借金の連帯保証人を変更できるケースとできないケース

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

借金の連帯保証人になると金融機関はよほどのことがない限り、連帯保証人の変更に応じてくれない場合が多いです。

しかし勝手に保証人にされてしまった場合や脅迫や金融機関側の説明不足によっての勘違いの場合は変更を主張することが可能です。ただし連帯保証人の変更ができない場合ありますので注意が必要です。

執筆者の情報
名前:梅星 飛雄馬(55歳)
職歴:地域密着の街金を30年経営

借金の連帯保証人の責任は重い

カードローンなど小口借入であれば無担保無保証で契約も可能ですが、住宅ローンや自動車ローン、事業性資金となると融資する金額も大きくなるため、通常金融機関は保証人を要求してきます。

保証人としては単なる保証人と連帯保証人に分かれます。

単なる保証人は主債務者(お金を借りた人)が返済不能になった場合に借金の肩代わりをするのに対して、連帯保証人は主債務者と同じ立場、同じ責任を負わなければなりません。

つまり金融機関としては借金返済を求めるのに主債務者に行っても、連帯保証人に行っても良いわけです。

さらに主債務者に借金返済できるだけの資産があったとしても、連帯保証人は主債務者の資産を処分して借金返済に充当してほしいと主張することができません。

また単なる保証人は保証人の数に応じて主債務者が返済しなかった場合、借金の額を頭数で割って弁済すれば良いのですが、連帯保証人は何人いたとしても主債務者の借金全額を返済しなければならないなど責任は非常に重いのです。

親が会社経営をしている、友人と会社を立ち上げるなどどうしても金融機関からお金を借りなければならないこともあることですね。

金融機関としてはより責任が重い連帯保証人を求めてきます。しかし何らかの理由で連帯保証人から外れたいことも出てきますよね。

その場合借金の連帯保証人を他の誰かに変更することはできるのでしょうか。

借金の連帯保証人は変更できる?

お金を融資した金融機関にとって連帯保証人は主債務者とセットで契約したと考えていますので、連帯保証人を変更して欲しいとお願いしても基本的に受け付けることはありません。

連帯保証人は誰でもなれるということではありません。

主債務者(お金を借りた人)と同等の責任を負う立場にありますので、返済能力や資産状況、信用情報機関に登録されている個人信用情報を総合的に判断し、連帯保証人として適しているのかそうでないのか判断しています。

連帯保証人にしっかりとした返済能力があることを確認した上で、金融機関は融資したわけですから簡単に連帯保証人を変更することを認めるわけにはいかないのです。

しかし知らない間に書類を持ち出され勝手に連帯保証人にされてしまった、または友人とともに立ち上げた会社でも考え方の違いや経営方針の違いによって、連帯保証人から外れたいとなる場合もありますよね。

借金の連帯保証人は融資した金融機関がOKすれば変更できないことはありませんが、その代わりに他の連帯保証人を用意しなければならないことや、今までの連帯保証人と同じくらいの返済能力を持った人でなければならないなど変更するにはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

ただし次の条件に当てはまる場合は連帯保証人を変更または解除できる可能性が残されています。

連帯保証人を変更できるケース

一度連帯保証人になってしまうと変更してしまったのでは人間関係が壊れてしまうのではないか、主債務者(お金を借りた人)に迷惑をかけてしまうのではないか、と考えてしまいがちですが、連帯保証人の責任の重さを感じればそんな甘いことは言っていられませんね。

連帯保証人の変更または解除できる可能性として次の3つがあります。

未成年が連帯保証人となった場合

未成年者は民法第5条によって、法律行為をするには法定代理人の同意を得なければ後で契約を取り消すことができると定められています。

借金の連帯保証人になるには金融機関と連帯保証契約を結ぶ必要があります。

連帯保証契約は法律行為ですから、勘違いによって連帯保証人になってしまったとしても後で取り消すことができるのです。

この場合は金融機関に対して債務不存在であることの文書を内容証明郵便で郵送することで、連帯保証人から外れることができる可能性が高いです。

◆電子政府の総合窓口e-GOV 民法

関連記事をチェック!

1045view

年齢制限なしのカードローンは存在する?

銀行で融資を受けたいと考えたとき、年齢制限について気になる人もいるのではないでしょうか。 多くのカードローンでは、年齢制限が設けられているため、未成年や高齢者のかたの場合、申し込み資格がないケースも...

