ローン契約で必要となる印鑑の種類

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

ローン契約における印鑑の種類

最近ではすべての手続きをインターネットで完結することができるカードローンもありますが、ローンの契約は基本的に書面によって行われます。

書面によるローン契約では、氏名などの記入や印鑑の押印をすることになります。

この際に使用する印鑑は「銀行印」「実印」のいずれかを押印することで契約手続きすることができます。

銀行印とは、新規で口座を作ったときに使用した印鑑のことをいい、口座に関わる手続きの際には銀行印を使用して手続きしなくてはなりません。

実印とは、役所に届けている印鑑のことをいい、その証明として印鑑証明書の交付を受けることができます。

実印は個人1人につき1個に限られており、印鑑証明書の提出が必要な手続きの際には実印を使用しなくてはなりません。

ローンの種類によっては、銀行印として届けている印鑑ではなく、実印を押印しなければ手続きすることができないものがありますので、どのような時に実印が必要なのかということについて解説していきます。

関連記事をチェック!

1013view

お金を借りるのに印鑑証明や実印は必要なの?

お金を借りるのに印鑑証明や実印が必要なのではないか。 そんなことをふと考えたことはありませんか? 特に高額なお金を借りようと考えていた場合、疑問は深まりますよね。 お金を借りるという...

仮申込は認印でも手続きできる

ローンを契約する前には「仮申込(事前申込)」と「本審査」の申し込みをするときがあります。

仮審査とは、希望する金額を借りることができるのかどうかということを確認するために行うものであり、この審査に通ることができた場合には本申込へ進むことができます。

この仮申込は、よくATMコーナーなどにあるローンのリーフレットにも付いており、審査に必要となる情報の記入・押印をして郵送することで申し込むことができます。

この際に使用する印鑑は銀行印や実印ではなく、認印を押印しても手続きすることができます。

認印とは、実印のように印鑑の届け出はしていないが、物事を承認したことを証明する印鑑のことをいいます。

仮申込みはあくまでも「仮」の申し込みでありますので、申し込みを承認する認印でも申し込みすることができるということです。

ローン契約で実印が必要となるケース

ローン契約において実印が必要となるケースとしては、法人であれば融資契約全般で必要となります。

個人のローン契約の場合の代表的なケースとしては、住宅ローンを借りる時に必要となります。

住宅ローンは、個人の借入としては最も高額となるものであり、実印が必要となるのは住宅ローンのような高額な借入が発生する際に必要となります。

また、実印が必要な場合には合わせて印鑑証明書の添付も必要となりますので、住宅ローンを借りる際には印鑑証明書を役所で取得しなければなりません。

また、住宅ローンの場合には抵当権設定もすることになり、このような登記に関することでも実印と印鑑証明書が必要となります。

住宅ローン以外に実印と印鑑証明書が必要となるローンは、住宅ローンと同じように不動産を担保にして借りる不動産担保ローンなどのときです。

実印が必要となるローン契約には限りがあり、個人が主に契約をするカードローンやフリーローン、自動車ローンでは実印ではなく銀行印を使用して手続きすることが可能となっています。

