運転免許を取らない方がいい人・取った方がいい人

運転免許を持っていれば、車を運転ができるようになって日常生活の中で役立つ機会が多々あるでしょう。しかし、車の運転には乗りこなすための技術や知識が求められるため、当然ながら向き不向きがあるのも確かです。
自動運転に対応する車があれば運転技術に悩まずに済むかもしれませんが、誰でも気軽に入手できるようになるまでにはまだまだ時間がかかります。

そこで当記事では、運転免許を取らない方がいい人・取った方がいい人の特徴について詳しく解説します。
「運転免許を取っておいた方がいいものだろうか」「そもそも車を上手に乗りこなせる自信がない」「車が乗れると便利さを感じるのはどんな時だろう?」といった疑問を持っている人は、ぜひ参考にしてください。

運転免許の取得には20~30万円程度のお金がかかります。以下の記事では、運転免許を取りたいけれど費用を用意できなくて困っている人に向けて役立つ情報をまとめました。
運転免許を取る際の費用相場をはじめ、運転免許取得費用を借りられる運転免許ローンの特徴と審査基準、運転免許ローン以外に免許取得費用を用意する方法について知りたい人は、ぜひ目を通してみてください。

>>> 「車が超欲しい」、お金がなくて免許が取れない時の対処法

運転免許を取らない方がいい人とはどんな人?特徴と傾向まとめ

運転免許を取ると外出や通勤などに役立ちますが、以下に該当する人はすぐに運転免許を取らなくてもいいでしょう。

  • 公共交通機関が発達した場所に住んでいる
  • 車の運転に恐怖感がある
  • 交通ルールに対する意識が低い
  • 教習所に通う時間がない
  • 運転免許証の取得費用がない

ただし、これらの特徴や傾向に該当したとしても、運転免許を絶対に取らない方がいいというわけではありません。必要と感じたタイミングで運転免許を取得してください。
それぞれの内容について詳しく解説します。

公共交通機関が発達した場所に住んでいる

都心部などの公共交通機関が発達した場所に住んでいて、電車やバスの移動に困らない、タクシーもすぐに拾えるような人なら、無理に運転免許を取らなくてもいいでしょう。
普段の生活でも仕事でも車を運転する機会がない、車に乗せてくれる人が身近にいる人なら、高いお金を払って運転免許を取得するのはコストパフォーマンスも良くありません。

車の運転に恐怖感がある

車の運転に恐怖感を抱くのはよくある話です。交通ルールやマナーを守って運転する人も多いですが、中には法定速度を度外視したスピードを出したり、あおり運転を仕掛けてきたりする人もいる状況です。
車を運転して怖い思いや嫌な思いをしたくないなら、最初から車には乗らない=運転免許を取らないという選択をするのは自然な流れでしょう。

交通ルールに対する意識が低い

運転免許を取得するには、標識の意味や交通ルールなどを覚えるのが大前提です。
自動車教習所に通い、技能教習や学科教習を通してそれらの知識を得て、確実に覚えなければ学科試験にはまず合格しません。交通ルールを理解していないような人に運転免許を発行するほど甘くないのです。

学科試験や技能試験に合格して運転免許が交付されたとしても、試験に合わせてその場しのぎで交通ルールを頭にたたきこんだような人は危険です。
いざ車を運転してみたものの、交通ルールを理解していなければ以下のようなトラブルを起こしてしまうリスクが高いでしょう。

  • 一方通行の標識を理解していなかったがために進入禁止エリアに入って事故を起こした
  • 追い越し禁止の車線で無理な追い越しをして中央分離帯に激突した
  • 制限速度を無視したスピードを出していた
  • 飲酒運転をして人をはねた
  • スマホを見ながら運転をして電柱や民家、店舗に突っ込んだ
  • アクセルをブレーキと間違えて一気に踏み込んだ
  • 高速道路や有料道路で逆走した

「交通ルールに対する意識が低い」という自覚が少しでもあるなら、周囲に迷惑をかけないという意味で運転免許を取らずに自転車や徒歩移動で何とかしてください。

教習所に通う時間がない

運転免許を取るには、自動車教習所に通うのが一般的な流れです。現在、自動車教習所に通う時間がないなら、運転免許を取るのは難しくなるでしょう。
運転免許が取れるまでに自動車教習所へどのくらい通うのかは人それぞれ異なりますが、平均して2~3ヶ月、長ければ5ヶ月くらいかかります。
短期集中型の「合宿免許」を利用すれば最短2週間程度で免許は取得できますが、時間の融通が利く仕事をしている人や学生でないと現実的ではない方法です。

