バイト先に前払いを頼む方法とは?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

「給料日前はいつもお金がない…」なんていう事は、誰にでも経験がありますよね?

特にバイトなどをしていて、それほど稼ぎも多くない月には、給料日までお金がもたない…というケースもよくあると思います。

そこで、今回はバイトの給料を前払いしてもらうための方法や、前払いをしてくれるアルバイト先の一例など、いくつかご紹介したいと思います。

この記事はこんな方におすすめ

今回の記事は以下の人におすすめの内容です。

  • バイト先に給料の前払いを頼みたい人
  • 給料の前払いができる仕事を見つけたい人
  • 前払いを利用するデメリットを知りたい人

そもそも「前払い」とは?

前払いをしてもらう方法などをお伝えする前に、まずは「前払い」とはなんなのか?基本的なところからお伝えしていきたいと思います。

前払いの基本的な知識

前払いとは、いわゆる「給料の前借り」と同じ意味で使われる言葉です。

給料の前払いは、「自分が働いた分の給料の中から、まだ支給を受けていない分の給料を、次の支給日を待たずに受け取る」ということを示します。

働いた分の給料を受取るだけで、借金ではなく、取り扱ってもらえる職場も多いです。

前払いの条件

通常、前払いを依頼するときには、勤務先の総務担当者や社長にお願いする必要がありますが、一般的な企業やお店では、前払いを頼んでも認めてもらえません。

会社やお店では、まとめて給料を支払う仕組みを取っている都合上、個別に給料を前払いするのは手間やコストがかかるため、基本的には対応していないのです。

しかし、以下のケースにおいては、前払いしてもらうことが可能です。

緊急時やむを得ない場合

一つ目は労働基準法で認められるケースです。

労働者の権利を守る法律である労働基準法ですが、中には特別な事情がある場合には経営者は、前払いに応じなければならないという規則があります。

例えば、「震災で家を失って仕事もできない…でも生活する為のお金が必要」という場合や、「病気で仕事が出来ない為に前払いを依頼する」というようなケースです。

このような非常事態の場合は、会社は前払いを認めなければならないというルールになっています。

仮に断られた場合には、労働監督署に相談をすれば前払いができるように対処してもらえることを、念のために覚えておきましょう。

前払い制度を設けている会社

最近では、社員やバイトの福利厚生の一環として、「給料の前払い制度」を正式に導入する企業も増えています。

ある会社では、前払い制度を導入する前と後では、バイトの応募人数が3倍以上になったケースもあるくらいです。

前払い制度がある会社は、簡単に前払いの申請ができるため、特別な事情がなくとも気軽にバイト代を前借りできます。

会社に前払いを頼む方法は?

会社に前払いを頼む場合は、前払いを誰に頼めばよいのか、どのようにして頼めばよいのか気になりますよね。

基本的には勤務実績分の金額が前払いに応じてもらえる金額ですが、研修期間の場合や完全出来高制の会社では対応してもらえないこともあります。

ここでは、現在働いている会社に対してどのように前払いを頼めば良いのか、これから働く会社にどのようにして前払いを頼めば良いのかを解説します。

今働いている会社に頼む方法

今現在働いている会社やバイト先に前払いを頼む場合、頼む相手は会社の規模や状況によって変わります。

会社の規模が小さく経理を社長が管理している場合には、社長に直接前払いを頼みますが、規模の大きい会社の場合は、経理担当者や担当の上司に頼むことになります。

バイトの場合は、基本的には上司や店長に相談をすることとなりますが、事前に前払いの制度があるか確認をして、ない場合には前払いを希望する正当な理由を伝えられるように準備しておきましょう。

状況によっては、前払いに関する書類の記入を要求されるかも知れませんので、印鑑などの準備もしておくことをオススメします。

これから働く会社に前払いを頼む場合

これから働く会社、または今から面接をするバイト先に前払いを頼む場合には、初回勤務時や採用決定直後に前払いを頼むと良いでしょう。

面接時に前払いの話をしても良いですが、前払い制度が整っていない会社だと前払いの話を出すことで、面接に悪影響をあたえる可能性があります。

また、頼むときには誠意のある対応をして、高圧的な頼み方せずに、会社に悪い印象をあたえないようにしましょう。

企業の就業規則に前払い制度がない場合

会社やバイト先の就業規則内に、前払い制度がない場合には基本的には前払いの相談をしても断られる可能性が高いです。

しかし、先ほど紹介したような正当な理由がある場合は、就業規則に前払いの要項がなくても応じてもらえます。

また、会社によっては前払い制度が正式に決められていなくても、相談に応じてもらえる可能性があります。

どうしてもお金に困っているのであれば、上司に相談してみるのも良いでしょう。

前払いができる企業やその方法

では、以上でご紹介したような「前払い制度」はどんな企業で採用されているのか?