知らない間に勝手に連帯保証人とされた場合

主債務者(お金を借りた人)が親や親戚、一緒に会社を立ち上げようとする友人の場合、連帯保証人について話し合いを持つことがあると思います。

話し合いの途中で席を外した際に勝手に鞄の中から印鑑証明書や実印を取り出されてしまい、連帯保証契約書に印鑑を押してしまう、ちょっと考えると犯罪的な行為によって知らない間に勝手に連帯保証人にされてしまう可能性もないわけではありません。

金融機関としては印鑑証明がある、実印も契約書に押してあるとなると連帯保証人から依頼を受けたのではないかと誤認させてしまう可能性があるのです。

しかし連帯保証人が同意していないのに勝手に契約してしまう行為は無権代理と言い、後から連帯保証人の解除請求を行うことが可能です。

内容証明郵便によって債務不存在の文書を金融機関に郵送しておきましょう。

ところが内容証明郵便だけでは連帯保証人を解除してくれない場合も出てきます。

署名の字が違うではないか?と金融機関に対して反論したとしても、金融機関としては書類上は全く問題ないと受け付けてくれない可能性があるのです。

本当に主債務者に対して契約の代行を委任していないのか、署名した字体は本当に連帯保証人の筆跡と違うのか証明しなければならなず、最悪の場合は訴訟に発展する可能性も出てきます。

根保証契約期間満了で連帯保証人を解約できる

根保証契約とはカードローンで言うところの利用限度額を定め、主債務者(お金を借りた人)が利用限度額内で自由に追加借入を行うことができる契約のことを言います。

根保証契約は必ず契約期間が定められていますので、契約期間満了と同時に更新手続きを行わなければ連帯保証人を解約することができます。

根保証の契約期間は法律によって最大でも5年までと定められています。

ただし根保証契約で自動更新となっている場合は、連帯保証人が更新時期に合わせて解約手続きを行わなければなりません。

関連記事をチェック!

3310view

借金の連帯保証人を変更できるケースとできないケース

借金の連帯保証人になると金融機関はよほどのことがない限り、連帯保証人の変更に応じてくれない場合が多いです。 しかし勝手に保証人にされてしまった場合や脅迫や金融機関側の説明不足によっての勘違いの場合は...

騙されて連帯保証人になった場合は変更できる?

親や友人からこれは連帯保証人の契約書ではない、契約に立ち会ったというだけの書類だ、と言葉巧みに騙された場合、消費者契約法第4条によって連帯保証人を取り消すことが可能です。

それに第一金融機関は連帯保証人となる人に内容の説明をしっかりしなければならない義務を果たさなければなりません。重要事項の不告知は契約解除の手がかりとなります。

騙されて連帯保証人に仕立て上げられた場合や、脅迫によって連帯保証人となった場合も同様に連帯保証人の変更を申し出ることができるのです。

◆電子政府の総合窓口e-GOV 消費者契約法

関連記事をチェック!

1404view

なりすまし借入の被害にあったらどうすれば良い?勝手に借りられたときの対処法

なりすまし借入というのを聞いたことはありますか? 油断していると知らない間に、自分が身に覚えの無い借入をしたことになって、知らない金融機関から請求をされる危険性があります。 そんな事態を避けるため...

連帯保証人を変更できないケース

連帯保証人になったのが未成年以外の場合で、たとえ騙された脅迫されて連帯保証人になったとしても連帯保証人を変更できないケースがあります。

それは融機関に対して借金の一部、たとえ金額が1円だったとしても返済してしまうと、連帯保証の追認をしたことになってしまいますので、連帯保証人は後で取り消すことができません。

関連記事をチェック!

229view

借金の保証人になってほしいと頼まれたら

借金の保証人になってほしいと頼まれたら、あなたはどうしますか? 借金の保証人は、引き受けてしまうととんでもない事態に巻き込まれる可能性があります。 借金の保証人にだけはなるな、と言われる理由には、頷...

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

  1. 小林修さん|2019-10-12 09:04:21

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    オートローンの保証人が、ご主人が勤める会社の社長さん、ってこと。
    そして、会社を退職するにあたって、保証人を変更してほしい、ということ。

    結論から言うと、変更することは可能です。
    クルマの所有者はローン会社になっているでしょうから、ディーラーではなくローン会社がOKすれば良いのです。

    ただし、保証人を必要とするオートローンとのことですが、契約金額が相当に高額だった、わけですよね。
    オートローンで保証人を立てる場合、契約者の返済能力が劣っていると判断されています。

    となると、保証人を変更する場合、現在の保証人と同程度の返済能力を持った人が求められてしまいます。
    しかし、残債が相当減っているなら、信用情報に問題がなく、安定した収入のある人ならOKです。

    まずはオートローンのヘルプデスクなど、相談できるオペレーターに相談してみましょう。

  2. りんさん|2019-10-11 20:23:27

    主人名義の車のローンの保証人を主人の会社 社長名義になっています。
    仕事柄、腰も限界に来ており退職予定なのですが、会社側から保証人変更をする様に言われたそうです。
    この場合、保証人変更できるのでしょうか?

