方法としては、学生ローンや消費者金融がパッと思い浮かびますが、これらの違いをきちんと理解している学生のかたがどれくらいいるかは甚だ疑問です。

そこで今回は、学生ローンと消費者金融の違いについて、説明していきたいと思います。

どちらも個人向けの融資を行っている

学生ローンと消費者金融はどちらも、申し込み者本人に対して融資を行っているという点では同じで、サービスの内容・方向性については大きな違いはありません。

学生ローンはその名の通り「学生」を融資対象者としていますが、消費者金融は20歳以上であればだれでも申し込むことが可能です。

そのため学生の目線で考えると、学生ローンと消費者金融にはハッキリと分かるほど決定的な違いがあるわけではないことになります。

学生ローンは未成年への融資も可能

学生ローンと消費者金融の違いを考えるとするのであれば、学生ローンは消費者金融とは異なり学生であれば未成年も融資対象者となりえるということが挙げられるでしょう。

日本国内で未成年を対象にした融資を行っている団体・サービスというのは非常に少なく、そういう意味では学生ローンは珍しい存在であると言えます。

ただし、未成年の人が学生ローンを利用する場合には保護者・親権者の許可が必要になるため、未成年の学生が見境なくお金を借りられるわけではないということには注意が必要です。

消費者金融は利便性に優れている

学生ローンには「未成年でも利用可能」という大きなメリットがある一方で、消費者金融のメリットとしては利便性やサービスの点で優っているということが挙げられるでしょう。

消費者金融には、アコムやプロミスのように全国的に展開しており知名度も高い企業がいくつもあります。

そのような大手を中心に自動契約機で契約・借り入れを行えたり、無利息サービスを利用して返済負担を抑えられたりと、融資を受けやすい環境が整えられています。

知名度が高く規模も大きい分だけいろいろな情報も出てきやすく、メリットやデメリットについて正確に判断しやすいというのも、利用者からすると助かるポイントかもしれませんね。

どちらを利用するのがオススメ?

では、学生ローンと消費者金融のどちらも利用できるとなったときに、どちらを選ぶのがオススメなのでしょうか。

学生ローンを選ぶべき人と消費者金融を選ぶべき人、それぞれに分けて考えていきます。

学生ローンを利用すべき人

まずは学生ローンを選ぶべき人ですが、ハッキリ言ってサービスや融資金額などの融資において重視するべきポイントでは、学生ローンが消費者金融に勝てる要素はほとんどありません。

数百万円単位の融資が可能なところもある消費者金融に対して、せいぜい数十万円程度が関の山の学生ローンでは、どう考えても消費者金融のほうが魅力的に映るでしょう。

しかし学生ローンが勝てるポイントとして、先ほども触れたように「未成年への融資が可能」という点が挙げられるので、未成年で融資を受けたいという人は必然的に学生ローンを利用することになります。

未成年の場合は保護者・親権者の許可を受けなければならないため、「親にバレずにこっそりと…」というわけにはいきませんが、それでも未成年者が融資を受けられる数少ない手段であることは間違いありません。

お金が必要になる局面というのは成年・未成年問わず訪れるものですから、未成年の学生がお金を調達したい場合には、学生ローンを利用するといいでしょう。

消費者金融を利用すべき人

続いて消費者金融を選ぶべき人ですが、消費者金融には「無利息サービス」という非常に便利なサービスがあります。

大手を中心に取り扱われているサービスで、初回利用日or初回契約日から一定期間内(たいてい30日間)であれば無利息で借り入れを行うことが可能です。

そのため、借り入れを行った後すぐに返済できるメドが立っている人にとっては、利息負担を抑えられて非常に賢く借り入れを行えるようになっています。

また、融資スピードが早いのも消費者金融の特徴です。

学生時代というのは、「今週末ヒマやしどっか旅行でもいこか!」といったように突然予定が降って湧くことが日常茶飯事です。

そのような場合に、最短で即日融資が可能なところも多い消費者金融は非常に頼りになるでしょう。

借り入れを行う際の注意点

学生ローンと消費者金融、どちらを利用するかを決めたら後は実際に申し込んで借り入れを行うだけですが、その際に注意しておきたいことをいくつか挙げておきましょう。

どちらも定期的な収入が必要

まずは、どちらを利用するにしても定期的な収入がなければ申し込むことができませんし、万が一申し込むことができたとしてもまず間違いなく審査落ちになってしまうということです。

社会人が主な融資対象となる消費者金融の場合は収入が必要であることは想像が付きますが、学生が融資対象となっている学生ローンは収入がなくても融資をしてもらえる、と何となく思い込んではいないでしょうか。

しかし学生ローンもれっきとした融資事業である以上は、収入がない相手に融資を行ってくれるはずがありません。

そのため、学生の場合は融資を受けるためにパートやアルバイトなどで定期的な収入を得ている必要があります。

申し込む直前に急きょアルバイトを始めたとしても、それは「定期的な収入」とみなされない可能性が高いので、学生ローン・消費者金融の利用を検討している段階でパート・アルバイト等を行っていない場合は、融資を受けるのを諦めるほうが無難でしょう。

「学生だから…」は通用しない

また、学生というのはミスをしても寛大な処分で済ませてもらえることが多々あります。

「まだ若くて経験も少ないだろうからこれを機に成長してくれよ」という配慮だと思うのですが、融資の世界においては学生だろうが社会人だろうが関係ありません。

決められた返済期日を守らなかった場合に、「返済が遅れてるけど学生だから今回だけは大目に見てやろう」とはならないのです。

しかし普段からいくぶん甘めに見てもらっていることの多い学生は、融資に関してもそのように対処してくれると思ってしまいがちです(筆者の経験も踏まえています)。

お金が絡む以上、学生も社会人も成年も未成年も関係ないという当たり前のことを今一度しっかり意識しておかないと、痛い目を見ることになりますよ。

まとめ

以上、学生ローンと消費者金融の違いについての説明を行ってきました。

学生ローンも消費者金融もどちらも融資を行っているという点では同じであり、学生ローンが利用できる分だけ学生は社会人よりも選択肢が多い立場にあるという考え方もできます。

一般的には消費者金融のほうが便利に利用できることが多いですが、学生ローンは学生街の近くに店舗を構えていることが多く、対面でやりとりができることが有利に働く可能性もあります。

いろいろな選択肢の中から、自分にとって最善であると思われる方法を選んで借り入れを行うようにしましょう。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アコム
新生銀行カードローン レイク
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談