また、それらの企業で採用されている前払い制度とは、実際どのようなものなのか?

具体的にお伝えしていきたいと思います。

前払いできる企業の一例

前払い制度を採用している企業は増加していますが、この制度は「人材定着率が良くない業界」で、よく採用されています。

つまり、人がすぐに辞めてしまうリスクを、このような魅力ある給与制度でつなぎとめておきたいという思いがあるのかもしれません。

例えば、外食産業の「株式会社すかいらーく」や、白木屋などの居酒屋を展開している「株式会社モンテローザ」などがその例です。

外食産業の人材定着率は50%と言われていますので、このような前払い制度は定着率向上に一役買っているようです。

又、外食産業のほかにも、派遣会社の「日総工産株式会社」や、「MantoMan株式会社」などは、前払い制度を採用しています。

これらの会社は、主に工場系の作業員や、期間工などの募集を主に行っている会社で、このような給与制度を前面に出して、「お金がなくてすぐに働きたい!」という人を積極的に採用しています。

前払い制度の例

次に、具体的な前払いシステムの一例をご紹介します。

東京都民銀行の前給制度

このシステムは、先ほどご紹介した「すかいらーく」や「モンテローザ」が採用している仕組みです。

東京都民銀行が提供しているサービスとなるのですが、特に東京都民銀行の口座が必要という訳でもなく、スマホやパソコンがあれば、いつでも自分の給与口座に前払い分を入金してもらう事が可能です。

ただし、企業によっては振込み手数料を負担する必要がありますので、併せて覚えておきましょう。

◆東京都民銀行公式サイト:「前給制度」

アド給

こちらは、「株式会社 アド給」という会社から提供されているシステムですが、既に派遣会社や外食産業チェーンなどが、このシステムを採用しています。

このサービスの特徴は、午前10時までに依頼すれば、当日中に振込み入金をしてもらえる点にあります。

「急な飲み会があって…」とか「今日はクレジットカードの決済日なのにお金がない」という時には、とても頼りになるサービスです。(土日祝の場合は、翌営業日に振込み)

◆アド給公式サイト

前払い可能な求人の探し方

求人サイトを利用して、前払いに対応しているバイトや求人を探すことは意外と簡単にできます。

多くの求人サイトでは検索項目を入力する欄があるため、こちらに「前払い」や「前借り」と入力して検索すると、該当する求人がでてきます。

また、タウンワークでは「ぴったり!条件検索」で選べる項目が幾つかあり、前払いの項目もあるため、チェックを入れて検索すれば見つかります。

前払いとは少し異なりますが、短期間で給料をもらいたい場合には即日払いなどの項目も併せて検索すると良いでしょう。

以下では、代表的な求人サイトでの前払いのバイトの探し方を紹介します。

求人サイト検索方法
タウンワークぴったり!条件検索から「前払い」にチェックを入れて検索
Indeedキーワードに「前払い」と入力して検索
求人ボックスキーワードに「前払い」と入力して検索
マイナビバイト東京版フリーワード検索で「前払い」と入力して検索

前払いをするメリットやデメリット

今では普通になった「給料の前払い・前借り」ですが、お金がない時に便利というメリットがある一方で、デメリットもあることも忘れてはいけません。

ここからは、そんな「前払いのメリット・デメリット」について、いくつかお伝えしていきたいと思います。

メリット「転職した時に助かる」

前払い制度のメリットは、月々の生活費が足りなくなる時に助かるということはもちろん、転職などをしたときには、とても頼りになるサービスです。

転職したときは、お金がない場合が多く、一方で会社に行く交通費や食費など、日々の出費もばかになりません。

そんなときに前払い制度を利用できれば、なんとか急場をしのぐことも可能です。

デメリット「前払い体質の依存」

一方デメリットとしては、一度前払いを頼んでしまうと、延々と前払い体質に依存してしまうという点が挙げられます。

給料の前払いをしてもらうという事は、当然ながら次回の給料の手取りは通常よりも少なくなります。

その為、前払いをした月は、次の月で倹約するなど、どこかでリセットしないと、延々と前借りが続く…というリスクが発生します。

デメリット「信頼を失う」

前払い制度では、その都度の申請が不要のケースもありますが、社長や経理担当者は、誰が前払いをしたのか?ということを全て把握しています。

そのため、度々前払いを依頼していると「この人にはお金に関して計画性が無いな」という悪い印象を与えてしまうことになってしまいます。

以上の理由においても、やはり前払いは「緊急事態のみ」と決めておくことをオススメします。

前払い体質から抜け出す為に

では、できるだけ前払いを頼まずに済ますには、生活面でどのような点を改善すれば良いのでしょうか?