  3. 小林修さん|2019-09-29 09:02:56

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    返信遅れましたことお詫びします。

    結論から申し上げれば、友人の子供さんに借金返済義務はありません。

  4. あささん|2019-09-25 22:12:42

    お返事ありがとうございます。
    連帯保証人は私ではなく友人の話なのですが、彼女には障害を持つお子さんがいます。
    現在支援学級に通っています。
    例えばですが、その彼氏の会社が自己破産した場合保証人である彼女が支払う事になると思いますが、彼女が働けない、もしくは収入がなく自己破産したとします。
    そうしますと彼女の子供が支払う事になるのでしょうか
    その子が大人になっても自活するのが難しい場合、借金はどうなってしまうのでしょうか

  5. 小林修さん|2019-09-21 09:07:55

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    現在、会社は男性が経営しており、あなたが連帯保証人の立場ですよね。

    結論から言うと、連帯保証人の変更は相当に厳しいです。

    いくらの債務を保証しているのかわかりませんが、その会社に融資している金融機関は、あなたの信用力と返済能力を高く評価しています。

    そもそも連帯保証人を要求されること自体、経営している男性には十分な資力がないからです。

    さて、連帯保証人の変更ですが、できるとすれば、あなたと同じくらいの信用力と返済能力を持った人を立てるしかありません。

    変更手続きも煩雑になることが多いですから、金融機関の担当者と相談してみてください。

  6. あささん|2019-09-20 10:59:06

    友人がお付き合いしていた男性と立ち上げた会社の連帯保証人になっています。
    立ち上げ直後に2人は別れてしまいましたが未だに保証人になっています。(五年以上経っています)
    仕事を途中で放棄した形でのお別れで、彼氏さんから相当恨まれているようで友人は会うのを恐れてその後話し合いなどは出来ておりません。
    現在2人は接点を一切持っていませんが、そのような状態で保証人になっている事をとても不安がっています。
    ちなみに彼女は現在シングルマザーで求職活動中なので支払い能力はありません。
    この様な場合、保証人の変更は出来ますでしょうか?

  7. 小林修さん|2019-08-12 09:31:17

    こんにちは。
    借入のすべて、小林です。

    借金の返済を連帯保証人がする、ということですよね。

    もちろん連帯保証人の性格上、借金返済の義務は主債務者と同じですから、金融機関は喜んで返済を受けることでしょう。

  8. Konさん|2019-08-12 05:28:29

    D非公開さん2019/8/1120:11:29
    私は小さな会社の経営者です。
    今、業績不振で倒産の危機になっています。
    連帯保証もあり、自己破産、会社倒産に直面しています。
    一緒に立ち上げた者が、連帯保証を変わって、引き継ぐとい

    ってくれてるのですが、金融機関は融資の連帯保証人の変更に応じてくれるのでしょうか?変更出来れば私は引退するつもりです。
    金融機関の経験ある方、ご回答方宜しくお願いします。