運転免許証の取得費用がない

運転免許を取るには自動車教習所に通うのが前提で、約20~30万円の費用を用意しないといけません。
原則として教習所へ入所するタイミングで支払いが必要なので、手元にお金がない人は運転免許の取得を諦めるしかないでしょう。お金がたまるまで自動車教習所へ通うのを待つしかありません。

しかし、運転免許取得費用は運転免許ローンをはじめ、クレジットカードやカードローンから借りて支払う方法があります。
毎月の返済は発生しますが、金利の低い銀行カードローンを選んだり、無理のない返済計画を立てたりすれば、大きな負担を感じることなく運転免許の取得費用を用意できるはずです。

運転免許を取った方がいいのはこんな人!車の必要性が高いケース4選

車の必要性が高い、将来的に必要性が高くなりそうな人は、運転免許を取っておいた方がいいでしょう。特に以下のケースに該当する人は、思い立ったタイミングで運転免許を取るのを検討してください。

  • 公共交通機関が発達していない地方暮らしの人
  • 家族に子どもやお年寄りがいる
  • 大きな荷物を持った移動機会が多い
  • 転職先や就職先を探している

それぞれの内容について解説します。

公共交通機関が発達していない地方暮らしの人

電車やバスが通っていない、タクシーを呼ぶのが難しいような地域に住んでいる人は、車を持っていた方がいいです。自転車や徒歩で移動するにしても長距離は厳しかったり、大雪や豪雨などの悪天候の時は移動手段として有効でなかったりします。
仕事や買い物へ行くにしても車を運転するのと比べたら自由度は低く、誰かしらに送迎をするのも限界があるでしょう。

ちなみに地方暮らしになると「1人1台車を持っているのが当たり前」というケースも存在するほどです。

家族に子どもやお年寄りがいる

一人暮らしだったり、独身だったりするうちは運転免許を持っていなくても、その状況に合わせて行動すればいいだけです。しかし、結婚して子どもが誕生した、自分の親や祖父母と同居した場合、車移動ができた方が外出や通院が必要になった際に役立ちます。

子どもやお年寄りを連れて外出するとなると「騒いだり通行の邪魔になったりしたら迷惑をかける」というように周りの人に気を遣ったり、電車やバスの発車時間を気にして行動したりしなくてはいけません。
公共交通機関で移動するのは想像以上に大変です。ほんの少しの外出だったとしても、精神的・肉体的負担は相当なものになるでしょう。運転免許を取得して車を運転できれば、それらの心配は基本的に不要です。

また、早朝や夜間、休日などに体調が悪くなって通院が必要になっても、運転免許を取得して車を運転できれば、自分のタイミングで出掛けられます。

大きな荷物を持った移動機会が多い

  • 「趣味で大型の道具を使うスポーツを楽しんでいる」
  • 「週に1回、郊外のスーパーで食材をまとめ買いしている」
  • 「子どもの習い事の荷物が多い」

このような人は、公共交通機関やタクシー移動では、手持ちの荷物を運ぶのが難しいというケースに直面するかもしれません。場合によっては鉄道会社や航空会社、タクシー会社に事前許可を取ったり、荷物分の追加料金の支払いが必要になる可能性も高いです。

そんな時に運転免許を持っていれば、目的に合った車を購入したり、レンタカーを借りたりして、問題解決が可能です。自分の手間や気を遣う機会を減らすという点においても、運転免許を取っておいた方が圧倒的に便利でしょう。

転職先や就職先を探している

転職先や就職先を探している人は、運転免許を持っていた方が採用面で有利になる場合があります。求人条件の中に「要普通自動車免許」といった記載をする会社も実際に多いです。
また、業務において車の運転が必要な場合もありますが、運転免許を持っているか持っていないかで、その人の能力を判断する会社も存在します。

普通自動車免許を持っていない状態で採用されたとしても、上司や同僚によっては運転免許を持っているのが当たり前と思われているかもしれません。
運転を依頼されたものの「免許を持っていないからできません」となれば、「仕事をまともにこなせない」「一緒に仕事をしづらい」というマイナスの印象を与えるリスクも高まるでしょう。

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

アイフル
アコム
プロミス

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

特集記事