具体的な対応策を紹介して行きます。

家計を見直してみる

普段の生活費で、もっとも出費額が多いのは「食費」「住居費用」「通信費」です。

その中でも比較的見直しが容易なのは、住居費用と通信費です。

まず住居費用については、少々引越し費用がかかったとしても、公営住宅に転居したほうが、格段に家賃を下げることが可能です。

特に公社の特優賃では、家賃のキャッシュバックなどを盛んに行っていますので、是非一度チェックしてみてください。

また通信費についても、他社乗り換えをする事で、キャッシュバックを受ける事ができたり、大幅な通信費削減を狙えたりする場合もあります。

格安SIMや格安スマホを利用した場合には、大手通信会社の利用金額の半額以下で利用できるケースもあります。

固定費の削減は目に見えて家計を改善できるので、積極的に行っていきたいところです。

◆東京都住宅供給公社公式サイト:「都民住宅の家賃補助制度について」

◆ソフトバンク公式サイト:「他社乗り換えキャッシュバックの例」

おすすめ家計管理方法をやってみる

また、もらった給料でやりくりできる「家計管理テクニック」も是非試してみてください。

その中でもおすすめは、「緊急出費用の口座を別に作っておく」と言う方法です。

「ついつい前借りしてしまう」と言う方は、急な飲み会や、急な冠婚葬祭の費用に悩まされている場合多いのでは無いでしょうか。

そんなひとは、普段使わない口座に、緊急出費用にお金をプールしておきましょう。

いざというときだけそのお金を使うという方法をおすすめします。

前払いを断られた場合は?

これまで紹介してきたように、前払いは全ての企業で行われている取り組みではないため、断られてしまう可能性もあります。

しかし、前払いを断られてしまったとしても、他の解決方法がまだ残されています。

最後に、給料の前払い以外でお金を用意する方法と、その注意点についてもご紹介しておきたいと思います。

カードローン

おすすめはカードローンですが、カードローンの上限金利は、ほとんど「年率18%」と非常に高くつきます。

そのため、カードローンを利用する場合には、できるだけ少額で且つ少しでも早く返済するということがポイントになってきます。

アコムやプロミス、そしてレイクなどでは、30日間無利息(レイクは60日間無利息や5万円まで180日間無利息もあり※)でキャッシングできるサービスもありますので、そのようなサービスを利用しながら、上手にカードローンを利用したいものです。

クレジットカード

クレジットカードでキャッシングするというのは有名な方法ですが、クレジットカードで商品を購入して、それを転売して現金を得るという方法もあります。

しかし、この方法はカードの規約に違反しますので、おすすめはしません。

特に新幹線の回数券などを購入し、チケットショップに転売するようなケースが多発していたため、カード会社によっては新幹線の回数券のカード決済を「事前連絡要」としているところもあるくらいです。

最悪の場合はカードの停止もされてしまいますので、充分注意しましょう。

不用品を売る

お金を調達する方法として、不用品や使わなくなったブランド品などを売るという手段もあります。

不用品を売却する方法として、リサイクルショップや質屋に持込みをする方法がイメージされやすいですが、ネットを活用して売ることも出来ます。

特に趣味やサブカル系のグッズは、ヤフオクやメルカリなどで販売すると、マニアに購入してもらえるため、リサイクルショップでの買取よりも高額で売れる可能性があります。

オークションやフリマはアプリを使うことで、だれでも気軽に販売を開始できるので、不用品がある人は是非活用してください。

親や友人から借りる

どうしてもお金を用意しなければならない状況であれば、家族や友人に頼み込み借金をするのもひとつの手です。

しかし、身内から借金をした場合、返済が上手くいかなければトラブルに発展する可能性も高いため、安易に行うことはおすすめできません。

もしも、家族や友人からお金を借りるときには、借用書を作成して返済日を守るようにしましょう。

くれぐれも返済に遅れて、信頼を失わないように気を付けてください。

まとめ

今回は、バイトの給料の前払いというキーワードで情報をお届けしました。

冒頭でもお伝えした通り、給料の前払いはとても便利なサービスです。

しかし、それを繰り返してしまうと、余計にお金のやりくりが厳しくなり、生活苦に陥ってしまう場合もあります。

この記事でお伝えしたような家計管理術も駆使しながら、できれば前払いの申請をせずにやりくりしたいものですね。

※新生銀行カードローン レイクは2018年4月より新規申し込みの受付が停止されました

※この記事は2019年6月18日時点での情報です

※レイクALSAの60日間無利息は、初めてお申し込み頂いた方、Webで申込いただきご契約額が1~200万円の方限定。30日間無利息、180日間無利息と併用不可。

※レイクALSA借入条件●極度額/1万円~500万円●貸付利率(実質年率)/4.5%~18.0%●遅延損害金(年率)/20.0%●返済方式/残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式●返済期間・回数/最長8年・最大96回●担保・保証人/不要●要審査

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談