  9. 小林修さん|2019-07-10 07:39:58

    こんにちは。

    借入のすべて、小林です。

    質問主さまの名前を一部伏せ字にしました。

    まず、保証人になった覚えがない、というのは家族間だと割に多いんですよね。勝手に実印を持ち出し、勝手に印鑑証明書を取得できますからね。

    でも保証人を取り消すのは、最終的には民事裁判まで行い、勝手に保証人にされたことを証明しないといけないんです。

    主債務者が認めれば良いのですが、こじれると厄介なことになりますね。

    次に、連帯保証人の切り替えにつき、銀行が言うように保証協会に申し出ます。十分に信用力と返済能力があれば変更を認めてくれるでしょう。

  10. ◯美子さん|2019-07-08 20:22:03

    こんばんは。
    21年前に兄名義で住宅ローンを借り、その連帯保証人に父親、母親、私の主人がなりました。
    もっと詳しく言えばまだ私達夫婦は29歳で自分たちの家を建てたばかりのときでした。
    父親と銀行員が自宅に来て借り入れするのにもう一人名前が欲しいだけだからと銀行員がそう言って名前を書きました。責任のある事なら無理ですと私達が言いましたが「大丈夫です、お兄さんとお父さんが借り入れするものなので」と説明を受けそれならと…今思えば言葉を変えただけで私達が勉強不足だったのです。
    今まで延滞なしで支払って来たそうですが父親が仕事を辞めざる得なくなる年齢になり支払いが滞りました。2ヶ月ほど延滞した時に我が家に催促状が届きおどろきました。
    金曜までに65000円を払ってくれないと貴殿にも信用に障害が出ることになりますので主債務者と協議の上お支払いくださいとの事でした。
    父親も母親、ローンの切り替えのときに我が家は印鑑を押さなかったのでもう、保証人でないと認識してましたがこの催促状で連帯保証人だった事が判明しました。
    父親は当初2300万借りて、現在900万残ってる状況で我が家の主人の連帯保証人を取り消したいと思ってて、その代わり実姉がまだ62歳ですが働いているので保証人を姉に変更したいと申し出たいと言ってくれてます。
    我が家も住宅ローンを抱えており、実際の負債を支払う事が無理です。このままだと主人の信用問題になり名前にキズがつくのでそれだけは避けたいと言う考えです。まだ車の買い換えや家の補修など入り用なので。
    後900万なら姉と変更してもらう事は可能でしょうか?
    父が銀行に申し出たら保証協会に申し出てくれとのことをでした。

    保証人になった時も覚え書きなどの写しも一切もらってません。

  11. 小林修さん|2019-05-28 07:44:17

    こんにちは。
    借入のすべての小林です。

    質問主様に十分な信用力と返済能力があると認められれば、債権回収の第一候補として金融機関から目をつけられているかもしれませんね。

    そうなると連帯保証人を簡単に外してくれるとは思えません。

    袂を分かつことになったということですが、取締役を辞めるということですよね。たとえ取締役会を開いて役員を降りることになっても、連帯保証人は別です。

    もし連帯保証人以外に担保を差し出しているなら、担保で相殺できるかどうか金融機関と相談してみてください。

    また売掛金などのファクタリングがあるなら、売掛金債権譲渡で返済できないかどうか相談してみてください。

  12. 大山さん|2019-05-27 21:53:05

    こんにちは。
    連帯保証人について質問があります。
    私はある会社の取締役をしていました。
    共同発起人でもあり、
    その会社の借金の連帯保証人でもありました。
    しかし、社長の個人的な使い込みを知り、
    (所謂業務上横領)
    袂を別つこととなりそうなので、
    連帯保証人を外してもらえるように、
    思ってるのですが、
    金融機関にそんな内情いえるわけもなく。
    こんな場合もやはり、連帯保証人は外せないものなのでしょうか?
    ちなみに社長は使い込みを認めています。

  13. 飛雄馬先生さん|2019-03-18 10:41:39

    こんにちは。
    あなたに十分な返済能力と信用力があれば、債権者が銀行なら連帯保証人を変更することも可能です。しかもあなたの母親に返済能力がないならなおさらです。しかし母親名義の不動産があると、差し押さえされますね。
    家を借りる際の借金は、礼金とか敷金とかですよね。金額が少額なら、銀行カードローンにあなたが申し込んではどうでしょうか。簡単にいえば借り換えです。でも癪に障りますね。ここであなたが連帯保証人になったとしても、そのうちにはあなたが借金を背負うことになりそうですよね。それなら決まりを一発でつけるためにも、あなたが債務者となるほうが精神的にラクでしょう?
    元ご主人に返済能力がないから、連帯保証人に請求がきたのですから、請求先を変えるのは無理ですね。

  14. ちひろさん|2019-03-17 02:36:27

    結婚生活中に、旦那の収入不足が原因で、家を追い出され、別の家を借りる為に借金をしました。
    その時の債務者は元旦那です。
    そして、私の母が連帯保証人になりました。
    10年前、私は離婚し、養育費も慰謝料も貰う事なく生活してますが(元旦那に支払う能力ができないと、裁判所に判断された為)
    家を借りる為の借金を、一切払っておらず、10年経った今、延滞利息も含め、支払い請求が母に届きました。
    母は、10年前に再婚しましたが、足を悪くして働く事ができません。
    再婚相手の年金で今、生活しています。
    で、相談なのですが、私に連帯保証人の名義変更ができるか、もしくは、債務者である元旦那に再度、裁判所からの請求が届くようにできないか、アドバイスをお願いします。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

新生銀行カードローン レイク
プロミス
アコム

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談