自動車購入時の実印はローンのためではない

ディーラーなどで自動車を購入した際にも印鑑証明書の提出を求められ、実印を押印する時があります。

しかし、先ほども少し触れましたが、基本的に自動車ローン(ディーラ―ローン)では実印を押印することなく契約手続きをすることができます。

では、なぜ実印と印鑑証明書が必要となるのかといいますと、それは自動車の所有者を陸運局に登録するためです。

陸運局に所有者を登録する際には必ず実印と印鑑証明書が必要となり、自動車を購入する際にはディーラーの担当者が手続きを代行してくれます。

このために実印が必要となるのですが、陸運局に登録をするのは普通車ですので、軽自動車を購入する場合には実印と印鑑証明は必要ありません。

また、ディーラーローンを借りると所有者は信販会社などになり、購入した人は使用者として登録されます。

使用者の場合は実印を押印する必要はなく、住民票を提出するだけで手続きすることができますので、自動車ローン全般で実印と印鑑証明書は不要となります。

連帯保証人は実印と印鑑証明書が必要

ディーラーローンの契約において、実印と印鑑証明書が必要となるケースがあります。

それは、連帯保証人を付けて契約をする時です。

実印と印鑑証明書が必要となるのは連帯保証人となる人のものが必要となり、購入者の実印と印鑑証明書は不要です。

ディーラーローンの場合、購入者は車を担保としていますが、連帯保証人に関してはその人の信用だけが頼りとなりますので、実印と印鑑証明書によって連帯保証人となる意志の確認をする必要があります。

関連記事をチェック!

106view

高額ローンを組むなら慎重に

ローンを組む前には何かと不安な点や分からない点があるものです。 もちろん住宅や車を購入する際には銀行員などの専門家がしっかりと説明を行ってくれますが、返済期間や金利など、事前にある程度知っておい...

実印と印鑑証明書が必要なタイミング

住宅ローンを借りる際には「仮申込(事前申込)」「本申込」「契約手続き」「融資実行」の手順を踏んでいきますが、実印と印鑑証明書が必要となるタイミングはどこなのかということが気になります。

特に印鑑証明書は3ヶ月以内に発行されたものでなければ証明書としての効力はありません。

住宅ローンの手順自体は少ないように感じられますが、実際にこれらの手順を踏んでいく過程にはハウスメーカーや不動産業者との契約などがありますので、少なくとも1ヶ月以上かかってしまいます。

仕事などの影響で人によっては数ヶ月かかってしまうこともありますので、有効期間が短い印鑑証明書はできるだけ提出する直前に取得したいものです。

印鑑証明書が必要となるタイミングは、契約手続きおよび抵当権設定時となります。

実印は本申込の時から押印しておく必要がありますので、実務上は契約時に押印した印鑑が実印なのかということを確認することになります。

関連記事をチェック!

1349view

銀行や消費者金融でお金を借りる時に必要な書類は?

最近はカードローンの利用者が増加して定番化したので、お金は短時間で簡単に借り入れできると思っている人も少なくないでしょう。 しかし、金融機関から借り入れるときは、面倒な作業が多いのが一般的です。 ...

必要となる印鑑証明書の通数は銀行で異なる

印鑑証明書が何通必要となるのかは、融資を受ける銀行によって異なります。

大手銀行であるみずほ銀行とりそな銀行とで必要となる通数を比べてみます。

銀行名みずほ銀行りそな銀行
申込者連帯保証人申込者連帯保証人
保証委託契約および契約締結1通2通2通1通
抵当権設定1通1通1通1通

それぞれで必要となる印鑑証明書は申込者本人だけでなく、連帯保証人となる人についても異なります。

手続き時に印鑑証明書が足りない、または余分な取得を防ぐためにも、必要となる通数は銀行の担当者に確認する必要があります。

まとめ

実印は高額な融資の手続きや抵当権の設定などの時に必要となる重要な印鑑です。

この印鑑でなければ絶対に手続きができなく、印鑑証明書も合わせて提出することで本人確認も兼ねて厳しくチェックされます。

しかし、実印自体はどのような印鑑であっても役所に行って簡単な手続きをするだけで登録することができます。

重要なのは実印と印鑑証明書がなければ重要な手続きをすることができないということです。

それほどいないと思いますが、実印を普段使いすることはできるだけ避けてしっかりと管理しておくようにしましょう。

関連記事をチェック!

210view

シャチハタは借用書の信用度を下げるだけ!

借用書にシャチハタを使った。 これって大丈夫なの? 借用書に限らず、各種契約書類にシャチハタを使って、あとで心配になったという思いをしたかたは少なくないでしょう。 結論から言えば、信用度の高い有...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談