カードローンで年収300万、350万、400万の人の借入限度額は?

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定
執筆者の情報
名前:馬沢結愛(30歳)
職歴:平成18年4月より信用金庫勤務

最短即日融資!審査通る?カードローン

カードローン実質年率
最短融資
特徴のまとめ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
・3秒でお借り入れ診断
郵送物なしで契約完了
>>公式サイトを見る<<
アコム
アコム
3.0%~18.0%、最短1時間業界№1の融資残高数
・30日間無利息サービス
・アルバイト、パート可
>>公式サイトを見る<<
プロミスレディース
プロミスレディース
4.5%~17.8%、最短1時間・30日間無利息サービス
女性スタッフのみ対応
・24時間365日申込OK
>>公式サイトを見る<<

利用限度額は銀行と貸金業者で違う

6dd1f20685ee2752e4acaa1e3a99469b_t

カードローンを借りる場合に、自分はどれくらいの金額を借りることができるのかということが気になる人も多いはずです。

もちろん借入は少なく済むほどいいのですが、場合によっては多くの借入が必要となることもあります。

カードローンは借りることができる枠を契約するものであり、その枠のことを利用限度額といいますが、利用限度額はその人の年収が大きく影響します。

また、利用限度額は借りるところ、すなわち銀行または貸金業者のどちらで借りるのかによってその限度額は違います。

この限度額の違いには法律が大きく影響していますので、まずはそのことについて触れていきたいと思います。

銀行には年収に対して規制している法律はない

銀行がその業務を行うにあたり遵守しなければならないのが「銀行法」です。

ですので、銀行法によって年収に対する規制が定められていれば銀行はその規制に乗っ取り融資をしなければなりません、

しかし、この銀行法には年収に対してどれくらいまでが融資の上限となるということは定めていませんので、年収に関係なく融資することができます。

このようになっているのは、銀行が非常に公共性の高い機関であることが関係しており、法律で定めなくても度を超える融資はしないという考えから法律では定めていません。

ですが、まったく規制がないというのも問題がありますので、それぞれが自主的にルールを定める「自主規制」によって規制することとしました。

従って、銀行よって借入限度額は違うということになります。

貸金業者は貸金業法で規制されている

貸金業者が遵守しなければならない法律が「貸金業法」です。

貸金業法といえばもうすでに浸透しているように総量規制を定めている法律です。

総量規制とは、貸金業者からの借入総額が年収の1/3までを上限とする規制であり、貸金業者として登録している消費者金融や信販会社からの借入が該当します。

総量規制には規制の対象外となるものもありますが、貸金業者から借りるカードローンは対象外となるローンではありませんので、規制の上限を超えて借りることはできません。

関連記事をチェック!

4232view

貸金業法とは?違反にはどうやったらなるの?

消費者金融などの貸金業者は融資のプロでも貸金業法法令関係をすべて正しく理解しているとは限りません。勝手な思い込みや誤解によって知らずしらずのうちに貸金業法違反をしているケースも少なくないのです。 今...

それぞれの年収の借入限度額

a3c491311fee50b1a5a9b383d45c6b27_t

ここからは題名にもありますように年収が300万、350万、400万である場合に借入限度額がどれくらいになるのかということを実際に計算していきます。

ただし、計算をするのは総量規制によって上限が決められている貸金業者から借入をした場合とします。

総量規制で決められている借入限度額を求める計算は簡単で、このような計算式で求めることができます。

年収(万円) × 1/3 = 借入限度額(万円)

この計算式でそれぞれの借入限度額を計算すると、

  • 年収300万円・・・100万円
  • 年収350万円・・・116万円
  • 年収400万円・・・133万円

というようになり、これらの金額がその年収で借りることができる限度額となります。

関連記事をチェック!

7639view

総量規制とは?年収3分の1の計算方法や個人事業主の場合も解説

カードローンを複数社借入している、大きな金額を借入している場合に、必ず聞くのが「総量規制」という言葉です。 総量規制とは、貸金業法の改正により2006年に段階的に施行され、2010年に完全施行された...

銀行も総量規制と同じ上限となる!?

銀行には総量規制のように規制される法律はありませんので、銀行が融資可能と判断すれば年収に関係なく融資することができます。

しかし、いくら法的な規制がないといっても銀行もそれほど多くのリスクを背負いたくはありません。

ですので、銀行からの借入であっても総量規制のように年収の1/3までが借入限度額であると思っておいた方が無難です。

むしろそれよりも少ない割合で規制している銀行もあるかもしれませんので、貸金業者からの借入よりも少ない金額しか借りることができない可能性もあります。

ですが、あくまでも自主規制で法律ではないということで今でも年収の50%や年収を超える融資をしている銀行もあるかもしれません

関連記事をチェック!

660view

セブン銀行は総量規制対象外だが融資額の上限は?100万円?

セブン銀行は審査回答時間が最短10分すぐに融資可能かわかります。消費者金融のカードローンは総量規制のため、年収の3分の1までが融資の限度額となっています。 しかし、銀行は総量規制の対象外であるため、...

上限いっぱいまでは借りられない

280d69c339e9852fdf379424b15f78b0_t

それぞれの年収によって借入することができる上限がわかりましたが、実際に借入をする場合には借入限度額いっぱいまでを借りることは難しいです。

これは主に貸金業者からの借入の場合となりますが、法律で定められている上限を超えるということは法律違反をしているということになります。

法律違反ともなればその貸金業者は罰せられてしまうか、業務の改善を求められてしまいます。

こうなってしまうと世間的なイメージも悪くなり、業務改善したとしても利用者が離れていく可能性もあります。

このような危険を冒してまで貸したいと思うところはありませんし、万が一にも上限は超えないようにするために少し余裕を持って融資をします。

ですので、年収の1/3と計算したものはあくまでも計算上で借りることができる金額を出したものであり、実際にその金額を借りられるということとは別の話となります。

関連記事をチェック!

3158view

借金限度額いっぱいでも借りれる?【限度額以上の借入】

カードローンは限度額に余裕がある間は、ATMから自由にお金を引き出すことができるので、自分のキャッシュカードのような感覚でキャッシングをすることができてしまいます。 しかし、あまりにも無計画に使って...

将来銀行にも法的な規制がかかる!?

d6ebc567569d4c02e87bf9d657de06c0_t

今のところは銀行に総量規制のような年収に対しての規制はありませんが、将来的には貸金業者のように規制がかかる可能性があります。

このような可能性があることの背景には、総量規制が定められた2010年の貸金業法改正以降、銀行のカードローン貸付残高は年々増加し続けていることが原因となっています。

銀行では貸金業法が改正されてからカードローン事業を拡大させており、低迷する貸金業者を横目にどんどん融資をしていきました。

これにより、それまでは銀行で借りられない人が消費者金融で借りるという流れであったものが、規制によって消費者金融で借りられない人が銀行で借りるという流れができてしまいました。

このようなことから銀行は批判を浴びることになり、貸金業界からも銀行にも総量規制を定めるべきだという声が上がりました。

ですので、将来的には銀行にも総量規制のような年収に対する上限が定められるかもしれません。

銀行では規制を強化している

銀行は貸し過ぎているという批判や、公共性の高い機関である自覚がないなどの批判を受け、さらにこのままでは総量規制のような規制を定められてしまうことを避けるために自主規制を強化しています。

これは2017年4月から規制を強化しているものであり、現在では強化された内容の規制によって融資業務を行っています。

この規制の強化はまだ始まったばかりですので、この規制強化によってどのような結果となるのかはわかりませんが、銀行としても批判を受けることも総量規制のような規制を定められるのはどうしても避けたいはずです。

ですので、今では銀行からの借入は少し前までよりは厳しくなっているのではないでしょうか。

まとめ

それぞれの年収で借りることができる金額は銀行と貸金業者では違いますが、利用する方としてみればどちらも同じ年収の1/3までと考えていた方がいいと思います。

ですが、年収の1/3までというのはあくまでも計算上の限度額であって、実際にそこまでの金額を必ず借りられるということではありません。

借りられる金額は限度額だけで決められているのではなく、その人の信用の度合いでも大きく変わってきます。

ですので、より計算された限度額に近い借入をするためには信用も高くなければ借りることができません。

年収の1/3というのは、その割合の返済額であれば生活に支障が出ないであろう金額で設定されたものです。

本来であればこのような規制によってではなく自分で計画しながら借りるものですので、ありきたりな言葉ですが「計画的な借入」をしなければなりません。

 0.0  (0)
+ この記事を評価する
×
 0.0  (0)

この記事を評価する

決定

コメントを投稿できます (感想,相談歓迎です!金貸しのプロ対応します)

サブコンテンツ

皆に選ばれているカードローン

プロミス
アコム
プロミスレディース

特徴で選ぶカードローン

関連する記事

カードローン申込体験談